« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

聴いてない 第89回 バグルス

一般人にとっては「ラジオスターの悲劇」を歌った人たちという、ヘタすると一発屋な位置づけになりかねない認知度ですが、プログレ・ファンの方々にとってはメンバーとその経歴や動向は広く知られたところであろう、バグルス。
活動期間は短くアルバムも2枚で、バンドというよりユニットみたいな感じですが、「ラジオスター」以外は聴いてません。

「ラジオスターの悲劇」はFMで洋楽のエアチェックを始めて間もない頃に録音した。
非常に親しみやすい曲で、当時日本でもYMOなどテクノサウンドが流行っていたので、相当ヒットしたはずである。
開店したばかりの貸しレコード屋に「プラスチックの中の未来」が入荷したこともよく覚えている。
ただ1曲しか知らないアーチストのアルバムをいきなり借りる勇気はなかった。
で、結局今に至るまでまともに聴いたことがない。

一度だけ聴かされたことはあった。
発売されて数年後に友人の車でドライブ中、彼が「プラスチックの中の未来」をかけた。
だが「ラジオスター」以外の曲にはそれほど感動もわかず、なんだか少しがっかりしたことを覚えている。
どんな曲があったかはもう思い出せない。
ちなみにこのドライブで友人はツェッペリンの「プレゼンス」もかけている。

バグルスのメンバーはトレバー・ホーンとジェフリー・ダウンズの二人である。
この人たちはバグルスをいったん解散し、そろってイエスに加入したが、この時のイエスにジョン・アンダーソンはおらず、出したアルバムもすんげえ不評だったらしい。
で、イエスでさんざんな目にあった二人はもう一回バグルスでアルバム作った後、トレバーはプロデューサーとしてイエスの大ヒットを支え、ジェフはエイジアに参加してこれまた大ヒット、というのが彼らの経歴の基礎知識である。
このあたりの情報はもちろん「ラジオスター」がヒットしていた当時は全く知らず、エイジアが登場した頃の音楽雑誌で仕入れたものだ。
エイジアのデビュー曲「Heat Of The Moment」の歌い出しの音階は、「ラジオスターの悲劇」に少し似ていると感じる。

公式にはこの二人がバグルスだが、「ラジオスター」を語る上で欠かせない人物がもう一人いる。
それがブルース・ウーリーである。
「ラジオスター」はブルースを含めた3人の共作で、ブルース・ウーリー&ザ・カメラクラブというグループでも「ラジオスター」をリリースしている。
・・・などと素人のくせになぜこんなことがすらすらと書けるのだ?といぶかる方々もおりましょう。
実はこのブルース版「ラジオスター」も同時期にエアチェックしているのだ。(やや自慢)
ただしブルース版はそれほどテクノサウンドではなく、バグルスに比べるとインパクトは弱い。
たぶん当時の日本のFMではブルース版はほとんどオンエアされなかったのではないかと思う。

当時は「ラジオスター」はバグルスがオリジナルでブルースがカバーしたものと思っていたし、バンド名も正確にはわからなかった。
今から10年くらい前、FROCKLでこのバンドの名前について質問したところ、プログレに詳しい人から「あなたの質問は非常にコアです」といたく感激?され、親切な回答もいただいた。
今ネットでブルース・ウーリーを検索すると、プログレに詳しそうな人のサイトがけっこう出てくる。
知っている人は知っている、それがブルース・ウーリー。
やはりプログレ、知識の蓄積に余念のない方が多いです。

あれから25年以上の歳月が流れているが、最近になってようやく自分もイエスやクリムゾンなどのプログレ学習に徐々に着手しているので、このあたりで補習としてバグルスも聴いておいたほうがいいのかな?とも思っている。
「ラジオスターの悲劇」はこれまでエアチェックで録りためた1000曲超のコレクションの中でも間違いなくトップ10に入れたいくらい好きな曲だ。
同じような路線の曲があれば、アルバムも聴けるのではないかと楽観的に構えているのですが、実態はどうなのでしょうか?

| | コメント (15) | トラックバック (2)

読んでみた 第3回 広告

今回読んでみたのは広告。
どの雑誌の広告だよ?と思われるかもしれませんが、「広告」という名の雑誌です。
広告代理店の博報堂が作っている季刊PR誌である。
発行部数は不明。
実はこんな雑誌があることは、買うまで全く知らなかった。

買ったのは2006年6月号、690円。

Koukoku0606

4月にオープンした錦糸町のオリナスにある書店で買いました。
代理店のPR誌と言われても、どこがPRなのかはよくわからない。
全く別のタイトルで文芸誌として出版しても問題なさそうな内容である。

特集は「ことばエネルギー」。
言葉の持つチカラを様々な分野や角度から語っていく特集である。
本業である「広告のキャッチコピータイトル」を題材にしたページもあるが、広告とはそれほど関係のないページも多い。

・・・・読んでみた。

特集の見出しはこんな感じ。

・谷川俊太郎さんに広告の詩をお願いしました。
・アートの力を生む言葉。
 日比野克彦
・ことばとからだ
 井川遥/サンボマスター/武田双雲/林 寧彦
・ケータイすることば。
・世界の中の日本語 日本語にびっくりしないために。
・「全然OK」でも、全然大丈夫。
 堀井令以知
・河合隼雄さんと「関西弁力」に迫る
・買物を進める言葉 VS 買物を止める言葉

どのページも日本語の持つエネルギーをテーマに、あくまで一般の文章や会話の中での事例に沿って綴っている。
言語学の専門家による文章もあるが、堅苦しい論文や評論はない。
見出しに句読点(。)があるところは、さすがに代理店という感じはするが、広告そのものをテーマにしているわけではないので、特にわかりにくいという感覚はなかった。

今回の特集に『「全然OK」でも、全然大丈夫。』というページがある。
タイトルからして誤用の連続とも言えるのだが、この表現を言語学の専門家が文字通り「問題なし」としてくれているのだ。
「全然」+肯定表現は最近の若者の「乱れ」と評する方が意外に多い。
だがこの堀井先生によれば、こうした表現は戦前からあったそうで、なにも今に始まったわけではないらしい。
自分は以前からこの表現には寛容なつもりだが、このページはけっこう痛快だ。
この先生に「一万円からお預かりします」はどうなのか、聞いてみたいところだ。

「関西弁力」について語るページもおもしろい。
日本の方言の中でも突出して分析研究が進んでいると思われる関西弁だが、自分は残念ながらその使い手ではない。
このページにあった関西表現の中で、もっとも感心したのが「しんどい会社の処分品」というものだ。
事務的に言うと「倒産会社の処分品」。
自分なんかが感想を語るよりも、詳細は本文をぜひ読んでいただきたいのだが、関東ではまずあり得ないこの言い方、まさに関西弁の持つチカラをつぶさに表現していると思うのですが。

自分も一応出版業界(の辺境)に籍を置く身であるが、言葉の持つエネルギーをけっこう純粋に信じている。
「信じる」というより「期待している」感覚かな?
そういう意味では今回の特集はかなりタメになります。

他には連載ものが15本程度。
内容は様々で、大竹しのぶの対談あり、ディランのアルバム紹介あり、ソーセージの大きさと名前の定義の説明あり・・・といったバラエティに富んだ構成である。
だが、どれも数ページ以内でかなりテンポよく読める。
判型はA4でページ数もちょうど100ページなので、1時間ほどで全部読み終えた。

感想。
代理店なだけに、文章も構成もさすがにこなれていると感じる。(誤字はあったが。)
ページごとにレイアウトや書体級数はバラバラだが、飽きさせない程度に変化するので、読みにくいということはない。
前回ラピタを読んだ時は、レイアウトや文字のデザインの統一感に感心したのだが、結局読みにくくなければ統一でも変化でもどっちでもいいってことですね。
大笑いするようなページはないが、今回はどのページもそれほど退屈せず読むことができた。
自分にしてはわりと珍しいことである。

PR誌の一般的な位置づけやスタイルをあまり理解していないのだが、この雑誌「広告」には、いわゆる広告がない。
あーややこしい。
要するに他社商品コマーシャルページが全然ないってことですね。
見返しにWWFの広告があるくらいだ。
一般人には読みやすいと思う。

