« 聴いてない 第89回 バグルス | トップページ | 聴いてない 第90回 ジャクソン・ブラウン »

見ていない 第5回 渡る世間は鬼ばかり

お茶の間(死語)の人気を集める「橋田壽賀子ドラマ  渡る世間は鬼ばかり」。
こんだけ有名なドラマでありながら大変申し訳ありませんが、一度も見たことがありません。
いわゆるホームドラマにも最近全く興味がないので見ていなくて当然なのだが、関東では木曜9時放送ってことは、「とんねるずのみなさんのおかげでした」のウラってことですよね。
この時間に家にいればとんねるず見てるんで・・・
あ、コドモの頃はそれなりに見てましたよ、ホームドラマ。
「ありがとう」とか「池中源太80キロ」とか、人並みに見ていたと思います。
今よりずっとホームドラマの数も多かった頃の話。

「渡鬼」と呼ばれるこのドラマ、初回放送が1990年と聞いてちょっと驚き。
もう少し昔からやってるもんだと思っていました。
16年間ずっと連続して放送してたわけではなく、シリーズが断続的に放送されているとのこと。
視聴率はシリーズによって違うようだが、平均20%代を維持する人気番組らしい。
ということは、きっとネットにもファンの方々が作るサイトがたくさんあるはずだ。
そう思って、少し調べることにした。

だが。
見ていくとどのサイトもなんとなく意外な記述が多い。
シリーズごとのあらすじや登場人物を事細かに追っているデータベース様式なサイトはもちろんあるが、けっこうツッコミどころもあったりするようで、ファンサイトとはいえ手放しで絶賛するものばかりというわけではないらしい。
「無計画に脚本を書き続けているせいで、登場人物が不自然に死んだりいなくなったりする」
「登場人物の性格が突然変わる」
「嫁姑の確執・離婚といった家庭不和が繰り返されすぎ」
「セリフ回しが長すぎて、その間他の出演者は黙っていることが多く、日常会話としては変」
「同じセリフが多い」
「とにかく登場人物が多すぎる」
「泉ピン子が出すぎ」・・・など。
スゴイ番組だ・・・

そもそも岡倉家の5人姉妹って時点で設定としてはかなり大家族だけど、それぞれの嫁ぎ先にまたいろいろな人がいて、複雑な人間模様を展開している・・・というのが、むしろこのドラマの見所でもあるらしい。
というわけでどのファンサイトも登場人物紹介にかなりチカラが入っている。
登場人物とその相関をきちんと(ツッコミも含め)把握する、というところにファンならではの楽しみがあるのだろう。
パープル・ファミリーを追っかけるのがとても楽しいのと原理は同じだ。(本当か?)

演じる役者は「橋田ファミリー」としてカテゴライズされることが多いが、このファミリーへの加入や脱退についても、ワイドショーや週刊誌でわりと採り上げられてますよね。
本来ドラマの内容とは関係ない話のはずだが、ファミリーへの加入脱退がシナリオを変えるほどの事態にまで発展したこともあったようで。
こんな話を聞くとあたしなんかすぐプロレスやパープルやブラック・サバスを思い浮かべてしまいますが。

初めの頃は5人姉妹のエピソード比較的均等に作られていたが、橋田センセイの泉ピン子かわいさのあまり最近は「幸楽」が舞台となる話がかなり多い、なんてことも書いてある。
どこまでホントの話なのかわかりませんが。
・・・つうか「幸楽」が物語の中心てわけじゃなかったのね。
あたしも泉ピン子が主役なのかと思ってました。

最近のシリーズでは岡倉のお父さん役が藤岡琢也から宇津井健に変わったらしい。
でもこの二人はだいぶ雰囲気が違うんですけど、いいんでしょうか?
あとこれまでけっこう意外な役者が登場してるんですね。
神田正輝・上戸彩・少年隊の3人・山口良一・愛川欽也なんて人も出演実績があるそうだ。
まあ設定が変わったり役者が変わったりは他のドラマや映画シリーズでもよくあることだが、このドラマに関しては「おもしろければ少しくらい設定が変わってもいい」という大胆な発想のもと、橋田センセイがずんずんと脚本を書いて突き進んでいる、ということなんでしょうかね。
で、今シリーズでは長らく泉ピン子をいびり続けていた赤木春江がいなくなり、代わってしばらく橋田センセイから干されていた(どのサイトでもこう書いてある)沢田雅美がピン子をいびる役で久々に登場、だそうです。
えなりかずきは大学生になり株式投資にも興味を持ち始める・・といった、トレンドなのかありえねーよなのかわからない展開にもなってるそうで、なんだか人気番組がゆえに橋田センセイもかなりムリしてるような気もしますが。

というわけで「渡鬼」、DVDも出てるようなんで今からでも鑑賞は可能なのだが、どうなのかなぁ・・・
実際悪役?のヒドイ仕打ちに本気で腹立てて見てる人も多いらしいんで、思い切って正面から登場人物に感情移入するか、ツッコミ入れながらハスに構えてふんぞり返って見るか、どっちかなんでしょうね。
過去のシリーズ中、「この時はおもしろかった」というものがあれば、教えていただきたいと思います。

|

« 聴いてない 第89回 バグルス | トップページ | 聴いてない 第90回 ジャクソン・ブラウン »

コメント

ども、SYUNJIさん。

この番組、、全く見たこと無いですね。
始まったのが90年ですか、、ディスクユニオン巡りが忙しくてその時期その時間、、テレビの前にいない、、。と言うわけでもないんですが、見ていません。

話を聞いていると、面白いと思っていないのに見ている、、という人たちが結構居る番組、、職場の話ですが、、。
うんざりと思っていても見てしまう、、。
他人の不幸&上手く行っていないのを見たい症候群な人たちが見ている番組、、という認識でした。

チラッと見では、せりふの長いドラマと思いましたね。
NHKの朝連ドラマでもせりふ長いし、橋田先生、、のドラマ、、これからの人生。見たいと思って見ることは無いでしょう、、。

投稿: だいまつ | 2006.06.03 18:57

SYUNJIさん、こんにちは。藤岡琢也を「ぶたや」と読んだ友人をもつぷくちゃんといいます。

まあ本筋よりも周りの話の方が面白いですよね。山岡久乃は急死するし(実生活でもその後死亡)、藤岡ちゃんは宇津井健に変身・・・これって許容範囲?そしてレギュラーでも人気が出てくるとこのドラマはその俳優にとってファースト・チョイスではなくなるらしく、唐沢寿明は人気が出たとたんに離婚したという設定になってさようなら。

と書いていても私が見たことは一度もありません。週刊誌などで見ただけです。それでもこれだけの情報がインプットされるというのはやはり恐ろしいドラマかな・・・

えなりが結婚してフィナーレだそうです。えなりのベッドシーンも用意されているという情報も。見てみたいような見たくないような。

投稿: ぷくちゃん | 2006.06.03 19:45

だいまつ親分、コメント感謝です。
渡鬼、見てませんでしたか。
今回自分の周りの視聴率はまだ確認してませんが、そんなに高くはないだろうと予想しています。

>うんざりと思っていても見てしまう、、。

むかーし「スチュワーデス物語」という毒キノコみたいな番組がありましたが、あれがまさにそういう内容でしたなぁ。
なんか「ツッコむためのテレビ」みたいな・・

ぷく先輩、コメント感謝です。
辰巳琢郎や石井琢朗もずっと言われ続けてきてると思いますが。

>唐沢寿明は人気が出たとたんに離婚したという設定になってさようなら。

これも何かがセンセイの気にさわったとかでしょうか・・

>えなりが結婚してフィナーレだそうです。えなりのベッドシーンも用意されているという情報も。

それはセンセイからのプレゼントかな?
あ、その場面は先輩ひとりで鑑賞してて下さい。
あたしとだいまつ親分はとなりの部屋でK-1でも見てますから・・(合宿?)

投稿: SYUNJI | 2006.06.03 22:14

SYUNJIさん、お久です。

渡鬼、時々見てました(笑)。
見ようと思ったというより、テレビがついてたからたまたま見たことから始まるんですが。

ちょうどその頃、神田正輝が出てました。
愛ちゃん(ピン子さんの娘役)の元恋人だった城代さんのお父さん役だったのですが、息子も宮下裕冶という石原プロの人で。
いまは見てないんですが、徳重聡なんか出てるのを見ると、ジャニーズだけじゃなくて石原プロとも密接な関係がありそうですね。
結局、結婚を後回しにし仕事にあけくれてた愛ちゃんが、彼はいつでも待ってくれてるものと思って連絡を取り合わなくなったのが原因で破局となり、この方たちも出なくなりました。

TBSのサイトで最近のあらすじをみたら、その愛ちゃんが結婚しててびっくり!
今は沢田雅美さんが出てるんですね。
確かに以前は橋田ドラマ常連だったのに、渡鬼では一度も見てませんでした。
干されてたんですね…

何度も同じセリフが出てくるのは私も感じてました。
「○○する道理がないだろ」は若いえなりくんでも使ってて、若い子が使わないセリフを堂々と言わせる橋田先生はすごい、と思って苦笑してました。
このドラマを見てると、いつの時代の話なんだろうと思っちゃう。

でもまぁ、見慣れて相関がわかれば意外と楽しめますよ。

投稿: Saki | 2006.06.04 10:29

こんなときには出てきます。
こんにちは。
渡鬼ですかー。
面白い番組を取り上げますね。

あのドラマはですね、金太郎飴のようなもので、
どこを切っても同じなんですよ。
根っこはね。
どのシリーズも、どこから見ても
どこを見てなくても大丈夫なようにできています。
そして幅広い世代の人が見ても分かるように
(わかりませんが)
アレだけたくさんの人が出ているわけです。
だから、愛ちゃんが派遣で働いたり、
えなりが株に興味を持ったりするわけですね。

1年間やってますから、大体最初に問題をぶちまかして、
視聴者を引っ張って、あとはダラダラと進んでいくわけです。
ラスト何週間かで、また爆弾を落として最後はなんとなく円満に。
ということで、今クールは私も見ていたものの、
今はリタイヤ中。
また暇になったら見ようかな~。
えなりのベッドシーンも楽しみだし。

投稿: モリ男 | 2006.06.04 13:13

Sakiさん、ごぶさたしてます。
渡鬼、ご覧になってましたか。
なんとなくですが、見ていた方はどちらかというと女性が多いのではないかと思っていますが・・
まあ設定が5人姉妹という女系ストーリーだそうですし。

>ジャニーズだけじゃなくて石原プロとも密接な関係がありそうですね。

橋田センセイと石原プロってのも全然結びつきませんでしたが、なんかスゴイ組み合わせだなぁ。
本格的に石原軍団が登場しだしたら、もう誰も文句も言えないような。
舘ひろしと泉ピン子の競演てのも、見てみたいような気もしますが。

>でもまぁ、見慣れて相関がわかれば意外と楽しめますよ。

うーん、実はファミリー・ツリー大好きなあたしなんで、意外にハマる下地ができてるんじゃないかと、見てもいないうちから少し不安です。

投稿: SYUNJI | 2006.06.04 18:16

モリ男さん、コメント感謝です。
やはり見ていましたか・・そんな気はしていたんですけど。(根拠は特にないんですけど・・)

>あのドラマはですね、金太郎飴のようなもので、
>どこを切っても同じなんですよ。

そのようですね。
そういう評価はけっこうあちこちのサイトでも見られました。

>1年間やってますから、大体最初に問題をぶちまかして、
>視聴者を引っ張って、あとはダラダラと進んでいくわけです。
>ラスト何週間かで、また爆弾を落として最後はなんとなく円満に。

これももう見てるみなさんもすっかりおなじみな展開でわかってる上で、ご覧になるわけですよね。
今回の爆弾はえなり君のベッドシーンてことですか?(あ、違うの?)
というか、そういう情報ってどこからもってくるんだろう・・?

投稿: SYUNJI | 2006.06.04 18:22

タレントを食わせ、恩を売る為に橋田が書いているドラマ。
内容的にはテレビの初期のセットで済むので安上がり。
スポンサーの気が知れない。
兎も角、橋田はこの番組でタレントに威張れる

投稿: 裏みつめ | 2008.10.02 22:47

裏みつめさん、コメントありがとうございます。

>タレントを食わせ、恩を売る為に橋田が書いているドラマ。

なんだかイヤな構造ですね。
今もまた放送中ですが、この構造をわかっていてもやはり見るという方も多いのではないでしょうか・・
今週は2時間スペシャルで森光子も登場したそうですが・・

投稿: SYUNJI | 2008.10.04 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/10376352

この記事へのトラックバック一覧です: 見ていない 第5回 渡る世間は鬼ばかり:

« 聴いてない 第89回 バグルス | トップページ | 聴いてない 第90回 ジャクソン・ブラウン »