« 聴いてみた 第63回 ディープ・パープル その2 | トップページ | 聴いてない 第133回 リトル・リバー・バンド »

聴いてない 第132回 グリーン・デイ

同じ「聴いてない」にしても「まあそのうち聴くだろう」という根拠のない楽観アーチストもあれば、「聴いてない」ことをあまり公にしたくない超大物までいろいろなのですが、グリーン・デイは前者の代表。
ベスト盤は持ってますが、オリジナル盤は1枚も聴いてない。
ベスト盤も「よぉしグリーン・デイを聴いてみよう!」というわりとはっきりとした意欲に満ちて買ったもので(例により中古ですけど)、何気なくついふらふら買ってしまい後悔・・というケースとは明らかに違う。

グリーン・デイ、結成は80年代後半らしいが、自分にとっては90年代以降のバンドという位置づけである。
最初に聴いたのは「スタック・ウィズ・ミー」。
MTVで見たのだが、映像よりもサウンドがずっと印象に残った。
というかPVはもうどんな映像だったのか覚えていない。

その後「マイノリティ」が大ヒットした際、アルバムも聴いてみたくなった。
ところがなぜかしばらく放置してしまい、気がついたらベスト盤が出て、しかも中古に出回るところまでキャリアが進行してしまった。
・・・まあいいやってことであまり深く考えずベスト盤購入。
それなりに気にいってしまったが、やっぱりこれで満足。
「アメリカン・イディオット」も出た頃は「ああこれは聴かねばならんな」などと思ってはいたのだが、ツェッペリンやらイエスやらクリムゾンやらワフー・マクダニエルやらキラー・トーア・カマタやらの宿題を優先しているうちに年月が経過。
今もベスト盤を聴きながらこの文章を書いてますが、サウンドとしては正直好きな部類。

さてグリーン・デイ。
アメリカの3人組ということくらいしか知らないので、今回もあらためてネットで少し調べてみた。
メンバーはビリー・ジョー・アームストロング、マイク・ダーント、トレ・クールの3人。
ビリーだけ本名で、あとの二人は芸名や愛称らしい。
トレ・クールの本名は「フランク ・エドウィン・ライト3世」って、ホントかよ?
なんか中世の貴族みたいな名前だ・・・
全員カリフォルニア州出身、年齢も1972年生まれで3人同じ。
じゃあ「昭和47年生まれ芸人」てことですね。
バンドは87年結成で、89年より「グリーン・デイ」を名乗っている。
今年は5年ぶりの新作が予定されていて、プロデューサーはニルヴァーナを手がけたブッチ・ヴィグという人とのこと。

このバンド、ベスト盤を聴く限りでは、メロディが聴きやすく工夫されていて、ボーカルもあまり投げ捨てがなく、楽曲としてはかなり誠実で、楽譜に忠実に歌っていると思われる。
サウンドはソリッドでシンプルだし、ボーカルにもさほど厚みのないコーラスを当てたりしている。
少なくともやたら絶叫したり不可解な転調を繰り返したりといったことはない。
自分にとってはこの路線が好みには合致しているのだ。

このあたりはコアな70年代ロンドン・パンクなどを聴いてきた人からすれば、評価や好みは分かれるところかもしれない。
パンクが基盤にあるというよりも、シンプルなアメリカン・ロックにパンクの要素を取り込んだ、という感じである。
なおベスト盤の裏ジャケはメンバーのモノクロ顔写真なのだが、パンクというよりコミックバンドみたいな表情になっている。

一番好きな曲は「マイノリティ」。
愚直そのものと言える歌詞は、どこか不器用でかわいい印象すら感じるし、わかりやすく親しみやすいサウンド、思ったよりマジメなボーカルとコーラスなど、好みの要素があちこちにある。
ベスト盤全部がこのノリでもないのだが、どれも聴きやすい曲だ。

いろいろ意見はあるだろうが、どこかで聴いたような音が聞こえるのは確かである。
「Brain Stew」って曲は、イントロがシカゴの「長い夜」にそっくりだ・・・
「Good Riddance」は確かにオアシスにも似ている。
また「アメリカン・イディオット」にもオアシスに似たアレンジの曲があり、オアシス側から抗議があったそうだ。
ギャラガー兄弟はグリーン・デイのことが嫌いらしい。
というかこの兄弟はそもそもキライな人たちが多いようですけど。

