« 読んでみた 第17回 ランティエ | トップページ | 食べてみた 第1回 じゃじゃ麺 »

聴いてない 第110回 カッティング・クルー

盛岡名物じゃじゃ麺ファンクラブ関東事務局電話番代理のSYUNJIといいます。
すいません、まだ食べてないんですけど。
今日のエントリはじゃじゃ麺ではありません。

さて洋楽の世界にも一発屋と呼ばれるアーチストがごろんごろんといるが、今日採り上げるカッティング・クルー、個人的には決して一発屋だとは思っていないけど、むしろ一発屋よりも印象薄いバンドかも・・・と心配になるような、そんな感じです。
あ、全然伝わらないですか、そうですね・・・

実は鑑賞実績としてアルバム1枚しか聴いてないので、聴いてない度は4。
でも調べたらオリジナルアルバムって3枚だそうです・・
もう少し長持ちしたのかとも思ってはいたんだけど。
じゃ聴いてることにしてもいいかなぁ。

アルバムを聴いたことはあるけど、手元に音源が残っておらず、印象に残ってる曲は3曲しかない。
「 (I Just) Died In Your Arms」(愛に抱かれた夜)、「I've Been In Love Before」「One For The Mockingbird」の3曲である。
いずれもエアチェックで仕入れ、全部気に入ったのでアルバムを小岩の「友&愛」で借りたのだ。
でもアルバム借りて聴いたのに、結局エアチェックした3曲しか記憶に残らなかったので、アルバム借りたこと自体ムダになったっつう話です。

3曲の雰囲気はそれぞれ違う。
「 (I Just) Died In Your Arms」は一番ヒットした曲(というか、世間的にはヒットはこれだけ?)で、もの悲しい雰囲気に包まれた調べである。
「One For The Mockingbird」はスピード感に満ちたロック、「I've Been In Love Before」はおだやかな流れに乗って歌うバラードである。
アルバムではこの2曲が切れ目なくつながっている。

「One For The Mockingbird」は確か彼らが「なんとか歌謡祭」のようなイベントで日本に来て歌ったはずだ。
テレビで見た記憶がかすかに残っている。
日本のアーチストの場合、「世界歌謡祭グランプリ!」などと大それた勲章をもらってしまうと、結局その1曲だけの一発屋になってしまうというエンギの悪いイベントがあったが、確かカッティング・クルーが出てたのもそんな感じの催しだったように記憶している。(違ったらすいません)

メンバーはニック・ヴァン・イード、ケヴィン・スコット・マクマイケル、マーティン・ビードル、コリン・ファーリー。
全然知らないし顔もわからない。
ケヴィンがカナダ人で他の3人はイギリス人だそうだ。
「マクマイケル」ってのも変わった名字だなぁ・・・
スペルはMacMichaelなのでマクマイケル。
ポール・マッカートニー(Paul McCartney)もそうだが、ファミリーネームの途中で大文字が登場するというのはどうしてだろう?
マクマイケルさんはロバート・プラントのソロアルバムに参加した実績があるらしい。

いくつかのサイトに書いてあったが、「愛に抱かれた夜」はイントロがボン・ジョビの「夜明けのランナウェイ」にそっくり、という話。
言われてみればその通りだ。初めて気がついた。
ちなみに以前ボン・ジョビの記事でマルチオーディオさんに教えてもらったのだが、ボン・ジョビの「夜明けのランナウェイ」のイントロ、音が3連打に聞こえるけど実は最初の1音しか弾いてないそうです。

カッティング・クルーと同時期にヒットを飛ばし、同時期にアルバムを借り、同じようにメンバーも知らず、同じようにそれっきりになってしまったのがクラウデッド・ハウスである。
こっちのバンドも3曲くらいしか知らず、いつも取り違えてしまうのである。
「Don't Dream It's Over」はいい曲なんだけどね。
どっちのファンにとっても大変失礼な話ですが。

ネットで「カッティング・クルー」を検索するとわかるのだが、なんとあの大日本プロレスのオフィシャルサポーターズクラブの名前が「カッティング・クルー」である。
何か関係があるんだろうか?

というわけで、カッティング・クルー。
もう2枚アルバムを聴けば「全部聴いてる」ことになっちゃうんですけど、入手は可能なんでしょうかね?
そう言いながらあまり聴く気もありませんが・・・
できればもう一度「Broadcast」を聴きなおすところから始めたいと思っています。

|

« 読んでみた 第17回 ランティエ | トップページ | 食べてみた 第1回 じゃじゃ麺 »

コメント

SYUNJIさん、こんばんは。

カッティング・クルーとは懐かしいですね。
ヒットした「愛に抱かれた夜」を知っているので、他にも楽曲を知っていると思ったら、全然思い浮かびませんでした。
それで、昔のカセットテープから探してみたら、他には「ロック・アンド・ハード・プレイス」って曲しかありませんでした。おまけにそれってどんな曲か覚えてないし..。
これって、カッティング・クルーを聴いてないってことでしょうね。(苦笑)

>むしろ一発屋よりも印象薄いバンドかも・・・

ファンの方には悪いですが、私の中ではそんな感じです。
「愛に抱かれた夜」も、ずっと語り継がれるほど突き抜けた曲じゃないですし。個人的には好きですけど。

投稿: Junk | 2007.09.08 19:02

Junkさん、コメント感謝です。

>それで、昔のカセットテープから探してみたら、他には「ロック・アンド・ハード・プレイス」って曲しかありませんでした。

調べたらこの曲は2枚目のアルバム「Scattering」に収録されていました。
自分はデビューアルバムしか聴いておらず、2枚目以降の存在すら知りませんでした・・
この曲をご存じなのは貴重かもしれませんね。

>「愛に抱かれた夜」も、ずっと語り継がれるほど突き抜けた曲じゃないですし。

そうですねぇ・・
たぶん曲よりもバンド名のほうが知名度が低いんじゃないでしょうかね。
その名も「ザ・一発屋」という問題なCDがありますが、おそるおそる曲名を見たところ、「愛に抱かれた夜」はありませんでした・・

投稿: SYUNJI | 2007.09.09 09:25

ルドルフです。
カッティング・クルーといえば、やはり「愛に抱かれた夜」でしょう。(てか、それしか知りませんが。)
この曲、TVドラマ(あるいはバラエティ番組のコント)とかで、特徴的な冒頭のヴォーカル部分がよく使われません? 登場人物の感情が盛り上がる場面とか切り替わる場面とかで効果的に。

例えば・・・じゃじゃ麺を探し求めて何件もの店を回ったみたが見つからず、あきらめかけた矢先、最後と決めた店で店主におそるおそる尋ねてみたら・・・という場面を想定して、

店主「じゃじゃ麺? あーあるよ」
客「ジャージャー麺じゃないですよ」
店主「あーわかってるよ、盛岡のだろ?」
客「!(つ、ついにやった・・・)」

BGM→♪Oh I, I just died in your arms ~

諦めからの心持から一変・・・みたいなところで。
作りすぎか(笑)

投稿: ルドルフ | 2007.09.10 00:00

ルドルフさん、音楽BLOGへようこそ・・・
カッティング・クルーでやっと洋楽通なコメントがもらえると思ってたら、なぜかムリヤリじゃじゃ麺に・・
わかりました、そうまでおっしゃるならば、食べてきましょう、じゃじゃ麺。
近日中に「食べてみた」シリーズを開始いたしますので、みなさんもそれまでにじゃじゃ麺食べて集合して下さい。
「愛に抱かれた夜」、確かにイントロは印象的ですよね。(さりげなく正常化・・)

投稿: SYUNJI | 2007.09.11 23:35

はじめまして。はまっこです。ルドルフさんのところから来ました。

>「愛に抱かれた夜」はイントロがボン・ジョビの「夜明けのランナウェイ」にそっくり、という話。
いわれてみるば、ほんとそっくりですね!全然気がつきませんでした。

また遊びに来ますね♪

投稿: はまっこ | 2007.09.18 16:26

SYUNJIさん、こんばんは。
カッティング・クルー、「そういえばそんな名前の
バンドがあったなあ」としか思い出すことができま
せん。大変申し訳ありませんが、例によって脱線
大会です。

>>「世界歌謡祭グランプリ!」
ブライアン・アダムスが大ブレイクする前に出た
そうです。一応、これに出ても世界的にビッグになる
人もいたという希有な例ということで(^^;)。

>>イントロがボン・ジョビの「夜明けのランナウェイ」にそっくり
ボンジョビはJポップのネタの宝庫と化しておりますが、
ちょっと検索してみますと、
この曲は、石川秀美氏の「ミステリー・ウーマン」がにている
そうです。残念ながら全く知りません(^^;)。

>>ファミリーネームの途中で大文字が登場するというのは
>>どうしてだろう?
この「Mc」というのは「小さい」という意味があるそうです。
マクドナルドは「小さいドナルド」、マッカーサーは「小さい
アーサー」というニュアンスなのだそうです。

投稿: モンスリー | 2007.09.18 21:34

はまっこさん、初めまして。
こんなレベルの低いBLOGへコメントいただきありがとうございます。
私とルドルフさんとはじゃじゃ麺仲間です。(なんだよそれ)

>いわれてみるば、ほんとそっくりですね!全然気がつきませんでした。

自分もあちこちのサイトに書いてあったのを見て気づきました。
ボン・ジョビのほうが発表は先ですね。
カッティング・クルーがマネしたのか偶然なのかは不明ですけど・・

ご覧のとおり聴いてないアーチストを100回以上もためてるバカなBLOGですが、お好きなアーチストがありましたらご指導いただければ幸いです。
後ほどはまっこさんのBLOGにも遊びに行きますんで・・

投稿: SYUNJI | 2007.09.18 23:15

モンスリーさん、コメント感謝です。
「愛に抱かれた夜」はご存じないスか?

>ブライアン・アダムスが大ブレイクする前に出たそうです。

げっ、そうなんですか?
ということはブライアンはアラジンとか円広志とは歌謡祭仲間・・

>この曲は、石川秀美氏の「ミステリー・ウーマン」がにているそうです。残念ながら全く知りません(^^;)。

そんなんあたしも知りませんよ。
石川秀美は実はけっこう好きでしたけど・・

>この「Mc」というのは「小さい」という意味があるそうです。

あ、そうなんですか?
日本の名字だと「小川」とか「小橋」ってトコですかね。
ではマッカートニーは小さいカートニーさんて意味でしょうか?

投稿: SYUNJI | 2007.09.18 23:52

こんにちは。カッティング・クルー、懐かしいですね。

86年に中学生だった私、MTVで彼らの曲を聴いて、はまってしまいました。

当時は、愛に抱かれた夜がCMでも使われたりしていましたよね。

ボーカルのニックは、今も音楽活動を続けているようです。全英ツアーなども行っているようですよ。

すっかり老けてしまった様ですが、当時のやんちゃな、可愛らしいニックは健在のようです。

私は現在、イギリスに近い国で生活しています。ニックが活動を続けている内に、一度彼の声を聴きにイギリスへ行こうと決めました。

彼と話す機会があれば、日本での人気は健在だと伝えましょう。

投稿: ms_saf | 2007.12.03 08:43

ms_safさん、こんばんは。
こんな辺境BLOGへようこそお越し下さいました。

>ボーカルのニックは、今も音楽活動を続けているようです。全英ツアーなども行っているようですよ。

おお、そうですか!
そうはいうものの、自分はニックの顔も全然覚えていませんが・・
現在はカッティング・クルーとは別のバンドでの活動ということでしょうか。

ご覧のとおりのデタラメなBLOGですが、他のお好きなアーチストについてもご指導いただければ幸いです。

投稿: SYUNJI | 2007.12.06 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/16378990

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてない 第110回 カッティング・クルー:

« 読んでみた 第17回 ランティエ | トップページ | 食べてみた 第1回 じゃじゃ麺 »