紙質はコート紙ではなくややザラついた感触。
この判型でこういった紙を使うのは結構珍しい。
判型のわりに軽いので、持ち歩くにはありがたい。
世の中にはやたら重い雑誌があるけど、必ずしも机できちんと読めるとは限らないので、その時点で遠ざけてしまうことも多い。
また重い雑誌って、得てして重さの大半は広告ページだったりするしなぁ。

広告という分野、代理店という業態には全く縁がないが、この雑誌はおもしろいと思った。
業界向け・あるいは業界気取りのスカシた姿勢は全くない。
(これは自分の業界に対する偏見もあるのでしょうけど)

少し気になったのが、「発見ハ何デスカ?クリエイターの遭遇。」という、女優大竹しのぶと博報堂ディレクター太田麻衣子氏による対談。
残念ながら自分はこのディレクター太田麻衣子氏を知らないのだが、博報堂としては身内のディレクター太田氏を大竹しのぶと対談させているわけで、ふつうに考えれば大竹しのぶがゲストという位置づけのはずだ。
しかし対談を読んでいくと、どうも太田氏のほうが多くしゃべっている。
「早口が苦手」とCMでも表明してる大竹しのぶ、おそらく太田氏のほうが口調が早いんだろう。
インタビュー形式じゃないからそれでもいいのかもしれないけど、身内のほうが多くしゃべってしまう対談てのもなんだかなぁ・・・と感じました。
ただ大竹しのぶの発言は、女優という職業に対する強烈な根性と深い喜びに満ちている。
舞台や演劇にも関心がなく、特に彼女が好みの女優というわけでもない自分でも、「このヒトはすごい・・」と思わせる内容でした。

というわけで、存在すら知らなかった雑誌「広告」。
この雑誌はいいですね。
世の中ホントにいろいろな雑誌があり、自分のあまりの知らなさぶりに辟易もするが、今後もおもしろい雑誌に出会える期待を持たせるような、そんな感想を持ちました。
今後も機会があれば読んでみようと思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

聴いてみた 第28回 アラン・パーソンズ・プロジェクト

生活臭の希薄なブロガー、SYUNJIです。(意味不明)
聴いてみたシリーズ、すでに28回を数えてしまいました。
BLOG始めて2年半くらいですが、2年でこの枚数は実は自分にしては相当多いです。

そんな中、まさにBLOGで採り上げなければおそらく一生耳にすることもなかったであろう、アラン・パーソンズ・プロジェクト
今回聴いたのはたぶん一番売れたと思われる「Eye In The Sky」。

Eyeinthesky

今回もモンスリー師匠からのご指導で、意外に早く聴く機会に恵まれました。
自分のような三流リスナーが聴いてて大丈夫なのか甚だ不安ですが、とりあえず聴いてみることにしました。

・・・・・聴いてみた。

01.Sirius /狼星
まずはインストナンバーからスタート。
ベースラインが「Eye In The Sky」と同じだなぁ・・と思って聴いていたら、そのまま「Eye In The Sky」に切れ目なく突入。

02.Eye In The Sky /アイ・イン・ザ・スカイ  vocal: Eric Woolfson
このアルバムで唯一聴いたことのある曲。
それほどの盛り上がりはないが、相変わらず聴きやすい曲である。

03.Children Of The Moon /チルドレン・オブ・ザ・ムーン  vocal: David Paton
この曲もミドルテンポだが、ボーカルが変わるせいか「Eye In The Sky」とはかなり雰囲気が違う。
曲調はなんとなくスーパートランプ(リックのほう)を思わせる。

04.Gemini /双子宮  vocal: Chris Rainbow
また切れ目なく4曲目に突入。
このあたりはプログレの香りが強い。
もの静かで叙情的な一曲。

05.Silence And I /静寂と私  vocal: Eric Woolfson
さらに切れ目なく同じような曲調が続く。
悲しげなボーカルとオーケストラで徐々に盛り上がっていく。
中間に突然の転調。
イエスほどの揺さぶりはないが、やはりプログレ、あなどれません。
様々な楽器の音が次々に登場。
それなりに盛り上がってきたところでエンディングは案外淡泊にフェードアウト。

06.You're Gonna Get Your Fingers Burned /火傷  vocal: Lenny Zakatek
ガラリと変わって70年代アイドルバンドのようなノリ。
悪くはないけどどこかムリしてるサウンドだなぁ。
ボーカルも違うので当然と言えばそのとおりだが、同じバンドの曲というのも少し強引な気がしてきた。

07.Psychobabble /サイコバブル  vocal: Elmer Gantry
またボーカルが変わった。
今度はややブルージーなナンバー。
イメージとしては「まじめに楽譜のとおりに歌っているデイヴ・リー・ロス」。

08.Mammagamma /ママ・ガンマ
エコーの効いた、ややテクノがかったインスト。
いかにも80年代という感じだ。
少し飽きたな・・と思った矢先に突然終わる。

09.Step By Step /ステップ・バイ・ステップ  vocal: Lenny Zakatek
ややブルース色の濃い、またどことなくラテンの香りもするような、ちょいと古くさい感じの曲である。
サンタナにも似ている。

10.Old And Wise /オールド・アンド・ワイズ  vocal: Colin Blunstone
ラストはもの悲しい調べ。
また違うボーカルだ。
オーケストラとサックスとドラムとギターを組み合わせてサウンドを作っているのだが、なんとなくまとまりがない。
エンディングも結構あっさり終了。

感想。
うーん・・・・ボーカルがたくさんいるせいもあるだろうが、曲ごとに感じがかなり違うので、全体としてのまとまりはあまりないように思う。
いい曲もあるがそうでもない曲もあり、思ったよりもの悲しい旋律が多く、躍動感にも乏しい。
騒々しい電車の中で聴くには少し合わない感じだ。
「Eye In The Sky」がいい曲なだけに、アルバム全体をこの雰囲気で通していないのは少し残念だ。

ボーカルの中ではやはりエリック・ウルフソンが一番いいと思う。
もの静かな語り口調のような声だが、緻密な演奏にも合っている。
他の人のボーカルにはいまひとつ感動するものがない。
レニー・ザカテクやエルマー・ガントリーのボーカルは、少しムリしている感じに聞こえる。

あと重要なポイントはジャケット。
なんつうか目薬の広告というか眼科の看板のようであり、他のアルバムの精密な絵に比べると相当淡泊である。
知的水準の高そうなバンドなので、もう少しジャケットにも凝ってほしかったよなぁ。

今回聴いた後の感覚は、スティーリー・ダンを初めて聴いた時のものにかなり近いことに気づいた。
どうも自分はミーハーなせいか、こういったオトナの音楽はあまり合わないようです。

ということで、明らかに苦手意識を持ったわけではないのですが、自分にとってはけっこう難しいサウンドでした。
アランパ、他にもアルバムはたくさんあるようなので、もう少し聴き進めてみようかと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

聴いてない 第88回 プロコル・ハルム

洋楽にも、誰もが一度は耳にしたことのある曲というのがある。
「ホテル・カリフォルニア」「イエスタディ」などがそうだが、「青い影」もそんな曲のひとつ。
もはやスタンダードなナンバーとも言える名曲だが、そのわりにバンドの知名度がいまいち追いつかない気がするプロコル・ハルム。
やはり聴いてません。

聴いてない度は4。
ベスト盤を持っているので、それだけですっかり安心してしまい、オリジナルアルバムは全く聴いたことがない。
思ったより長い歴史があり、アルバムも10枚以上出しているそうだ。
あやうく一発屋扱いするところだった・・・

まずプロコル・ハルムというバンド名の意味を知らない。
英語ではなくラテン語らしいが、詳しいことはわからない。
時々「プロコル」なのか「プロコム」なのか自信がなくなる時もあります。

メンバーはゲイリー・ブルッカーとロビン・トロワーの名をかろうじて知っている程度。
CD持ってますが、ジャケットの誰がゲイリーでロビンなのかはわからない、という状態。
活動中にかなりメンバーが入れ替わっているらしく、プログレバンドのように「第*期」と呼ぶようだ。
・・・というか、彼らもプログレなんですよね?

ドラマーにB.J.ウィルソンという人がいるが、プロコルの前身であるパラマウンツというバンドのメンバーであり、プロコル加入前にはツェッペリンからも加入のお誘いを受けていたほどの実力者らしい。
プロコルとツェッペリンて素人のあたしにゃ全然結びつかないんですけど、そういう話のようです。
ベスト盤を聴く限りではそんなにすごいドラムプレイはなかったのだが、もしかしたらツェッペリンのドラマーとして伝説を作っていったかもしれないほどの高い演奏レベルを持っていたということですね。
そんな話を聞くと曲の聴き方も変わってくるなぁ。
残念なことにB.J.ウィルソンは1990年に交通事故で亡くなっているそうだ。

代表作「青い影」はキーボードの調べが美しい名曲である。
この印象的なメロディはバッハのカンタータをモチーフにした、という記述があちこちのサイトで見つかるが、バッハの原曲は聴いたことがない。
歌詞は難解だが実は深い意味はなく、しかも作った本人もよくわかんないなんて説もあり、確かに訳を見ても何を言ってんのかよくわからない曲だ。
いくつかの音楽サイトで「ウィットに富んだ歌詞」などという評価が書いてあるけど、ホントにそうなの?
いったいどこの影が青いのか、ずっと不思議だったのだが、原題の「A Whiter Shade of Pale」はだんだん白くなっていく顔色を指すらしい。
男女が船の中で話し込んでいて、男の話が延々続いたので、女の顔色がどんどん白くなってきた、といった内容とのことだが、それは単に船酔いなのでは・・・
ということでこの曲は「間奏だけを楽しむ曲」という評価もあるそうだ。
それもまたひどい評価だけど、言われてみれば自分もずっとそう聴いてきたのでした。

ベスト盤を買ったのはもちろん「青い影」が聴きたかったからだ。
ただベスト盤だと中途半端にフェードアウトしていて、どうも曲が編集されて短くなっていると思われる。
(ベスト盤買うからこういう目にあう)
他には「Shine On Brightly」「Homberg」など同じような路線の曲が好きである。
全編こうしたキーボード主体の叙情サウンドではなく、ギターが前面に出てくるブルージーな曲もあったりする。
70年代には一時期AORに傾倒したり、音楽性にもいろいろ変遷があるようだ。

歴代のアルバムを見て思ったのだが、ジャケットがどうもヘンだ。
プログレのわりにはイエスやフロイドのように凝ったところがなさそうだし、カネかかってるのかどうか全然わからないような絵ばかりである。
「ホーム」というアルバムのジャケットはある意味相当すごいと思う。
すごろくをデザインした絵にメンバーの顔写真がコラージュされてるジャケットなんだが、なんつーか小学生の工作っぽい雰囲気。
こういうのがアートとして評価されとるんでしょうかね?

というわけで謎に満ちたバンド、プロコル・ハルム。
勝手にあたしが謎にしてるだけですけど。
「青い影」だけで喜んでいるようでは修行が足りないのは明白なのですが、果たしてどの時期の作品が評価が高いのか、また他のバンドとの楽しい人間模様などもご指導いただければと思います。


| | コメント (3) | トラックバック (1)

見ていない 第4回 機動戦士ガンダム

今回はお叱りや教育的指導を相当覚悟せねばならないエントリになるかもしれない。
言黙始まって以来最大の試練、「ガンダムを見ていない」告白です。

たぶん再放送で1~2回は見たことがある、という程度です。
モビルスーツというロボットのようなものの操縦をしつつ敵と戦う、というお話ですよね。(ひどい説明だとは思うけど)
その後もいろいろシリーズがあったようだが、全然見ていない。
もともとアニメにほとんど興味がわかない上に、1~2回しか見ていない状態でガンダム語ること自体が果てしなく間違いなんですけど、まあ音楽同様「他人の趣味にケチつけない」が信条のBLOGですんで、ご理解下さい。

だいたい初回放送がいつだったのかすらわかってないのだが、夢中になっていた人が周囲にいた記憶があるのが1980年頃なので、それくらいには放送してたんですよね。
そう思って調べたらやはり1979年だそうです。
金八先生と同じ頃だ。

さて自分が見た回でも当然戦闘シーンがあったのだが、主人公のアムロ・レイ(どこの国の人?)のセリフ回しにどうもなじめない。
「いきまーす!」
とか、
「させるかぁ!」
とか、
「くそおお!シャアめ!」
とか、戦闘ものならあって当たり前のセリフなんですけど、なんかこう大げさというか暑苦しいというか友達になれそうもないというか・・・
こういうのがいまいち好きになれなかったのである。
テンションの低い戦士じゃヒーローになんかなれないけどね。

名作アニメではどれでもそうかもしれないが、ガンダムはむしろそのセリフ回しにこそ魅力がある、というのが業界の定説らしい。
ネットでファンの作るサイトを調べると、「名セリフ解説」なんてページがたくさん出てくる。
中には「坊やだからさ。」という、CMにまで使われた有名なセリフもある。
さすがにこんなあたしでも、(場面はわからないけど)このセリフがガンダムのものだということくらいは知ってましたが。
セリフになじめなかった時点で見る資格がなかったということだろう。

友人にもガンダムの好きなヤツはたくさんいた。
というかガンダムに関しては「むやみに入れ込んでる」か「全く見ない」かの二極化だったと思う。
当然むやみに入れ込んでる連中の会話には入れない。
彼らの特徴は登場人物を「さん」付けで呼ぶことだった。
「セイラさんが・・」「ブライトさんて・・」
・・・ダメだ・・・とてもついていけない。
アニメのキャラクターを「さん」付けで呼ぶのはサザエさんくらいじゃないのか?
・・・すでにこの時点で自分の道は決定してたのである。
ガンダム、やはり見る資格は全くなかったということですね。

困ったことに(困るなよ)、アニメの好きなヤツとロックの好きなヤツは案外シンクロすることが多い。
なんか共通するものがあるんだろうか?
アニメの好きなヤツとたまたま音楽の話をすると、結構詳しく知っていて盛り上がることはよくあった。
しかも音そのものだけでなく、アーチストに関する細かい情報まで仕入れてるヤツが多く、そういう部分だけは共感してしまうのだ。
アニメや特撮が好きな人って、基本的に周辺情報まで含めて勉強家ですよね。
情報を蓄積して自分のものにすることに対しての向上心が非常に強いと思う。

「おたく」という言葉は昨今非常に多様化していて、定義しづらいものがあるが、一般に言う「アニメや特撮ものの映像とグッズに高い興味を示す人種」を指す場合、自分はおたくとは相当縁遠い民族である。
自分にとってアニメはプログレやメタル同様遠距離名ホビーであり、夢中になった番組は皆無である。
従ってガンダムもイデオンもエヴァンゲリオンも自分にとっては全て同じ扱いだ。

つい最近だが、自分よりひとつ年上の知り合いが「オレたちガンダム世代はさぁ」と言ったのには非常に抵抗があった。
そんな世代にはあたしゃ該当してませんよ。見ていないんだし。
いったいどのあたりをガンダム世代と呼ぶのかわかりませんけど、「金八世代」って言われるほうがまだいいかなぁ、というのが正直なところ。
どっちも見てないんだけど。

あとどうしても気になることがひとつ。
初回シリーズだと思うが、テーマソングを一応知っている。
「燃え上がれ~燃え上がれ~燃え上がれ~ガンダム~」という、あの歌だ。
・・・あれ、大丈夫スか?
これだけ絶賛されてる名作のわりに、なんかいまひとつカッコよく聞こえない気がするのですが・・
ファンのみなさんの間での評価はどうなんでしょうか?

というわけで、今度こそ見ていた方が多いと思われるガンダム。
しかしながら結局というかやっぱりというか、それほど鑑賞意欲はわいてませんが、素人の自分にあえてその魅力を伝えるとしたら、どんな感じなんでしょうか?

| | コメント (18) | トラックバック (1)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »