« 聴いてみた 第64回 フランク・ザッパ その2 | トップページ | 聴いてみた 第65回 R.E.M. »

聴いてない 第136回 ウィルソン・フィリップス

リンク先のある方が、今週BLOGを閉鎖されました。
あたしの音楽鑑賞人生に大きな影響を与えた方でもあり、実際お会いしていろいろお世話になった方でもあります。
BLOGは豊富な知識に裏打ちされウィットに富んだ表現で人気があり、特に「ウルトラシリーズ」は本当に名作ですが、読むことができなくなってしまったことは残念です。
BLOGは義務ではありませんし、ご本人の決断でしょうから、あたしとしては何も言えませんが、またいつか再開していただけたらいいなと思います。
先輩、今までありがとうございました。
いつの日か必ず富士吉田までお供いたします。

さて。
世間では極めて評判が悪いわりに本人たちが悪いとは全く思っていないのが世襲政治家である。
なあんて社会派な書き出しで始めてみましたが、その世襲タレント・グループとして有名なウィルソン・フィリップス。
デビュー当時はかなり話題になり、実際曲もアルバムも売れたようだけどあまり長続きはしなかったようで、あたしもデビューアルバムしか聴いておりません。

80年代の洋楽の聴き方は、まずFMでシングルをエアチェックし、気に入ったらアルバムをレンタルで聴く、という徹底した低予算な状態だったわけですが、ウィルソン・フィリップスもそのパターン。
FMではなくMTVだったが、「Hold On」「Release Me」「You're In Love」「The Dream Is Still Alive」が録音できたので、しばらくしてアルバム「Wilson Philips」を借りた。
女性コーラスグループを聴くという行為自体、自分としてはかなり珍しい展開である。
明確な「気に入った」感はなかったが、聴きやすいと思ったので借りたのだろう。

ママス&パパスのジョン・フィリップスの娘チャイナ、ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンの娘カーニーとウェンディが結成したウィルソン・フィリップスである。
親の知名度がデビュー当時の話題に大きく貢献したことは間違いなく、どの雑誌でも必ず親がどこの誰かを合わせて紹介していたはずだ。

だが。
残念ながらウィルソン・フィリップスは2作目で早々と失速し、グループは解散状態となったらしい。
97年にはウィルソン姉妹がブライアンおとうちゃんと家族バンド「ウィルソンズ(←そのままだ)」を結成したそうだが、これは知らなかった。
2004年には再びウィルソン・フィリップスとしてアルバム「California」を発表したが、これも知らなかった・・・

ウィルソン・フィリップスで強烈に印象に残っている映像がある。
たぶん90年代半ばだったと思うのだが、彼女らのライブ映像を見たことがある。
単独公演ではなく、他にもアーチストがいたので、音楽祭のようなイベントの1コーナーだったと思う。
「Hold On」「Release Me」あたりを3人で歌ったのだが、映像が3人均等ではなく、当時ものすごく太ってしまったカーニーは2人の後ろでチラチラ映るだけだったのだ。
衣装もチャイナとウェンディは肩を出した黒のドレスっぽいワンピースだったが、カーニーだけ地味目なスーツっぽい姿。
3人を並べて映すとカーニーだけ体型が全然違うのがはっきりわかってしまうため、立ち位置もカーニーだけ後ろで、カメラワークもかなり苦労してカーニーをあまりフレームインさせないようにしていた。

そのカーニー、今ではダイエットに成功してものすごく美しい女性になってるそうだが、ダイエットのために胃を切ることまでしたとのこと。
すごい話だ・・・

ディスコグラフィーを調べたら、デビューアルバム「Wilson Philips」、2作目「Shadow & Lights」のあと、98年にはもう「Greatest Hits」が出ているのだった。
いいのか?そんなんで。
アルバム2枚でベスト盤出すってのも大胆だよなぁ。
さらに2000年にはライブの「Hold On」やチャイナのソロも収録した別のベスト盤も出ているらしい。
このあたりは世襲タレントグループならではの事情や苦悩がにじみ出ている気がしますが、どうなんでしょう?
いや、具体的に何がどうなのかわかってないですけど。

そんなわけでウィルソン・フィリップス。
アルバム「California」は案外評判もいいようですが、みなさんはウィルソン・フィリップスについての鑑賞履歴はいかがなもんでしょうか?

|

« 聴いてみた 第64回 フランク・ザッパ その2 | トップページ | 聴いてみた 第65回 R.E.M. »

コメント

「Hold On」「Release Me」「You're In Love」「The Dream Is Still Alive」などが有名みたいですが、ほとんどどの曲を知りません。かろうじて「Hold On」は、「聞いたことがあるかな」程度です。なんか、本人たちがどう考えていたかは分かりませんが、レコード会社サイドの親の七光りだけで売り出そうとしていた感じがなじめなかったので、手を出すのを遠慮していました。

最近、日本の芸能界は、2世タレントのデビューラッシュという感じがしますね。これでは、益々テレビ離れが進むことでしょうね。

ところで、P先輩の正体は三沢だったのでブログ廃止せざる得なかった、ということはないですよね。一度も会えずじまいでした。残念。

投稿: getsmart0086 | 2009.07.04 19:39

ゲッツさんコメントありがとうございます。

>かろうじて「Hold On」は、「聞いたことがあるかな」程度です。

おっとそうですか。
デビュー当時はFMでもMTVでもけっこう流れてましたが、「親の七光りだけで売り出そうとしていた」のは半分はそのとおりだと思います。
曲は悪くないですが、もし3人とも無名の若い女だったら・・と、つい意地悪く考えますね。

>最近、日本の芸能界は、2世タレントのデビューラッシュという感じがしますね。

2世側の才能はともかく、話題性だけはありますからねぇ。
先日誠実さがウリの役者の息子が逮捕されてましたが、一般人が思うほど2世もラクではないのかも・・

>ところで、P先輩の正体は三沢だったのでブログ廃止せざる得なかった、ということはないですよね。

いや、あの方は三沢というよりは冬木や橋本に近いというか・・・体型が・・
まあいつかきっと銀座で会えますよ。beer

投稿: SYUNJI | 2009.07.04 21:49

> リンク先のある方が、今週BLOGを閉鎖されました。

そのうち再開すると思いますよ、違うプロバイダで。
この前お会いしたとき、豪快に飲み食いしながらそう宣言してましたから。
元気そうだし。

投稿: ルドルフ | 2009.07.05 11:28

ルドルフさん、P情報感謝です。

>そのうち再開すると思いますよ、違うプロバイダで。
>この前お会いしたとき、豪快に飲み食いしながらそう宣言してましたから。

そうなるといいですね。
まだセブンも全話記事にしてませんでしたし・・

投稿: SYUNJI | 2009.07.05 21:05

はじめまして。私は彼女たちの歌が大好きです。「Hold on」は松田聖子さんもカバーしていて、そちらも非常に良い出来だったのを覚えています。

「昨日の私にサヨナラを」というテレ東系のドラマでは主題歌に2ndの曲が使われていました。

投稿: ウルトラマン | 2009.07.11 13:36

ウルトラマンさま、初めまして。
こんな貧困BLOGへようこそ・・

>「Hold on」は松田聖子さんもカバーしていて、そちらも非常に良い出来だったのを覚えています。

これは知りませんでした。
You Tubeで映像見ましたが、原曲にかなり忠実ですね。
松田聖子の眉毛が太いことが時代を感じさせましたが・・

>「昨日の私にサヨナラを」というテレ東系のドラマでは主題歌に2ndの曲が使われていました。

このドラマも知りません・・
ウィキペディア見たら渡辺満里奈主演だそうですが、主題歌の項は「執筆中」になっていました。
ウィキにも載ってないようなすごい深い情報・・

投稿: SYUNJI | 2009.07.11 17:01

しつこくコメントするウルトラマンといいます。(ぷく調)

主題歌は「涙にさよなら」という曲で、コーラスワークも秀逸な曲です。

ドラマの内容は満里奈さんと伊代ちゃんと森川由香里という強烈な三人組のもので、今のうちに売っておこうという感じが見え見えのものでした。

投稿: ウルトラマン | 2009.07.11 18:06

ウルトラマン先輩、コメント感謝です。

>主題歌は「涙にさよなら」という曲で、コーラスワークも秀逸な曲です。

なるほど・・
調べてみたらこの曲、他にもフジテレビ系のドラマに使われていたようです。

>ドラマの内容は満里奈さんと伊代ちゃんと森川由香里という強烈な三人組のもので、今のうちに売っておこうという感じが見え見えのものでした。

そうですか・・
組み合わせとしてはなんか違和感のある3人ですが・・
渡辺満里奈だけ少し年下ですよね。

投稿: SYUNJI | 2009.07.11 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/45532532

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてない 第136回 ウィルソン・フィリップス:

« 聴いてみた 第64回 フランク・ザッパ その2 | トップページ | 聴いてみた 第65回 R.E.M. »