« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

読んでみた 第16回 広告批評

今回読んでみたのは「広告批評」。
コラムニスト天野祐吉が編集長の広告関連雑誌である。
が、実は読むのは初めてだ。

自分は普段広告とは縁のない仕事をしており、また特に広告に興味があるわけではない。
コピーライターやプランナーやアートディレクターやクリエイターやターミネーターやダイ・ハードといったカタカナ職業の人とのつながりも全くない。
なのでこの雑誌の存在自体は知っていたが、手にとったことは全くなかった。
今回も興味があって買ったわけではなく、たまたまその日荷物がやや重かったので、判型の小さい薄めの雑誌を探しただけである。

Hihyo

今回買ったのは7月号、590円。
なんとも半端な定価である。
版元はマドラ出版。
判型はA5、総ページ数は150弱である。

批評というからには、巷にあふれる広告についてほめたり批判したりする雑誌なのだろうか。
たぶんCMに登場する若いアイドル予備軍を注視したりはしていないだろう。
イメージ的には「広告という世界を語るわりにやや硬派で実直な雑誌」のようにとらえていたが、果たしてどうなのだろうか。

・・・・・読んでみた。

今月号の目次はこんな感じである。

○10年でWebはメディアになった
杉山恒太郎
 
○世界のWeb広告アーカイブス1998-2007
大岩直人
 
○そろそろ次のことを
福田敏也
 
○ウェブってスポーツに近いメディアだと思う
伊藤直樹
 
○デザイナーとして、ビジュアルは捨てたくない
カイブツ
 
○面白いコンテンツを作っていたいだけなのかも
中村洋基
 
○エンターテインメント精神でもてなしたい
朴正義
 
○ウェブの美をいかに伝えるか
中村勇吾
 
○Webは広告を解体するか
西垣通
 
○図版でわかるインターネット10年

特集としては「Web広告10年!」となっている。

いきなり内容でなくて体裁の話になるが、まず感じたのが4段組構成のページが多いことである。
2段組・3段組のページもあるが、その違いの意味はよくわからない。
同じようにWeb広告について語る文章なのに、2段だったり3段だったり4段だったり。
もちろんページごとに適度に変化があっていいのだが、書体や級数や色は同じで段組だけ違っていたりで、なぜ変えているのかが不明である。
インタビューや対話文は2段組かな?とも思ったが、そうでもないようだ。
文章中心の雑誌だが、この変化はやや抵抗がある。

特に4段組は正直読みづらい。
1段は14字だが、今回はWebを語る内容だからだろうか、横文字が多く、また改行がかなり少ないため、気になってしかたがなかった。
慣れていないせいもあるのだろうが、クリエイティブな方面の雑誌のわりにページデザインは案外甘いんだなぁ・・・と思ってしまいました。

今回のWeb広告特集には業界の様々な人が文章を寄せたりインタビューに答えたりしている。
が、当然文章表現においては個々にかなり違いがある。
それぞれの文章はさほど長くないが、テンポよく読める文章もあれば、何が言いたいのかよくわからない人もいて、同じ業界でもいろいろである。
こうして読み比べると、文章の優劣が驚くほどはっきりわかる。

特集の中で世界中の秀逸なWeb広告を写真で紹介しているが、当然写真ではWebに仕込まれたしかけは体感できないので、なんとなく不満な気持ちになる。
テレビCMやミュージック・ビデオの紹介ページもそうだが、これは紙媒体の限界であり、仕方がない話だ。
でも広告を批評する雑誌なんだから、そこはもう少し工夫してもいいのではないかと思う。
単にテレビ画面やWebページを切り取って紙面で紹介する方法自体、ちょっと古いんじゃないだろうか。
(じゃあどうしろと?と言われても、特にアイディアがあるわけではないのですけど)
今回Web広告が対象だったんで、よけいにそんなことを感じた。

「今月の新作CM50連発!」という、ちょっとアレなタイトルのコーナー。
「やはり」と言うべきか「あえて」なのかわからないけど、例のアップルジャパンの「こんにちはMacです」「こんにちはパソコンです」シリーズが紹介されている。
Mac側のホームムービー役には中谷美紀、パソコン側は同じ格好をした女装のおっさんが出てくる、あのCMである。
個人的には、あのCMシリーズは嫌いである。
なぜか?
それは自分が世にも珍しい「Mac挫折ユーザー」だからである。
まあそれを割り引いても、あのCMにはそれほどセンスがあるとは思えないのだ。
で、これを含めた50のCMが紹介されとるんだが、ホントにただ紹介してるだけで、ここには「批評」はない。
せっかくの「広告批評」なんだから、こういうコーナーこそ独自の視点で切り込んでいくべきではないか?と感じる。

センスと言えば、何かと話題の「Docomo2.0」。
今月号にはあのCMのクリエイティブディレクターによる文章もある。
CMが始まって少し日が経ってしまっているが、CMそのものはなんとなくドラマ仕立てでおもしろいとは思う。
ただし。
このディレクター氏は「今さら2.0かよ」という世間の評価を全く考えていないようである。
「2.0はウェブ2.0から来ているのでしょう」などとかなり不用意に書いちゃってるが、大丈夫なのだろうか。

巻頭には橋本治の連載がある。
今回は社会保険庁について語っている。
広告と何か関係あるんだろうかと思って読んでみたが、後半にやや強引に広告と関連づけたくだりがあっただけだった。
この人の連載はこの本の中では評判がいいらしいが、そもそも題材が絶望的なので読んでいて楽しくなかった。

感想。
特集がWeb広告だったこともあるが、今月号にはそれほどの鋭さは感じなかった。
やはりページデザインが読みづらいのが前に来てしまい、文章の中身に集中できなかったのが残念だ。
歴史も人気もあるクオリティの高い雑誌だと思っていたのだが、今回読んでみた範囲では、そこまでのものはなかったと思う。

体裁としては軽いし小さいし薄いので、持ち歩いて読むには適している。
対象が広告なのでほとんどのページがオールカラーであり、また紙質にもそれなりの配慮がある。
写真をきれいに読ませる(「見せる」、ではない)ため、反射のきついコート紙を避けているところはさすがである。
また書体は基本的にゴシックであり、これも紙質との組み合わせにおいてベストな選択だ。
ここまで配慮の効いた編集なだけに、4段組多用のレイアウトはやはり惜しいと思う。

この会社のサイトは非常に淡泊だ。
広告批評だけでやっている版元のようだが、他の出版社のようなハデな画像やフラッシュによる本の宣伝が全くない。
本誌の内容に相当自信があるからだろうか。
出版社のサイトなんてセールス的には大した効果なんかないんだろうが、この方針はちょっと驚きである。

というわけで、「広告批評」。
評価としてはちょっと微妙なところです。
段組というデザイン面で抵抗を感じてしまったのはかなり残念です。
また文章表現も人によって力量にかなり格差があり、内容になかなか没頭できなかったことも惜しい点でした。
今後興味のある内容で特集でも組まれれば、また読んでみようかと思いますが、そこでまたデザイン面で引っかかってしまうのではないかと、つまらないことを気にしています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

聴いてない 第109回 シンプリー・レッド

英国が生んだブルー・アイド・ソウルの大スター、赤毛のミック・ハックネル率いるシンプリー・レッド。
80年代ど真ん中にデビューしたバンドである。
なので70年代のアーチストに比べれば多少は知っていてもよさそうなのだが、ほとんど聴いてません。
バンド名の表記のゆれは「シンプリィ・レッド」「シンプリー・レッド」と多少はあるようだが、「シンプリー」が優勢のようなので、こちらに準拠します。

今回は普段にも増して(いつも?)スカな内容ですが、聴いている曲はたぶんこれだけ。
・Money's Too Tight (To Mention)
・Holding Back The Years
・If You Don't Know Me By Now(二人の絆)
・It's Only Love
従って聴いてない度は3なのだが、目的意識を持って聴いたことは一度もない。
いずれもエアチェックしてたらたまたま録音できちゃって、前後に好きな曲が入ってるんで消せなかった、ということで結果的にテープに残っただけである。
ねらったわけではないのに4曲もゲットできてるってことは、やはり当時はかなりFMやMTVでかかっていたのだろう。

バカな話で申し訳ないが、初めて聴いてから20年以上たっているのに、未だにこのバンドとどうしても区別がつかないのがシンプル・マインズである。
シンプルとシンプリーで混同するだけなのだが、CD屋でもすぐ近くに並んで置いてあるし、今後も死ぬまで正確に区別できないままの予感。
あとミック・ハックネルとフィッシュってのもよく間違えてしまうのだが・・
バンドのメンバーはもちろんミック以外は知らない。

こんな有様なので、バンドについて調べたら本当に知らないことだらけ。
・85年デビュー
・デビュー当時は白人黒人の混成バンド
・ブルー・アイド・ソウルに分類されることが多い
・「Money's Too Tight 」「If You Don't Know Me By Now」はどちらもオリジナルではなくカバー
・一時期屋敷豪太という日本人アーチストが加入していた
・鈴木賢司が参加している曲がある
・ミック・ハックネルはゲイを公言しているが、最近ようやく長年交際していた女性と結婚
・昔から女性とのつきあいは長続きしない(悪いヤツだ・・)
・その時の音づくりにおいて意見が合わなければ、長年の友人であろうとバンドから追い出す
・でも本国では大スター(本当か?)
・ミックの赤毛がバンド名の由来

どうです?
みなさん、ご存じの話ばかりでしょうか?
あたしは全然知りませんでした。
屋敷豪太という人はドラマーでサウンド・プロデューサーだそうだが、残念ながら全く知らない。

鈴木賢司は同世代のギタリストだが、世界に通用する実力を持っていることは知っている。
そんなにたくさん彼の音を聴いたわけではないが、洋楽アーチストのアルバムにゲスト参加してもおかしくない音を出す人である。
ただこの人はトークはいまいちなんだよなぁ・・
その昔FMラジオで番組を持っていて、たまに聴いたりしていたんだが、軽快にしゃべるわりにはノリが空回りしてるような感じで、聴いててイタい番組だった。

さてシンプリー・レッド。
聴いている範囲では、特に自分の興味を強く引くようなものはない。
ブルー・アイド・ソウルというジャンルがどのあたりを指すのか、あまりよくわかっていないが、少なくともシンプリー・レッドはハードロックではないだろうし、ポップスとも言われないようだ。
「If You Don't Know Me By Now」はいい曲だとは思うが、ミックのやや乾いたボーカルもそれほど好みではない。
類まれな歌唱力でぐいぐい引っ張る・・というタイプのシンガーでもないし。
だから聴いてこなかったんですけど。

日本での評価はどのくらいなのか、全く想像できない。
少なくとも自分の周りでは「シンプリー・レッドが好き」というヤツもいなかったと思うが、ネットで検索するとけっこう高い評価な記述がたくさんあったりするので、根強いファンがそれなりにいる、ということなんだろうか?
音楽はともかく、ミックの性格や交友関係は相当荒れたものがあるようで、このあたりにじわりと興味がわいて来ている。
未知なる彼らの魅力について、教えていただければ幸いです。

| | コメント (16) | トラックバック (3)

受かっていた MTVロック検定

先日受験しましたロック検定ですが、本日運営事務局より合格通知が届きました。
ロック検定3級を取得いたしました。
これもひとえにみなさまからのご指導のたまものでございます。
これまでのご指導に感謝いたしますとともに、1枚でも多くの名盤を聴けるよう精進いたしますので、よろしくお願い申しあげます。

さて合格すると何がもらえるのでしょうか。
認定証というものが送られてきました。
これです。

Nintei

ロックのわりにデザイン的にはヒネリがなく、正直地味です。
レコード盤を模しているようにも思えますが、どうせなら薪を背負ったおっさんとか牛とかドクロとか燃える飛行船とか虹とか地球とか、なんか入れてほしかったなぁ。

あたしゃ普通と原付の免許以外に資格の類を全く持たない、使えないサラリーマンですので、こういう免状をどうしておけばいいのかよくわからんのですけど。
額に入れて飾っておけばいいんでしょうか。

副賞としてロマン輝くピンバッヂが入っていました。

Budge

今日事務局からメールも届いたのですが、「できればバッチは普段から持ち歩いて、いろんな場でいろんな人に見せびらかしてください!」などとこちらの行動様式を完全に見透かすようなくだりに少々驚きました。
さっそくこんな写真撮って世界中に公開してるバカなあたし。

しかしながらピンバッヂとしては、光沢はありますが単色でこれも意外に地味です。
こういうのを集めたり身につけたりという習慣も全くないのですが、キャップにつけてロックフェスとかに出かけて野外でユラユラグルグルしてるうちに落としてなくしちゃったりする、そんな感じでしょうか。(いまいち意味不明)

大学の入試などと同様、自分の得点は書かれていません。
果たしてどのくらいとれたのか、順位としてはどのあたりだったのか、知りたい気もします。

さて今回は3級だったのですが、たぶん2級は受けることはないでしょう。
難易度がぐっとあがってますし、当然1級が設立されても受けることはないです。
聴いてない自慢のあたしが、2級以上をとったところで全く説得力がありませんし。
それ以前にまず合格しないっつうの。

というわけで、無事合格いたしましてほっとしております。
これでいちおうこのBLOGもなんとか閉鎖せずにすみそうです。
みなさまありがとうございました。
今後は履歴書の資格欄に堂々と「ロック検定3級」と書くことにします。

| | コメント (17) | トラックバック (1)

見ていない 第16回 夕やけニャンニャン

かつて日本中の青少年を熱狂させた番組は数多くあるが、その中でもやや異質と思える「夕やけニャンニャン」。
女子高校生を大量にテレビに出演させてアイドルとして歌わせた、いかにも80年代な、いかにもフジテレビな番組である。
しかしながら自分はほとんど見ていなかった。
当たり前だが、「夕やけロンちゃん」とは全く関係ない。

「夕やけニャンニャン」は1985年から1987年の2年間、関東では平日の夕方5時から放送された1時間番組である。
司会は曜日や時期で変わったようだが、主に片岡鶴太郎や稲川淳司や吉田照美が担当。
とんねるずの出世番組としても有名である。
もう20年以上前の番組なんですね・・・
2年前に「CRおニャン子クラブ」ってパチンコ台も出たそうですけど。

見ていなかった最大の理由は、放送時間にはほとんど家にいなかったためだ。
学校は夕方まで授業があったわけではないが、この時間はたいがい雀荘にいたので、見ていなかったのである。
流行っていることはもちろん知っていたし、よく見ていた友人もいたとは思うが、自分の周囲に限っては、それほどの騒ぎにはなっていなかった。

この番組の前身?として存在したのが「オールナイト・フジ」だ。
素人の女子大生をたくさん集め、学園祭のようなノリで進行した、東京ローカルの深夜番組である。
この企画に味をしめたフジテレビが、女子高校生に対象をスライドして、鶴太郎やとんねるずもそのまま使って全国ネットで夕方に始めたのが「夕やけニャンニャン」である。

実は「オールナイト・フジ」はよく見ていたほうだ。
深夜に女子大生が大勢登場して素人全開で番組を進行するという試み自体は、当時としては新鮮だったし、また当時の音楽や映画などの情報発信番組でもあったのだ。
あのマイケル・ジャクソンの「スリラー」のプロモ・ビデオを全編通して初めて見たのも「オールナイト・フジ」だった。

「オールナイト・フジ」に登場する女子大生は「オールナイターズ」と呼ばれ、会員番号や数人でユニットを結成するという企画も、そのまま「夕やけニャンニャン」に持ち込まれている。
ちょうど年齢がオールナイターズの女子大生らとほぼ同じだったため、多少親近感がわいたのは事実である。
友人の中にはオールナイターズのコンサートに行ったりアルバム買ったりしてたヤツもいました。
実はウチの大学にもオールナイターズの女の子(上級生)がいて、学内でもちょっとしたアイドル風情で歩いていたりした。
個人的には好みのタイプじゃなかったですけど。

ただこのテの番組は人気もそう長くは続かず、自分も土曜の夜中はバイトに出るようになったため、あまり見なくなった。
そのうちに「夕やけニャンニャン」が始まり、入れ替わるように「オールナイト・フジ」は終わったように記憶している。
「夕やけニャンニャン」にそれほど興味がわかなかったのは、前述のとおり家にいなかったこともあるが、すでに素人集団路線に飽きていた、というのもあると思う。
「おニャン子クラブ」という脱力な呼び名にも愛着はわかず、特に好みの女の子もいなかった。

あれから20年以上が過ぎ、芸能界に残っている元おニャン子も渡辺満里奈や国生さゆりなど数えるほどしかいない。
もともと出発点が素人であり、厳しい芸能界で生き残ること自体、他のアイドル志望者よりも困難な条件だったはずなので、当然の結果とも言えるだろう。
渡辺満里奈が役者ではなくバラエティタレントとして芸能活動を続けているのも、興味深い話だ。
とんねるずやビートたけしなどお笑いタレントにもまれて育ってきた人だが、特に笑いのセンスを磨くわけでもなく、歌や踊りを覚えて売ってきたわけでもない。
番組の中では芸人の個性を最大限に引き出すことに徹しており、そういう意味ではアタマのいいタレントだと思う。

というわけで、「夕やけニャンニャン」。
それにしてもつくづく軽薄な時代だったと、あらためて感じるのですが、こんな番組ならではとも言えるDVDボックスセットなどがちゃんと発売されているようです。
見ていないこと自体にはさほど後悔はないので、たぶんDVDも見ることはないでしょう。
バラエティ番組はやっぱりリアルタイムで楽しまないとダメなんでしょうね。
思い出に残るシーンや夢中になったおニャン子のことなど、元青少年のみなさまに語っていただけたらと思います。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »