« 聴いてみた 第48回 プリテンダーズ | トップページ | 読んでみた 第23回 ブラック・ナイト リッチー・ブラックモア伝 »

行ってみた 第4回 木曽路・伊那路

意外に旅の好きな三流ブロガーのSYUNJIです。
世間ではゴールデンウィークなのであたしも人並みに出かけることにしました。
ここ数年、不況のせいか連休直前でもいろいろ手段を使うと、思ったより簡単に宿はとれます。
ただし移動手段に新幹線や飛行機を使おうとするとさすがに難しいので、だいたいクルマで行くことになります。

割と唐突なあたしの旅ですが、ホントのノープランで「田舎に泊まろう」的な旅行はさすがにもうしません。
学生の頃少しやったことがありますが、気苦労が多いわりに大して良い思い出にもならず、自分の性格には合わないと確信しました。
ちなみにあの番組も実はあまり好きではありません。
テレビなんだから結局泊まれることにはなるんだけど、その過程でタレントと同じように「あああ泊まれなかったらどうしよう」などと精神が不安定になるのがイヤ。(←結局気が小さい)

さて今回行き先として候補に考えたのは以下でした。
・奥浜名湖・浜松周辺(静岡県)
・伊香保(群馬県)
・那珂湊・大洗あたり(茨城県)

で、いろいろ旅行会社のパンフレットなどをながめ、最終的に決めた行き先は妻籠馬籠(長野県・岐阜県)でした。(なんで?)
考えていた奥浜名湖や伊香保がなぜ落選したのか、もうあまりよく覚えていません。
妻籠も馬籠ももちろん行ったことはなく、正直名前くらいしか知らず何の知識もなかったのですが、あまり人出も多くはなさそうだし、深く考えずに決定。
宿もネットであまり苦労せずに予約できました。
ただし宿泊は妻籠・馬籠にではなく、木曽駒ヶ岳の東西の麓に1泊ずつです。

木曽路の旧中山道沿いの宿場町を「木曽十一宿」と呼ぶそうですが、この中でも規模が大きく有名なのが奈良井・福島・妻籠・馬籠です。
今回はこの4つを北から順に行くことにしました。
直前になって妻が体調を崩し、どうなることかと思いましたが、なんとか持ち直して出発。

まずは奈良井宿。

Narai1

総檜造りの大橋を渡ると町の中に入ることができます。
奈良井宿は規模から言えば木曽路最大だそうですが、この日は観光客がほとんどいませんでした。
古い家並みは映画のセットのようで、非常に趣があります。

Narai2

観光地であることに間違いはないのですが、俗っぽい土産物屋や顔はめ記念撮影看板や大音量の演歌スピーカーなどはなく、格式の高さを伺い知ることができます。
年をとるとこういうところに安心すると言われますが、ホントにその通りです。

この日は木曽駒高原の「森のホテル」に泊まりました。
文字通り森の中の静かなホテルで、食事もおいしくいいところです。

Hotel

ワインが売りの宿でハウスワインも用意してあるのですが、残念ながら我々夫婦は酒が飲めないので、どんなレベルなのかはわかりませんでした。
すぐそばにゴルフ場があるので、若い女性とゴルフの後にワインを楽しみたい貴兄におすすめです。

翌日はまず福島宿に行きました。
ここは奈良井とは違って地形がかなり複雑です。
国道は川に沿っていますが、それよりも一段高いところに旧中山道があり、短いながら昔の町並みを再現した店が並んでいます。

Hukusima1

驚いたのは国道沿いに並ぶ家の裏側でした。
家の裏は木曽川なのですが、どの家も川岸にせり出す形で建てられており、見た目はちょっと怖い感じもします。

Hukusima2

崖屋造りというそうですが、狭い土地を有効利用した建築方法で、表から見ると二階建ての家が、裏に回ると四階五階建てに見えたりします。

続いて国道を1時間ほど南下し妻籠宿へ。

Tumago1

妻籠の家並みそのものは奈良井や福島に比べると少し地味な印象です。
復元したような新しい建物が少ないせいかもしれません。

Tumago2

奈良井宿よりも道幅が広く山も低く見えるため、開放感があります。
人出も多く修学旅行の高校生が来ていました。

続いてクルマで峠を越えて20分ほど進むと馬籠宿です。
十一宿の一番南に位置し、国内では珍しい坂道沿いに発展した宿場町ですが、意外なことにここが最もにぎやかでした。

Magome1

道路が整地され家並みがきれいに復元されているからでしょうか、若者向けの土産物屋や飲食店も多く、各地の観光地とあまり変わらない雰囲気もありました。
奈良井や福島には全くいなかった「アイスクリームをなめながら歩く女子高生」の姿を、馬籠では大量に見ることができる・・・と説明すれば、町の感じは伝わるでしょうか。
成り立ちは全く異なるでしょうけど、個人的には京都の産寧坂のような印象を受けました。

Magome2

木曽十一宿の中で馬籠だけが2005年から岐阜県(中津川市)に所属しています。
それ以前はもちろん長野県でした。
今も「信州」「木曽路」といった接頭語がつくことが多いため、岐阜県と聞いて違和感を覚える人も多いようです。
でも恵那山がすぐそばに見えますし、高山地方の土産が売っていたり、中津川駅までクルマで10分程度だったりしますので、感覚としては岐阜県でいいのではないかと思います。

この日は駒ヶ根の「二人静」というどこか意味ありげな名前の宿に泊まりました。

Hutarisizuka2

さてこのお宿、これまであちこち泊まってきた中でも間違いなく最高級なグレードだったと思います。
と言ってもいわゆる伝統的な高級老舗旅館ではなく、「話題の旅館デザイナー松葉啓氏プロデュース」の新しい宿です。
室内のそこかしこに秀逸なデザインが施されており、アメニティにも女性から支持されそうな工夫がこらされています。

Hutarisizuka1

日経おとなのOFF」に載っていそうな雰囲気ですが、決してイヤミな印象ではありません。
食事も非常においしく、口に合わないものは全く出てきませんでした。(これは単にあたしが貧乏性なだけかも・・)
客層は中高年ばかりで、館内で小学生の姿をほとんど見ませんでした。
値段は確かにそれなりにしますが、特にこの雰囲気をぜひ味わいたいと狙って予約したわけではなく、場所もWebサイトから受ける印象も悪くなかったので、軽い気持ちで申し込んでみました。
落ち着いて静かに宿の夜を過ごしたい人には、別邸の「一花一葉」がおすすめです。
資金的にそう何度も泊まれるような宿ではありませんが、可能ならぜひもう一度泊まってみたいところです。

翌日は宿からバスとロープウェイを乗り継いで千畳敷カールに行ってみました。
千畳敷カールとは、中央アルプス宝剣山の手前に広がるすり鉢状の氷河地形で、夏には高山植物のお花畑が展開するフラワーなところだそうです。
マイカー乗り入れ禁止なので必ずバスに乗らねばならず、これまたけっこうオカネもかかるのですが、せっかくなので行ってみました。

Senjojiki

この季節、まだ積雪があり、ヤング(死語)のみなさんがスノーボードを楽しんでいました。
彼らの多くはボードの他にかなり大きめのスコップを持っていて、ロープウェイにボードとスコップをかついでぞろぞろ乗ってきた時には「どこかで工事でもすんのか?」と不思議でした。
工事にしちゃ女の子もいるし、変だなぁ・・・と思ったら、頂上について謎が解けました。
彼らはスコップで雪を積み上げてジャンプ台を作るんですね。
教養のない中年のあたし・・・

麓に戻り、伊那市の「かんてんぱぱガーデン」に行ってみました。
「かんてんぱぱ」というブランドのゼリーやスープの素を作る伊那食品工業の施設です。

Kantenpapa1

Kantenpapa2

施設には工場の他に美術館や庭園やレストランもあり、一種のテーマパークです。
かんてんぱぱの各商品が買える店もあり、ゼリーの試食もできます。
買ってみてわかったのですが、どの客にもサービスとしてゼリーの素やジュースをつけてくれます。
それも小さな試供品ではなく、ふつうの商品を4つも5つもくれるので、かなり得した気分になります。(貧乏性)

さて旅も無事終わって戻ってきたのですが、ひとつだけがっかりなことがありました。
今回ちょうど例のガソリンの暫定税率復活騒動の最中に給油するはめになりました。
木曽路のとあるスタンドで入れたのですが、なんとハイオクで181円でした。
外車乗りは修理代と燃料代に文句を言ったらイカンとは言われてますが、5月1日にこの値段はどうでしょうか。
免許とって20年以上になりますけど、もちろん生涯最高値です。
スタンドは地方の山間部で、こっちは他県ナンバーで外車でカードで・・・と、確かに条件は最悪だったとは思います。
それでも181円てのはないよなぁ・・・
地方では自分のクルマでもレンタカーでもふっかけられることが多いのですが、みなさんはいかがでしょうか?

そんなわけで最後はケチくさい愚痴で締めてしまいましたが、それ以外は素晴らしかった木曽路・伊那路。
新しいトンネルもできて木曽路と伊那路の行き来が便利になっていますので、都会の満員電車で足をふんだのふまれたのに疲れた方にはぜひおすすめしたいところです。

二人静

|

« 聴いてみた 第48回 プリテンダーズ | トップページ | 読んでみた 第23回 ブラック・ナイト リッチー・ブラックモア伝 »

コメント

可処分所得が多いSYUNJI家に深い恨みを抱いているぷくちゃんといいます。

>「日経おとなのOFF」に載っていそうな雰囲気ですが、決してイヤミな印象ではありません。

イヤミだよ!イヤミ!しぇー!(←何かを勘違いしたらしい)

>木曽路のとあるスタンドで入れたのですが、なんとハイオクで181円でした。

今の車の燃費より約1.8倍になる新車が月曜日にきます。後部座席も広いので、ルドっちでも大丈夫。それにしてもSYUNJIさん、いろいろ行っているのね?うらやましい・・・・

投稿: ぷくちゃん | 2008.05.10 16:38

ガソリン高騰のさなか1.8倍の燃費を誇る新車に資金投入できる先輩に格差を味わうSYUNJIといいます。
いいなぁ、新車。ぜひ乗せてほしいです。
後部座席が広いなら、あたしとルドっちが車内で少しくらい暴れても大丈夫ですね。
次回の上京はぜひ新車で中野駅前に乗り付けて下さい。
あたしは今のクルマは8年目が終わろうとしています・・
新車なんて当分ムリでしょう・・

投稿: SYUNJI | 2008.05.10 18:04

ちょうど、8年前に車を買ってその車の終焉を見届けようとしているぷくちゃんといいます。

安車なのに燃費が悪くて困るのです。SYUNJIさんのようにポルシェなら仕方がないのですが・・・

>次回の上京はぜひ新車で中野駅前に乗り付けて下さい。

酒禁止令が出たということですね。それと田舎者に都会を運転させるのは無茶のような気がします・・・

投稿: ぷくちゃん | 2008.05.10 18:29

高校のときの修学旅行の行き先が飛騨・高山だったルドっちです。またの名をルーファスといいます。

ホテルに泊まりのご旅行とはウラヤマシイ。こちとら、2児の子持ちですから、経済的においそれとは宿泊旅行などできませぬ。

ポリスのボストンライブを聴きながら、富士宮やきそばを肴に幻の酒を飲みつつ遠出気分を味わうのがせいぜいですわ。(←内輪話全開)

投稿: ルドっち | 2008.05.10 23:53

うわ~っ、伊那に行かれたのですかっ!!
うちの両親共に伊那出身ですよ~。
観光地だとは思ってなかったので、ビックリしました。
子供の頃は夏休みは毎年伊那に行ってましたが、もう10年以上行ってないような気がします(汗)。
最近は新選組隊士のお墓などを巡ってますが、そんなことするよりご先祖様のお墓参りをすべきだろうと反省する今日この頃……。

かんてんパパのゼリーは実家には常にストックされてます。
今の商品はゼラチンのゼリーとそれ程差が感じられないのですが、昔は「いかにも寒天」という感じのゼリーで、東京で売っているゼリーとは全く違って私の口にはあまり合いませんでした。
でも、ある時部活の時に持って行ったら、「サッパリしておいしい」「変わってる」と大好評で驚きました。

妻籠と馬籠は私も前から行ってみたいと思ってました。
奈良井宿は知りませんでしたが(^^;)、良さそうな所ですね~。行ってみたくなりました♪

投稿: YAGI節 | 2008.05.11 01:37

ぷく先輩、再びコメント感謝です。

>安車なのに燃費が悪くて困るのです。SYUNJIさんのようにポルシェなら仕方がないのですが・・・

車体の値段ならあたしのほうが確実に安いです。(断言)
新車なのに在庫処分で国産軽自動車くらいの値段でしたから・・

ルドっちさん、コメント感謝です。

>高校のときの修学旅行の行き先が飛騨・高山だった

へぇーそうだったんですか。
修学旅行で高山ってのもシブイなぁ。
ウチの学校は萩・津和野・広島あたりでしたが。
高山は2年前に初めて行きました。
最近はああいう古い町並みのほうが落ち着きますね。(←中年)

じゃあ次回はぷっきーの新車で高山に行きましょうか。
後部座席で富士宮焼きそばを調理しながら食い、ipodでポリスとツェッペリンのライブを大音量で流しましょう!
(どこかリアルな妄想)

YAGI節さん、コメント感謝です。

>うちの両親共に伊那出身ですよ~。

え~そうだったんですか!
木曽路も伊那路も観光したのは初めてですが、両方をつなぐ長い権兵衛トンネルができたので、行き来が便利になったとあちこちで盛んに宣伝していました。

>かんてんパパのゼリーは実家には常にストックされてます。

あっすごい、さすが伊那ご出身。(笑)
我が家はそれほどのファンではなかったのですが、確かに今は味もかなり改良されているようですね。

妻籠や馬籠も、歴史がお好きな方ならきっと楽しめると思います。
自分は気まぐれで行っただけで、歴史にも大して興味はないんですが、町並みは見ていていいなと感じました。

投稿: SYUNJI | 2008.05.11 10:15

SYUNJIさん、こんばんは。

いいですね、木曽路・伊那路旅行!心の底から羨ましいです。
リラクゼーション効果いっぱいのブログ記事を読ませてもらって、すっかり旅行に行った気になって満足しているJunkです。空想癖あり?(苦笑)

あー、旅行に行きたい!

投稿: Junk | 2008.05.16 18:24

Junkさん、コメント感謝です。

>リラクゼーション効果いっぱいのブログ記事

いやーそんな効果はあたしのBLOGにはないと思いますけど・・
小学生の感想文並みの文章で、現地の良さが伝わるかどうかも不安ですが。
旅行記BLOGはたくさんありますけど、写真や紹介のしかたがうまい人のBLOGはホントに行った気になりますね。(chikazoさんとか)
木曽路も伊那路も初めて行ってみましたが、どこも良かったです。
次はいよいよ焼きラーメンか・・?

投稿: SYUNJI | 2008.05.17 18:01

SYUNJIさん、まいど♪
よき旅ですねえ~。最近古きものに目覚めたchikazoと申します。(笑) また、こういったところを訪れるのにはホンマ、あこがれます。そういったところの宝庫の信州が近くてうらやましいです~。

SYUNJIさん、ありがとう。 庭園で黄色いお花を撮ろうと、へばりつく2名の方がすっごい気になりました。(←これがうわさのぷくちゃん?(笑))

投稿: chikazo | 2008.06.06 23:33

ちかちゃん毎度です。
我が家から信州は近いというほどでもないですが・・でも妻籠・馬籠は良かったですよ。
あたしは実は京都が好きで、年に2回くらい行くこともありますが、大阪の方は京都が近くてうらやましいといつも思います。

>庭園で黄色いお花を撮ろうと、へばりつく2名の方がすっごい気になりました。(←これがうわさのぷくちゃん?(笑))

ああっ!!
知らないうちにぷく先輩がフレームイン!!
・・そんなわけはありません。
ぷく先輩に見えなくもない気もしますが、先輩はもう少し体格がいいかもしれません・・
それにしてもへばりつくほど珍しい花でもなかったと思いましたが・・

投稿: SYUNJI | 2008.06.07 00:02

ストーカーぷくです。ちかちゃん、私をよく発見してくれました。

>先輩はもう少し体格がいいかもしれません・・

ザッツ・ライト!(←馬鹿)

でもちかちゃんの発言は私がSYUNJI家に付随して旅行に行ったということになりますよね・・・・複雑。

投稿: ぷくちゃん | 2008.06.07 06:53

ぷく先輩、フレームインありがとうございます。
次回の旅行ではネーム入りipodを腰のあたりにぶらぶらさせてご参加下さい。

一度大阪に新車で遠征して、ちかちゃんに真の先輩の勇姿をご披露してはいかがでしょうか。
あ、あたしとルドっちは新車の後部座席で通行人に小麦粉でもぶつけてますから・・

投稿: SYUNJI | 2008.06.07 21:35

SYUNJIさん、コメント感謝です。(誰のブログ?)ちかちゃんに会うのも面白そうですね。なんだか、ちかちゃん、いじくりがいがありそうです。(←失礼)

新富士まで来てくれたら車出しますよ。(一体九州行きは・・・・)
名古屋でカナさん乗せるのもいいですね。(SYUNJI&ぷくのリンク先しか考えていないわがままもの)大阪一泊か・・・うーん、素敵。

そうだ!そうだ!大阪だ!ルドっち、仕事の調整を!私?今の立場は何しても何にも言われない立場になりました・・・・(窓際?)

投稿: ぷくちゃん | 2008.06.07 22:27

ここに来て俄然盛り上がってきました、「ぷく先輩新車披露キャラバン計画」!!
中野駅前でルドっちとあたしを乗せてスタートし(新富士まで来いって言ってるだろ!byぷく)、名古屋でカナさんJTさんを乗せて大阪入りし、ちかちゃんモンスリー師匠とともに大量の中古CDを購入して梅田駅前でゴール!!
いやあ壮大な計画に我ながらコンダクターとしてのセンスを感じます。
あ、経費は先輩のコネでテレビ局とタイアップということで・・

投稿: SYUNJI | 2008.06.08 09:38

SYUNJIさん、まいど♪

なんだかどえらいことになってますね。(笑)
いつでもウェルカム大阪。土日に限りますが、必ずええ店につれて行きますよ。カモンです。
しかし見れば見るほど・・・フレームインしたぶくちゃん(←ちがうとの説もあり)が・・・おもいっきり異様です。
それと楽しい家族旅行に水を差すようで恐縮なのですが、実は、妻籠の宿の前の真っ白な人(←かなり失礼)と「かんてんぱぱ」の左のおじさん、この二人もなぜか頭からはなれず・・・非常に苦労しております。(笑)
こちらも最初、ぷくちゃんかと思いましたが(←また失礼)結局へばりつく方でコメントをさせていただくこととなりました。
つまらないお話、長々とすみません。

次回も奥様をリフレッシュさせる楽しき旅行を期待いたしております。ありがとう、SYUNJIさん。 感謝!


投稿: chikazo | 2008.06.08 23:35

土日で大阪か・・・これはこれで楽しそうですね・もちろん、ちかちゃんの家に泊って・・・(←勝手&豪邸を想像している)

>しかし見れば見るほど・・・フレームインしたぶくちゃん(←ちがうとの説もあり)が・・・おもいっきり異様です。

会ったことのないちかちゃんに異様と呼ばれるぷく・・・まあ確かに、近頃の鬱状態は結構異様です。

とりあえず、SYUNJIさんの写真には私が写っているということで。

さて大阪でJunkさんも待っています!ゲッツも来ないかな・・・ばたっ!(休むので寝た音)

投稿: ぷくちゃん | 2008.06.09 07:27

ちかちゃん毎度です。
ぷく先輩の新車お披露目大阪行脚も決まって何よりです。

>実は、妻籠の宿の前の真っ白な人(←かなり失礼)と「かんてんぱぱ」の左のおじさん、この二人もなぜか頭からはなれず・・・非常に苦労しております。(笑)

なんだってまたそんなコアなところを拾うのでしょうか。(笑)
どの人も全部通りすがりで全く知らない方々ですが・・
けっこう人通りが多くて、どうしてもフレームインしてしまいました。
大阪ではぷく先輩以外のフレームインを許さないようにします。(ホントかよ)

というわけで、フレームイン先輩、コメント感謝です。(意味不明)

>さて大阪でJunkさんも待っています!ゲッツも来ないかな・・・

あ、そういうイベントになったんですか?
「オレの新車見たいヤツ大阪に集合選手権!!」てな感じでしょうか。
大阪から淡路島経由で四国行きってのも楽しそうですね。(どこまで冗談やら本気やら・・)

投稿: SYUNJI | 2008.06.10 23:36

こんにちは。何だか本当になってきましたね。宿泊費はちかちゃんの家に泊まらせていただいて浮かせましょう。その分、ぷく先輩とちかちゃんにおごって差し上げて・・・・(←勝手すぎる)ちかちゃん、SYUNJIさんと連れ合いの(?)ルドっちにはタオルケット一枚で構いません。私?まあ肌掛けは羽毛。敷布団は羊毛。パジャマはシルクでお願いです。ああ、それとアフターシェーブはエリザベス・アーデンでよろしく。(←どうにかしろ!)

正直、貧乏サラリーマンがいきなり九州は辛いかと思いましたたが、大阪なら・・・・

しかし、異様な人となると私と思われるのは・・・私こそ真の変態?さあ、大阪へレッツゴーだ!

投稿: フレームイン先輩 | 2008.06.11 17:02

フレームイン先輩、初めまして。
SYUNJIといいます。(他人行儀)

>正直、貧乏サラリーマンがいきなり九州は辛いかと思いましたたが、大阪なら・・・・

何をおっしゃいますやら、セレブな新車を自慢しに大阪まで行く人が・・
しかし先輩、今さらですがあたしの木曽路伊那路の記事内容に全然ふれていただいておりませぬが・・
まあいいや。
次回のウルトラSYUNJIを楽しみにしています。

投稿: SYUNJI | 2008.06.11 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/41154566

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってみた 第4回 木曽路・伊那路:

« 聴いてみた 第48回 プリテンダーズ | トップページ | 読んでみた 第23回 ブラック・ナイト リッチー・ブラックモア伝 »