« 聴いていた 第3回 マイ・サウンド・グラフィティ | トップページ | 食べてみた 第8回 太田焼きそば・水沢うどん »

行ってみた 第11回 館林・伊香保・妙義山

ここ数年は神社仏閣やら菊やら桜やら吊り橋やらといったものにムダにエキサイトする加齢現象が加速進行しているあたしですが、定額給付金と高速道路1000円フェスティバルというローゼン首相の思いつき政策にまんまとはめられてこの連休にムキになって出かけることにしました。
いや、給付金はまだもらってもいないですけど。
昨年の連休は木曽・伊那にお出かけしたのですが、その際に行き先候補にあげておきながらなぜか落選の憂き目に会ったのが以下の場所でした。
・奥浜名湖・浜松周辺(静岡県)
・伊香保(群馬県)
・那珂湊・大洗あたり(茨城県)

で、今回も再び候補にあがったのは奥浜名湖と伊香保。
どちらも行ったことはありませんが、おそらく渋滞は関越より東名のほうが厳しいとにらみ、伊香保に決めました。
ネットで宿を確保し、周辺情報などをいろいろ探しているうち、館林のつつじがすばらしいとの情報を得ました。(常識?)
伊香保からはかなり離れていますが、同じ群馬県でもあり、まずは館林を目指すことに。
「同じ群馬県」て、あまり意味のない理由ですけど・・
ということで唐突な旅シリーズ、今回は群馬県方面です。

まずはその館林に東北道を使って行くことにしました。
事前にネットで館林つつじを調べてみると、「つつじの咲く公園の手前で有料駐車場の客引きが盛んに行われているが、全て無視して奥の無料駐車場に停めるべし」という有力な情報がありました。
しかも複数の方がBLOGで同じように書いており、情報も先週のもの。
果たして行ってみると全くそのとおりでした。
会場の公園入り口付近ではおそらく私設の有料駐車場へのお誘いが盛んに行われています。
場所によって金額は違うようですが、1日500円とか1000円とか書いてあります。
情報のとおりこれらを全て無視してひたすら前進すると、公園側が用意したと思われる広大な無料駐車場が奥にちゃんとありました。
いやー知っててよかった館林。
知らずに行ったら、気の弱いあたしはおそらくふらふらと有料駐車場に誘導されていたと思います。
(大した金額ではありませんが・・)

Tatebayasi1

さて駐車場はタダでクリアしましたが、公園は入場料がかかります。
300円ですが、前の日まで600円だったそうです。
これは翌日の上毛新聞にも書いてあったので事実でした。
ラッキー!・・ではあるけど、なぜ今日から半額?と思ったら、つつじの盛りが過ぎてしまったからとのこと。
そうだったのか・・・

Tatebayasi2

Tatebayasi3

Tatebayasi4

園内はその名のとおりつつじだらけです。
しかし近寄ってよく見てみると確かに花が枯れかかっている木がかなりあります。
やはり半額になっただけあって残念ながら満開は過ぎてしまっていました。
つつじに関しては今年は盛りが例年よりも早いようです。

午後もお花を求めて前橋の「ぐんまフラワーパーク」に行きました。

Flowerpark1

Flowerpark2

ふつうの植物園ですが、八重桜やチューリップはやはり盛りを過ぎており、一方つつじは七分咲きという微妙な時期に来てしまいました。
そのせいか思ったより客が少ないようです。
先月は京都で見事な桜を見てきましたが、やはり花の満開時期に合わせて旅をするのはなかなか難しいです。

この日は伊香保温泉の「ホテル天坊」に泊まりました。
非常に大きなホテルです。

Tenbou1

Tenbou2

泊まった部屋は大正ロマン調のインテリアで畳にベッドという組み合わせです。
こうした和洋折衷の組み合わせは一歩間違えるとおかしなセンスになりそうですが、そうした感覚は全くありませんでした。

Tenbou3

設備も新しく部屋は禁煙で、風呂も広く食事も豪華です。
自分のような三流なお客にも、女将以下従業員の方々が丁寧に挨拶をして下さり、恐縮しました。

ホテル天坊
ホテル天坊:群馬県渋川市伊香保町396-20

翌日は榛名湖に行ってみました。
2台のゴンドラがまとめて移動するという変わったロープウェイで榛名富士頂上へ。

Harunako1

Harunako2

この日は晴れでしたが霞がかかっていて眺めはいまいちでした。
運がよければ富士山まで見えるそうです。

伊香保と言えば石段街。
石段の両側に土産物屋などが並ぶ、伊香保を代表する通りです。

Ikaho1

400年もの歴史があり、石段は360段あるそうで見上げた時はめまいがしそうになりますが、こんぴらさんに比べれば楽勝です。
もう少し規模が大きくて派手なところかと思ってましたが、この日はそれほど人出もなく静かな感じでした。

伊香保から渋川に下りたところに白井宿があります。
沼田街道沿いに発展した宿場町で、わずかですが蔵が残っています。

Sirai1

Sirai2

すぐ近くに道の駅もあるのですが、白井宿跡には土産物店や飲食店などはなく、この日は観光客もほとんどいませんでした。
用水路に沿って八重桜が植えられていますが、残念ながらここも満開を過ぎていました。

午後は「伊香保おもちゃと人形自動車博物館」に行ってみました。

Museum1

おもちゃと自動車を展示した博物館ですが、フロアごとに様々なテーマ展示がありバラエティに富んでいます。
テーマは以下の内容。
・懐かしいおもちゃやお人形
・テディベア
・昭和の街並みを再現した駄菓子屋横丁
・クラシックカー、往年の名車を展示した自動車博物館
・ワインとチョコレート
・リス園
・昭和スターロマン館

Museum2

Museum3

それほど巨大なテーマパークではないのですが、部屋を移動するごとにテーマが変わり、意外に飽きません。
自分がおもちゃや駄菓子や名車に反応する世代だからとも言えますが、小さな子供や若い親もけっこう楽しんでみているようです。

Museum5

Museum4

また自動車は名車だけでなくスバル360とかレックスとかパブリカとか、町でよく見かけた大衆車もたくさん展示されていました。
このあたりも「懐かしい」という感情を喚起させる目的で作られた博物館であることがよくわかる内容です。

高崎市箕郷町の芝桜公園にも行きました。
丘全体に紫・白・ピンクの芝桜が咲いている公園です。

Sibazakura1

Sibazakura2

しかし。
ここでも芝桜は盛りを過ぎており、全体的にスカスカな印象。
残っている花も近寄って見れば充分きれいなのですが、ネットなどで見ていた満開の光景からは3歩ほど後退したような感じです。
「周辺道路は大渋滞で駐車場にも簡単には入れない」という記述をネットで見てきたのですが、この日に関しては全く問題ありませんでした。
混雑していなかったのはよかったのですが、やはり花も満開でなければいまいちテンションがあがらない・・
混雑してればまたいらいらしてしまうので、勝手なもんですけど。

この日は県内のとある都市のホテルに泊まりました。
夕飯を食いに街に出てみたのですが、なんだか様子が変。
いちおう街一番の繁華街に行ってみたのですが、歩いている人がほとんどいません。
連休中の土曜の夕方6時半です。
少し歩くと営業中のケンタッキーがありました。
が、外から見てもはっきりわかりましたが、客がたった1人しかいません。
これまでわりと多くの地方都市をたずねてきましたが、ここまで人出の少ない状況に出くわしたことはありませんでした。
店も大半がシャッターを閉じており、まさにシャッター通りそのものです。
県内では大きな都市のはずですが、非常に厳しい現実を目の当たりにしました。

これではとても夕飯にはありつけないと判断し、歩いて20分ほどの巨大ショッピングセンターに移動。
ここにはそれなりに人がいて、店もたくさんあってほっとしました。
地元では有名な鶏料理の店があり、ようやく夕飯を食べることができたのです。
(じゃケンタッキーでもよかったじゃん・・)

