« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

聴いてない 第102回 モトリー・クルー

聴いてないシリーズ、102回目も特に構えることもなく粛々とモトリー・クルー。
もちろん全然聴いてない。
自分の好みから言うとボーダーライン上にいるような印象である。

モトリー・クルー、全然聴いてないけどヴィンス・ニールとニッキー・シックス、トミー・リーの3人の名はかすかに知っている。
またアルバムジャケットも案外見覚えのある絵が多い。
「シアター・オブ・ペイン」は変なお面のジャケット、 「ドクター・フィールグッド」は薄緑のタイル地に鷲や蛇をあしらったデザインである。
このアルバムはたぶんすごく売れたはずなので、目にすることが多かったのだろう。
(目にしただけですけど)

聴いてる曲は「Girls,Girls,Girls」「Dr.Feelgood」の2曲だけだ。
従って聴いてない度は3。
あとはヴィンス・ニールのソロ「Can't Change Me」をなぜか聴いている。

2曲しか聴いてないが、この2曲は嫌いではない。
メタルの範疇にくくられる彼らだが、デフ・レパードをヤケクソにしたようなボーカルや、思ったよりヒネリのないサウンドは、自分の好みの枠ギリギリいっぱいという感じだ。
これ以上ハードになるとたぶん聴けない、というライン上にある。
ヴィンスのソロは「これがモトリーのボーカルの人なのか?」と思うくらい甘いメロディである。

聴いてる範囲でのサウンドと、聞いてる範囲でのメンバーの品行から来るイメージは、「いかにも素行の悪そうな人たちバンド」である。
実際メンバーは揃って薬物中毒にもなり、脱退やら衝突やらも繰り返されるという、かなりわかりやすいバンドのようだ。

ところが。
モトリー・クルー、イメージどおりのバンドだったはずなのだが、かなり意外な展開になっているようだ。
調べていくうちにわかった話なのだが・・・

かろうじて聴いている「Dr.Feelgood」、タイトルは「イイ気持ちにさせてくれるお医者さん=違法なドラッグの処方箋を書いてくれる医師」のことで、転じて麻薬密売人のことを指しているらしい。
「二つの顔を使い分けてうまいことやってる売人ジミー」を歌っているそうだ。
ただし決してドラッグ賛歌ではなく、最後は「売人ジミーは刑務所行きが決定」という内容で、曲を通して微妙にドラッグ反対のメッセージを送っているとのこと。
メンバーはこの曲を作る頃は真剣に麻薬からの脱却を目指していて、揃って薬物中毒リハビリ施設に入所したりしていたらしい。
なんだかちょいとイメージ変わりますね。
ドラッグ漬けで相当ヤバイ状態にまでなったことはうっすら知ってはいたけど、今では立派に立ち直ったということでしょうか。

ちょうどヴィンスが脱退してメンバー間の仲がものすごく険悪な時期に、月刊炎でモトリー・クルーの記事を読んだ。
記事では確かヴィンスとバンドに残ったメンバー双方にインタビューしていて、互いの悪口を言い合っていたような内容だったと思う。
この後ヴィンスはバンドに復帰・脱退を繰り返していたのだが、ここ数年は驚くほど安定しているようだ。
2000年以降もけっこう来日してて、まめにコンサートもしており、昨年は特に好評で追加公演もあったらしい。
昨年は他にもあの「Live8」や、ハリケーン「カトリーナ」被害者救済チャリティーテレビ番組にも出演している。
なんだかすんごくいい人たちだ。

もともと聴いてないので当然だが、こんな話は全然知らなかった。
まめに来日してるってことは、過去の薬物中毒歴についても日本政府(入管?)は特におとがめもしてないってことですよね。
まあイザコザマニアのあたしとしては、更正してもらうとなんとなく魅力も薄まるような気もするのですが(他人事)、せっかくなので楽曲も少し勉強してみようかなどと考えるようになりました。
このトシであらためてモトリー・クルーとはかなりハードな学習になりそうですが、まずはアルバム「Dr.Feelgood」から聴いてみようかと思っています。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

聴いてみた 第36回 ローリング・ストーンズ

BLOGを始めて以来ストーンズを聴いてないことにずうっと後ろめたさを感じていたのだが、先日のエントリで世界中にその事実を公式発表してしまったあたくし。
まあ後ろめたいのはストーンズに限りませんが。
このままではあたしのBLOGが炎上してしまう・・・との恐怖でいっぱいになったので、取り急ぎ聴いてみることにした。(小心者)

さて、なんせ相手は世界のストーンズである。
図書館にきっとCDもたくさんあってよりどりみどりだろう。
そう思って図書館に出向いたのだが、これがまた驚くほど少ない。
というか誰かが借りてる最中という様子でもなく、そもそもはじめからあまり置いてない感じだ。
ヒマそうにしてる職員に聞いてみようかとも思ったが、つれない返事が返ってきたらどうしよう・・・などとつまんないことを考えてるうちに面倒になってきた。
でもストーンズだぞ?聴かないのかオマエらは?(←オマエが一番聴いてねえだろ)

とりあえず棚にあったのは「Black And Blue」と「Made Of The Shade」の2枚だけ。
収録曲を見ると「Made Of The Shade」には少し知ってる曲があるようだ。
特にそれ以上深く考えず「Made Of The Shade」を借りた。

Shade

ところがおうちに帰って調べたら、これは75年発表のベスト盤であることが判明。
ありゃ・・・またやっちまった。
多少後悔もしたが、どうせド素人なので練習用としてはむしろいいかもしれない・・・と思い直し、そのまま聴いてみることにした。

毎回初めて聴くアーチストには不安がつきまとうが、ストーンズには過去に1度苦手意識を感じた前科がある。
果たしてあたしは立派なストーンズのリスナーとして更正できるのでしょうか。

・・・・・聴いてみた。

1. Brown Sugar
あまりにも有名だが、実はサビのところしか聴いてなかった曲。
思ったよりテンポがゆるい。
もっとアップテンポでスピードのある曲だと思っていたが、通しで聴くと案外そうでもない。

2. Tumbling Dice
これは初めて聴く曲である。
タイトルからイメージしていた雰囲気とはかなり違う。
「ころがせ」という命令形から、勝手にハードなサウンドを思い浮かべていたのだが、女性コーラスもあり、ゴスペルのような感じもする。
この邦題を「サイをふれ」などとしなかった日本のレコード会社は偉いと思う。

3. Happy
この曲も初めて聴く。
イントロのギターがなかなかイイ感じだ。
ここまでのどの曲もそうだが、楽しそうなサウンドが続く。

4. Dance Little Sister
ここでようやく太いサウンドでアップテンポの曲が登場。
ミックの「だ~ぃぁんす!」というかけ声が何度も繰り返されるが、不思議と飽きません。

5. Wild Horses
一転アコースティックなフォーク調スローバラード。
ミックのボーカルはやはり楽器の美しさにはついていけてないし、コーラスもどこか散漫なのだが、それも含めて味わい深い一曲である。

6. Angie
これも名曲と言われていることだけは知っているが、きちんと聴くのは初めてである。
アコースティックギターだけでなくピアノやストリングスなど、けっこういろいろ楽器を使っている。
評判どおりものすごく切ないサウンドだ。
あまりに切なさ過ぎてかなりベタな曲にもとらえられるかもしれないが、これは確かに名曲である。
このサウンドはビートルズは絶対に作らないのではないかと思う。

7. Bitch
これもストーンズのイメージそのままの音がする。
その後のリズム&ブルースを基調としたロックンロールの教科書みたいな音だ。
これを目指して世界中の若者が続いていることがよくわかる。
ただ素人のたわごとで申し訳ないが、サウンドから連想したのは「港のヨーコ・ヨコハマヨコスカ」だった。

8. It's Only Rock'n Roll (But I Like It)
タイトルが実にカッコイイ・・・のだが、またしてもちょっとイメージしていたのとは違ったサウンドだ。
でも聴いてるウチにすぐ慣れる。
「たかがロックンロールじゃねえか!でもよう、オレはこいつが好きなのさ」という、粗野だけど愛情あふれる言い回し。
こういうところにファンは熱狂するんだろうね。

9. Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker)
この曲が一番ストーンズらしい曲だと思う。
適度に太い音、叫ぶミックのボーカル。
好きかどうかは別にして、今までストーンズに対して抱いていたイメージはだいたいこんな感じの曲だ。

10. Rip This Joint
ロカビリー調のゴキゲン(死語)なナンバー。
こういう曲のほうが自分は好きだ。
どうせやるならハデなほうが楽しい。

硬軟とりまぜた10曲が次々に登場し、あっという間に終わる。
この選曲が結構好きだと言うファンも多いかもしれないし、ベタすぎておもしろくないという評価もあるかもしれない。
いずれもミック・テイラー在籍時の曲とのことで、それぞれの楽曲としての完成度は全般に高く評価されているらしいが、聴いてみてもそう感じる。

やはり一番印象に残るのは「悲しみのアンジー」である。
ロックバンドの奏でるバラードは、普段ハードな音や歌ばかりをやってるからこそ、余計に落差があってより心にしみるという曲が多いが、この曲は想像以上だった。
うまく表現できないが、なんというか「カラダごともって行かれるようなサウンド」なのだ。
「座布団に座っている自分を、4人くらいの男が座布団の四隅を持って自分ごと5mくらい移動した」ような感覚。
「あれ?今オレのカラダ浮いてない?なんか勝手に床が動いてない?」・・・と思わずあたりを見回してしまうような、そんな風に思うことってありませんか?(ねえか・・)
自分は音楽や映画や文学で名曲とか名作とかにふれると、こういう感覚になることが多いのだ。
平たく言うと「感動」ってことなんでしょうけど。

V.J.若の指導によれば、ストーンズは「流れに身を任せる」ように聴くバンドとのこと。
楽器や演奏の細かな部分を注意深く聴くのではなく、バンド全体が作り出すグルーヴ感を楽しむ、というのが正しきストーンズ鑑賞のようです。
今回そこまで達したというわけではないが、ひととおり聴いてみて少しだけわかったような気はする。

まー今更ですけど、ストーンズ、やっぱスゴイです。
ものすごいチカラのあるバンド。(なんつー陳腐な表現・・)
世界中を今もなお感動させる理由が、ほんのわずかですが感じとれた気がします。
このアルバムの曲全部が気に入ったわけではないけど、その昔感じたような苦手意識は、今回はあまりわいてきませんでした。
次回はとりあえず多くの方からご指示いただいた「レット・イット・ブリード」「ブラック&ブルー」「メインストリートのならず者」あたりを聴いてみようと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

見ていない 第11回 踊る大捜査線

テレビが好きな自分だが、ここ数年見ているジャンルが非常に限定されていることに気づいた。
見ている主なジャンルは、バラエティ・報道・格闘技である。
あまりにも偏った傾向だが、現実にはこんなもんだ。
一方で全然見なくなったジャンルといえば、ドラマ・アニメ・映画・歌番組である。
アニメや映画はもともと見ないのだが、最近はドラマを本当に見なくなった。
見られる時間帯に家にいないし、録画までして追いかける情熱はもうない。
ということで、いつ見ても楽しいバラエティや格闘技になってしまうのである。
連載を読まず読み切り漫画ばかり読んでいるのに似ている。

そんなわけで世間ではもんのすごい人気を誇る名作ドラマが連綿と続いているにも関わらず、全く見ていないという状態になる。
そんな名作ドラマのひとつ、「踊る大捜査線」。
一度も見たことがありません。
シリーズ以外にもスペシャル版や映画まで作られ、大ヒットしていることは知っているが、全く見たことがない。

「踊る大捜査線」、知っているのはフジテレビ系番組で湾岸署が舞台であること、織田裕二が主演、柳葉俊郎やいかりや長介や北村総一郎が出演していること、「事件は会議室で起きてるんじゃない」という有名なセリフがあることくらいである。
フジテレビ見てるとしょっちゅう番組宣伝してるので、見ていなくてもこれくらいはわかるのだ。

初回放送は1997年1月。
10年も前に始まった番組ときいてちょっと驚きである。
「最近盛り上がってんな」くらいにしか思っていなかったのだが、案外歴史のある番組だ。
もっとも10年間連続して放送していたわけではないようだが。

主演の織田裕二と言えば世界陸上のムダに熱い実況が思い浮かぶところだが、そんなに人気あるヒトなのか(失礼)?と不思議に思っていた。
そこで少しネットで調べてみたら、このドラマの人気の秘密は単に織田裕二だけではなさそうなことがわかってきた。

刑事が主役だから刑事ドラマということになるはずだが、昭和の刑事ドラマとはかなり異なる作りらしい。
主人公は組織と捜査の間で悩むサラリーマンとして描かれていて、設定は相当リアルな「警察モノ」ドラマだそうだ。
発砲シーンや殉職も少なく、かと言って推理モノでもない、警察で働く人たちの「労働者ドラマ」ということのようだ。(あってます?)
刑事ドラマと言えばどうしても「太陽にほえろ!」「西部警察」といった昭和テイストな番組しかイメージできないのだが、それは自分が古い人間だからでしょう。

名作映画やアニメの細かいディテールを採り入れてみたりして、けっこう凝った作りになっているらしい。
黒沢映画や「ダイ・ハード」「エヴァンゲリオン」などの映画にも影響を受けた演出が施され、わかるヒトにはわかるという話になっているそうだ。
「織田裕二をフィーチャーした刑事ドラマ」という勝手なイメージは誤りのようです。
でも扱っているのは強盗殺人とか放火殺人未遂とかのハードな犯罪らしいし、映画の副題だって「レインボーブリッジを封鎖せよ!」なんて大げさな言葉が使われている。
このあたりはやはり刑事ドラマのツカミとして避けられなかったんですかね。
扱う事件が結婚詐欺ばっかりとか副題が「平井大橋を封鎖せよ!」とかだったら、やっぱ見てもらえないもんなぁ。

