« 読んでみた 第19回 コミック・ガンボ | トップページ | 聴いてみた 第45回 ムーディー・ブルース »

食べてみた 第2回 じゃじゃ麺 その2

人気グルメブロガーのSYUNJIです。(大ボラ)
なぜかその場のイキオイで始めてしまった「食べてみたシリーズ」、2回目も盛岡名物じゃじゃ麺を食べてみました。
前回じゃじゃ麺店を検索した時に三軒茶屋にもあることがわかっていたのですが、先日別の用事で三軒茶屋に行くことになり、それじゃあ食べてこようか、ということになりました。

今回食べてみたのは「じゃじゃおいけん」。
お店は駅から国道246号を駒沢大学方面に向かって歩いて10分くらいのところ。
実際には246に面しておらず、一本南に入った道路沿い、明薬通りとの交差点のカドにあります。

Jajaoiken3

Jajaoiken4
じゃじゃおいけん:世田谷区上馬1-33-11

店内はカウンターのみで、7~8人で満席というくらいの広さ。
行った時はちょうど昼時ですでに満席。
しばらく外で待つ。

10分ほど待って中に入り、中盛りを注文。
店内には雑誌記事や芸能人の色紙がたくさん貼ってあり、かなりの有名店である。
カウンターには卵がざるに入れて置いてあり、チータンを注文する時は客が自分で割って入れるようだ。
5分ほど経ってじゃじゃ麺が来た。

Jajaoiken1

まるじゃ」のじゃじゃ麺に比べ、味噌の色が多少薄い。
麺の太さは同じくらいだが、「じゃじゃおいけん」のほうは少しちぢれている。
やっぱり「よくまぜて下さい」と指示されたので、ぐりぐりまぜる。
今回は初めからにんにく・こしょう・ラー油を少し入れてみた。
おろししょうがはすでに器に入れられて来ていた。

まず一口。
うまい!
にんにくはおろしなのだが、色が緑で香りがとてもいい。
しょうがもこしょうも味噌の味を引き立てるのに充分な働きである。
味噌自体の味が非常にシャープだ。
これはやはりうまい。
味噌の色が薄かったので、味も薄味かな?と思ったが、コクがあって実にうまい。

さて今回もお楽しみのチータン。
麺を一口残して、自分で卵をとって器に割り入れ、ぐりぐりまぜて店の人に渡す。
「少し味噌足してます」と言われて戻ってきたチータン。
確かに少し味噌が足されている。

Jajaoiken2

一口すする。
うまい!
足された味噌で味がちょうどよくなっている。
特に薬味は追加しなかったが、このままで充分いい味だ。
繰り返しになるけど、味噌の味がとにかく非常にシャープなのだ。
「辛い」というわけではなく、「しっかりしている」といったらいいだろうか。
チータンは要するに「肉味噌卵スープ」なんだが、このチータンはバランスが非常にいい。
器いっぱいに入れてもらったのだが、あっという間に飲んでしまった。

麺で食べる時もチータンにした後もそうなんだけど、やっぱりきゅうりがポイント。
味のないきゅうりが混じることで、味噌やにんにくの濃い味がしまる感じなのだ。
この店ではきゅうりの量をお好みで変えるような説明は書いてなかったと思うが、きゅうりはなかったらダメだと思う。
「まるじゃ」のようなトッピングはなかったけど、シンプルなじゃじゃ麺で全然OKです。
単に自分の好みの問題だけど、「じゃじゃおいけん」のシャープな味が気に入りました。

値段は中盛りが600円、チータンが80円。
またしても安くて腹いっぱいになるのがとてもいい。

というわけで、再度食べてみました盛岡名物じゃじゃ麺。
いやあ値段も味もホントに満足です。
このトシになるまで全く知らなかったのがとてもくやしい気がします。
だいまつ親分、教えていただいてありがとうございました。
次はぜひ信濃町のお店に行きたいですね。
じゃじゃ麺のお店が関東にもどんどん増えればいいと思います。

じゃじゃおいけん

|

« 読んでみた 第19回 コミック・ガンボ | トップページ | 聴いてみた 第45回 ムーディー・ブルース »

コメント

このブログの「ぶらり途中下車の旅」への変貌とともにブロガーSYUNJIが車だん吉のような風貌に変わっていないか恐れているぷくちゃんと言います。

さて・・・・

>2回目も盛岡名物じゃじゃ麺を食べてみました。

おいおい!コミックガンボより痛いよ!同じ食いものかい!それも先輩が食っていないのをおいしそうに!きぃー!(お約束)

富士宮やきそばは記事にするんだろうな!(恫喝)それも俺様の写真、サインつきのプレゼント企画でだよ!(いらない)

本当にこの料理食べたくなりました。先行商品を発売する時には静岡をマーケット先として選ぶと聞いた事があるのですが・・・タバコとか・・・(←あまりマーケット業界に詳しくないらしい)

投稿: ぷくちゃん | 2007.11.03 22:17

SYUNJIさん、こんにちは。

じゃじゃ麺、第2弾ですか!
相変わらず美味しそうです。記事を読む進んで行く内に、よだれがジュルジュルと...。
SYUNJIさん、罪作りな記事です。(苦笑)

食欲の秋、少食の私でも食欲がある程度出ます。
嗚呼、じゃじゃ麺食べたい。でも近くに店がない(多分)。
やはり遠い九州にいると、こんな時にやっぱり地方だなぁ・・と感じてしまいますね。(涙)

投稿: Junk | 2007.11.04 15:26

連打でのじゃじゃ麺特集、、ありがとうございます。

実は、この間も自分で作ってじゃじゃ麺食べてました。
やっぱうまいですよ。
それにしても、岩手の名物をこれだけ気に入って頂けたというのは本当に嬉しいですね。
「うまい!」の連発ですもの、、。

後、「安くて・旨い!」と言うのが良いですよね。
この頃、テレビで料理や食べる番組が沢山ありますが、結局あれって、やたら高くて、それって旨くて当たり前じゃないかと思うし、、、。

というか、油のありすぎる牛肉とか食べて、本当に美味しいと思っているのかな?

やっぱ「安くて旨い!」「安くて満腹!」。
これですよ。

投稿: だいまつ | 2007.11.04 18:29

ぷく先輩こんばんは。
「ぶらり途中下車の旅」の太川陽介です。

>おいおい!コミックガンボより痛いよ!同じ食いものかい!

ネタがないんだよ!きぃー!(痛い中年)
富士宮焼きそばの記事はご指定のとおり先輩のお写真とサインプレゼント企画で行きます。
ロケハンとグッズの予算下さい・・

>先行商品を発売する時には静岡をマーケット先として選ぶと聞いた事があるのですが・・・

静岡でマーケティングというのは自分も聞いたことがあります。
東西の文化の交流地点として、静岡で売れれば関東・中部・関西、ひいては全国のどこでも売れる、という判断になるそうです。

Junkさん、コメント感謝です。

>SYUNJIさん、罪作りな記事です。(苦笑)

いやあホントにうまいんですよ。
食べてみたシリーズは地方の名物料理を採り上げて行くつもりですんで、九州で隠れた名物があったら教えて下さい。(ネタないんで・・)
ネタのために九州にさえ行ってしまいそうな自分が怖いです。

だいまつ親分、こんばんは。
またじゃじゃ麺食べてきました。

>それにしても、岩手の名物をこれだけ気に入って頂けたというのは本当に嬉しいですね。

自分、小食でグルメじゃないんで、あまり「うまい」とか言わないほうなんですが、今回もじゃじゃ麺はうまかったですね。
シンプルですし、安いのもいいです。
ただ、じゃじゃ麺については、どこかのうどん屋のようなチェーン展開はあまりしてほしくない気がします。

投稿: SYUNJI | 2007.11.04 20:56

おつとめご苦労様です、SYUNJIさん。

> うまい!

直球ですね。しかも連呼。
このブログで、SYUNJIさんが単刀直入に褒めているのを初めて見た気がします。よほど美味かったんでしょうねぇ・・・
信濃町のレポートも期待しています。(←完全に人任せモード)

投稿: ルドルフ | 2007.11.05 07:34

ルドルフ編集長、コメント感謝です。

>このブログで、SYUNJIさんが単刀直入に褒めているのを初めて見た気がします。

え、そうでしたっけ?
ブラック・サバスの巻では「サバス最高!」とまで叫んでしまってますが・・(でも聴いてない)
いや、でもここのじゃじゃ麺はうまいですよ。
三茶にお越しの際はぜひどうぞ。
信濃町も制覇して関東じゃじゃ麺専門ブロガーとしてデビューしますんで(どこに?)、よろしくお願いします。

投稿: SYUNJI | 2007.11.05 23:12

記事もおもしろいけど、みなさんのコメントもおもしろいですね♪♪
おいしそうですね。読んでいたら食べたくなりました!
横浜のお店にまず行ってみたいです。

投稿: はまっこ | 2007.11.06 18:12

はまっこさん、コメント感謝です。
本来は音楽BLOGのはずなんですけど、ネタがなくなってきてムリヤリこんなことになっています。
じゃじゃ麺、うまいですよ。
瀬谷のお店は家族連れの方々も多いです。

投稿: SYUNJI | 2007.11.07 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/16962695

この記事へのトラックバック一覧です: 食べてみた 第2回 じゃじゃ麺 その2:

« 読んでみた 第19回 コミック・ガンボ | トップページ | 聴いてみた 第45回 ムーディー・ブルース »