« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

食べてみた 第3回 富士宮焼きそば

小食ブロガーのSYUNJIです。
今回はついに念願の富士宮焼きそばを食べに行って参りました。

富士宮焼きそばの存在をぷく先輩から教えていただいて以来、先輩からは「早く来いよ!」という闇金の取り立て並の連夜の催促。(若干脚色)
最近すっかりウチのBLOGもネタ枯れだし、ここはひとつ本気で富士宮焼きそばツアーを敢行するしかあるまい・・

そこに彗星のごとく登場し参加を表明したのがルドルフ編集長
初めは二人で鉄道を使ってのんびりと行こうかと思っていましたが、電車賃や富士宮市内の移動やその後の観光コースも考えると、むしろクルマのほうが便利だと気づきました。
ようやく話がまとまり、富士宮焼きそばツアー三頭体制がここに成立したのです。
あたしも先輩も、ルドルフさんとお会いするのはもちろん初めて。
しかし最初の出会いが焼きそばツアーってのも・・・

当日はほぼ快晴。
9時にルドルフさんと待ち合わせし、東名横浜青葉インターより出発。
11時に富士宮駅で先輩と合流し、そのまま先輩おすすめの店に移動。
確かに町中のあちこちに富士宮焼きそばのオレンジ色ののぼりがはためいていて、ついにここまで来たかと感慨無量です。(大げさ)

昼には少し早めでしたが、目当ての店に入りました。

Photo

店内はやや混雑していましたが、鉄板前のカウンターに着席できました。
お二人はイカ入り焼きそばとお好み焼き、あたしは小食なんでイカ入り焼きそばだけ注文。
後でルドルフさんのお好み焼きをわけてもらいましたが。
お好み焼きは先輩の指定で甘めの泥ソース。

鉄板前だったので店の人が焼くさまをつぶさにながめていたのですが、焼きそばにもお好み焼きにも鯖粉をどばっとかけています。
あれが噂の鯖粉か・・・鰯の粉だと思っていましたが、先輩によれば鯖だそうです。
しばらく待ってようやく焼きそばが到着。

Photo_2

麺はふつうの焼きそばより少し太いようです。
青海苔をかけてまずは一口。
思ったより薄味です。
七味をかけてちょうどいい感じ。
うまいです。
鯖粉ももっと味が強いもんかと想像していましたが、焼きそばの味を変えるほどの主張ではないようでした。

Photo_3

続いてお好みが目の前の鉄板に配置されました。
ルドルフさんに半分わけてもらい、まずは一口。
お好み焼きはふだんあまり食べないほうですが、ソースが甘くてうまいです。
ルドルフさんが小声で「焼きそばよりうまいスね」と言いましたが、同感。
調子に乗って半人前いただいてしまいました。
小食な上に粉モンなので、実はこの後ずうっと消化できず、夕方の歓談時になってもほとんど何も食えませんでした・・・

いやあ満足。
店も繁盛していて外で待っている人もいましたので、12時すぎに店を出ました。
ところが先輩の表情がいまひとつさえません。
実は店を出た後に先輩から衝撃的な発言が・・・

「イマヒャクでしたね。本当はもっとうまいです」
え?どういうこと?
先輩によるとあの店は家族で切り盛りしてるようなのですが、その中の誰に作ってもらうかで味にかなり違いが出てしまうのだそうです。
で、我々の焼きそばは残念ながらレベルの高い人には作ってもらえなかったとのこと。
先輩は狙いどおりの人に作ってもらえなくなった瞬間、がっくり肩を落としていたんだそうです。
うーん・・・そういう意味では実はかなりスリリングな店だったんですかね。
あたしゃグルメじゃないんで、ホントに気になりませんでしたが。

さてルドルフさんもあたしも焼きそばをおみやげに買うことにしました。
食べた店ではなく、先輩の指示で浅間大社の前のテイクアウト専門店に移動。
ここも繁盛しており、店の外で作りたてを食ってる客がたくさんいました。
先輩が「ここでもう一度食い直すぞ!きぃー!!」とか言い出すんじゃないかとオドオドしていましたが、あたしの小食を配慮してか、そんな無茶ぶりはしませんでした。
あたしは3人前、ルドルフさんは5人前を二つおみやげに買いました。

