« 聴いてみた 第35回 ザ・フー その2 | トップページ | 聴いてない 第101回 サバイバー »

2006年の終わりに

三流ブロガーのSYUNJIです。
BLOGを始めて丸3年が過ぎた。
すでにエントリは150回を超え、ありがたいことに今年もほぼ全てのエントリにコメントがついた。
しかしながら今年になって自分は特に何かが変わったわけでもなく、相変わらず生涯永久初心者リスナーのままなのだが、今年起こったBLOG関連のできごとの中で印象に残るものをあげてみようと思う。
・・・って文章の形が昨年末のエントリとほぼ同じなんですけど。

1.モンスリー氏との会見
このBLOGの常連コメンテーターであり、自分にとってのプログレ指導者であるモンスリー氏に、昨年に引き続いて今年もお会いすることができました。
今回も実に楽しかったです。
よくよく考えると互いの音楽趣味は相当違うはずなのですが、やはりロックに詳しい人と実際に会って話すことは楽しいもんですね。
次回はぜひ西新宿でお会いしたいです。

2.「聴いてない」シリーズ100回突破
「聴いてない」シリーズが先日とうとう100回を超えた。
始めた頃はまさか3年も100回も続くとは全く思っておらず、「あーこれもそういえば聴いてないな」と思って積み上げていったら100回を超えてしまった、という状態である。
で、相変わらず不勉強な状態は継続中なのですが、BLOGを通じて多くの方と交流できたことは、自分にとって財産でもあります。
BLOGをやっていなければおそらく一生聴くはずもなかったプログレや超名盤に出会えたことも、非常に貴重な体験となっています。
多くの方からたくさんのアドバイスや情報をいただいたことはとてもありがたいと思っています。

3.「見ていない」シリーズ開始
このシリーズも「聴いてない」シリーズとノリは同じである。
始めた理由は実は「聴いてない」シリーズがネタ枯れ気味になってきたというのが正直なところでもある。
まだそれほど回を重ねていないが、自分と同じように有名な番組を実は「見ていない」方が意外に多いという気がする。
逆に「できるかな」を見ていなかった人がほとんどいない、ということがわかった時はかなり疎外感を感じてしまい、しばらくは仕事にも身が入らなかった。(ウソです)
またテレビとはあまり関係ないが、自分のBLOGにコメントを寄せていただいている方の中に「弟持ち姉」が多いことが、このシリーズを始めてみてわかった。
自分自身「姉持ち弟」であり、実生活でも周囲に「弟持ち姉」がとても多いのだが、なぜBLOGでもそうなるのかはナゾである。

4.「読んでみた」シリーズ開始
これは他のシリーズとはややアプローチが異なり、事後報告企画である。
これもネタ枯れの苦しい事情から捻出した企画なのだが、始めてみると意外に楽しい。
隅々まで雑誌を読んでみるといろいろな発見がある。
一応同業者という身分ではあるが、雑誌なんて作ったこともないので感覚的には一般の人と変わらない。
読み応えのある雑誌にはなかなかたどり着かないが、しばらくは続けようと思っている。

5.紙ジャケを買った
みなさまにとっては「素人が何をいまさら」な話だが、このトシで今年生まれて初めて紙ジャケというものを買ってみた。
そもそもCD自体あまり買うことがないのだが、世の中に蔓延する紙ジャケブームに抗いきれず、断腸の思いで代金を支払ったのである。(大ウソ)
実は単に安かっただけだったんですけど。
あ、買ったのはツェッペリンの「プレゼンス」です。
買った時はさすがに多少興奮しました。
しかし、紙ジャケだからといってむやみに音がいいわけでもなく、他のCDとサイズが違うんでうまく箱に収まらないし、正直どこに価値があるのか未だによくわかっていない。
・・・などと悠長に構えていたのだが、昨日渋谷の中古CD屋に行ったら、紙ジャケの中古が驚くほどたくさんおいてあった。
自分が全然手を出さないうちに世の中ではすでにこんなにたくさん中古になっとる・・・
世間では予約までして紙ジャケを購入し(西城秀樹)、エルメスのガウンを着てケリーバッグをぶらぶらさせてる人もいるというのに・・・
というデタラメな情報にも若干惑わされてはいるのだが、それでもたぶん今後もふつうに安くなければ買うことはないような気がする。

そんなわけで3年も続いてしまった愚かなBLOGですが、今年一年情報やアドバイスをくださった方々、本当にありがとうございました。
2007年もよろしくお願いいたします。
みなさま良いお年を。

|

« 聴いてみた 第35回 ザ・フー その2 | トップページ | 聴いてない 第101回 サバイバー »

コメント

SYUNJIさん、こんばんは。

毎回楽しく記事を拝見させてもらっているのに、コメントはスポット参戦?ばかりですみません。
それぞれのシリーズで、毎回勉強させてもらっています。本当に感謝しています。

こんなJunkですが、来年もよろしくお願いいたします。

良いお年を。

投稿: Junk | 2006.12.30 21:19

SYUNJI兄さん、こんばんは。先日はザッパをどうもありがとー!あまりにも嬉しかったのでケータイの待受にして日々の活力としています。
それよか三流ブロガーってなんスか!全くもう。それは私だっつーの(笑)。「弟持ち姉」の私としてはコメントは少ないけれど(だって私も聴いてない…)いつも気になって覗かせてもらっているんですから~。いやはや、いつも勉強させてもらてますよ、ホント。来年は私も兄さんの記事を参考にもうちょっとロックよりに、そして相変わらずエイチーズな道(来年はホール&オーツがクる予感!)を踏みしめながら、そしてザッパ道を更にディープに…生きていてもいいですか(中島みゆき)。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。どうぞよいお年を。

投稿: | 2006.12.30 21:52

Junkさん、コメントありがとうございます。
こちらこそJunkさんのBLOGにはたまにしかコメントできずすみません。
JunkさんのBLOGで採り上げられる曲、偶然にも自分が好きだったり(しかもネット上で紹介されることがあまりないような隠れた名曲系統)、つい最近聴いたばかりだったりで驚くことが多いです。
これからも勝手に?サプライズを期待しています。
来年もよろしくお願いします。

投稿: SYUNJI | 2006.12.30 21:55

祥お嬢、コメント感謝です。
いやあマレーシア暑くってさぁ(←ずうっと行ったままかよ)

>あまりにも嬉しかったのでケータイの待受にして日々の活力としています。

ザッパが待ち受けって、お嬢・・(チカラなく笑)
アンドリューもそうだが、もしかしてお嬢、目の大きい男がお好み??

ホール&オーツはそぉんなにファンではないのですが、つい3日ほど前に昔FMでエアチェックしたライブを聴いたばっかです。
結局80年代に頼ってしまうあたし。
でも誰も「エア・サプライが来る予感」と言わないところが寂しいですけど。(ぽそ。石を蹴る)
・・・失礼しました。
こちらこそ来年もよろしくお願いします。お嬢もよいお年を。

投稿: SYUNJI | 2006.12.30 22:31

SYUNJIさん、こんにちは。私も今年最後の記事を明日アップ、また新年の記事を元旦早朝にアップするので両方とも必ずコメント入れるように!(←義務)

>世間では予約までして紙ジャケを購入し(西城秀樹)、エルメスのガウンを着てケリーバッグをぶらぶらさせてる人もいるというのに・・・

エルメスではバーキンをぶらぶらさせています。(大嘘)でもヴィトンは多分20個近くバッグ持っています。(←意外な真実)ヴィトン所有者の中で最も所得の低いぷくちゃんといいます。

来年も良い年でありますように、お祈りしています。

投稿: ぷくちゃん | 2006.12.30 23:21

ルドルフです。SYUNJIさんところでは、コメンテーターとしては末席の部類に属する私でしょうが、この1年間楽しませてもらいました。来年もひとつよろしくお願いします。

PS.「聴いてない バングルス」に何回かTBしようとしましたが失敗しました。もしかして、保留設定?

投稿: ルドルフ | 2006.12.31 06:30

ぷく先輩、強要コメント感謝です。
先ほどお宅におじゃましたところ、奥様から「あなたがJUNJIさん?」と言われ、「違います」と言うのも面倒なので「いえ、Junkiです」と言ってお歳暮をお渡ししてきました。

>ヴィトンは多分20個近くバッグ持っています。(←意外な真実)

ということは、新年最初のエントリは「オレのバッグ自慢選手権!」ですかね。
あたしゃ昔マジソン・スクエア・ガーデンのニセモノで通学していました・・
今年も多くのご指導を賜り感謝しております。
来年もよろしくお願いします。

投稿: SYUNJI | 2006.12.31 11:31

ルドルフさん、コメント感謝です。
末席なんてとんでもない、「読んでみた 天文ガイド」では情報ありがとうございました。
実はルドルフさんとは年齢が近いので、聴いていた音楽にもきっと共通のものが多いのだろうなと勝手に思っています。
来年もよろしくお願いいたします。

バングルス、TBに特に制限はかけていないのですが・・
ココログっていまいち信用できんサービスだよなぁ。(ぷくちゃんうなずく)
こちらからとりあえずTBしてみました。
ご不便をおかけしてすみません。

投稿: SYUNJI | 2006.12.31 11:39

やっとTBできました。再度、ルドルフです。
Pの付く人のEで始まるブログ(←ばればれ)からやってまいりました。
私のブログが上手く表示されないとか! それは由々しき事態。
実は私のブログデザインは、ギンギンにカスタマイズしているので、もしかするとOSやブラウザとの相性が悪いのかも・・・新年早々お手数ですが、SYUNJIさんのWeb環境(OSとブラウザの各バージョン)を教えていただけないでしょうか。どこが悪いのか調べて(そして修正)みたいので。
よろしくお願いします。

投稿: ルドルフ | 2007.01.01 01:09

カナです。年が明けちゃいました。
旧年中は大変お世話になりました。

去年は個人的には書店の店長からDVDのバイヤーへと、職種がガラリと変わった激動の1年でした。書店の現場から離れて版元さんとの繋がりも薄くなってしまいましたが、今年もどうかひとつよろしくお願いいたします。

投稿: カナ | 2007.01.01 03:43

ルドルフさん、あけましておめでとうございます。
すいません、よそのBLOGでさんざんグチってしまいまして。
ルドルフさんのBLOGがうまく表示されないのはFire Foxです。
おとといパソコンのOS(XpのHome Edition2002)を再インストールし、直後にFire Fox2.0.0.1をダウンロードしましたが、ルドルフさんBLOGは背景のグレーと文字色(黒)が重なり、非常に読みづらいです。
数ヶ月前からFire Foxを使っていて、何度か最新版に変えましたが、改善されませんでした。
それ以外にもいろいろ不具合があってOSも安定しないので、Fire Foxはやむを得ず削除しました。(でもたぶんFore Foxのせいではない)
今はIE6.02を使っています。
IEではルドルフさんBLOGは背景は無色で表示されています。
こんな情報でよいでしょうか?
今年もよろしくお願いいたします。

投稿: SYUNJI | 2007.01.01 10:30

カナさん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
DVDバイヤーのお仕事は順調でしょうか?

昨年はよその版元の悪口ばかりこぼしてしまい、すいませんでした。
この年末もある書店様のために婦人雑誌の新年号を社員人数分購入・・
あれ重いし付録とかおまけとかやたらついててかさばるしで、家にもって帰るのもイヤでした。(こんなこと書いていいんだろうか)

・・・今年は他の版元からねたまれるようなベストセラーをぼんぼん出したいと妄想しています。
今年もよろしくお願いします。

投稿: SYUNJI | 2007.01.01 10:43

ども、あけましておめでとうございます。

自分は読んでみたシリーズが毎回楽しみになっています。
それが機会で、書店に行っても雑誌コーナーを見る機会が増えました。

で、、いま本当に様々な雑誌が発売されていますね。
こんなに種類が増え、多様化していますがこれらで残るのはどれほどか、、と思います。

でも、ネットと雑誌や書籍では役割も違うはず。
そんな中で、出版物ならではの面白さを体現した雑誌が出てきてほしいですね。

投稿: だいまつ | 2007.01.01 17:14

だいまつ親分、あけましておめでとうございます。
曙の試合はつまんなかったです。

>自分は読んでみたシリーズが毎回楽しみになっています。

ありがとうございます。
だいまつ親分が反応してくれるんで励みにもなっています。

>出版物ならではの面白さを体現した雑誌が出てきてほしいですね。

ほんとにその通りですね。
出版社にいながら雑誌を買わない不届き者でしたが、あらためて書店で見てみると「これどう考えても採算とれてないよなぁ」という弱い雑誌がそこかしこに・・
専門誌や趣味の雑誌はまだしも、総合誌や文芸誌がかなり苦しいですね。
メディアミックスという言葉がありますが、どの雑誌もあまりネットとの連携はうまくいっていないと思います。

今年もよろしくお願いします。

投稿: SYUNJI | 2007.01.01 18:53

明けましておめでとうございます。
「聴いてない」シリーズ100回、凄いですね。継続は力なりという言葉がありますが、4年目突入おめでとうございます。私も細々と続けて行こうと思ってます(周囲に言えない事もあるので、ネットなら自分を出せて結構ハケ口にもなってます)。
「ラピタ」を手に取った事も無くて今度購入予定です。級数段組チェックしますよー 元電算写植のDTP兼印刷屋ですから。全部揃ってると、原稿用紙何枚書けば良いか文字数計算しやすくなりますよね。

ツェッペリンの「プレゼンス」しか手元に残ってません、しかもアナログ。今年こそBOXを買いたいと思ってます。ブランド物に全く興味なくて、私もマジソン・スクエア・ガーデンのニセモノで通学していました。
今年もよろしくお願いします。

投稿: hello nico | 2007.01.02 03:54

hello nicoさん、あけましておめでとうございます。
nicoさんとは「ココログ同期生」だと勝手に思ってるのですが、今後もぜひ続けていただければと思います。

そうだ、「ゲーテ」の書体がいったいなんなのか、おわかりでしたら教えていただければと思います。
なんかちょっと変わった書体なんですよ。(特にひらがな)

>私もマジソン・スクエア・ガーデンのニセモノで通学していました。

おお!そうですか。
あの時代には共通のアイテムだったんですね。
というかホンモノを持っていたヤツはあまりいなかったような・・

今年もこんな話題ばかりですが、よろしくお願いします。

投稿: SYUNJI | 2007.01.02 10:21

しゅんちゃん、今日シースーでもどう??

別のところに突っ込みを入れたいのですが我慢しているぷくちゃんといいます。(←熱血漢?)

さてマディソンバッグ。
http://www.bellne.com/pr/501578902/
見るとすごい事になっています。桁が一つ違うような・・・

モノの本によると鞄のメーカー、エースさんというのが本家本元の製造業者だったようですが・・・・これの偽者を所有していたSYUNJIさん、涙が出そうです。

投稿: ぷくちゃん | 2007.01.03 13:07

ぷーさん、今度のケーローにはレイキーなルーギャを調達してくれるって話だったんじゃ(ぶるるるる)あ、すいませんケータイ鳴ってる。(←最低なイメージ)
突っ込みには及びません。
たとえ人様の趣味がどんなにぶっさいくだろうと、一応尊重(場合により見ないフリ)するのがぷく組のオキテ。

それはそうと見ましたよ、マジソン。
あたしらが持ち歩いてたのはこんなゴージャスなヤツじゃないですね。
しかもあの値段・・
あたしらが持っていたのはズバリこれです。
http://www.bag.or.jp/EXPO/KABAN/madison.html

明日先輩のBLOGで「マジソンバッグ選手権!!」ってなってる予感が・・

投稿: SYUNJI | 2007.01.04 21:19

SYUNJIさん、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
正月から体調を崩し、毎度のごとく出遅れておりました(笑)。

SYUNJIさんとお会いするのも昨年で2回目、伝説の桜の木の下で・・・・
(ぽっ)、というのは某ギャルゲーの設定ですが、今年も桜の季節
に京都へお越しやす。待ってますよってに(^^;)。

>>4.「読んでみた」シリーズ開始
おかげで私も「BRIO」を初めて読むことになりました。ロック
とセレブを一緒くたにするイヤミな特集でしたが。(笑)。
そろそろ音楽雑誌はいかがでしょうか。レココレなど。あ、私は
「ミュージック・マガジン」は難しそうなので一度も読んだことが
ありません。

>>昨日渋谷の中古CD屋に行ったら、紙ジャケの中古
見に行きたいです。
ただ、この商売も大物が出尽くしましファンも食傷気味だと
思うので昔ほど売れていないかもしれません。
個人的には、ジェネシスのしっかりとしたリマスター盤&紙ジャケ
の再発を期待しています。「Seconds Out」を買い直したいです。

>>「エア・サプライが来る予感」と言わないところが
今年は70年代&プログレですよ。スマップが「エピタフ」を
歌い、倖田來未が「アキレス最後の闘い」をハウスバージョンで
カバーしますから。
俺たちの時代ですよ、うひょひょ!(胃痛で壊れました)。

投稿: モンスリー | 2007.01.05 20:57

モンスリーさん、あけましておめでとうございます。
体調大丈夫でしょうか?
なんだかコメントのそこかしこにぷく臭がしていますが・・
今年もまたお会いできればと思います。

>私は「ミュージック・マガジン」は難しそうなので一度も読んだことがありません。

そういえばあたしもありません。
ではいつか「読んでみた」シリーズで採り上げてみましょう。

渋谷の中古CD屋は(たぶん)都内でも相当でかい店舗です。
東京にお越しの際はご案内しますよ。
紙ジャケが中古屋に流れてるってことは、一度は手にした中年リスナー(決めつけ)が、その価値をいまいち感じられなくて手放したってことですよね。
しかも店でもけっこうふつうな値段でしたから、かなり淘汰が進んでいるのでは・・
あたしのような素人貧乏にとってはありがたい話ですが。

ということで、本年もよろしくお願いいたします。

投稿: SYUNJI | 2007.01.06 09:41

SYUNJIさん、こんにちは。
>>コメントのそこかしこにぷく臭がしていますが・・

げげっ、ひょっとして感染力が強い香港P型!?(^^;)。

>>一度は手にした中年リスナー(決めつけ)が、その価値をいまいち
>>感じられなくて手放したってことですよね。

全くその通りですね。特に「世界初CD化!」とか「隠れた名盤!」
はハズレも多いですから、せっかく買ったのに「なーんだ」といって
結局売ってしまう、が多いと思います。
もう一つ、大物は紙ジャケを含め再発が複数回にわたり、後にな
ればなるほどジャケ再現度や音質向上度がよくなります。
従って、何度も買い直すはめになり、最初に買ったものを資金
捻出のために売却、です。
しかし全部揃えておく熱心なファンもいます。例えば「Let It Bleed」
や「狂気」は過去何度も再発されていますので、「一家に5枚」
という方も多いと思います。(^^;)

>>渋谷の中古CD屋
渋谷はほとんど行ったことがありません。レコファンでしょうか?
ちなみに私の出張の際ルートは、中野(中古盤)→新宿(違法盤)
です。

投稿: モンスリー | 2007.01.06 11:36

こちらでは初めましてですね。こちらのブログに遊びに来ていただきありがとうございました。

最近の過去の記事に幾つか飛びましたが、ストーンズやBBAは、僕もあまりたくさん聴いてない分野なんで、共感するところが幾つかありました…。ストーンズに関しては、最近ようやく目覚め始めてきたところはあるんですが!

コメント欄見てみたら、リンク貼ってる方など、知ってる方が多いので驚きました(笑) もしよろしかったら、SYUNJIさんのブログともリンク貼らせていただいてもよろしいでしょうか?

それでは、また新しい記事を楽しみにしてます!

投稿: いたち野郎 | 2007.01.06 14:46

モンスリーさん、コメント感謝です。

>げげっ、ひょっとして感染力が強い香港P型!?(^^;)。

症状が進むとマジックマッシュルームと同じ幻覚が楽しめるそうです。
早く「第31話 悪魔の住む花」やらないかしら。(←マニアックな圧力)

>大物は紙ジャケを含め再発が複数回にわたり、後にな
>ればなるほどジャケ再現度や音質向上度がよくなります。

これもよほどのマニアでない限り、途中で脱落ではないでしょうかね?
紙ジャケも何度も出せば希少価値も下がるでしょうし・・

>渋谷はほとんど行ったことがありません。レコファンでしょうか?

そのとおりです。
レコファンは都内にいくつかありますけど、知ってる中では渋谷が一番広いですね。
基本的に中古屋ってせまーい店が多いですし、それがイイという意見もありますが、自分はここが好きです。

投稿: SYUNJI | 2007.01.06 21:25

いたち野郎さん、こんな偏差値の低いBLOGにようこそ。
TBありがとうございました。

>ストーンズに関しては、最近ようやく目覚め始めてきたところはあるんですが!

自分はこのトシでようやくツェッペリンに向き合う意欲がわいてきたところです。
ストーンズは未履修、プログレはまだ赤点ばかりといった状態ですが・・

>コメント欄見てみたら、リンク貼ってる方など、知ってる方が多いので驚きました(笑)

なんだかそのようですね。(笑)
こうして交流の輪が広がるのは自分のような音楽ヒッキーにはありがたいことです。
こんな寒いBLOGでもよければリンクは全然構いませんので、よろしくお願いします。

投稿: SYUNJI | 2007.01.06 21:32

>なんだかコメントのそこかしこにぷく臭がしていますが・・

なにい!もみ上げ切ってフェルトペンで書いてやる!きゅきゅきゅ

モンスリーよ!そこに座れ!お前も同罪だ!はっ!もみ上げがない!(←マニアック)

ごほん、失礼しました。私のブログに書きましたが今月末上京予定です。紙ジャケをあさりたいのですが、その渋谷のレコファンでお会いしましょう!(←本気か&レコファンがどこにあるか知らない田舎者)

投稿: ぷくちゃん | 2007.01.07 18:53

ぷく先輩、コメント感謝です。
月末上京ですか、了解です。
レコファンに赤じゅうたんを敷いてお迎えするよう指示しておきます。
どさくさにまぎれてあたしの分も紙ジャケ買ってもらいます。
あ、友達の分もいいんですか?悪いなぁ先輩。
じゃあ紙ジャケのほしい方はこちらまでご連絡下さい。

東京都港区六本木 芸能プロダクション言黙
「ぷくプロデューサー紙ジャケ購入係」まで・・

投稿: SYUNJI | 2007.01.07 19:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/13265090

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年の終わりに:

« 聴いてみた 第35回 ザ・フー その2 | トップページ | 聴いてない 第101回 サバイバー »