人混みや行列が嫌いで通してきた自分ですが、普段いかに人の多いところで生活したり働いたりしているかを痛感させられました。
せっかく旅に出たにもかかわらず、結局近所にもよくあるようなショッピングセンターで夕飯を食っている・・・
情けないことに極端に人が少ない状況にも全然免疫ができていないのでした。

翌日は今回の旅で最後の花の名所を目指して妙義山方面へ。
妙義山は切り立った岩山の独特な姿で有名です。
その妙義山のそばに「さくらの里」があります。

Sakuranosato1

Sakuranosato2

ソメイヨシノのほかヤマザクラやカンザン・フゲンソウといった八重桜も多く、長く桜が楽しめるところです。
この時期は八重桜が満開。
今回の旅でようやく満開の花にたずねあたりました。

Sakuranosato3

Sakuranosato4

敷地は谷を利用しているため、歩道も起伏が激しくかなりの高低差があります。
そのため平坦な公園とは違い、風景が非常に雄大です。
スケールはこちらのほうが小さいですが、奈良の吉野山を思わせる風景です。

帰る前に知人に土産を買うことにしました。
高崎の有名なお菓子の会社「ガトーフェスタハラダ」の本社工場直売所です。
「新本館シャトー・デュ・ボヌール」なんて名前がついていて、ギリシャ神殿風のゴージャスな建物。

Harada1

あたしは全く知らなかったのですが、ここのお菓子は首都圏でも非常に人気が高く、新宿の京王百貨店や池袋の東武百貨店にもお店があり、しかも常に行列しているそうです。
この店にもクルマでたくさんの人が買いに来ていましたが、確かにナンバーが大宮・八王子・横浜・足立といった県外ばかり。

Harada2

中に入ってもっと驚いたのですが、行列がハンパじゃありません。
レジは6人くらいで回していますが、それでも50人くらいの行列ができています。
一番人気は「グーテ・デ・ロワ」というラスクで、確かにうまいです。
この日は日曜だったので工場は休みでしたが、平日であれば稼働している工場を見ることもできるようです。

ガトーフェスタハラダ
ガトーフェスタハラダ:群馬県高崎市新町1207

というわけで群馬県の旅も終了。
各地で花の満開をすぎていたことは残念でしたが、天気にも恵まれ、花粉症もなくよかったです。
帰りは藤岡インターから関越・圏央道経由で帰りましたが、Uターンラッシュには早かったので渋滞もなく、きっちり1000円で帰ることができました。
こんなんで景気回復につながるのか不明ですが、今後も1000円であちこち旅して満開の花を見たり吊り橋を渡ったり地元の隠れた名店でお夕飯を食べたりしてみたいと思います。
(結局ショッピングセンターのフードコートで食いそうな気もしますが・・)

|

« 聴いていた 第3回 マイ・サウンド・グラフィティ | トップページ | 食べてみた 第8回 太田焼きそば・水沢うどん »

コメント

豪華なホテルに泊まっているSYUNJI家に対して嫉妬の炎がメラメラ燃えているぷく太郎と申します!きぃー!

ちょうど上京した時に松屋の銀座で何やら行列。並んで買ったらこのラスクでした。

結構うまいので通販にて追加。周りの方にも喜ばれています。王様のおやつか・・・フランス語とっておいてよかった。(←馬鹿)

それにしてもいろいろな場所をめぐるこのシリーズ。次のを楽しみにしています。

投稿: ぷくちゃん | 2009.05.09 11:26

少し前にいとこの出産祝いのお返しでこのラスクをもらいました。最近、このラスク大人気みたいですね。

今日、東京出張から帰ってきたのですが、羽田空港でもこの店のコーナーは行列ができていました。ただ、元々そこのコーナーには僕の好きなコートクールのブラウニーを売っていたのですが、それがなくなってしまったのが悲しいです。

群馬ですか。未踏の地です。

投稿: getsmart0086 | 2009.05.09 19:42

うわ~、「ガトーフェスタハラダ」、凄いですね。
ホント、神殿みたい。
新宿の京王百貨店の売り場、GWの時通ったらスゴイ列が出来てました。
本店は高崎でしたか。
そういえば、私もあそこのラスクを頂いた事があるんですが、当時はそんなに人気の品だとは知らずに何の感慨もなく食べてしまいました(^^;;;;)。

芝桜見に、箕郷行った事ありますよ~。
かなり咲いていたんですが、植えられてまだ間もなかったようで、期待していた程のモコモコ感はなかったかな。
むしろノーチェックだった白井宿の八重桜が満開でそれはそれは素晴らしく、同行者が大興奮していた事が印象に残ってます。

投稿: YAGI節 | 2009.05.09 21:14

東京に頻繁に遠征しているぷく太郎先輩、ラスクお買いあげありがとうございます。(関係者?)
先輩も松屋でお求めだったとは・・相変わらず以心伝心。(キモイ)

>結構うまいので通販にて追加。周りの方にも喜ばれています。

さすが先輩、ぬかりないですね。
あたしも知人に贈ったのですがたいそう喜ばれました。

ゲッツさん、コメント感謝です。
東京出張だったんですか。

>羽田空港でもこの店のコーナーは行列ができていました。

そうスか・・今月末までの期間限定販売のようですね。

>元々そこのコーナーには僕の好きなコートクールのブラウニーを売っていたのですが、それがなくなってしまったのが悲しいです。

みなさんお菓子にはお詳しいですね。
これは恵比寿にあるお店だそうですが、たぶん食べたことはないと思います。

YAGI節さん、コメント感謝です。
みなさんガトーフェスタハラダに反応されますね。(笑)

>当時はそんなに人気の品だとは知らずに何の感慨もなく食べてしまいました(^^;;;;)。

あたしも以前妻が買ってきたのを食べたらしいんですが、どこの菓子かも全く知らず、しかも食べたことすら覚えてもおらず、今回かなり責められました。

>むしろノーチェックだった白井宿の八重桜が満開でそれはそれは素晴らしく、同行者が大興奮していた事が印象に残ってます。

あーいいですね、八重桜の満開。
今回は残念ながらちょっと遅かったのであまりきれいではなかったです・・・
妙義山のほうが標高が高いせいか、なんとか満開に間に合ったようです。

投稿: SYUNJI | 2009.05.09 21:45

原田麻衣に萌え萌えのルドルフと申します。
ところで。

> 一番人気は「グーテ・デ・ロワ」というラスクで、確かにうまいです。

どえー!!(←驚きのリアクション)
実はGWに尋ねてきた知人がコレを持ってきたんですわ。その時初めて食べたけど、うまかったー♪
家族4人で瞬殺でした。そんなに有名だとは知りませんでしたわ。

それにしても同時期に中年みんなが同じもの(しかもスイーツ!)をありがたがって食しているとは!
気持ちわるぅー!!

ガトーフェスタハラダのラスク恐るべしというべきか。

投稿: ルドルフ | 2009.05.10 06:53

ルドルフさん、原田麻衣DVDお買いあげありがとうございます。(強制)
このDVD、Amazonのレビューが異様に熱いスね・・

>それにしても同時期に中年みんなが同じもの(しかもスイーツ!)をありがたがって食しているとは!

うーん・・確かにちょっと驚きの展開。
みなさんがそろって反応するのも驚きですが、またみなさん同じような時期に食べていたとは・・
きっとロックが好きな人に共通するお菓子なんですよ。(大でたらめ)
しかしこれだけ人気なら都内で類似品が出回りそうな気もしますけど。

投稿: SYUNJI | 2009.05.10 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/44920936

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってみた 第11回 館林・伊香保・妙義山:

» 【館林市】県立つつじが岡公園 [太田焼きそばマンブログ]
初めて群馬県館林市の県立つつじが岡公園へ行きました。 群馬県太田市の観光地より多くの人々がいました・・ つつじまつり 4月25日(水)~5月15日(水) 館林市観光協会ホームページ にほんブログ村 ... [続きを読む]

受信: 2009.05.11 15:48

« 聴いていた 第3回 マイ・サウンド・グラフィティ | トップページ | 食べてみた 第8回 太田焼きそば・水沢うどん »