« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

聴いていた 第2回 クロスオーバー・イレブン

こんなシリーズあったっけ状態だった「聴いていたシリーズ」、2年ぶりに第2回を書いてみます。
ご存じの方も多いと思いますが、「クロスオーバー・イレブン」。
その名のとおり夜11時に放送していた音楽番組である。

クロスオーバー・イレブンはNHK-FMで1978年から2001年まで放送された。
略して「クロイレ」とも言うそうだが、深夜にふさわしい落ち着いたナレーションと選曲で人気があった番組だ。
関東では夜11時からの1時間放送だったが、イレブンなんだから全国的に夜11時だったんだよね?
自分が覚えているパーソナリティは津嘉山正種で、この人は放送終了まで続けたそうだ。
歴代のパーソナリティの中には富山敬もいたらしい。

ちなみにラジオ番組の進行役を「パーソナリティ」と呼ぶことは80年代に定着したものと記憶している。
それ以前には特にAMラジオでは「ディスクジョッキー」と呼ばれていた。
略すとDJだが、今で言うDJとは職種が少し異なる。
ディスクジョッキーと聞いて思い浮かぶのは高島ヒゲ武や土居まさるである。
そのうちに「パーソナリティ」という呼び方が登場し、オールナイト・ニッポンなどAM番組の司会進行役も「パーソナリティ」と呼ばれるようになっていった。

さてクロスオーバー・イレブンだが、自分が聴いていたのは1983年頃から88年までの間である。
この番組を本格的に聴くきっかけになったのはFM雑誌だ。
自分が買っていたのはダイヤモンド社の「FM-STATION」だったが、これには理由がある。

83年当時学生だったあたしは、ある日学校のトイレの個室で、定期入れを拾ったのだ。
「トイレで定期をなくすとはまぬけな野郎だ」と思いながら定期券に書かれた名前を見ると、なんとそれは同じ学科のナオキのものだった。
ウチの学校はけっこう広い上、学科も人数もやたら多い。
しかもそのトイレは学科の教室からけっこう離れており、普段はあまり使わない場所である。
ナオキのものならかっぱらうワケにもいくまい。
仕方なく?定期入れを持って教室に行った。

教室に行くとちょうど休み時間で、ナオキが友人と鞄や机の中を探している真っ最中だった。
「これおまえのだろ?」
そう言って定期を差し出すと、ヤツは目をひんむいて驚いた。当然だけど。
「どこにあった??」
「・・・学生課の横のトイレ」
「おまえもあそこでうんこしてたんか!」
・・・あのなぁ、定期拾ってやったのにそんなことでかい声で言うんじゃねえよ・・・
まあ人助けだからいいんだけどさ。
周りは大笑い、ナオキは泣きださんばかりに大喜び。

で、ナオキは「お礼になんか売店で買ってやる」という。
別にいいんだけど、と思っていたところに、ヤツが「FM-STATIONいいぞ?見たことあるか?」とすすめてきたのだ。
表紙は例の鈴木英人である。
まあ見たことなかったし、買ってくれるならなんでもいいかと思い、ナオキに買ってもらうことにした。
こんないきさつであたしは「FM-STATION」をそれ以降も続けて買うことになったのである。
その後も教室でナオキに会う度に「おお、うんこ友達!」と大声で言われるのには参ったが・・・

すいません、そもそも話題はクロスオーバー・イレブンでしたね。
確かに聴いてはいたのだが、あたしはこの番組を1つの目的にしか利用していなかった。
エアチェックである。

この番組のスゴイところは、オンエアされる曲目・アーチスト名・曲の長さ(分秒)が全てFM雑誌に掲載されていることだった。
つまり事前にどんな曲が流れるか、わかることが画期的だったのである。
放送前からFM-STATIONでオンエア曲を確認し、録りたい曲がある日はしっかり準備してラジカセの前で待機したものだ。
つまり「クロスオーバー・イレブン」を聴きながら他のことをしていた、という経験はない。
「聴き流す」ということをいっさいしなかった。

しかもトークがほとんどなく、基本的にフルコーラスだし、曲の長さも秒単位でわかる。
まさにエアチェックのためにあるような、予定の立てやすい便利な番組だったのである。
このエアチェックのしやすさは、「サンスイ・ベストリクエスト」の比ではない。
「サンスイ・ベストリクエスト」は、FM雑誌には「DJ:柏村武昭」としか書いておらず、オンエア曲目は聴いてみないとわからなかったのである。(リクエスト番組はふつうそういうもんだけど。)

This Is The America/Culture Club
One Sunny Day/Ray Paker Jr. & Helen Terry
Rough Boy/ZZ Top
The Knife Feels Like Justice/Brian Setzer
If You Were A Woman/Bonnie Tyler
Love Walks In/Van Halen

このあたりは86年に録音しているが、間違いなくクロスオーバー・イレブンからである。
流行っていたヒットシングルがオンエアされるだけでなく、少しひねった選曲も多かったように思う。

もっとも番組は文字通りクロスオーバーでロック専門ではなく、また単純にチャートを追うようなスタンスではなかったので、録音したい曲が全くない日もたくさんあり、そういう時は初めから聴かなかった。
オンエアの中で録音したい曲だけに全神経を集中してたので、津嘉山正種のナレーションなんか全然興味もなかったし、テーマソングもどんな曲だったか全く覚えていない。

というわけで、「クロスオーバー・イレブン」。
最近では「あの懐かしいナレーションも入った復刻版CD」というのが発売されているらしい。
エアチェックにしか使ってなかった自分としては、復刻されてもあまり感慨はわきませんけど。
同じようにエアチェック専用に使われていた方はいらっしゃるでしょうか?

| | コメント (9) | トラックバック (2)

聴いてない 第116回 ケニー・ロギンス

ヒゲのサントラ職人、ケニー・ロギンス。
80年代洋楽がリアルタイムであれば、名前は知らなくても「フットルース」「トップ・ガン」といった映画のサントラ・ソングのヒトと言えば思い当たるであろう。
ええ、あたしも見事にそれくらいしか聴いてません。
ちなみにケニー・ロジャースは「弱虫トミー」しか聴いてません。
シンプリー・レッドとシンプル・マインズの区別はつかないくせに、ロギンスとロジャースの区別はできるのである。(←偉くねえよ)

ケニー・ロギンス、初めて聴いた曲は82年の「Don't Fight It」だったと思う。
スティーブ・ペリーとのデュエットで、邦題は「サンライズ・パーティー」ある。
ジャーニーの日本公演でもスティーブが歌ってましたので、たぶん共作でしょう。
この曲が収録されたアルバム「High Adventure」は姉が貸しレコード屋(当時はレンタルとはあまり呼ばれてなかった)で借りてきていたが、自分は聴かずじまい。
ちなみにケニーとスティーブの二人はあの「We Are The World」でも並んでソロ・パートを続けて歌っている。

その翌年くらいに「Heart To Heart」をエアチェック。
あとはご存じ「Footloose」「Danger Zone」を聴いている程度だ。
ロギンス&メッシーナの曲や、「Danger Zone」以降の曲は全く知らない。

デビュー当時はカントリー&ウェスタン系だったらしいが、いわゆるAORテイストなウェストコーストサウンドに転じ、その後デュエットや共作で存在感を表し、そしてサントラで大ヒット、というのが80年代までの略歴らしい。
ドゥービー・ブラザーズの「What A Fool Believes」はマイケル・マクドナルドとの共作と知ったのはわりと最近である。

聴いてる中で一番好きなのは「Don't Fight It」である。
まあスティーブ・ペリーが実はけっこう好きなので、気に入ってるんですけど。
ケニーと交互にボーカルを掛け合う曲なのだが、イントロからエンディングまで非常にノリが良く、聴いていて楽しい。
でもって二人を比べるとやはりスティーブのほうが歌がうまいと思う。
先ほど述べた、ジャーニーの日本公演では当然全部スティーブのボーカルだったのだが、むしろそっちのほうが良かったと思ったほどである。

「Footloose」のサントラ盤は貸しレコード屋で借りた。
録音したテープは今も手元にあるが、もう長いこと聴いていない。
アン・ウィルソンとマイク・レノの「Almost Paradise」や、ボニー・タイラーの「Holding Out For A Hero」などのヒット曲の他、デニース・ウィリアムスとかシャラマーとか、このサントラ以外での活躍を全く知らないアーチストも参加している。

ちなみにデニース・ウィリアムスの「Let's Hear It For The Boy」はリック・マーテルの入場テーマ曲に使われたことがある、とウィキペディアに書いてある。
そうスか・・コアな情報だなぁ・・
ジャンボ鶴田は1984年にニック・ボックウィンクルに勝利してAWA王座を獲得するのだが、当時の日本でのチャンピオン戦は、まずチャンピオンである外人レスラーが日本で試合して王座を日本人レスラーに奪われ、続いて外人レスラーが日本滞在中に再戦で勝利してベルトを持って帰る、というのが「わりとふつうの」流れだった。
馬場とハリー・レイスの王座争いはたいがいこのパターンでベルトが行き来していた。
ところが鶴田はニックに勝利した後、チャンピオンとしてアメリカやカナダを転戦するという展開になったのである。
しかもその模様は毎週の番組の中でちょこっと案内される程度で、試合そのものの映像があまり放映されなかった。
こういうことはそれまで日本のプロレスラーにはあまりなかったもので、非常に意外に思ったものだ。
実際馬場も猪木も天龍も長州も、アメリカの団体のトップとして全米各地を転戦などということは一度もしていない(と思う)。

でもって鶴田の転戦中の最後の相手になったのが、当時日本ではそれほどなじみのなかったリック・マーテル。
言ってはナンだがそれほど華のあるレスラーではなかったのだが、どういうわけか鶴田はリックに負けてしまい、王座は移動。
今思うと「いろいろあったんだろうな」とは思うけど、当時はこの流れをずうっと意外に思いながら追っていたものだ。(遠い目)

あああすいません、ケニー・ロギンスの話でした。(お約束)
「Footloose」のサントラ盤は当時収録曲がいくつかシングルで流行っていたから借りただけで、その後気に入って聴き続けたというほどではなかった。
映画のほうはケビン・ベーコンがくるくる回って踊るシーンだけ記憶にあるが、これはたぶんケニー・ロギンスの主題歌プロモ・ビデオ映像の一部だろう。
映画そのものは観ていないと思う。
ちなみに「Footloose」サントラはレコードから90分テープのA面に録音したのだが、B面は「ビジョン・クエスト」というこれまたサントラ盤である。(実はB面のほうが気に入っていた)

その後「Danger Zone」がFMでエアチェックできたため、「トップ・ガン」のサントラはもう借りなかった。
サントラという企画にも若干飽きていたし、ケニー・ロギンスにそこまで入れ込むようなこともなかったからだ。
映画「トップ・ガン」は2年くらい後にビデオで観た。
ビデオデッキをわざわざアンプにつなぎ、狭くて壁の薄いアパートなのにステレオサウンドで戦闘機の音を聴いたりした。
(しかもテレビは15インチくらいの手回しチャンネル型)

サントラ以降のケニーの活躍を全く知らなかったのだが、本国では子供向けアルバムがヒットしたり、ロギンス&メッシーナを再結成して2005年にはアルバムも作ったりしてきたそうだ。
「ケニー・ロギンス」でGoogle検索すると、オークション出品ページがやたらと出てくる。(誰でもそう?)
それだけ80年代には人気があったということでしょうかね。

そんなわけでケニー・ロギンス。
ベスト盤なら聴いてもいいかしらなどと思っていますが、ロギンス&メッシーナ時代にもわずかにですが興味は出てきたりしてます。
おすすめの曲などありましたらご紹介いただければと思います。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

読んでみた 第20回 編集会議

今回読んでみたのは「編集会議」。
雑誌や書籍やWEBで編集を担当する人たちをターゲットにした月刊誌である。
自分も一応出版社で働く編集くずれのサラリーマンですけど、実はこの雑誌は全く読んだことがなかった。
新宿のブックファーストで雑誌を物色中、平積みになっていたので買ってみました。

買ったのは2月号、880円。
版元は「宣伝会議」という名の会社である。
判型はA4、146ページ。

出版社の編集者なんてかなり特殊な職種だと思うので、この雑誌も一般向けではないことだけはわかる。
が、そんな雑誌が書店にふつうに平積みというのはちょっと驚きである。
ブックファーストだとそんなに売れるんだろうか。
でも「いったい誰が読んでるんだよ」と不思議に思う雑誌が、書店やコンビニに結構並んでたりしますけど。
この雑誌であたしは果たして実りある会議に参加できるのでしょうか。

・・・・・読んでみた。

今月号の目次は以下のような内容である。

・巻頭インタビュー:8年目の告白 伊坂幸太郎
・特集:タレント本 裏側の攻防
・特集:転職して編集者になる!
・新編集長紹介
 『日経ヘルス プルミエ』編集長 西沢邦浩氏
 『L25』編集長 内田正剛氏
・好評連載
 編集者のための「校正・校閲講座」vol.4
 入門「編集塾」最終回

特集の「タレント本 裏側の攻防」では、藤原紀香・神田うの・小池栄子といった、最近結婚と同時に本も出したタレントと編集者との、出版に至る過程の苦労話が紹介されている。
どれも突然の結婚発表に合わせて同時出版というインパクトな戦略なので、事前の広告にも「結婚します」ということも書けず、秘密裏に進行せねばならなかったことが共通している。
しかも相手はそもそも執筆が本業でないタレントさん。
ただでさえ時間がない中でタレントをおだててやる気にさせたり徹夜で校正したりテープ起こしたり取次にダミー渡したり・・という、涙なくして語れない編集者の苦労が紙面からにじみ出ている。

だが。
自分にタレント本を手がけた実体験がないので、残念ながら共感は全くできなかった。
ある編集者が「全員寝ないで校了日をむかえた時は本当に感動しました」などと書いているが、申し訳ないがなんだか脱力してしまった。
自分はこういう業界特有の古くさいノリは実はとても苦手なのである。

「藤原紀香はゲラにアカイレをびっしり書いてきた」という点にだけはちょっと驚いた。
タレントさんの中には全部ゴーストに書かせて出版まで全然見ない、という方もいるそうですが、紀香さんは全く違うみたいです。
その昔松本伊代ちゃんがまだ10代のアイドルだった頃、自分の著書発売をテレビ番組で宣伝した時、実に屈託のない顔で「私まだ読んでないんですけどぉ」と言ってしまった、という話がありました・・・

もうひとつの特集は編集者に転職してきた人たちの話。
やはり編集者って職業は、やりたい人はホントにものすごい情熱持ってやりに来るんですよね。
だいたいが「日程きつくて職場汚くて本売れなくて恋人作れなくて」というような状態のはずなのだが、「それでもやりたいから!」といっていろんなヒトがスキマにもぐりこんでくるような、そんな職種です。
でもって業界自体が小さいからそんなに求人もないし、その割に異業種から転職してくる人も多いし、変な業界ですね。

「新編集長紹介」のページでは、記事内容よりも編集部の写真に目が行ってしまった。
どうしてヨソの会社は会議室がみんなキレイなんだろうか・・・
こういうキレイな会議室で打ち合わせすれば、さぞかしナイスな企画がどっかんどっかん出るんだろうなぁ・・・などと己の企画力のなさを屋根までぶん投げてそんなことを考えました。

さて体裁面はどうだろうか。
例によって誤字誤植脱字なんか探してみたのだが、さすがは編集会議、そんなものは見あたりません。
編集者のための「校正・校閲講座」という連載まであるくらいだから、それは当然でしょう。
1カ所だけ「、」が二重打ちになっていたところがありましたが、、、、

気になったのは、その『編集者のための「校正・校閲講座」』のページなんだが、地色にグレーを入れているところ。
しかも書体は細い明朝である。
このデザインは少しおかしくないか?
自分が老眼なだけかもしれんが、正直読みづらい。
校閲を説くページデザインがそれでいいのかね、とやや意地悪な感想を抱いてしまった。

もっとおかしいと思ったのは表紙。
このデザインは何?
全面黄色に書名よりでかい記事見出「伊坂幸太郎 8年目の告白」。
しかもこの記事って、巻頭インタビューだけど13ページで、他の特集記事よりページ数は少なかったりする。
なんか理由があってこうなってるのかなぁ?
あとタレント本特集があるので表紙にもその見出とイラストがあるのだが、イラストがチカラいっぱい昭和。
このセンスはどうしちゃったんだろう・・・

手にとった時から「変な表紙だなぁ・・」と思っていたのだが、全部読んでみていっそう強く感じた。
本文のページデザインやレイアウトは全く問題ないからである。(むしろイイ感じだ)
バックナンバーをまだ調べていないので、たまたま今月号だけヘンなのかもしれないけど、「編集会議」でこの表紙はちょっと・・・という感じです。

この雑誌、広告は非常に少ない。
しかも出版や編集に関連する業界のものばかりで、他業界では表4(裏表紙)にサプリメントの広告があるくらいだ。
クルマとかスーツとか化粧品とか幸せを呼ぶネックレスとか恋人ができるペンダントとか、よその雑誌ではどかどか出てくる広告ページは全然ない。
読んでてこの点はラクでいい。

感想。
率直に言って、自分にはあまり楽しめない雑誌だと感じた。
業界誌のようなものなのだが、それが故にどこかなじめないというか・・・
気のせいかもしれないけど、「美しく素晴らしい業界で楽しく働く編集者」を強調しすぎなんじゃないだろうか。
どこの業界でもそうだと思うけど、本当はもっと業の深いどろどろな世界なのに・・・(本当か?)
まあ編集者本人だけでなく、それを目指してがんばってる人もターゲットにしてると思うから、あまり悲惨な話オンパレード(死語)な紙面だとよろしくないんでしょうね。
個人的にはそーいう猥雑で陰惨な裏事情系記事のほうが圧倒的に好きなんですが。

というわけで、「編集会議」。
中途半端にからんでる業界の話なので、なんつうか終始座りの悪さを覚えました。
全然知らない業界雑誌のほうが、驚きや感動や発見も多かったのかもしれない。
まあやはり雑誌は趣味で読むものを選ぶべきだったんですね。
仕事にからんでくるとどうしても楽しくならないというか・・・
次回は自分には全く関係のない雑誌をチョイスしたいと思います。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

聴いてない 第115回 セリーヌ・ディオン

みなさま新年あけましておめでとうございます。
今回採り上げるのは新しい年の門出を飾るにふさわしいアーチスト、2億枚を売った地球上ナンバー1の歌姫、来日公演決定チケット絶賛発売中、カナダはケベック州出身・時津風部屋、セリーヌ・ディオン。

実は今回XTCを採り上げるつもりで途中まで記事書いたんですが、ムリっす。(←上田桃子調)
書けません。
XTCなんて1曲しか聴いてない上にメンバーなんか誰も知らないし。
「聴いてない。以上」で終わってしまいます。
で、なぜか急遽セリーヌ・ディオンに変更。
どっちにしろ聴いてませんけど。

セリーヌ・ディオン、もちろん顔も名前も知ってはいます。
聴いた曲もあるがアルバムは聴いてないので、聴いてない度は3。
最初に聴いた曲は「'If You Asked Me To」だったと思う。
たぶん92年頃である。
「タイタニック」は98年の映画なので、意外に早くから曲も名前も知っていたことになる。
例によってMTVの音声をカセットテープにダビングという地味な作業の中での出会い?だった。
今でもテープは残っているが、この時我が家ではテレビの受信状況が悪かったらしく、歌詞のSの発音の度にノイズが発生するという現象が起きている。
セリーヌには悪いが、あまりいい思い出ではない。

同じ頃に聴いた「Nothing Broken But My Heart」。
この曲のプロモ・ビデオの本編は全く覚えていないが、曲が始まる前にセリーヌが何度かタイトルを口にするシーンがあった。
「Nothing Broken But My Heart・・・Nothing Broken・・・My Heart・・・My Heart・・・」といった調子で、発音を確かめるような感じだった。(この部分の音声がテープに残っている)
セリーヌはもともとフランス語圏に育ったカナダ人で、英語はベルリッツで勉強したらしい。
推測だが、この曲もまだ英語にあまり慣れていない頃の録音だったのではないだろうか。
歌の中ではフランス語圏の人の英語の発音だとは全然わからないけど。
日本でもセリーヌが登場する語学学校のCMってありましたよね。
あれはベルリッツだったっけ?

さて映画「タイタニック」の大ヒットにより、セリーヌ・ディオンの代表曲となった「My Heart Will Go On」。
映画公開の頃はFMでもテレビでも盛んに流れていたので、映画は見ていないが曲はよく聴いた。
あの映画のおかげで、小さな船なのに「舳先で手を横に広げる女と後ろから女を抱きしめる男」のバカップル(死語)が全国に大量発生した。
バラエティ番組などでも未だにこういうシーンに必ずセリーヌの歌をかぶせる演出が施される。
ここまで映像と一体化して売れた曲もそう多くはないよね。

他にはピーボ・ブライソンとのデュエット「Beauty and the Beast」や、エア・サプライもカバーしていた「The Power of Love」、あとは「Because You Loved Me」などを聴いている。
しかしアルバムは1枚も聴いていない。
歌はうまいとは思うが、とりあえず流行っていて録音できたから聴いただけで、実は声も顔も特に好みではないのである。
自分にとってはマライア・キャリーホイットニー・ヒューストンも同じようなポジションにある。
聴いていてイヤだとか嫌いといった感情はないのだが、あえて掘り下げて聴いてみるという気にもなっていない。
しつこいようだがあたしはデボラ・ハリーの顔が好きだったので。

セリーヌ・ディオン、アルバムは英語盤フランス語盤合わせてかなりたくさんあるようだ。
ただなんとなくこの人はやっぱりシングル曲で支持されてるアーチストではないかと感じている。
オリジナルアルバムだと自分としてはちょっと飽きそうな気もするのですが、みなさまの鑑賞履歴はいかがでしょうか?

| | コメント (12) | トラックバック (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »