« 読んでみた 第22回 アンディ・サマーズ自伝 ポリス全調書 | トップページ | 聴いてみた 第48回 プリテンダーズ »

聴いてない 第120回 ジョン・メレンキャンプ

先日とある重要な会合を諸般の事情で欠席してしまったSYUNJIといいます。
このままでは造反組と受け取られ、除名も覚悟しなくては・・・などと焼きそばを食べながら心千々に乱れる昭和の日。
ぷく先輩、ルドルフ編集長、重ね重ねすいません・・・

さて、かれこれ4年も聴いてない自慢を続ける愚かなあたしですが、「聴いていたつもりになっていたアーチスト」というのもたまにあります。
今回採り上げるジョン・メレンキャンプはまさにそういうアーチスト。
ヒット曲はそれなりに聴いていたのだが、よく考えるときちんとアルバムを聴いていない。

アルバムを聴いてなかった原因はエアチェックにある。
昔のFM番組は、アーチストのニューアルバムが発売されると、その収録曲をほとんど流してくれるようなことがよくあった。
アルバムを買うカネのない学生にとっては非常にありがたき幸せだったのである。
しかしながらそこは無料のFM番組、やはり落とし穴はあって、「全曲一挙放送!」であっても実際には各曲ともフルコーラスでないことがほとんどなのだった。
しかもそのことに気づかないまま録音して喜んで聴いて、「そういう長さの曲だと思っていた」のに、ある時本物のアルバムを聴く機会があって初めて「やられた・・・」と気づく。
そんなことも結構あったのである。
そんなにフルコーラスが大事かよ、というご意見もあろうが、なんとなくFM局側で勝手に縮めた曲って、聴くと損した気になりません?(←無料で録音できて喜んでたくせに)
あとイントロやエンディングにトークがかぶさったのを録音してしまった時も、ラジオの前で「きぃー!(ヤモリ)」と叫んでキレたりしていました。
若いってバカだなぁ。
あたしゃ年くってもバカなままですけど・・・

ブームタウン・ラッツの「哀愁のマンディ」をエアチェックした時には、フェードアウトではなく曲の真ん中あたりを大胆かつ巧妙にカットした状態で放送されたため、けっこう長いこと本当にそういう長さの曲だと思っていた。
あとでアルバムでフルコーラスを聴いた時にはかなりびっくりした記憶がある。
ビートルズの「アビー・ロード」をFMの特番で全曲エアチェックできた時も大喜びだったが、かなり後になってやはり「ハー・マジェスティ」がカットされていたことを知り、それなりに落胆したこともある。
つくづくシケた話ですいませんけど、とにかくカネのないヤツだったんです。

で、ジョン・メレンキャンプだが、その「エアチェックによるアルバム鑑賞」ならば2枚相当は聴いているのだ。
「Uh-Huh(天使か悪魔か)」「Scarecrow」を聴いていることになるのだが、やはりどうも勝手なフェードアウトや曲の連結が行われているっぽいのである。
番組はいずれも「マイ・サウンド・グラフィティ」だ。
45分番組でトークやCMも入っていたので、全曲フルコーラス紹介はまずムリだったはずだ。
まあいずれにしてもそんなんでアルバム2枚分くらいじゃ聴いてることになりませんけど。

特に彼のファンではないのだが、聴いていた曲には気に入っているものもけっこう多い。
「Hurts So Good」「Jack And Diane」「Small Town」「R.O.C.K. in the U.S.A.」「Lonely Ol' Night」など、いい曲がたくさんある。
少しぶっきらぼうな声、決してうまくはないが味わいのある歌い方、アメリカの悩める純朴な市井の人を採り上げた歌詞、カントリーっぽいギターサウンドなど、聴いていて「いいなぁ」と思うことが今でもある。
「Small Town」にはややアップテンポなふつうのバージョンと、スローなアコースティック・バージョンがある。
歌詞は同じだが、アコースティックのほうが雰囲気があっていい感じだ。

そこまでほめておきながら、結局全部エアチェックで聴いてしまい、実際にアルバムをきちんと聴いたことは全くないのだ。
この人もまた楽しい80年代を彩る多くのアーチストの中のひとりであり、申し訳ないが自分の中では大勢のアーチストに埋もれてしまった状態なのである。
実際90年代以降は全く追っていない。

デビュー当時は事務所かレコード会社の勝手な都合でジョン・クーガーとされていて、のちにジョン・クーガー・メレンキャンプになり、その後本名のジョン・メレンキャンプになったことは多くの人が知っているだろう。
本人はクーガーを名乗らされたことが非常に不満だったらしい。
本人には悪いが、自分としては「ジョン・クーガー」でこの人を知ったので、この名前が一番しっくり来るんですけど。
そもそも最初はグラム・ロッカーとして登場したそうだが、そういう姿は彼の面相からはちょっと想像つきませんね。(失礼)

「Scarecrow」が出た頃、彼の作品や姿勢などについて、ブライアン・アダムスが「Narrow Range」と表現して批判したという雑誌記事を読んだことがある。
「視野が狭い」という意味だろうが、ブライアンの批判が本当にあったかどうかは別として、故郷や小さな町を歌う姿勢が「視野が狭い」のか?と言われると、ちょっと当たっていないような気もする。
カントリー・ミュージックなんかだとアメリカのちっこい町を歌った曲なんかいくらでもありそうだし。
まあその記事読んで彼らがもっと争ったりしないか、少し期待したことも確かですけど・・・
これは偶然だが、自分は「Scarecrow」をカセットのA面にエアチェックしたあと、B面にはブライアンの「Reckless」を録音していたのだった。まさにカセット上の呉越同舟。(←だから何なんだ)

そんなわけで、ジョン・メレンキャンプ。
もし聴くならまずは「Uh-Huh」「Scarecrow」をきちんと聴きなおし、あとは90年代以降の音にもふれてみたいと思っていますが、みなさまのエアチェック履歴はどのようなものだったのでしょうか?

|

« 読んでみた 第22回 アンディ・サマーズ自伝 ポリス全調書 | トップページ | 聴いてみた 第48回 プリテンダーズ »

コメント

ルドっちとあまりにも酒を飲みすぎて、どうやって富士市に着いたのか全く覚えていないぷくちゃんといいます。

SYUNJIさん、その場にいなくて良かったと思います。横で見ているだけで気持ちが悪くなったかも。長年酒を飲んでいますが、自分のペースに合わせていける人はルドっちが初めてです。まるで瀬古と中山の一騎打ちを見ているかのようでした・・・

ルドっちも用事があってこれなければおそらく不忍池に身を投げていたと思いますが、付き合ってくれたので大丈夫でした。次は九州ですか・・・(だんだん不安になってきた)

さてこの人。いつからメレンキャンプ。そんな名前になったのでしょうか?私の知っている彼はジョン・クーガーでした。そのうちジョン・クーガー・メレンキャンプと呼ばれ、今ではジョン・メレンキャンプというのが通称なのでしょうか?

教えてくれなければ聴く気にはなりません。(どうやら聴いていないのを誤魔化しているらしい&文章の途中をちゃんと読んでいないらしい)

投稿: ぷくちゃん | 2008.04.29 16:22

ぷく先輩、先日は失礼しました。

>まるで瀬古と中山の一騎打ちを見ているかのようでした・・・

例えが昭和でナイスです。
まあルドっちもあの体格ですから、相当強いでしょうね。
次回はやはりあたしが参加したほうが、お二人の肝臓にとってもよいのではないかと・・(大きなお世話か)

その昔学生のころ、電車の網棚に横たわる酔っぱらいを見たことがあります。
「さ~ら~ばラバウルよ~」と軍歌を歌っていました。

さてジョン・メレンキャンプ。
これが本名ですね。
クーガーはデビュー当時の芸名です。
ジョン・クーガー・メレンキャンプの頃、カセットのインデックスに名前を書くのがおっくうで、ずうっとクーガーと書いていました。
酒豪の先輩でも、さすがにメレンキャンプは守備範囲外のようですね。(関係ないって)

投稿: SYUNJI | 2008.04.29 18:00

ぷくっちとあまりにも酒を飲みすぎて、どうやって自宅に着いたのか全く覚えていないルドルフといいます。(←マネ)

やはり、あいだにSYUNJIさんがいてくれないと身が持ちません!
じゃじゃ麺食いたかったっす・・・

・・・

え、ジョン・クーガー?(ぴゅー!)

投稿: ルドルフ | 2008.04.30 23:01

ルドルフ編集長、先日は失礼しました。

>じゃじゃ麺食いたかったっす・・・

いやあ申し訳ない。
三軒茶屋のじゃじゃ麺はぜひ食べてみてほしいです。
あとCD屋にもぜひ。(やたら安い)
次回の先輩上京の際は必ずご案内します。

・・・走って逃げるということは、ジョン・クーガー、どうやら聴いてないようで・・

投稿: SYUNJI | 2008.04.30 23:55

こんにちは♪
ジョン・クーガー・メレンキャンプの頃かしら「カントリー」のジャンルに入っていませんでしたか?
記憶違いかなあ。

ところで、大変長らくお待たせいたしました。
音楽の巨匠たちIIよりディープ・パープルの回をようつべにアップしてみました。

http://jp.youtube.com/watch?v=wcIxUMTC2vs

http://jp.youtube.com/watch?v=Mhbr0ubS-os

http://jp.youtube.com/watch?v=xZ69odMBRtY

うまくいけないようでしたら、私のブログの2008/04/30のところでリンクしてありますのでどうぞ。
それではまた。

投稿: オンデン1970 | 2008.05.01 15:38

SYUNJIさん、こんばんは。

熱烈なジョン・メレンキャンプ好きの友人がいるおかげで、一応彼の作品はほとんど聴いているJunkです。
個人的にも、けっこう好きだったりします。

彼の80年代のアルバムは、そのいずれも秀逸な出来だと思っています。聴いて損はないと断言出来ます。

>ブライアン・アダムスが「Narrow Range」と表現して批判したという雑誌記事を読んだことがある。

えっ、そうなんですか。ますますブライアン・アダムスが嫌いになりました。(おいおい)
個人的には、ブライアン・アダムスよりも数段良い音楽やっていると思っています。(ファンの方々すみません)

投稿: Junk | 2008.05.01 18:27

ブライアン・アダムスが嫌っていたのは、どこかで聞いたことがあります。出てきた時期や年齢、ハスキーヴォイスなど、似ている部分がありますから、意識していたのでしょうね。

僕もJunkさんと同様に、ブライアン・アダムスよりもジョン・メレンキャンプの方が好きでした。

ちなみに、僕が好きだった曲は「Jack And Diane」と「Pink Houses」です。特に「Jack And Diane」のぶっきらぼうな歌い方が大好きでした。

投稿: getsmart0086 | 2008.05.03 00:17

オンデン1970さん、コメント感謝です。
カントリーのジャンルに入っていたかどうかわかりませんが、確かにカントリーの要素を採り入れた曲や歌詞はありましたね。

>音楽の巨匠たちIIよりディープ・パープルの回をようつべにアップしてみました。

ありがとうございます!
まだ全編見ていませんが、居住まいを正して拝見いたします。
いやあ今さらですが、最近のネットってホント便利ですね。

Junkさんおはようございます。

>彼の80年代のアルバムは、そのいずれも秀逸な出来だと思っています。聴いて損はないと断言出来ます。

おお、そうですか!
まあ自分も全く聴いてないわけではなかったので、今回あらためて勉強しなおしてみようかと思ったところです。

>個人的には、ブライアン・アダムスよりも数段良い音楽やっていると思っています。

ブライアンは「Reckless」とベスト盤を聴いている程度です。
タイプが違うような気がするので、比較はちょっと難しいですが・・
ちなみに10年くらい前ブライアンの地元バンクーバーに行ったことがありますが、地元のCD店では彼の扱いはとても地味で、他のアーチストとなんら変わらない品揃えに少しがっかりしたことがあります。

getsmart0086さん、コメント感謝です。
ブライアンの批判は、記憶に間違いなければ当時のFM雑誌だったはずです。
「Scarecrow」のレビュー記事にブライアンの批判をまぜ、「それでもジョンは故郷を歌う」という構成だったように思います。

>特に「Jack And Diane」のぶっきらぼうな歌い方が大好きでした。

この人の歌い方が、むしろアメリカのドキュメンタリー映画のような雰囲気を表していていいですね。

投稿: SYUNJI | 2008.05.04 11:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/41028813

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてない 第120回 ジョン・メレンキャンプ:

« 読んでみた 第22回 アンディ・サマーズ自伝 ポリス全調書 | トップページ | 聴いてみた 第48回 プリテンダーズ »