そんなわけで焼きそばタイムはここであっさり終わってしまいましたが、あたしとしては充分満足でした。
味も肩を落とすほどではなかったと思いましたし、先輩やルドルフさんとの会話も楽しく、珍しくテンションが上がっていたからでしょうか。

この後我々3人は御殿場に移動。
移動中の車内ではルドルフさんのipodをカセットアダプターにつないでカーステレオで鑑賞。
次々に登場するルドルフ・コレクション、あたしはほとんど知らない曲ばかりでしたが、先輩はほとんど即答していて、ドレミファドン状態。(←古い)
今さらですが実力の差にたまげました。
先輩の蔵書ならぬ蔵盤は3000枚を超えるそうで、以前は5000枚以上あったとのこと。
あたしゃたぶん200枚くらいですんで、もう初めからステージが全然違います。
つーかあたしだけがシロウトのくせに音楽BLOGなんかやってるってことですね。

さて御殿場のアウトレットではあちこちの店を冷やかしまくり、あたしは目当てのブランド店でシャツを購入しました。
実は先輩のカバン買いまくりの姿を期待していたのですが、逆に「SYUNJIが買い物するのを初めて見た・・」と言われてしまいました。

夕方は御殿場のファミレスでお二人はビールやら焼酎やら飲みまくり。
ルドルフさんとはこの日初めてお会いしたのですが、非常におだやかで物知りな方です。
実はあたしもルドルフさんもかつて職場があった場所がすぐ近くだったりして、親近感を覚えました。
よくあるセリフですが、「きっと駅前ですれ違ったことがある」はずです。

ぷく先輩を御殿場駅まで送り届け、帰りもルドルフ・コレクションを聴きながら東名を走りました。
相変わらず知らない曲やアーチストばかりで、ルドルフさんも「こいつホントに何も聴いてねえな」とあきれていたとは思いますが、「ローラーズは意外にいい曲を歌っている」という点で意見の一致をみたことは収穫でした。(なんだよそれ)

そんなわけで、念願の富士宮焼きそばツアー、無事に終わってとても楽しかったです。
なぜか次回は中野で先輩主催のオフ会だそうですが、ぜひ参加させていただければと思います。

| | コメント (13) | トラックバック (1)

聴いてない 第113回 ホイットニー・ヒューストン

先日クルマを運転中にFM横浜を聴いていたらホイットニー・ヒューストンの「I Will Always Love You」が流れてきた。
懐かしいという感覚は全然なかったのだが、曲に続いて「1992年のヒット曲をご紹介しました」などと言われて思わずハンドルをつかみ損ねるくらい驚いた。
もう15年も前の曲だったんですねぇ・・・
つい遠い目をしてしまいましたが、ホイットニー・ヒューストン、やっぱり聴いてません。

ホイットニー・ヒューストンは1985年にアルバムデビュー。
当時は毎晩サルのようにFMを聴いてエアチェックにいそしんでいたので、デビュー当時からヒットシングルはいくつかゲットしていた。
ただしアルバムを1枚も聴いてないので、聴いてない度は3。

以前から白状してきたとおり、ブラック・ミュージックの鑑賞履歴は壊滅状態であり、マイケル・ジャクソンですらアルバム1枚しか聴いてない有様なのだが、それでもホイットニーはマイケルやスティービー・ワンダーに次いでシングルは多少は聴いている、とも言える。
全然いばれる話ではないが・・・

聴いてるシングルは以下のとおりである。
・Saving All My Love For You
・All At Once
・Greatest Love Of All
・Didn't We Almost Have It All
・I'm Your Baby Tonight
・I Will Always Love You
・I'm Every Woman

自分にしては割と多いほうだ。
この他にもタイトルは知らないが聴いたことがある曲はまだあるはずだ。
初期の頃のヒット曲は似たような雰囲気のものが多い。

デビューアルバムは邦題が「そよ風の贈りもの」というメルヘンチックなタイトルだが、デビュー時点ですでに本物の領域に到達しており、圧倒的な歌唱力には全くスキがない。
ホイットニーの母親も歌手で、またディオンヌ・ワーウィックとは親戚だそうだが、ディオンヌが従姉だと書いてあるサイトと、叔母だと言ってるサイトがある。
果たして正解はどっちなんだろう?
いずれにせよ歌のうまい家系に生まれ育ってることは間違いないようだ。