そんなわけで「踊る大捜査線」。
テレビ版も映画もDVDで発売されているようなので、見てみるのは比較的簡単なようだ。
みなさまなりの見所など教えていただければと思います。(できれば織田裕二以外で・・・)
あ、あと基本的な質問ですが、なぜ「踊る」なんでしょうか?

| | コメント (17) | トラックバック (0)

聴いてない 第101回 サバイバー

新年あけましておめでとうございます。
聴いてないシリーズ、本当は100回で終了し、ネタ切れとともにさりげなくBLOGも引退・・・などと考えていたのですが、もう少し続けてみます。
装いは何も変わっていませんが101回目を始めたいと思います。

今回採り上げるのはサバイバー。
誰しもが知りうる超有名バンド、というわけでもないだろうが、誰も聴いてねえよそんなバンド、でもないだろう。
非常に微妙な位置づけのバンドですが、あたくしとしてはやはり聴いてるとは言えません。

アルバム「バイタル・サインズ」を聴いたことがあるが、現在その音源は手元にはない。
確か90分テープのA面に録音したはずなのだが、たぶんレコード針が古くて音がいまいちだったので、他の音を上書きしたと思う。
ちなみにB面にはエア・サプライを録音し、同じように他の音を上書き。(後悔)
あとは数年前にベスト盤CDを中古で購入している。
鑑賞履歴は以上なので、聴いてない度は4ということになる。

サバイバーの名を一躍有名にしたのは「Eye Of The Tiger」だろう。
「ロッキーIII」のテーマソングとして大ヒットしたこの曲で、自分もサバイバーを知ったクチである。
その後「I Can't Hold Back」「High On You」「The Search Is Over」などのヒット曲をエアチェックし、気に入ったのでアルバム「バイタル・サインズ」を聴いた。
続く86年には「Is This Love」「In Good Faith」「Burning Heart」などのシングルをエアチェック。
「Burning Heart」は「ロッキーIV」のテーマソングだ。
だがこの時のアルバム「When Seconds Count」は聴いていない。
アプローチとしてはそこまでで、昔のアルバムを聴いたりその後の彼らを追ったりはしていない。

・・・追ってはいないのだが、実はこれらのシングルは結構好きな曲ばかりだ。
(なのでベスト盤を買いました)
聴いていないくせに絶賛するのもナンだけど、サバイバーは日本でもう少し人気が出てもおかしくなかったと思う。
「I Can't Hold Back」「The Search Is Over」「In Good Faith」は80年代の名曲だと思っている。
しかしながら当時の雑誌などでもサバイバーの扱いはいまいち地味だった。
スティクス、ジャーニー、フォリナー、REOスピードワゴンなどと同様「産業ロック」のカテゴリーで語られることも多かったが、メディアへの露出は上記の各バンドに比べ多少低かったのではないだろうか。

試しにGoogleで「サバイバー」を検索しても、このバンドの情報にはなかなかヒットしない。
出てくるのはアメリカのテレビ番組や団体名ばかりで、バンドのサバイバーをうまく検索するには「サバイバー 洋楽」などと条件を付けないとダメなのである。

自分にしては珍しく(そうでもないけど)、メンバーの名前を全く知らない。
知っているのは「Eye Of The Tiger」のヒットの後でボーカルが変わったことくらいである。
調べてみたら最初のボーカルはデイヴ・ビックラーという人で、「バイタル・サインズ」ではジミ・ジェイミソンにボーカルが変わっているとのこと。
みんな初めて聞いた名前だ・・・しかも「ジェイソン」じゃなくて「ジェイミソン」だそうです。
タイプミスかとも思ったが、英語表記もJamisonなのでジェイミソンさんが正解のようだ。
ボーカル交代の話は、当時友人(女性)から聞いたのだが、彼女の評価ではジミさんは「前のボーカルに比べて顔がヘン」だった・・・

90年代に入ると、そのジミ・ジェイミソンとオリジナルメンバーがそれぞれサバイバーを名乗って活動しようとして、バンド名使用権をめぐる訴訟にまで発展。
その後ジミさんが勝訴して「ジミ・ジェイミソンズ・サバイバー」という、なんだかリッチー・ブラックモアのやってたようなバンド名でアルバムを出したらしい。
どれも全部初めて聞く話である。
こんなに楽しそうな話なのに、今まで知らなかったのはなんとなくくやしい。(変?)
やはり雑誌に採り上げられる機会も少なく、個々のメンバーのキャラクターも日本にはほとんど伝わっていなかったのではないかと思う。

そんなわけで、80年代の宝の山に埋もれたような状態のサバイバー。
みなさまの評価がいったいどうなってるのか、全然想像がつきませんが、「When Seconds Count」は機会があれば聴いてみたいと思っています。

| | コメント (13) | トラックバック (2)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »