« 行ってみた 第5回 大歩危・祖谷渓 | トップページ | 行ってみた 第7回 高松・小豆島 »

行ってみた 第6回 今治・松山

四国漫遊シリーズ2回目。
今日は祖谷を離れて今治と松山を目指します。

祖谷の「秘境の湯」は朝食も大量でした。

Breakfast

普段は絶対食わないような量を朝からこなし、もたれ気味でよろよろ出発。
今治までは100km程度でしょうか。
祖谷や大歩危は高速のインターから意外に距離があったため、今治まで全て一般道で行くことにしました。
ところが伊予三島に入ったあたりで渋滞です。
借りたレンタカーのカーナビが「この先渋滞です」とか教えてくれるのですが、他に抜け道もなく、やはり渋滞にはまってしまいました。
しかたがないので来た道を5kmほど戻り、やはり高速へ。
普段東名の大和バス停付近や中央道の小仏トンネルではまる渋滞に比べれば、大したことはないはずなんですが・・・

四国の高速道路はやはりすいていました。
貸し切り状態ですっ飛ばし、1時間程度で今治市内です。

まずはタオル美術館

Towel

来てみて初めて知りましたが、今治は「タオルと造船の町」だそうです。
タオルメーカーが運営する大きなショップがいくつかあり、それらを巡るのが今回の妻の企画です。
あたしはタオルには詳しくないので、今治でないと入手できないものなのかはわかりませんでしたが、この美術館はタオル綿の種類や歴史を表す展示があったり、綿で作ったでかいケーキやアイスクリームが置いてあったり、不思議なところです。

Towelcake

写真はタオルの原料である綿で作られたケーキで、高さが1mくらいあります。
見たかんじ食えそうですけど、綿です。

美術館という名の施設ですが、大半はタオルショップです。
デパートのタオル売場が館内にたくさんある、といった感じです。
ショップにはタオル製のぬいぐるみなども置いてありました。

Towelshop

今治城にも行ってみました。

Imabarijou

Imabarijou2

周囲に高い建物が少ないので、天守閣からの眺めはかなりいいです。
敷地内にある吹揚神社で妻がおみくじを引いたら大吉でした。
実は妻はおみくじ運がかなり悪く、鎌倉の鶴岡八幡宮や愛知県の豊川稲荷で大凶を引いた実績があるため、今回の大吉に非常に喜んでいました。
あたしはおみくじってあまり引かないですけど、大凶なんて生涯で一度も出たことがありません。
若い頃からあちこちで大凶をぼんぼん引く妻を見て、「この女はヤバイかもしれない」と思ったこともあります・・

しまなみ海道の一部、来島大橋が見える展望台に登ってみました。

Bridge

この道は自動車だけでなく、自転車でも徒歩でも渡れるようになっています。
尾道まで52kmだそうです。
実際歩いている人が見えました。
尾道から歩いて来たんでしょうか・・・

Bridge2

展望台から海や島がよく見えるのですが、瀬戸内海を見てつくづく思うのは風がないことです。
展望台は海面からかなり高さがありますが、例えば伊豆でも千葉でもこういう場所だったらけっこう強風が吹いてるもんです。
それが今治では全く風がありません。
5年前に尾道から瀬戸内海を見たことがありますが、その時も風がなく海がホントにぺったんこだったことに驚きました。
瀬戸内ってのはホントに風がなくておだやかな土地なんだなと感じます。

さて今治を後にし、海岸線沿いに国道を通って松山に向かいます。
今日の宿は道後温泉本館のすぐ横のパティオ・ドウゴという横文字のホテルです。
夕食の後、その道後温泉本館に行ってみました。

Dougoonsen_2

温泉に入るためのコースがいくつかあり、料金も違います。
入浴だけでなく、休憩すると料金は上がりますが、お茶とお菓子が付きます。

Dougoonsen3

おすすめは一番高い「霊の湯三階個室」です。
広間休憩コース「神の湯二階席」「霊の湯二階席」もありますが、他のお客も出入りして落ち着きませんし、料金にそれほど差はありません。
今回は「神の湯二階席」が満席で、「霊の湯二階席」となりました。

Dougoonsen2

ちなみに休憩コースを選択すると、もれなく「皇室の方が使用した風呂桶やトイレ」の説明がつきます。
あたしに説明してくれたのは「腰の低い陽気な鈴木宗男センセイ」のような人でした・・・

明日はいよいよ高松でgetsmart0086氏との会見です。
というわけで、旅はまだ続きます。(引っ張るなぁ・・)

タオル美術館

|

« 行ってみた 第5回 大歩危・祖谷渓 | トップページ | 行ってみた 第7回 高松・小豆島 »

コメント

四国を優雅に旅する夫婦に嫉妬の念を燃やしているぷくちゃんといいます。(←あれ?ブログで人のこと羨ましがらないと言ったのに)

おまけに次回はゲッツと会うだと!きぃー!(お約束)

はっ!私としたことが・・・・

しかし徳島から愛媛、なんだかひどく遠いような気がするのですが、簡単に移動出来てしまうのですね。私は車の運転あんまり好きではないので、すごい能力だと感心してしまいます。

次回のゲッツの回はゲッツの顔出るんですよね。ゲッツも自ブログで指を衆人にさらしているくらいですから、顔くらい大丈夫ですよね・・・・

投稿: ぷくちゃん | 2008.09.20 12:08

四国観光大使SYUNJIさん、今回も当地のご紹介ありがとうございます。

>四国の高速道路はやはりすいていました。
貸し切り状態ですっ飛ばし、1時間程度で今治市内です。

やはり高速道路というからには高速で移動できなくては意味がなく、首都高なんかもはや「高速」という文字を外してほしいです。税金の無駄遣いの言い訳でしかないのですが。本当に四国の高速道路はスイスイ走れます。混むのは、盆正月とGWくらいではないでしょうか。

>来てみて初めて知りましたが、今治は「タオルと造船の町」だそうです。

中国経済が好調なために、数年前から造船業は好景気で、今治も今は景気がいいはずです。だけどあと数年するとどうなるかは分かりませんが。。。

タオル美術館ですが、四国にいながら未だに行ったことがありません。今年のGWにその付近を通ったので行こうと思ったのですが、時間の関係で行けませんでした。

>若い頃からあちこちで大凶をぼんぼん引く妻を見て、「この女はヤバイかもしれない」と思ったこともあります・・

それだけレアものを引き当てるということは、逆に奥さんは運がいい人なのではないですか。SYUNJIさんを引き当ててますし。はっ、ということはSYUNJIさんは大凶という事?

では次回、レフ板使って撮影していただいた私のポートレイトを掲載して頂く予定ということで、よろしくお願いします、って、私の画像は料理撮るときの端に足が映っているかどうか程度ですよね。

投稿: getsmart0086 | 2008.09.20 14:31

こんにちは、JTです。

>大凶なんて生涯で一度も出たことがありません。

私も引いたことありません。実際あるんですね。うちのカミさんに聞いたら、何回かあると言ってました。「この女もヤバかも(パクリ、笑)」。

「しまなみ海道」、尾道からレンタル自転車で少しだけ走ったことがあります。2つめの島で挫折して戻りました。

投稿: JT | 2008.09.20 16:52

こんばんは。

この私、10代の頃から道後温泉に行きたいと思っているものの、四国の地は近いようで遠いです・・・。

>大凶なんて生涯で一度も出たことがありません。

凶ならまだしも、大凶なんてあるのですね!もちろん経験ありません。他人がひいたのを見たこともないです。
大凶をひくという事は、ある意味強運の持ち主なのではないでしょうかね。

「城」「大橋」そして「温泉」・・・う~ん、男の浪漫です。(意味不明)

次回の記事も楽しみにしています。

投稿: Junk | 2008.09.20 18:14

ぷく先輩の全国各地のブロガーお礼参りを続ける姿に脅威を感じるSYUNJIです。

>しかし徳島から愛媛、なんだかひどく遠いような気がするのですが

えーと祖谷や大歩危は徳島県でも西の端のあたりで、愛媛県との境まで案外近いです。
たぶん祖谷から今治までは、横浜から富士宮と同じくらいです。

>次回のゲッツの回はゲッツの顔出るんですよね。

それではまずあたし宛に先輩のとびきりの笑顔をメールでお送り下さい。
それをゲッツ氏に転送します・・(何が始まるんだろう・・)

四国観光促進委員長のゲッツさん、コメント感謝です。

>首都高なんかもはや「高速」という文字を外してほしいです。

全くそのとおりですね。
期待していないので首都高はほとんど使いませんが・・

>タオル美術館ですが、四国にいながら未だに行ったことがありません。

今治市街から少し距離がありますが、女性にとってはデパートの延長みたいでおもしろいようです。
タオルメーカーのアウトレットコーナーなんかもありましたし。

>はっ、ということはSYUNJIさんは大凶という事?

ゲッツさん、コメントがぷく調です・・
妻にとって生涯最大の大凶があたしでしたか・・
世の中のほとんどの奥さんがそう思っていたらイヤですね。(巻き込み)

JTさん、こんばんは。

>うちのカミさんに聞いたら、何回かあると言ってました。

「何回かある」ですか・・
そういう方が他にもいらっしゃるんですね。
そもそも大凶なんて入ってないもんだと思ってましたが、一定の数は混ぜてあるということですかね。

>「しまなみ海道」、尾道からレンタル自転車で少しだけ走ったことがあります。

少しだけなら気分いいでしょうね。
2つ目の島まででも、往復だとかなりの距離ではなかったですか?
全線往復100km以上ではとても自分にはムリですが・・

投稿: SYUNJI | 2008.09.20 18:37

Junkさん、コメント感謝です。

>10代の頃から道後温泉に行きたいと思っているものの、四国の地は近いようで遠いです・・・。

あたしは黒川温泉にぜひ一度行きたいと思ってはいるのですが・・
太宰府も行ってみたいなぁ・・
でも天満宮で大凶出たらどうしよう・・

>大凶をひくという事は、ある意味強運の持ち主なのではないでしょうかね。

まあそう思っていたほうが良さそうですね。
調べたら大凶ってのは決して絶望ではなく、転じて大吉ともなりやすいと信じて用心して誠実に過ごすこと、というのが本来の捉え方だそうです。
そうは言っても入試とか就職試験とか、ここ一番の神頼みで大凶出たら、やはり平常心ではいられませんね・・(←気が小さいのでおみくじもあまり引かない)

投稿: SYUNJI | 2008.09.20 21:04

岩手は、四国よりも広い、、だいまつです。

自分の場合、四国を廻るとなったら岩手よりは大分楽だろうなという感覚です。

100キロで近い・150キロ以上が遠いという感覚です、、。

さて、記事を読んでいて、何となく倉敷に行ったときの事を思い出しました。
あそこは紡績の街だったので、タオルの街と言う事で産業が同じという共通点が、そう思わせるのかもしれません。

ちなみに、、朝ご飯からドンブリ飯をおかわりするのが私の食生活、、、。
だから冒頭の朝の膳ならば、、楽勝です。
うらやましい、、。

投稿: だいまつ | 2008.09.20 22:59

だいまつ親分、コメント感謝です。

>自分の場合、四国を廻るとなったら岩手よりは大分楽だろうなという感覚です。

岩手は広いですからねぇ。
今回は四国の北半分を巡る旅だったのですが、南側だと地形が起伏していて距離に対して時間はかかるだろうなと思いました。

>何となく倉敷に行ったときの事を思い出しました。

倉敷もいいところですね。
チボリ公園は年内で閉園だそうですが・・

>だから冒頭の朝の膳ならば、、楽勝です。

そうスか・・
この日は昼過ぎまで全然消化できずもたれっぱなしでした・・

投稿: SYUNJI | 2008.09.21 17:56

こんばんわ~

温泉大好きなわたくし、四国には一度いってみたいと
思っているのになかなかご縁がないのか
行く機会がありません。

うらやましいですぅ~sad

投稿: のの@北海道 | 2008.09.21 21:03

SYUNJIさん、こんばんは。
>>夕食の後、その道後温泉本館に行ってみました。

おお、ここは確か「千と千尋の神隠し」のメインの建物の
原案になったはずです(ヲタクネタで失礼)。
かなり人気のスポットだそうですが、なるほど、休憩の
コースによっては、ゆっくりすることもできるのですね。

さて、
>>若い頃からあちこちで大凶をぼんぼん引く妻を見て

うーむ、昔見たテレビで「おみくじには「凶」は入って
いない」と聞き、信じていたのですが・・・・。

投稿: モンスリー | 2008.09.21 21:21

ののさん、コメントありがとうございます。

>温泉大好きなわたくし、四国には一度いってみたいと
>思っているのになかなかご縁がないのか
>行く機会がありません。

道後温泉はぜひおすすめします。
観光地なのでそれほどのんびり感はありませんけど、雰囲気は独特で歴史を感じさせるものがありますね。

10年くらい前ですが、五味温泉や静内温泉など北海道内の地味な温泉に少し凝ったことがあります。

モンスリーさん、コメント感謝です。

>かなり人気のスポットだそうですが、なるほど、休憩の
>コースによっては、ゆっくりすることもできるのですね。

個室だと坊ちゃん団子という小さな団子がついてきます。
休憩なしであれば朝がおすすめですね。

>昔見たテレビで「おみくじには「凶」は入っていない」と聞き、信じていたのですが・・・・。

あたしもそう思っていたのですが、目の前でズバリ引かれましたんで・・しかも大凶ですから。

初詣で大凶だったらがっかりでしょうから、正月は入れてないとか、学業成就で有名なところでは入れないとか、多少の操作はあるのではないかと思いますが・・

投稿: SYUNJI | 2008.09.21 22:27

いまからウン十年前、高校時代の仲の良い友人で愛媛大学に行ったやつがいたのですが、そいつが帰省するたびに「裏道後が・・・」「裏道後で・・・」と言っていたのを思い出しました。なんか、男にとってはかなりナイスな場所のようで(笑)。以来、道後温泉といえばこのイメージが払拭できません。いまだ行ったことないけど・・・

投稿: ルドルフ | 2008.09.22 07:54

ルドルフさん、情報感謝です。
裏道後ってのは道後温泉本館から西に少し歩いたところの風俗街と思われます。
宿から飯食いに外に出たのですが、途中にそれっぽい店が集まっていて、客引きの兄さんが立っていました。
その名も「重役室」というでかい看板出してる店がありましたが、調べたら(←調べんなよ)有名な風俗店のようです・・

投稿: SYUNJI | 2008.09.22 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/42532274

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってみた 第6回 今治・松山:

« 行ってみた 第5回 大歩危・祖谷渓 | トップページ | 行ってみた 第7回 高松・小豆島 »