数年前、美輪明宏サンが「オーラの泉」で、「各国の首脳はホイットニー・ヒューストンなどホンモノを聴いているので、日本の歌手が彼らの前で歌っても感動なんかしない」というようなことを言っていた。
これは沖縄サミットの際の歓迎イベントで、ブッシュやプーチンの前で安室奈美恵が歌ったのを指しての発言のようだ。
実際ブッシュやプーチンがホイットニーを聴いてるのかどうかは知らないが、美輪サンもホイットニーの実力は高く評価しているということでしょうね。
比較されちゃった安室ちゃんもかわいそうですけど。

日本で彼女の人気を決定づけたのは、映画「ボディガード」の出演と主題歌の「I Will Always Love You」だと思う。
サビの「えんだーーーーいあーーーーいうぃるおおーるうぇいずらああぶゆううううあああああーーい」という部分は、彼女の代名詞的なものになっており、時々日本のタレントがテレビでモノマネしたりするが、こんな歌をまともに歌える日本人はいないと思う。
ちなみに今回初めて知ったのだが、この歌はドリー・パートンのカバーだそうだ。
映画は日本でも大ヒットしたそうだが、自分は当然ながら見ていない。

実は自分のホイットニーに関する記憶はこの後からほとんど途切れており、その後のサントラのヒットやマライア・キャリーとのデュエットも聴いていない。
知ってる話と言えば、ボビオことボビー・ブラウンとの結婚、でもボビオは暴力沙汰でつかまったこと、ホイットニー本人もマリファナ所持疑惑でつかまったことなど、歌や曲とは関係ない香ばしくて東スポなものばかりだ。

今年9月にボビオとは離婚し、新作レコーディングに向けて活動を再開したとのことだが、写真を見るとだいぶ変わってしまったように見える。
やはりクスリの影響もあるんだろうか。
若い頃が美しかっただけに、よけい痛い印象を受けるのは気の毒ですが・・・

というわけで、ホイットニー・ヒューストン。
たまには歌のうまい人の曲を聴きたいと思ったら、この人のアルバムを聴けばいいんでしょうね。
なんとなくアルバム単位よりも曲ごとに支持される歌手だというイメージなのだが、どうなのでしょうか。
マライア・キャリーやジョージ・マイケルとのデュエットも聴いてみたいと思っていますが、隠れた名曲などあれば教えていただけるとありがたいです。

・・・・ところでボビー・ブラウンは今どうしてるのだろうか?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

聴いてみた 第45回 ムーディー・ブルース

今回聴いてみたのはムーディー・ブルース。
バンドの名前を知っていたくらいで、1曲も聴いたことがなかった。
なので聴いてないシリーズでも採り上げて来ませんでした。
プログレに該当するらしいが、それすらもよくわかっておらず、プログレだからと知ってて右から左に受け流していたわけではない。
今回もモンスリー師匠ご指導のもと、初めて鑑賞する運びとなりました。

聴いてみたのは「セブンス・ソジャーン」。
「神秘な世界」という邦題がついている、72年の作品である。
彼らにとっては結成以来初の全米No.1アルバムだそうだ。
でもジャケットには全く見覚えがない。

Seventh

ムーディー・ブルースはジミー・ペイジが「真のプログレッシブ・ロック」と評したバンドだそうだが、それがどんな意味を持つのか自分にはイマイチわからない。
果たして聴いてみて「さすがはペイジさん」と納得することができるのでしょうか。

・・・・・聴いてみた。

1. Lost In A Lost World (失われた世界へ)
どこかもの悲しい行進曲調の旋律。
もっと重くてワイルドなサウンドを想像していたのだが、全く違うようだ。

2. New Horizons (新しい水平線)
これも哀愁に満ちた曲である。
泣きのギターはサンタナのようでもある。ってサンタナもロクに聴いてないですけど。
その昔中学生の頃、英語の教科書が「New Horizon」(東京書籍)というシリーズだったのを思い出しました。

3. For My Lady
この曲も同じような調子だが、前の2曲に比べてほんの少しだけ明るい感じがする。
ふかふかと流れる旋律はメロトロンだろうか。
ヨーロッパの石畳の街角に流れているようなメロディである。

4. Isn't Life Strange(神秘な世界)
静かに始まるが、途中から大きな音で演奏が盛り上がり、分厚いコーラスがある。
盛り上がる部分はそれなりに荘厳ではあるが、イエスほどの緻密さや鋭さはないようだ。
転調はあるがついていけないほどのものではなく、聴きやすい曲である。
この辺のノリはクイーンあたりに引き継がれているんじゃないだろうか。

1. You And Me
リズミカルで楽しそうなイントロ。
ここまで聴いて初めての展開である。
ボーカルが全編にわたってコーラス(オーバーダビング?)。
当時の日本のグループサウンズがマネしてそうなサウンドが不思議とおもしろい。

2. The Land Of Make-Believe(見せかけの国)
メルヘンチックな調べ。
これもイントロのふかふかサウンドはメロトロンなのだろうか。
ボーカルがまたコーラスなんだが、どうもどの声も線が細い。
だからみんなで協力して歌ってるんだろうけど。

3. When You're A Free Man
ここまで聴いて唯一ブルースっぽいと感じたのがこの曲。
アルバム全体を覆うもの悲しい雰囲気を維持しながら、ギターもドラムもぐったりなブルースをゆっくりと奏でる。
リードボーカルは一応ひとりのように聞こえるが、やはり線が細く頼りなく危なっかしい声である。

4. I'm Just A Singer (In A Rock And Roll Band)
最もスピード感のある曲がラストナンバー。
でも哀愁漂う雰囲気は最後まで変わらない。
あまりアテにならないたとえで恐縮だが、なんとなくロシア民謡のようにも聞こえる。
「オレはロックン・ロール・バンドで歌うシンガーだ」と連呼するんだけど、それは少し違うのでは・・・?と思うようなサウンドである。

うーん・・・
全体にそこはかとなく香る悲しーい雰囲気が、なんとなく楽しくないように思う。
聴きづらいというのはないのだが、突然転調したりギターソロで圧倒されたりという毒気もないので、若干退屈な印象を受けるのだ。
正直このアルバムが全米で1位を獲得しているという話にはやや驚きである。

メロトロンやコーラスに特徴はあるのだろうが、それぞれのパートにも力強さや主張を感じない。
このアルバムだけがそうなんだろうか?
ギターもドラムもそう大きな音ではないし、ボーカルも細い。
後のELOに少し似ている感じもしたが、ELOほどのポップさはない。
特徴をいまいちつかみきれないまま、アルバムを聴き終えてしまった。
曲数も8曲で演奏時間も短い・・・

プログレ5大バンドと言えば、クリムゾンとイエスとELPとフロイドとジェネシス。
というのが業界の定説だと思うのだが、実は70年代当初はジェネシスでなくムーディー・ブルースだった、という話があるらしい。
自分なりの浅い鑑賞履歴を掘り起こしてみても、他の4バンドとは趣が少し違う気がするムーディー・ブルース。
今回聴いてみて思ったのは、理数系のニオイがあまり感じられない点だった。
まあこんな素人の感覚はアテになりませんけど、プログレの人たちは演奏にしろ歌にしろ精緻でスクエアでガチンコなイメージなのだが、そういうものとムーディー・ブルースは結びつかなかったのです。

ムーディー・ブルースについてかすかに知っていた情報として、後にウィングスに参加するデニー・レインが在籍していた、ということがある。
ただしデニーはこのアルバムの発表時にはすでに脱退していたようだ。
また調べてみて驚いたのだが、アルバムの枚数は20を越えており、2005年にはライブアルバムも出たらしい。
それなのに1枚もジャケットに見覚えがない・・・・

そんなわけで、ムーディー・ブルース。
どこがムーディーでブルージーなのかよくわかりませんでしたが、自分には意外と難しいという感覚が残りました。
もう少しポップだったりハードだったりすると少し違うのかもしれません。
次に聴く機会がいつになるのか見当もつきませんが、80年代にはポップ・ロック路線に進んでいるとのことなので、そのあたりにかすかに期待しております。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

食べてみた 第2回 じゃじゃ麺 その2

人気グルメブロガーのSYUNJIです。(大ボラ)
なぜかその場のイキオイで始めてしまった「食べてみたシリーズ」、2回目も盛岡名物じゃじゃ麺を食べてみました。
前回じゃじゃ麺店を検索した時に三軒茶屋にもあることがわかっていたのですが、先日別の用事で三軒茶屋に行くことになり、それじゃあ食べてこようか、ということになりました。

今回食べてみたのは「じゃじゃおいけん」。
お店は駅から国道246号を駒沢大学方面に向かって歩いて10分くらいのところ。
実際には246に面しておらず、一本南に入った道路沿い、明薬通りとの交差点のカドにあります。

Jajaoiken3

Jajaoiken4
じゃじゃおいけん:世田谷区上馬1-33-11

店内はカウンターのみで、7~8人で満席というくらいの広さ。
行った時はちょうど昼時ですでに満席。
しばらく外で待つ。

10分ほど待って中に入り、中盛りを注文。
店内には雑誌記事や芸能人の色紙がたくさん貼ってあり、かなりの有名店である。
カウンターには卵がざるに入れて置いてあり、チータンを注文する時は客が自分で割って入れるようだ。
5分ほど経ってじゃじゃ麺が来た。

Jajaoiken1

まるじゃ」のじゃじゃ麺に比べ、味噌の色が多少薄い。
麺の太さは同じくらいだが、「じゃじゃおいけん」のほうは少しちぢれている。
やっぱり「よくまぜて下さい」と指示されたので、ぐりぐりまぜる。
今回は初めからにんにく・こしょう・ラー油を少し入れてみた。
おろししょうがはすでに器に入れられて来ていた。

まず一口。
うまい!
にんにくはおろしなのだが、色が緑で香りがとてもいい。
しょうがもこしょうも味噌の味を引き立てるのに充分な働きである。
味噌自体の味が非常にシャープだ。
これはやはりうまい。
味噌の色が薄かったので、味も薄味かな?と思ったが、コクがあって実にうまい。

さて今回もお楽しみのチータン。
麺を一口残して、自分で卵をとって器に割り入れ、ぐりぐりまぜて店の人に渡す。
「少し味噌足してます」と言われて戻ってきたチータン。
確かに少し味噌が足されている。

Jajaoiken2

一口すする。
うまい!
足された味噌で味がちょうどよくなっている。
特に薬味は追加しなかったが、このままで充分いい味だ。
繰り返しになるけど、味噌の味がとにかく非常にシャープなのだ。
「辛い」というわけではなく、「しっかりしている」といったらいいだろうか。
チータンは要するに「肉味噌卵スープ」なんだが、このチータンはバランスが非常にいい。
器いっぱいに入れてもらったのだが、あっという間に飲んでしまった。

麺で食べる時もチータンにした後もそうなんだけど、やっぱりきゅうりがポイント。
味のないきゅうりが混じることで、味噌やにんにくの濃い味がしまる感じなのだ。
この店ではきゅうりの量をお好みで変えるような説明は書いてなかったと思うが、きゅうりはなかったらダメだと思う。
「まるじゃ」のようなトッピングはなかったけど、シンプルなじゃじゃ麺で全然OKです。
単に自分の好みの問題だけど、「じゃじゃおいけん」のシャープな味が気に入りました。

値段は中盛りが600円、チータンが80円。
またしても安くて腹いっぱいになるのがとてもいい。

というわけで、再度食べてみました盛岡名物じゃじゃ麺。
いやあ値段も味もホントに満足です。
このトシになるまで全く知らなかったのがとてもくやしい気がします。
だいまつ親分、教えていただいてありがとうございました。
次はぜひ信濃町のお店に行きたいですね。
じゃじゃ麺のお店が関東にもどんどん増えればいいと思います。

じゃじゃおいけん

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »