« 聴いてない 第127回 スペシャルズ | トップページ | 食べてみた 第6回 ラーメン「中村屋」 »

聴いてみた 第56回 トッド・ラングレン その2

中高年ほのぼのロック登山道案内シリーズ、今日はトッド・ラングレンの2回目。
前回の「Healing」を電車で聴いてる最中にチカラいっぱい眠くなってしまい、SLシータップ並の睡眠学習効果を感じたあたしですが、性懲りもなくもう少しトッドの世界にふれてみたいと考え、再び三軒茶屋へ。
祥お嬢からは「Hermit of Mink Hollow(ミンク・ホロウの世捨て人)」が良いとのアドバイスを受けていたので、まずそれを探す。

ありました。
梅田ではあれだけ探して全然見つからなかったが、三軒茶屋ではあっさり発見できた。
799円。
どのCDも値段が99円単位というアメリカ風な設定がこの店の特徴である。
ちなみにアルバムタイトルと同じ名の曲はない。

Mink

前回は申し訳ないけどチカラいっぱい眠くなってしまったトッド・ラングレン。
今回はトッド作品の中でもポップで聴きやすいと評判のアルバム、果たして自分にはどのように聞こえるのでしょうか。

・・・・・聴いてみた。

1. All the Children Sing 子供たちの歌
この曲だけは聴いたことがあり、非常にポップだと思っていた。
イントロやポイントごとに聞こえるしゃらしゃら~んとした音、意外にまとまりのあるコーラス(全部トッドだそうだが)、どれもいい感じだ。
スピードのわりにやわらか感にあふれた名曲である。

2. Can We Still Be Friends? 友達でいさせて
この曲にもしゃりしゃりした広がりのある音が聞こえる。
コーラスもそれなりに厚みを感じるが、前の曲に比べて多少危うい感じがある。

3. Hurting for You 傷ついた心
雰囲気や構成は2と同じような曲。
テンポもゆっくりなのだが、トッドの歌はテンポの早い曲のほうがうまいと思う。

4. Too Far Gone 夢の彼方に
明るいのか暗いのか、ちょっと微妙な一曲だ。
コーラスもややユラユラしていて不思議なムード。

5. Onomatopoeia 擬声
これは一種の童謡と言ってもいいのではないだろうか。
犬や猫の鳴き声など様々な音とともに歌は進む。
「みんなのうた」とか「ピンポンパン」でかかりそうな曲。
ちなみに日本語はこうした擬態語が非常に豊富で、世界の言語の中でもトップクラスだという話を聞いたことがある。
雨音ひとつとっても「ざーざー」から「しとしと」まで、降り方や強さをそれぞれ細かく表す言葉が存在するのは日本語の特徴らしい。

6. Determination 決意
一転高揚感にあふれた80年代を彷彿とさせるシャープなロック。
歌詞の後追いコーラスが非常に秀逸だ。
この曲はドラムがよく聞こえる。

7. Bread
ミドルテンポのどこか哀愁に満ちたナンバー。
後半はギター音を左右に振り回すアレンジもある。

8. Bag Lady
ピアノで始まるバラード。
構成が少し複雑な気がする。
タイトルは直訳すると「かばん女」だが、これはいわゆるホームレスの女性を歌っているらしい。

9. You Cried Wolf うそつき
タイトルのわりにけっこう楽しそうなメロディ。
途中サックスが聞こえ、アルバムの中では一番ハジケた感じがする。

10. Lucky Guy
ほとんどピアノだけの弾き語りだが、間奏にクイーンを思わせるギターのような音が聞こえる。
キーボードかな?
曲全体がクイーン、特に「オペラ座の夜」あたりの雰囲気である。

11. Out of Control
これも一転して軽快なロックである。
間奏のギターはこれまたブライアン・メイのようだ。
トッドなりにめいっぱい絶叫しているのだが、まあ当然メタルの領域には及ばず、かわいい感じだ。
「がんばってるね、トッド」と応援したくなる。

12. Fade Away
ラストはエコーのきいた壮大かつファンタジックなイメージ。
エンディングにふさわしい情感たっぷりの旋律。
まさに映画のエンドロールのBGMのような曲である。

ロックありバラードありポップスありのバラエティ・アルバムで、構成としては非常に優れている。
前回聴いた「Healing」とは全く雰囲気が違うが、断然こっちのほうがいいと思う。
楽器も歌も全てトッド本人によるものだそうだが、このクリエーターとしての才能はやはりすごいものがあると感じる。
ボーカルはところどころ危なっかしいのだが、早いテンポの曲やコーラスが厚い曲ではそれほど気にならない。

好みとしてはやはり「All the Children Sing」が一番いい。
ラストの「Lucky Guy」「Out of Control」「Fade Away」と続く3曲もいい感じだ。

聴いていてちょっと驚いたのは、アルバム全体が短いこと。
35分くらいしかないようだが、あまりに早く終わったので、MP3プレーヤーの電池が切れたのかと思ってしまった。
まあトッドに限らず70年代のLPって短いのが多いですけど・・・

ジャケットはトッドの顔写真を多少加工しただけのもので、インパクトはあまりない。
前回聴いた「Healing」もそうだが、もうちょっとジャケットに凝ってみてもいいんじゃないかと思う。
トッドのアルバムはけっこう顔写真や似顔絵があるようだけど、ジャケットで買わせようという野心はほとんどないんじゃないかと思いますけど・・・

そんなわけで、再びトライしてみましたトッド・ラングレン。
いやー1枚目であきらめずに聴いてみてよかったと思います。
おすすめいただいたみなさん、ありがとうございました。
こんな感じのアルバムだったら、もう少し聴けるんじゃないかと思わせるような名盤でした。

|

« 聴いてない 第127回 スペシャルズ | トップページ | 食べてみた 第6回 ラーメン「中村屋」 »

コメント

SYUNJIさん、こんばんは。
早速ですが、
>>SLシータップ並の睡眠学習効果

???、と思って検索しましたら、こんなものがあったのですね。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11457801

本題ですが、「聴いていない」と「聴いてみた その1」で
自分がどんなコメントをしていたのかと確認しましたら、
ちょうどさぼり時期のようでした。

手持ちのレココレ総集編を見ますと、ラングレン単独特集があり、
このアルバムについても触れています。それによると本人自ら、
A面(6曲目まで)を「やさしいサイド」、B面(7曲目以降)を
「難解なサイド」と呼んでいるそうです。
SYUNJIさんのコメントからも、それが伝わってきますね。しかも
音楽性がやはり幅広いようですね。

さて、私はこの人の曲を2曲だけ聞いています。どちらも全く
感じの異なる曲でした。本当のポップというのはこういう
ものだというのは頭では理解できても、結構難解でした(^^;)。

投稿: モンスリー | 2008.11.30 15:24

モンスリーさん、コメント感謝です。
まさかSLシータップを拾っていただけるとは・・感慨無量です。
学習雑誌や少年漫画誌を読んでいた昭和の少年にとっては、広告で一度は目にしているんじゃないでしょうかね。
実物を見たことはありませんが、「よそのクラスの○○君は持っているらしい」などといった都市伝説っぽい噂が時々広まりました・・
今Googleでも検索するといろいろヒットしますね。

さてトッド。

>A面(6曲目まで)を「やさしいサイド」、B面(7曲目以降)を「難解なサイド」と呼んでいるそうです。

はあーなるほど。
これは確かになんとなくわかります。
感覚的には「やさしい」「難解」というより「柔らかめ」「固め」といった印象ですが・・
いずれにしても音楽性は確かに多様な人のようです。

投稿: SYUNJI | 2008.11.30 17:51

睡眠学習機は持ってませんでしたが、チャック・ウィルソンが広告塔になっていたブル・ワーカーは持ってました。マンガの裏表紙にある通販グッズは魅力的でした。

大人の科学で復刻した電子ブロックや、名前は忘れましたが好きな縮尺で原画を書き写すことができる機械などは魅力的でした。ただ、「竹下景子似の彼女とポルシェが一度に手に入りました」などといううたい文句の怪しい商品には興味はありませんでしたが。

さて、トッドファン街道まっしぐらのSYUNJIさん。次は『Something Anything?』を是非聴いてみてください。

投稿: getsmart0086 | 2008.11.30 23:27

ゲッツさん、コメント感謝です。

>チャック・ウィルソンが広告塔になっていたブル・ワーカーは持ってました。

おおー!!
ありましたね、筋力トレーニングのブルワーカー。
SLシータップをネットで検索すると、ついでに見つかりますね。
「Dr.キャッポー」というナゾの機械も・・

>ただ、「竹下景子似の彼女とポルシェが一度に手に入りました」などといううたい文句の怪しい商品には興味はありませんでしたが。

「恋人のできるペンダント」ですね。(←よく知っているらしい)
学生のころ鉄板でモテないヤツがいて、友人同士で「アイツのために恋人のできるペンダント買ってやろうか?」と相談しましたが、本人に「頼むからやめてくれ」と言われて断念しました。
買ったらモテたかもしれないのに・・(ホントかよ)

>次は『Something Anything?』を是非聴いてみてください。

ご指導ありがとうございます。
ただトッドのファンになれるかどうかはまだ微妙ですけど・・

投稿: SYUNJI | 2008.12.01 21:15

毎度お世話になります。

むか~しこのアルバムについて書いた記事がありましたのでTBさせていただきました。

自分の場合はトッドのスローでシンプルな曲が好きだったりします。確かにヴォーカルはあやういんですが、それが味に聴こえたりするので面白いものですね。だから、シンプルでバラードタイプの曲を集めた2ndアルバム(首吊りジャケット)が一番のお気に入りです。

逆に、トッドは多重録音でプログレぽい重厚なオーケストレイションサウンドもよくやりますが(「ユートピア」名義のアルバムとか)、そっちの方はイマイチ苦手だったります。

投稿: カナ | 2008.12.07 02:41

カナさん毎度です。
TBありがとうございました。
トッド・ラングレン、イメージとしては比較的内向きで孤独に宅録してる顔の長い人、という感じだったのですが、カナさん分析を読むと、かなり多面的なミュージシャンなんですね。(全然知らなかった・・)

>だから、シンプルでバラードタイプの曲を集めた2ndアルバム(首吊りジャケット)が一番のお気に入りです。

このアルバムもジャケットに見覚えがありませんでした・・
物騒なジャケットですが、中身はバラード集ということですね。
いやーしかしトッドもザッパも素人のあたしには相当深い世界のようです・・
ラーメンなんか食ってる場合じゃないなぁ・・とおかしな焦りを感じています。(気弱)

投稿: SYUNJI | 2008.12.07 10:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/43260913

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてみた 第56回 トッド・ラングレン その2:

» トッド・ラングレンの万華鏡的ポップワールド [音楽酒場 since 2005]
今朝のBGM・・・ Todd Rundgren / Hermit Of Mink Hollow [続きを読む]

受信: 2008.12.07 02:33

« 聴いてない 第127回 スペシャルズ | トップページ | 食べてみた 第6回 ラーメン「中村屋」 »