ベスト盤のあとに発表された問題作が「アメリカン・イディオット」である。
今までの彼らの歴史上最も売れたアルバムであり、米英それぞれで1位を獲得。
イラク戦争を起こしたブッシュ政権を批判する内容が若者に支持された、というのがヒットの理由らしい。
聴いてはいないが、手榴弾を握るメッセージ色の強いジャケットは印象に残っている。
パンクにしては方向性が社会派にすぎるような気もするが、21世紀のパンク像とはむしろこういうスタイルなんだろう。
反抗的な姿勢を装っているが、根はみんないいヤツ、なんてところでしょうか。

ということでグリーン・デイ。
聴くとすれば「マイノリティ」収録の「ウォーニング」、あとは名盤「アメリカン・イディオット」でしょうか。
初期から今に至るまで、サウンドにそれほど変化がないようなら、どこから聴いてもたぶん大丈夫な気がしますが、隠れた名盤などあればぜひご紹介下さい。

|

« 聴いてみた 第63回 ディープ・パープル その2 | トップページ | 聴いてない 第133回 リトル・リバー・バンド »

コメント

お世話になります。

グリーン・デイ!パープルの次がグリーン・デイとはさすがSYUNJIさん。この2つ、全く聴いてる層が被らないと思うので意外なチョイスですが、そういえば以前わたしがグリーン・デイの記事書いたときにコメントいただきましたね。TB飛ばします!

グリーン・デイ、ニルヴァーナ後、暗くて殺伐としたグランジ・ロックが増えたアメリカで、明るくポップなメロディック・パンクを若者音楽の主流に押し上げた、オフスプリングと並ぶ立役者です。時代の閉塞感を打ち破るような単純にストレス発散できるシンプルなロックンロールが求められていたんでしょうね。

まあ明るくキャッチーな分だけ、ノー天気だとか深みに欠けるとかいう批判もあると思いますが、主流の音楽が複雑で小難しくなった後の反動というのはいつの時代もあるもんです。

初期はわりと他愛のないティーンエイジ・ライフを歌ったようなシンプルな曲が多いですが、メッセージ性は「ウォーニング」の頃から強くなります。「アメリカン・イディオット」はそれがちょっと行き過ぎた感じで、ロック・オペラならぬパンク・オペラと呼ばれる組曲風になってます。もうすぐ出る次のアルバムはもうちょっとシンプルな芸風に戻って欲しいと個人的には思ってます。

ちなみに、「アメリカン・イディオット」には、ブライアン・アダムスの「サマー・オブ・69」にメロディがソックリな曲も入ってます。確かに、ちょっとパクリ風が多いかも。でもそれは今のバンドには全て言えることで、グリーン・デイ以上にパクリの多いギャラガー兄弟にそのことを指摘される筋合いはないと思います。


>反抗的な姿勢を装っているが、根はみんないいヤツ

パンク・ロックの基本です(笑)。

投稿: カナ | 2009.03.29 03:54

カナさん毎度です。
TBとコメントありがとうございます。

>パープルの次がグリーン・デイとはさすがSYUNJIさん。

迷走BLOGの本領発揮といったところです。(バカ)
しかもカナさんの記事にも異様につまらないコメントを(しかも大晦日に)寄せている・・

>時代の閉塞感を打ち破るような単純にストレス発散できるシンプルなロックンロールが求められていたんでしょうね。

この時代背景にあまり詳しくないのですが、グランジが流行っていた時はあまりの自分のついていけなさぶりにホントにどうしようかと思いました。
やはり自分はグリーン・デイのシンプルなサウンドが好きなようです。

>「アメリカン・イディオット」はそれがちょっと行き過ぎた感じで、ロック・オペラならぬパンク・オペラと呼ばれる組曲風になってます。

そうなんですか?
でもやはりこれは聴いてみないといけませんね。

>グリーン・デイ以上にパクリの多いギャラガー兄弟にそのことを指摘される筋合いはないと思います。

ははは!確かに。
オアシスには「イマジン」のイントロとそっくりな曲もありますしね。

投稿: SYUNJI | 2009.03.29 18:31

SYUNJIさん、こんばんは。
グリーン・デイ、名前しか知りません。
ですので、カナさんに相乗りして、

>>>パープルの次がグリーン・デイとはさすがSYUNJIさん。
>>迷走BLOGの本領発揮といったところです。(バカ)

次回はオレンジレンジでしょうか。

>>ブライアン・アダムスの「サマー・オブ・69」
>>にメロディがソックリな曲
>>オアシスには「イマジン」のイントロとそっくりな曲もありますしね。

そのブライアン・アダムスには、ザ・フーの「I Can't Explain」
にそっくりな曲があります。
ちなみに、オアシスのライブビデオを妻が所有して
おりますが、ビートルズの「I am the walrus」を
カバーしていました。

投稿: モンスリー | 2009.03.29 20:24

モンスリーさん、こんばんは。
関東はここ1週間ずっと寒くて桜が全然開きません。
善福寺公園でむりやり花見している方々も見かけましたが、今日はやはり花見には寒いと思う・・

>グリーン・デイ、名前しか知りません。

(急に態度がでかくなって)いやあそうなんですか?
いいですよグリーン・デイは!(聴いてないくせに)
オレンジレンジは全然聴いてませんが・・

>そのブライアン・アダムスには、ザ・フーの「I Can't Explain」にそっくりな曲があります。

ええ~?そうなんですか?
先日もコールドプレイがやり玉にあがってましたが、洋楽の世界でもいろいろあるみたいですね。

>ビートルズの「I am the walrus」をカバーしていました。

オアシス、今日ちょうど日本でライブやってますね。
先週のライブでもこの曲をラストにもってきて盛り上がったようです。

投稿: SYUNJI | 2009.03.29 21:52

SYUNJIさん、こんばんは。

グリーン・デイ、私もベスト盤しか持っていない男です。
昔、友人に初期の頃のアルバムを2枚ほど借りて聴いた事はありますが、あまりハマるものがなくて、録音せずに返してしまった覚えがあります。
その割には、ベスト盤を持っているのが不思議ですが...。

ベスト盤の楽曲を聴く限り、確かに明るくシンプルで聴きやすいですね。
でも、逆にそれが個人的には物足りなさを感じてしまいます。
だから、えらくビッグになった今でも、ほとんど食指が動かないバンドなのです。

同時期、UKのバンドばかりに関心が集中していたのも、グリーン・デイを聴かなかった理由の1つかも知れません。

投稿: Junk | 2009.04.01 00:27

Junkさん、コメント&TBありがとうございます。

>グリーン・デイ、私もベスト盤しか持っていない男です。

お、そうですか。
ベスト盤友の会ですね。(なんだよそれ)
確かに明るくて聴きやすい曲が多いですね。

>だから、えらくビッグになった今でも、ほとんど食指が動かないバンドなのです。

そうかぁ・・Junkさんはペイジのファンだからなぁ・・(関係ないだろ)

>同時期、UKのバンドばかりに関心が集中していたのも、グリーン・デイを聴かなかった理由の1つかも知れません。

この頃のUKバンドってのはどのあたりでしょうか?(たぶん名前を聞いてもわからないと思うけど・・)

投稿: SYUNJI | 2009.04.02 00:02

SYUNJIさん、こんばんは。再び失礼します。

グリーン・デイに関してほぼ知らないと言ってもいい私、彼らがいつブレイクしたのかわかりません。
記事に書いた「バスケット・ケース」が収録されたアルバムが売れたのは覚えていますが、それがいつ頃だったのか???(いかにファンじゃないかがわかる)

恐らく、その頃(90年代半ば?)のUKは、ブラーやオアシスらが登場して一大ブームが始まり、色んなバンドが続々と登場した頃だったと思います。
そのおかげで、90年代終わりまで、私の中でますますUKバンド愛が加速してしまうのですが・・・。

グリーン・デイ・・・ビッグになった僻み?から聴こうとしないのかも知れないJunkです。(おいおい)

投稿: Junk | 2009.04.03 21:08

Junkさん、再びコメント感謝です。

>恐らく、その頃(90年代半ば?)のUKは、ブラーやオアシスらが登場して一大ブームが始まり、色んなバンドが続々と登場した頃だったと思います。

自分もこの頃の状況はあまりよく覚えていませんが・・
ブラーは1曲だけしか聴いたことがありません・・

>グリーン・デイ・・・ビッグになった僻み?から聴こうとしないのかも知れないJunkです。(おいおい)

複雑なリスナー心境、どこかわかるような気もします。(本当か?)
なんかすごく有名になってしまうと興味が薄れてしまうことってありますよね。

投稿: SYUNJI | 2009.04.04 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/44488358

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてない 第132回 グリーン・デイ:

» 35歳サラリーマン、グリーン・デイにグッとくる。 [音楽酒場 since 2005]
今夜のBGM・・・ GREEN DAY / WARNING [続きを読む]

受信: 2009.03.29 03:23

» グリーン・デイ 「バスケット・ケース」 [バックシートに座って]
朝、目が覚めたら、枕元にあるラジカセに手を伸ばしてCDで音楽を聴くか、ラジオのA [続きを読む]

受信: 2009.04.01 00:37

« 聴いてみた 第63回 ディープ・パープル その2 | トップページ | 聴いてない 第133回 リトル・リバー・バンド »