« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

聴いてない 第132回 グリーン・デイ

同じ「聴いてない」にしても「まあそのうち聴くだろう」という根拠のない楽観アーチストもあれば、「聴いてない」ことをあまり公にしたくない超大物までいろいろなのですが、グリーン・デイは前者の代表。
ベスト盤は持ってますが、オリジナル盤は1枚も聴いてない。
ベスト盤も「よぉしグリーン・デイを聴いてみよう!」というわりとはっきりとした意欲に満ちて買ったもので(例により中古ですけど)、何気なくついふらふら買ってしまい後悔・・というケースとは明らかに違う。

グリーン・デイ、結成は80年代後半らしいが、自分にとっては90年代以降のバンドという位置づけである。
最初に聴いたのは「スタック・ウィズ・ミー」。
MTVで見たのだが、映像よりもサウンドがずっと印象に残った。
というかPVはもうどんな映像だったのか覚えていない。

その後「マイノリティ」が大ヒットした際、アルバムも聴いてみたくなった。
ところがなぜかしばらく放置してしまい、気がついたらベスト盤が出て、しかも中古に出回るところまでキャリアが進行してしまった。
・・・まあいいやってことであまり深く考えずベスト盤購入。
それなりに気にいってしまったが、やっぱりこれで満足。
「アメリカン・イディオット」も出た頃は「ああこれは聴かねばならんな」などと思ってはいたのだが、ツェッペリンやらイエスやらクリムゾンやらワフー・マクダニエルやらキラー・トーア・カマタやらの宿題を優先しているうちに年月が経過。
今もベスト盤を聴きながらこの文章を書いてますが、サウンドとしては正直好きな部類。

さてグリーン・デイ。
アメリカの3人組ということくらいしか知らないので、今回もあらためてネットで少し調べてみた。
メンバーはビリー・ジョー・アームストロング、マイク・ダーント、トレ・クールの3人。
ビリーだけ本名で、あとの二人は芸名や愛称らしい。
トレ・クールの本名は「フランク ・エドウィン・ライト3世」って、ホントかよ?
なんか中世の貴族みたいな名前だ・・・
全員カリフォルニア州出身、年齢も1972年生まれで3人同じ。
じゃあ「昭和47年生まれ芸人」てことですね。
バンドは87年結成で、89年より「グリーン・デイ」を名乗っている。
今年は5年ぶりの新作が予定されていて、プロデューサーはニルヴァーナを手がけたブッチ・ヴィグという人とのこと。

このバンド、ベスト盤を聴く限りでは、メロディが聴きやすく工夫されていて、ボーカルもあまり投げ捨てがなく、楽曲としてはかなり誠実で、楽譜に忠実に歌っていると思われる。
サウンドはソリッドでシンプルだし、ボーカルにもさほど厚みのないコーラスを当てたりしている。
少なくともやたら絶叫したり不可解な転調を繰り返したりといったことはない。
自分にとってはこの路線が好みには合致しているのだ。

このあたりはコアな70年代ロンドン・パンクなどを聴いてきた人からすれば、評価や好みは分かれるところかもしれない。
パンクが基盤にあるというよりも、シンプルなアメリカン・ロックにパンクの要素を取り込んだ、という感じである。
なおベスト盤の裏ジャケはメンバーのモノクロ顔写真なのだが、パンクというよりコミックバンドみたいな表情になっている。

一番好きな曲は「マイノリティ」。
愚直そのものと言える歌詞は、どこか不器用でかわいい印象すら感じるし、わかりやすく親しみやすいサウンド、思ったよりマジメなボーカルとコーラスなど、好みの要素があちこちにある。
ベスト盤全部がこのノリでもないのだが、どれも聴きやすい曲だ。

いろいろ意見はあるだろうが、どこかで聴いたような音が聞こえるのは確かである。
「Brain Stew」って曲は、イントロがシカゴの「長い夜」にそっくりだ・・・
「Good Riddance」は確かにオアシスにも似ている。
また「アメリカン・イディオット」にもオアシスに似たアレンジの曲があり、オアシス側から抗議があったそうだ。
ギャラガー兄弟はグリーン・デイのことが嫌いらしい。
というかこの兄弟はそもそもキライな人たちが多いようですけど。

ベスト盤のあとに発表された問題作が「アメリカン・イディオット」である。
今までの彼らの歴史上最も売れたアルバムであり、米英それぞれで1位を獲得。
イラク戦争を起こしたブッシュ政権を批判する内容が若者に支持された、というのがヒットの理由らしい。
聴いてはいないが、手榴弾を握るメッセージ色の強いジャケットは印象に残っている。
パンクにしては方向性が社会派にすぎるような気もするが、21世紀のパンク像とはむしろこういうスタイルなんだろう。
反抗的な姿勢を装っているが、根はみんないいヤツ、なんてところでしょうか。

ということでグリーン・デイ。
聴くとすれば「マイノリティ」収録の「ウォーニング」、あとは名盤「アメリカン・イディオット」でしょうか。
初期から今に至るまで、サウンドにそれほど変化がないようなら、どこから聴いてもたぶん大丈夫な気がしますが、隠れた名盤などあればぜひご紹介下さい。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

聴いてみた 第63回 ディープ・パープル その2

あまり意識したことはないのですが、心のどこかでジミー・ペイジよりリッチー・ブラックモアを応援したいと思っている自分がいます。
「パープルのファンはツェッペリンも聴くが、ツェッペリンのファンはパープルを聴かない」という話ですが、これもどこか寂しい気がするのです。
最近ペイジ本も出版されてるみたいですけど、おそらくリッチー本ほどの爆笑はありえまい・・・と思ってます。
そんなリッチー信奉者のあたし、「東洋のインギー」と呼んでもらっていっこうに構わないのですが(ウソつけ)、ここに来てパープル学習はツェッペリンやレインボーに比べて大きく遅れをとっています。
ツェッペリンはとうとう「In Trough The Out Door」を残すのみ、レインボーもロニーからやっさんまでの4枚はすでに踏破しました。

それなのに。
我らが本家パープルは未だに「Come Taste The Band」1枚を聴いたのみ。
しかもこのアルバムはリッチーいないし。
カバもトミーも悪くはないけど、曲も全然覚えられないし。
なぜかパープルについてはこんな有様です。

これでどこがリッチー信奉者なのでしょうか。
このままでは決して東洋のインギーにはなれません。
いや、別にそれほどなりたくもないですけど、インギーはともかく第2期を聴かずしてパープルを語ってはならないという神奈川県条例に従い、「Fireball」を聴くことにしました。

Fireball

このアルバムは「In Rock」と「Machine Head」という超名盤にはさまれた微妙な位置づけだが、第2期盤であることに変わりはない。
リッチー御大本人は実はあんまし気に入っていないらしいが、ともかく聴いてみることにした。

今回あえて荻窪の超有名店「深紫亭」の王道であるしょうゆ・みそを注文せず、品書きの末尾にある「塩」を注文し、厨房のリッチーからは睨まれ、ペイスとギランにも「ははっ塩だってよ」と笑われた・・・ような心境。
果たしてあたしは無事に無傷で店を出ることができるのでしょうか。

・・・・・聴いてみた。

1. Fireball
タイトル曲で最初から飛ばすパープル。
ギランの高音はそれほど好きではないのだが、この曲では効果的に使われている。
ペイスのどかすか疾走ドラムにジョンのぶびぶびキーボード、リッチーのびりびりギター。
第2期と言えばふつうは「湖上の煙」とか「高速道路の星」などを思い浮かべるだろうが、これだって第2期を代表する曲ではないだろうか。
欲を言えばもう少し長くてもいいんだが・・・

2. No No No
ギランのボーカルが少しイヤミな粘着系の一曲。
途中のジョン・ロードのキーボードがやや意外な音を立てる。
ギターのメロディは低音が多いのであまり目立たない感じだ。
エンディングでやっとリッチー本来の音になるが、すぐに終わってしまう。

3. Strange Kind Of Women
これもあまりにも有名な「変わった感じの女」。
楽しい旋律じゃないのに、なぜかウキウキと体が揺れる変わった感じの曲である。
ギランのボーカルもムダなシャウトがないので聴きやすいナンバーだ。

4. Anyone's Daughter
イントロはそれぞれの楽器がやや迷ったような音をたてる。
パープルにしては珍しいカントリー調のサウンド。
ピアノとギターが中心だが、音が左右に振り回されるアレンジが仕込まれている。
ギランもまるでストリート・ミュージシャンのように歌い語る。
初期の「ハッシュ」を思わせるような、深夜にやってる古い映画のような、そんなイメージ。(伝わらない?)

5. The Mule
イントロは映画のオープニングのような盛り上がり。
どこか80年代っぽい音がする。
この曲はイアン・ペイスの「どんしゃらっどばどばどららら」というドラムに特徴がある。
中盤のギターは時に遠く急に近く、ビートルズのようにも聞こえる。

6. Fools
イントロはどこか静か~でプログレっぽい進行なのだが、ギランのボーカルはアルバム中で最もハード。
リズムとギターをあえて合わせていないところもあり、複雑で不思議な構成だ。
リズムを刻む鈴のような音は時計のように緊張感を生んでいる。
そこに突然ギランのボーカルが割って入ったり、寂しげな長めの間奏があったり。
ラストはジョンの太いキーボードがぶーんとうなって終わり。
サスペンス・ドラマの効果音楽のようである。
これ、どこかキング・クリムゾンを思わせるのだが、いかがでしょう?

7. No One Came
全体を支配するのがペイスのドラムとジョンのキーボードだが、ギランもリッチーもそれぞれのパートをきちんと主張しており、楽曲のまとまりはしっかりしている。
パープルの曲の人気ランキングでもあまり上位には来ないだろうけど、アクション映画風で意外におもしろい曲だ。
エンディングではキーボード音を逆回転させていると思われるアレンジがある。

ネットでの評判のとおり、突出してすばらしいとされる曲もなく、かと言って駄作と切り捨てられるほど悪い出来ではない。
「Fireball」「No One Came」は第2期パープルの標準的サウンドだと思うが、思ったよりも多面的な印象。
プログレやカントリーのような曲もあるし、ギランもけっこう多彩なボーカルを聴かせる。

ただアルバム全体の印象はやや薄く、案外地味だ。
どの曲も盛り上がりの持続が短くまとまっているのは惜しいところだ。
さらに言うと、全体の演奏時間が短いのも物足りない。
もう2曲くらいあってもいいように思う。
「アルバム製作にかける時間があまりなかった」とはリッチーの弁らしいが、曲単位ではライブでほとんどが演奏されてるようなので、バンドとしても個々の曲自体は気に入っていたのかもしれない。

今さらあたしのような素人が評するもんでもないのは承知の上だが、まー残念ながらパープルってのはどのアルバムにおいてもジャケットがおポンチだ。
「Fireball」ももう少しなんとかならなかったんかというパープルなセンス。
メンバーの顔を火の玉に見立ててるんだが、ちっとも怖くない怪奇映画のポスターみたいなのだ。
「In Rock」も「Machine Head」もかなりキツイものがあるが、顔が飛んでる分「Fireball」のほうが脱力度が上。
これだけのバンドなのにこの点はいつも惜しいよなぁ。
ジャケットにはいくらお金をかけてるんだろうか。
リッチー御大は「オレはジャケットでもペイジに勝つ!きぃー!!」とか思わなかったのかな?
ただしリッチーがいないパープルもやっぱジャケットはイケてないのばっかしなので、これはリッチーだけのせいじゃないよね。

ということで、ようやくやっとどうにか聴いてみましたパープルその2。
本当はパープルこそ全盤制覇を目指すべきなのでしょうが・・・
次は「In Rock」「Machine Head」「Burn」の中から選ぶことになると思います。

| | コメント (13) | トラックバック (1)

食べてみた 第7回 「ラァメン屋 69’N’ROLL ONE」

素人麺類ブロガーのSYUNJIです。
グルメでもラーメンマニアでもないあたしですが、今回もまた気安くラーメンを食いに行ってしまいました。
ところがその店が実は超有名店だったのです。

食べたのは「ラァメン屋 69’N’ROLL ONE」。
「ろっくんろーるわん」と読むそうです。
行ったのは3月8日なのですが、なんとその2日後に、シリーズにもなっているテレビ東京の人気番組「最強ラーメン伝説」で紹介されたのでした。

しかも。
あたしはその番組は見なかった(放送されたことすら知らなかった)のですが、あの「ラーメンの鬼」佐野実や「大勝軒」の山岸一雄師匠、「なんつッ亭」の古谷一郎番長、ラーメンライター石神秀幸氏ら業界の巨匠重鎮精鋭集団から絶賛され、南東京エリアで1位を獲得したというのです。

で、ネットで調べたらものすごい数のサイトやBLOGにヒット。
超有名店だったことがやっとわかりました。
げぇーそんなすごい店だったのか・・・全然知らなかった・・・
いや、店の前の道をクルマでたまに通るのですが、確かにいつも行列はしていました。
「あーきっとうまいんだろうな」くらいにしか思っていなかったのですが、近くに用事もあったので行ってみることにしたのです。

店に着くとすでに7~8人の行列が店の外にできていました。
ラーメン屋の行列に並ぶのは自分としてはかなり珍しい行為ですが、せっかくなので並んでみました。
マーク・ハントな感じの店員さんが外にいて、行列を仕切っています。
外からは店の中の様子がほとんどわかりませんが、どうやら中でも待たされるようです。
20分ほど待って中に入りました。

食券を買ってから、さらに座って待つことになりました。
妻は比内鶏スープの醤油ラーメン「2号」、あたしは塩ラーメンの「3号」を注文しました。
「号」は玉の大きさではなく、種類の区別のようです。

店の中は小さなスナック風で、天井にはでかいギターが釣ってあったりして、60年代ロックンロールな雰囲気です。
が、カウンター8席しか食べるスペースはありません。
しかも。
携帯・雑誌・私語いずれも禁止、当然禁煙、水もセルフですが「無駄にしないで下さい」との貼り紙。
BGMはもちろんなく、麺をすする音しかしません。
ラーメン屋としては異様な緊迫感が漂います。
ロックンロールとは対照的な、禅寺のような静寂。
後で妻は「お通夜のようだった」と表現しましたが、そのくらい静かです。
麺の湯切りの動作は独特で、麺籠を前に突き出す仕草は空手の型のようでした。
器も有田焼きで、「佐野実贈」と書いてありました。
とにかくいろいろこだわりの多い店のようです。

カウンターの中を見ていてわかったのですが、店主がひとりで2食ずつ作るため、回転はかなり悪く、結局店内でも25分くらい待たされました。
2人以上で来ても並んで座れる保証はなく、ヘタするとラーメンが出てくるタイミングも大幅にズレたりするので、家族連れには不向きでしょう。
店ではわからなかったのですが、ネットで得た情報によると「小学生未満お断り」だそうです。

ようやく目の前に3号ラーメンが置かれました。
写真を撮りたかったのですが、この雰囲気では非常に撮りづらく断念。
なので今回の記事は写真なし。
実際にはかなりのサイトやBLOGで写真付きで紹介されているので、撮影禁止でもなさそうです。
ただ自分が店にいる間は、携帯で撮影してる客は誰もいませんでした。

・・・・・食べてみた。

まずはスープを一口。
うーん・・・
これは・・・すごい味です。
うまいのはもちろんなのですが、ものすごくはっきりした味です。
鶏ダシですが、それだけでは出ない味がします。それがなんなのかわかりませんけど。

麺は比較的細く、まっすぐでちぢれはほとんどない感じ。
九州ラーメンに近いような気もしますが、スープとの相性は思ったほど悪くありませんでした。
とにかくかなりパンチの聴いたラーメンで、気合いの乗った打撃系です。
ノゲイラではなく、ミルコといったイメージ。(あんまし伝わらない)
チャーシューも鶏肉。
味玉は意外に薄味でしたが、これもうまいです。

ただし。
スープの味が自分には少し濃いです。
第一印象は非常に強烈でいい感じなのですが、食べ終わりの頃にこの濃さがややきつくなってきます。
スープの中に鶏そぼろのような細かい肉がけっこう入っているのですが、これが器の底にたくさんたまっていて、やはり味の濃さが少し気になりました。

今思うと、麺とスープの配分を維持しつつ食べれば良かったようです。
ふつうラーメンは麺からどんどん食べていって、最後にスープが残ったりすることが多いのですが、このラーメンの場合は最後まで麺を残しておくように食べ進むのがいいかもしれません。

多くのBLOGにも書いてありましたが、店主は高橋ジョージと次長課長の河本を足して2で割った感じの人です。
でもそれは見た目だけで、愛想は全然ありませんし、「いらっしゃいませ」もありませんが、食べ終わった客が「ごちそうさま」と言うと「どうも~」と返事をしてくれます。(このやりとりはこの店の慣例っぽい)
ネットではこのあたりの評価も分かれるようで、「こんな禁止事項の多い愛想のない店はイヤだ」という意見も多いようです。
店主の愛想のなさはサービス業としてはマズイのかもしれませんが、自分には「シャイなだけの人」に見えました。
正直なところとまどいもありましたが、個人的にはこういうスタイルもアリではないかと思いました。
「ラーメンを食いに来てやった」というアプローチではおそらく耐えられないので、「お稽古事に来た」くらいに思って食べればよいのではないでしょうか。(なんだよそれ)
まあ味も雰囲気も感じ方は人それぞれですね。
佐野実に叱られながら食べるのは、たぶんあたしにはできません・・・

そんなわけで、超有名店とも知らずぬるい気持ちで食いに行ってしまった「ラァメン屋 69’N’ROLL ONE」。
味も店の雰囲気も強烈です。
テレビで紹介され、南東京エリアで1位も獲得したことで、さらに行列が長くなることは必至。
放送前に食べることができたのはよかったかもしれません。
しばらくは行かれないと思いますが、もし次回行くことがあれば、あの禅寺修行のような雰囲気を楽しみつつ、麺とスープの配分を保ちながら食べたいと思います。

69’N’ROLL ONE

| | コメント (9) | トラックバック (0)

読んでみた 第29回 フロム・エー

「携帯がなかった頃って、待ち合わせに遅れる時はどうしてたんですか?」と若いヒトに真顔でたずねられて困惑した中年のSYUNJIといいます。
そのままじっと待ってたり待たせたりしてたんだよ、坊や。
最長だと渋谷で1時間40分くらい待ったことあったなぁ。
あと待ち合わせ場所の喫茶店に電話かけて「○○って客がいると思うんですけど・・」「あー○○君ね、いるよ。ちょっと待ってね」なあんて昭和のシーンを地で行ってたんだよ!(なぜか逆ギレ)
もう今は喫茶店や雀荘の電話で呼び出されるヤツってのもいないんだろうね。

そんな元昭和の働く学生だったあたしが今回読んでみたのは求人情報誌「フロム・エー」。
もちろん読むのは初めてではない。
が、買ったのは25年ぶりくらいだろうか。
求人情報を探すためではない。
休刊が決まったから読んでみたくなったのである。

「フロム・エー」関東・東海・関西版は2009年3月30日の発行をもって休刊だそうだ。
一方で名古屋・大阪限定フリーペーパーの「タウンワーク758」と「タウンワーク梅田キタ+ミナミ」が、4月から「フロム・エー」にブランド変更、となるらしい。
いまいちよくわからないが、今の有料の「フロム・エー」は3月末で休刊ということのようだ。

リクルートが「フロム・エー」を創刊したのは1982年。
当時首都圏で売っていた求人情報誌としては「日刊アルバイトニュース」(学生援護会)と、「アルバイト情報」(情報センター出版局)があった。
「フロム・エー」はそれらとは判型も体裁も雰囲気も全く違っており、求人情報以外の記事やコラムも多かった。
とにかく判型が大きく、A3くらいあったんじゃないだろうか。
黄色地にでっかく「A」とデザインされた表紙も、他の情報誌とは違うテイストだった。
なお「アルバイトニュース」はその後「an」と名前を変え、さらに「フロム・エー」より一足先にフリーペーパーとなっている。

当然求人情報誌なのでバイト情報を探すために買うわけだが、「フロム・エー」は後発のためか情報量は他誌に比べてやや少なく、内容もいまいちなバイトが多かったと思う。
大学に入ったばかりの頃、しばらく「フロム・エー」を毎週買い続けた期間がある。
そんなもん毎週買ってないでさっさと働けってところなのだが、自分の場合時間が合わなかったり体力がなかったりで条件が合う求人情報が少なく、なかなか決められなかったのだ。
今よりずうっと景気は良かった頃のお話なので、選り好みしていただけとも言えるが。
自分は結局あまり本気でバイトを探す気もなく、他誌にはないコラムなんかを暇つぶしに読むために「フロム・エー」を買っていたのだ。

こんな調子でたまにごく短期でバイトをしていたのだが、大学2年の時にクルマを買ったため、どうしてもバイトして金を稼ぐ必要が出てきた。
そこでマジメに職探しに取り組むため、また情報誌を買ってようやく定職(バイトですけど)についたのだが、その時頼りにしたのは「フロム・エー」ではなく「アルバイトニュース」であった。

で、先日ネットを見ていたら、「フロム・エー」が休刊することを知った。
続けて読んでいたのはせいぜい3ヶ月くらいだったのだが、どこか寂しさを感じたのは確かである。
昔通い詰めた雀荘が閉店すると聞いた時のような・・・
母校がよその学校に統合されて名前はなくなってしまうと聞いた時のような・・・
FROCKLが閉鎖すると知った時のような・・・

読んでみた」シリーズ、休刊と知っていて買うのは初めてである。
こんなおっさんが買うような雑誌でもないだろうけど、表参道駅の売店で25年ぶりに買ってみました。

Froma

価格は当時と同じ100円。
ただし判型はA4。
めくってみてわかるのだが、紙質がかなり悪い。
まあ求人情報誌なんて働き口が決まってしまえば用はなくなるもんだし、ヘタすりゃ寿命は10分くらいなんてこともあるわけで、紙質などどうでもいい話ではある。

今週号の表紙は福田沙紀。
最近は芸能人の顔を表紙にしているようだ。
この人のインタビュー記事もあるが、それほど濃いものではない。

さて本編。
ある程度予想はしていたが、さすがにこの不況なので、求人情報も本当にスカスカだ。
ひどいページになると4コマのうち2コマは空白だったりしている。
情報や広告がとれないまま出版したのだろう。
「職場の雰囲気で選ぶ」なんてカテゴリーがあるが、働いてみないと雰囲気なんかわかるわけがないのに・・・
それでも若い従業員やバイトの笑顔いっぱいの写真が載っている求人も多く、このテンションがかなり痛々しい。

コラムやはみだしはまだあったが、量やレベルは創刊当時とは比較にならない。
なんだか見れば見るほどいたたまれない気になってくる。
不況だから求人も少ないのはわかるが、すでに求人情報誌自体にニーズがなく、編集側もそれを自覚していることが紙面からはっきりと伝わってくるのだ。
もっとも売る側のリクルートに、悲壮感はさほどないはずだ。
そもそも求人広告料で成り立つ雑誌だし、今はネットでもっとラクに便利に情報が紹介できる。

今さら説明の必要もないが、休刊の理由は「求人広告を発信する側と職を求める側のスタイルが決定的に変わったから」だろう。
スタイルとはもちろん携帯電話である。(「電話」って付けて書くのもまたオヤジなんだけど)
情報誌を見てもロクな求人がないし、あってもすぐに募集終了となるのだろう。
携帯で得る情報の速報性や検索性、利便性は計り知れない。

今派遣切りに合って苦労している人たちも、必ず携帯は持っていると聞く。
というか携帯がむしろ生命線なのだ。
こんな状況で100円の情報誌なんて売れるはずもないのである。

7~8年前だろうか、少し年下のヤツが「携帯を持ってないヤツは迷惑だ」と言い切ったことがあって、その時はかなり驚いた記憶がある。
今は「携帯を持たない」ことは「リスク」である、というところまで来ているということなんだろう。

今回はこの雑誌を買って読んだことをとても後悔している。
よせばいいのに、昔のイメージをどこかで追い求めてしまった自分がバカだった。
学生の頃はけっこうかわいくて人気もあった女の子に、同窓会で久しぶりに会ったら信じられないほど老け込んでいて、肌なんかがっさがさで化粧もどうしたらそんな顔になるんだよ状態のおばはんになっていた・・・ような心境。
いずれにしても休刊だそうなので、二度と100円でフロム・エーを買うことはない。
学校出てから今まで全く求人情報誌を買うことがなかったことを、幸せに思わねばならないのだろう。
「読んでみた」シリーズ、ここまでで一番悲しい気持ちにさせられた「フロム・エー」でした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »