« 聴いてみた 第44回 ジェフ・ベック・グループ | トップページ | 聴いてない 第111回 アイアン・メイデン »

読んでみた 第18回 dancyu

全日本地方都市限定グルメ評論家友の会関東事務局のSYUNJIといいます。(デタラメ)
先日のじゃじゃ麺探訪以来にわかにBLOGの方向性が大きく変わりそうな予感ですが、実際自分は食には大して興味はありません。
なにしろ成人男子としては驚くほど食が細い自分。
さすがに中年になって周りからとやかく言われることもなくなりましたが、若い頃はあまりの食べなさぶりに上司や取引先からは決まって「何遠慮してるんだよ」「カラダの調子悪いのか」と言われたもんです。
これが結構つらいもので、どんなに「遠慮じゃなくてホントに食べられません」と主張しても、あまり信じてもらえませんでした。

加えて自分、酒をいっさい飲まないのですが、これも若い頃は異星人のように扱われました。
昭和のサラリーマンにとって、「食べない・酒飲まない」ヤツってのは、存在自体が信じられないことだったのでしょう。
「酒は飲めない」と言っても「じゃあ焼酎なら飲めるだろう」と真顔で上司から言われた時はキレてしまいました。(若い)
めんどくせーので「宗教上の理由」とか言ったろかとも思いましたが、それは宗教に失礼なんでやめました。
とりあえず、自分にとって昔から酒全般は青汁と同じです。(アルコールの味がダメ)

前置き長くなりましたが、そんな飲食に無関心な自分が今回読んでみたのは、あろうことか「dancyu」。
もちろん読んだこともなく、手にとることすら初めてでした。
お料理すらできないのに、いったい何を考えているんでしょうか。
もはや音楽評論では食っていけなくなった三流ライターが、編集部の提案でグルメ記事にも手を出さざるを得なくなったような有様。
そこには一流編集者ルドルフさんのご指導と、ぷく先輩の圧力があったのでございます。(誇張)
例の富士宮やきそばが掲載されているとの情報がルドルフさんから寄せられ、翌日買いに行きました。(単純)

Dancyu20071000

買ったのは10月号、860円。
判型はA4判か?
版元は普段から縁のないプレジデント社である。

「dancyu」とは「男子厨房に入るべからず」という言葉を逆説的に表したもので、「男子どんどん厨房に入りましょう」という男性向けお料理お誘い雑誌である。
食にも酒にも興味のないあたしは果たして厨房に入ることができるのでしょうか。

・・・・・読んでみた。

今月号の目次はこんな感じである。

特集/ おいしいチャーハンが食べたい!
・感動の「福臨門酒家」と「大宝」。その真髄に迫る
 最高のチャーハン「必殺技」大公開
・金華ハム、干しナマコと具材も華やかな“五目チャーハン”の最高峰
 きみは本物の「揚州炒飯」を食べたか!
・玉子の生かし方次第で、かくも旨くなるものなのか!
 わが家の「たまご炒飯」を究めるぞ 文・北吉洋一
特集/ ニッポン縦断「ソース焼きそば」の旅
 三大“ご当地焼きそば”の魅力に迫る
 焼きそば「三国同麺」のおいしい愛され方
 富士宮・横手・太田
地元民なら誰でも知っている“ふるさとの味”
 わが町に「焼きそば」ソウルフードあり
進化する雲上の美食
 「機内食」コレクション2007
厳選「取り寄せ」カタログ 第199回 ── 青森県の旨いもの
台所の時間 70  中華包丁

その名から勝手に勘違いしていたのだが、お料理作るぜコノヤロというだけの雑誌じゃないんですね。
今回の特集のように全国のチャーハンの名店紹介やご当地やきそばなど、「作る」のではなく「食べる」側としての記事が半分以上ある。
全ページレシピや食材や調理器具の紹介かと思ってましたが、そこまで合羽橋な雑誌ではないようです。

ただしそこは「dancyu」なので、チャーハンの名店紹介でも単純にメニューだけの内容ではなく、ちゃんと各店の調理工程が掲載されている。
自分のような素人でも記事はなかなかおもしろい。
なにより写真がどれもうまそうである。

さて特集のチャーハン。
チャーハンすらまともに作ったことのない自分だが、各店で作り方がそれぞれ違うのはけっこう驚きだった。
チャーハンの卵って、ごはんにかけて炒めます?それとも先に卵で後からごはん?
またごはんは冷やごはんですか?それとも炊き立て?
これ、正解はないようで、各店で(メニューにもよるのか?)やり方が違っていて、いずれの方法もあるようなのだ。
あ、決して「どれでもOK」というわけではなく、それぞれの店の料理人がきちんとメニューとして考えての話ですね。
今回「家庭で作る場合」として紹介されている方法では、先にごはん(暖かいヤツ)で後から卵をかけるやり方である。
うちの嫁さんはどうやってたっけ・・・?

続いて今回の目玉企画(死語)、ご当地焼きそば特集!!ぷっきー大感激!!きぃー!!(なぜ?)
こっちの記事では詳細な調理方法までは載っていないが、皿に盛られた各地の焼きそば写真はどれも食欲をそそるに充分な臨場感である。
富士宮焼きそばの特徴としては「麺は硬め、具は肉カス、仕上げに鰯の粉末」だそうです。
ぷく先輩、合ってます?
しかも「日本一有名」とまで書いてある。
すいません、全然知りませんでした・・・

焼きそばなのでどこも気取った店ではなく、本当に地元で愛される飾り気のない店が多いようだ。
焼きそば専門店だけでなく、喫茶店やスナックや駄菓子屋でも出している店が多いらしい。
このあたりは宇都宮餃子のようなテンションとは少し違うのかもしれない。
見た目は確かにうまそうだが、やはりこれは食べてみないことにはわかりませんね。
じゃじゃ麺も味は想像していたのとは少し違ってたし。

なお横手焼きそばは「甘口ソースと柔らか麺に目玉焼き」、太田は「一店一味。同じ味は一つもない」だそうです。
どちらも全然知りませんでした。
いずれのご当地やきそばも、都内で食べることはなんとかできそうだが、専門店ではなく居酒屋のメニューのひとつとして出してるような感じだそうです。
これはやはり富士宮までロケに出かけねばなるまい。
あ、「ぷくちゃんと行く秋の富士宮焼きそばオフ会」っての、どうです?みなさん!(ツアコン?)

そのご当地焼きそば特集に続く「地元民なら誰でも知っている“ふるさとの味”」というページに、「ソース焼きそばにトマトソースをかける?」というタイトルで、新潟のイタリアン焼きそばが紹介されている。
自分はこのイタリアンを以前テレビで見て知ってはいたが、それでもやはり驚いた。
趣味の範囲でそうやって食べる人がいるかもしれないよねレベルの話ではなく、新潟界隈ではイタリアン焼きそばは定番のメニューとして通用しているらしい。
正直あんましうまそうとは思えないんですけど、どうなんでしょうか?

食に興味のない自分だけど、あたし的にご当地モノとしてちょっとだけみなさんに驚いてほしいなと思うのは、北海道の赤飯である。
ふつう赤飯というのは小豆と一緒にもち米を炊くからあの色になるのだが、北海道では米を炊く前に食紅で色を付けるのである。
なので色を忠実に表現するなら「ピンク飯」だ。
しかも入っている豆は小豆ではなく、甘納豆である。(この甘納豆は金時豆のことで、和菓子の甘納豆とは全く別モノです)
大きさは小豆の3倍くらいあるだろう。
こんな北海道赤飯を弁当に持っていくと、周りの人はまず驚くのだ。
色はピンク、しかもでかい甘納豆がごろごろ。
自分も妻も関東育ちだが、偶然にもお互い両親は北海道の人間で、赤飯を作るのに全く衝突もなく、今でもこのピンク飯を食っている。
味は豆のせいでだいぶ甘いんですけど、ごま塩をかけてちょうどいい感じになります。
興味のある方は北海道出身の人に作ってもらって下さい。

さて雑誌全体の感想。
記事の見出しが意外に高いテンションである。
「きみは本物の「揚州炒飯」を食べたか!」とか、「わが家の「たまご炒飯」を究めるぞ」「タイ式炒飯・カオパットも楽しいぞ」など、語りかけ口調はどこか「ビッグ・トゥモロウ」を思わせる。
まあ許容の範疇なんだが、あんましくどいと読むのがつらくなるだろうなぁ。

お料理雑誌なので写真が非常に重要だ。
当然それに精通したカメラマンや編集スタッフが起用されているのだろう。
構図やピントの合わせ方、明るさや立体感の出し方など、さすが食の雑誌だけあって実に見事である。
また書体やレイアウトなど、編集の基礎的な部分には全く隙がない。
しかも全ページオールカラー、コート紙。
こういう点は非常に評価したいところである。

ページ数は150程度なので、軽いし持ち歩くには便利だが、このボリュームで860円てのは適正なんだろうか?
値段のわりに物足りないという批判もあるかもしれない・・とこっちがやや不安。
まあプレジデント社だし、1000円以下の雑誌にグダグダ言う貧乏人はハナから相手にしてないとは思いますが。

雑誌につきものの広告だが、飲食関連ものが多いのは当然だが、広告ページ量はそれほど多くない気がする。
今月号の表4(裏表紙)はクルマの広告である。
少し意外です。

そんなわけで、初めて読んでみました「dancyu」。
思ったよりもずっと一般向けで、結構おもしろかったです。
塩ラーメン特集でも組まれたら、ぜひ買ってみようと思います。
(難しいかな・・・)

|

« 聴いてみた 第44回 ジェフ・ベック・グループ | トップページ | 聴いてない 第111回 アイアン・メイデン »

コメント

SYUNJIさん、こんばんは。

ぷくさんやルドルフさんを差し置いて、コメントを入れるのはまずいのではないかと、ビクビクしているJunkです。

>なにしろ成人男子としては驚くほど食が細い自分。

同じです。私、小学校の給食から地獄の日々でした。
成人しても、食べられないと言っているにもかかわらず、無理やり食べさせられ、何度辛い思いをしたことか。(涙)

おぉ、チャーハンがメイン特集だったのですね!
焼きそばも好きですが、チャーハンも大好きな私。
ちなみに、日本人のくせに普通に炊いた白いご飯が好きではないため、周りから某前首相のように“変人”と呼ばれています。だからチャーハンとかチキンライスとかが好きな私です。
書店へ買いに走ろうかと思ったものの、860円ですか..高すぎる。(思いっきり貧乏人)

北海道の赤飯って変わっているのですね。初めて知りました。でも美味しそうです。私、違和感なく食べられそうです。

>「ぷくちゃんと行く秋の富士宮焼きそばオフ会」っての、どうです?みなさん!(ツアコン?)

いいですね。今からお金積み立てます。

投稿: Junk | 2007.09.29 18:33

Junkさん、一番乗りコメント感謝です。

>同じです。私、小学校の給食から地獄の日々でした。

ええっ!!本当ですか?
それはそれは・・(泣きながら肩を抱き合う)
あたしゃ小学生の頃給食の完食なんて年に数えるほどでした・・
先生から「食べ終わるまで昼休みにさせない」とか言われたこともあったなぁ・・
これだけ食物アレルギーの子が多い今の時代、さすがに完食を無理強いする学校もないとは思いますが・・

チャーハンはあたしも好きですね。
高級中華料理店でも町の定食屋でも、あまりまずいチャーハンに出会ったことがありません。

>書店へ買いに走ろうかと思ったものの、860円ですか..高すぎる。

そうですねぇ・・この厚さで860円はやっぱり高いとは思います。(←よその版元には遠慮がない)

北海道赤飯、ぜひお試しを。
見た目は少し変かもしれませんが、結構いけますよ。
では富士宮でお会いしましょう!(本当か?)

投稿: SYUNJI | 2007.09.30 00:15

ギャル曽根の兄貴というほど大食漢な私、ぷくたろうです。(←詐称?)

さて、SYUNJIさん、そんなに食が細かったんですか?ではあの渋谷での融合(←気持ち悪い)、相当辛かったのでは?おまけに横ではフリー・ドリンク?と言わんばかりにアルコールが吸い込まれていく・・・(←お前だ!)

さてこの雑誌、私も「立ち読み」しました。北海道赤飯は驚くに値しません。というのは我が家でも小さい頃、赤飯はそうやって作っていました。食紅を使って・・・

あの小瓶が非常に不思議に思われました。

富士宮ツアーですか。ウエルカム(←大馬鹿)ただし、街は7時くらいで真っ暗になってしまいます。泊るところも皆無に等しいのですが・・・・

投稿: ぷくちゃん | 2007.09.30 07:21

おお、早速記事になってますね!
フットワーク軽いっすね、SYUNJIさん!

860円は知ってました。
今の内容なら、この値段では私は買いませんね(←人に薦めておいてサイテーな奴)。

たしか以前はご指摘のとおり「お料理作るぜコノヤロ」的な内容だったと記憶しているんですが。あるいは「オレのこだわりの味付けテクニックを見てみろ、べらんめぇ」的な内容だったかも(なんだそりゃ)。

富士宮ツアー面白そうですね!

投稿: ルドルフ | 2007.09.30 09:33

ギャルぷく先輩、コメントありがとうございます。

あの渋谷での合体(←してねえよ)、まああの程度の量がほぼ限度です。
ふつうの定食1人前程度までは食えますが、あの後うどん玉を投入したり(どこに?)、店を出て先輩から「仕上げにラーメン食おう」とか言われたらまずムリです。
自分の食事では基本的に「大盛り」「おかわり」「食べ放題」という理念が生じません。
バイキング料理では非常に慎重になります。
つい取りすぎてすぐに限界→下痢というコースをたどりますので・・

>というのは我が家でも小さい頃、赤飯はそうやって作っていました。食紅を使って・・・

おお、そうですか!
ネットで調べたら、青森でもこの風習?はかなり浸透しているそうですが、もしかして先輩のご家系に北海道・東北出身の方がいらしたのでは?

>富士宮ツアーですか。ウエルカム(←大馬鹿)

あたしは富士宮ならなんとか日帰り可能ですよ。
みんなで先輩一押しのお店で焼きそばガンガン食べましょう。(←小食のくせに)

投稿: SYUNJI | 2007.09.30 09:33

あ、ルドルフ編集長、これはこれは(もみ手)・・いつもお世話になっております。
今度の月刊誌連載、がんばりますんでよろしくお願いします。
知り合いに静岡のフリードリンクな大食漢ライターいますんで、次の取材はそいつに食わせて原稿料はあたしが・・

>フットワーク軽いっすね、SYUNJIさん!

いえ、ネタ枯れなので助かりました。(大本音)
記事書く目的でなければ、あたしも買わなかったと思います。

>あるいは「オレのこだわりの味付けテクニックを見てみろ、べらんめぇ」的な内容だったかも(なんだそりゃ)。

なるほど、あながち思っていたイメージはそうはずれてもなかったんかな。
でも「オレ様のお料理テクニック自慢」ばっかだとつまんないかもしれませんね。
あたしの経験上、腕自慢男の料理って、たいがい大してうまくないんだよなぁ・・
かつて会社の上司が社内でやった忘年会でトムヤムクンを振る舞い、まずくて泣きそうになったことがあります。

>富士宮ツアー面白そうですね!

あ、ご参加されます?
都内でも朝8時くらいに東京駅を出れば在来線でも昼前に富士宮入りできそうですよ。(もう時刻表を調べている)

投稿: SYUNJI | 2007.09.30 09:51

あのお・・・ルドルフさんって編集者なんですか?話題に取り残されている?

投稿: ぷくちゃん | 2007.09.30 10:46

ども、SYUNJIさん。

dancyuですか。結構コンビニやスーパー。勿論書店でも結構目につく雑誌ですね。
私は、読みたい・読まなきゃと思いつつ読んでない雑誌ですね。

ちょっと、値段は高めに感じますね、、さすがに、、。

それにしても、ますます富士宮焼きそば、食べたくなりますね。富士宮ツアー、、魅力ですね。

自分は、痩せの大食いなので、、食べることに関しては、味よりも量、、ですね。

後、東北地方は小豆の赤飯と金時豆の赤飯の地域が入り交じってます。
青森は津軽地方は金時豆、、。南部地方は小豆。
岩手は県北盛岡は小豆。自分が住んでる宮古は金時豆。
赤飯はどちらのタイプも美味しいと思います。
小豆の赤飯ならば、、ひたすら食べつづけることが出来る感じです。

そして、、トムヤンクン、、辛いという思いでしか無いですね、、。

投稿: だいまつ | 2007.09.30 21:15

だいまつ親分、コメント感謝です。

>それにしても、ますます富士宮焼きそば、食べたくなりますね。富士宮ツアー、、魅力ですね。

富士宮焼きそば、個人的には鰯の粉というのがポイントではないかと思っていますが、どうなんでしょうか。
とりあえず富士宮ツアーでぷく先輩おすすめの店で食べようと思います。もちろん先輩のおごりで・・(タカリ)

>後、東北地方は小豆の赤飯と金時豆の赤飯の地域が入り交じってます。

あ、やっぱりそうなんですか?
金時を使う赤飯の起源はどこなんでしょう?

トムヤムクン、上司の腕がマズかったのか、本来そういう味の料理だったのか、自分の舌がおかしいのか、未だにどれなのか確かめずにおります・・・

さて、ぷく先輩こんばんは。
ルドルフ編集長の件ですが・・
あたしはルドルフさんの知識や言動の端々に編集者のニオイを(勝手に)感じております。
これはおそらくきっと有名な出版社の一流雑誌編集長に違いない・・と思い、勝手に肩書きをつけさせていただきました。
もしかして本当に知ってる業界の人だったりしたらどうしよう・・と思うと眠れない日々です。

投稿: SYUNJI | 2007.09.30 23:03

> これはおそらくきっと有名な出版社の一流雑誌編集長に違いない・・

え゛、オレが有名な出版社の
一流雑誌編集長!?
・・・
イヤ~ん(←馬鹿)

真相は富士宮で(←すでに行く気になっている)

投稿: ルドルフ | 2007.10.01 20:55

おお、富士宮が話題の中心地に!きゃっほう!

ルドルフ、SYUNJI両名は日帰りで。そしてだいまつ、Junk両名は寂しい田貫湖の国民宿舎で私と前の日は飲んだくれ大会ということで。(←本当にその気)

まあ、一番の年上でありながら一番所得の低い私の住むところの近くで総会(←何の?)をやるのは当然の事。

それにブログ王でもあるし・・・でも富士宮焼きそば。おししいですが、2軒3軒のはしごは無理です・・・

投稿: ぷくちゃん | 2007.10.01 21:35

SYUNJIさん、こんばんは。
元大食いのモンスリーです。先日書いた、わんこそば102杯
食べた後、大食いは卒業しました。
私もお酒は弱いので、代わりに大食いになっていた面もあります。

さて、「dancyu」ですが、全国版の雑誌ですね。実は京阪神
向けにこんな雑誌があります。これは会社で購読しております。
http://www.amakara.net/home/
SYUNJIさんの記事を拝見する限り、構成がよく似ています。しかも
読むとどれも食べたくなります・・・・が、私はグルメにはほど遠い
ですので、わざわざ出かけていくということはありません。
ここがグルメと一般人の分かれ道でしょうか。

ところで、大阪-富士宮って、片道3時間半なんですねえ。
いけない距離ではないなあ・・・・中古CD屋とかブート屋は
ありますか?(こればっかり)

投稿: モンスリー | 2007.10.03 22:48

みなさん富士宮オフ会参加表明ありがとうございます。(後に引けない)
ぷく先輩引率のもと、うまい焼きそばにありつけるものと思いますので、隊列を乱さず団体行動して下さい。バナナはお菓子に入りません。

ルドルフ編集長、富士宮での取材、よろしくお願いします。
田貫湖の宿にコンパニオン手配しときますんで・・

というわけでぷく先輩、よろしくお願いします。

>2軒3軒のはしごは無理です・・・

え、先輩はギャルぷくと言われるほどの大食漢ではないのですか・・?
焼きそばだとさすがに飽きるかな?

モンスリーさん、コメント感謝です。
ご紹介の雑誌、確かにdancyuに似てますね。

>私はグルメにはほど遠いですので、わざわざ出かけていくということはありません。

あたしもそうだったんですけど、なぜかじゃじゃ麺は出かけていってしまいました。

>ところで、大阪-富士宮って、片道3時間半なんですねえ。

わざわざ新幹線使って富士宮入り・・
さすが師匠、セレブです。
ここまで来たらホントに富士宮オフ会、開催しないとおさまりがつきませんな。
あ、中古CDはたぶんぷく先輩が焼きそば店まで持ってきてくれますよ。(←店は迷惑だろうけどすんごく楽しそう)

投稿: SYUNJI | 2007.10.03 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/16605927

この記事へのトラックバック一覧です: 読んでみた 第18回 dancyu:

« 聴いてみた 第44回 ジェフ・ベック・グループ | トップページ | 聴いてない 第111回 アイアン・メイデン »