« 聴いてない 第84回 メタリカ | トップページ | 聴いてみた 第26回 ザ・フー »

見ていない 第2回 3年B組金八先生

シリーズ2回目もドラマを採り上げてみましょう。
今更説明も不要な有名番組、金八先生。
初回放送は1979年ですが、以降のシリーズも含めほとんど見てません。

見てなかった最大の理由は、初回放送当時関東では裏番組だった「太陽にほえろ!」を見ていたためである。
そもそもTBSは長いこと金曜8時の視聴率に苦戦していて、新しく学校ドラマを始めるにあたっても、「金曜8時だから金八先生」というかなり安直な理由でタイトルも決めちゃったらしい。
制作側もあんなに人気番組になるとは考えてなかったんだろう。
で、放送開始当初から人気が出て、田原俊彦・近藤真彦・杉田かおる・三原順子といったスター(でいいの?)を次々と生み出していった。
この時から「贈る言葉」が卒業シーズンに歌われる定番となったのはご存じのとおりだ。

「太陽にほえろ!」を見続けていた自分も、金八先生が人気番組となってきたことは意識はしていた。
それはなぜか?
舞台は桜中学の3年B組だったわけだが、初回放送開始当時、まさに自分が中学3年だったのだ。
B組じゃなかったけどね。
試験・暴力・受験・卒業といった身近なイベントがリアルタイムで進行するドラマに、のめりこんだ中学3年生も多かっただろう。
爆笑問題の田中は同い年だが、よくテレビで「当時金八先生に夢中になった」という話をしている。
ちなみに近藤真彦・杉田かおる・三原順子も同い年である。

それでも自分は「太陽にほえろ!」が好きだったので、そのまま日本テレビにチャンネルを合わせていた。
かたくなな自分を姉がバカにしたこともあったが、よけい意地になって金八先生を見ようとしなかった。
ただクラスの連中もそれほど金八先生に夢中になってはいなかったように思う。
金八先生の話題についていけず切ない思いをした、という記憶もない。
金八シリーズ終了後、「仙八先生」「新八先生」「貫八先生」なんてのもやっていたが、どれもほとんど見ていない。
川谷拓三の貫八先生は少し見たけど、けっこう雰囲気があって武田鉄也よりも良かったなぁ。

その後の金八シリーズで「腐ったミカンの方程式」という有名な話があるが、この時は少し見た記憶がある。
「太陽にほえろ!」も明らかにチカラが落ちていて、テレビ全般に対する情熱が多少ラジオやカセットに分散してきた時期でもあったと思う。
ところで金曜8時といえば関東では「ワールドプロレスリング」の時間でもあるのだが、当時は自分は全日派だったんで、それほど新日本プロレスは真剣に見てなかったのである。
なので週によって日テレ・TBS・テレビ朝日を適当に変えて見ていた。
(だいまつ親分すいません)

で、金八先生の「腐ったミカンの方程式」。
この話は案外おもしろかったが、見ていて強く感じたのはリアリテイのなさである。
ドラマなんだからリアルでなくて当然なんだけど、中学生高校生にとっては学校が日常生活の大半であり、ドラマの内容は当然実際の学校生活に投影してみるものだ。
そこで「こんな先生がいたらいいな」「こんな学校があったらいいな」といったあこがれへと発展するのがふつうなのだろうが、金八先生、実際にこんなおっさんが自分の担任教師だったら、すんごいうっとおしいんじゃないか?と思ったのだ。
これは自分の歪んだ性格がゆえの反応であって、ドラマ本体を批判しているのとは違う。
教師や学校に対して決して絶望していたわけではないのだが、少なくとも先生に対してあんなに熱い交流は期待していなかった。

出会った先生の中でいい人はもちろんいたが、真正面からぶつかりあって泣いたり笑ったり警察来たり・・・なんてつきあいは全然なかったし、したいとも思わなかった。
「先生」というのは自分にとってはそういう暑苦しい存在とは違うのだ。
かなりさめた生徒だっただろうし、通った中学校・高校全体がなんとなくそんな感じだった。
かなり生徒数の多い学校だったという事情もあるかもしれない。
ちなみにあたしの中学校、当時学年600人を超えていました。

金八先生のオープニングは、先生が「3年B組ィー!」と呼びかけると生徒が「金八先生!」と答えて先生の周りにわぁっと集まってくる・・・というものだった。
あれを見てつくづく思ったのだが、もし自分が生徒としてああいう場面にいたら、きっとどさくさにまぎれて先生にケリとかヒジとか入れちゃってただろうなぁ。

なんだか理屈をこねてしまいましたが、そういうことです。
まあ誰でも知ってる人気番組だったし、金八先生に刺激されて教師を目指した元中学生もきっといるはずだ。
自分もそれなりに歳を重ねて多少は丸くなってると思うので、今からならもう少し正面からこのドラマを見ることができるかもしれない。
見ていた方も多いと思うので、どんな感想をお持ちなのかぜひ教えていただければと思います。

このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

|

« 聴いてない 第84回 メタリカ | トップページ | 聴いてみた 第26回 ザ・フー »

コメント

放映当初、金八に「熱中時代」のパクリを感じて見れなかったぷくちゃんと言います。でも北野先生を上回ってしまいました・・・・

>出会った先生の中でいい人はもちろんいたが・・・したいとも思わなかった。

実は私、そういう先生、多くいました。学級委員多くやっていた私。先生とも近い存在で、先生と凄く仲が良かったです。

>ちなみにあたしの中学校、当時学年600人を超えていました。

スラム?

投稿: ぷくちゃん | 2006.03.11 23:43

ご無沙汰しています。
しばらく自分のブログを更新していなかっただけでなく、皆様のブログもほとんどチェックしていなかったのですが、最近少しずつその時間を増やしつつありますので、今後ともよろしくお願いします。

僕もこの番組はあまり見ていません。SYUNJIさんと同じように「太陽にほえろ!」を見ていたと思います。見ていたと言っても、あまり面白くはなかったので、家のテレビでかかっていたという方が正しいと思います。

僕の中学は1年から3年までクラス替えがない学校で、初回放送当時は1年C組だったので、3年になった時には3年C組になることが分かっており、もし1年B組だったとすると親近感から見ていたかも知れません。

>少なくとも先生に対してあんなに熱い交流は期待していなかった。

同感です。
僕も学級委員をやっている期間が長かったのですが、ぷくちゃんとは違いそれほど先生と親しかったとは言えませんし、先生と生徒という線引きをしてつきあっていました。自分で言うのはなんなんですが、成績も素行もそれなりに良かったので、先生も僕に立ち入る必要がなかったためだと思います。いわゆるクラスの不良グループのメンバーは、担任の先生が色々な面でサポートしていたので、先生がもっと身近な存在だったと思います。今でも同窓会では彼らの方が先生と親しく話しています。

僕にとって先生とは心を開かなくてもいい存在だったので、心を開く事を強要する「金八先生」シリーズはあまり共感できませんでした。

未熟な青年の葛藤や成長をテーマにしたものでは、同時期に放送されていたガンダムの方がずっと共感できました。

投稿: getsmart0086 | 2006.03.12 10:47

このドラマもリアルタイムでは見ていません。
思えば「太陽にほえろ」だけでなく、
有名なドラマは、ほとんど再放送で見ていたのかもしれません。
チャンネル権がなかったので…
そんなことで、金八も中学を卒業してから見たんだろうと思います。
仙八新八貫八甚八(違…も見ていませんが、
一番最近のは見ていました。
親になってから見ると、また違った感じですね。
でも話題がディープ過ぎてリアリティがないのは相変わらずですが。
先生は親や親戚以外に子どもが出会う最初の大人だと思うんですが、
その影響と言うのは少なからずあると思います。
金八は確かにうざいけど、大人っちゅうのは子供にとってはうざいもんですし、
自分のうざさを認識した上で子どもの柵を乗り越えてくる人は、実は貴重なのではないか…とは思いますね。
うざさを越えた後、初めて始まる関係なのかなぁと、金八を見ていると思います。

投稿: モリ男 | 2006.03.12 11:08

ども、SYUNJIさん。

金八先生、、見ていましたが、チャンネルが少なかったから、、という感じでしたね。
こういうドラマに出てくるちょっとグレている奴ら、、大嫌いでしたね。
私も家庭環境複雑でしたが、まっとうに生きているつもりでした。
なんだカンダの理由をつけて変な格好したりしている奴。ドラマの中でも実際の学校生活で変な理由つけて荒れたいだけじゃないのと冷めた目で見ていましたね。

そんな小学校時代でしたが、先生との交流ですか、、。
先生も、家庭の状況に絶句して、俺に小学生の俺に不釣合いな現実の重さゆえ、、何も有効なアドバイスも言うことが出来ず、、という感じでした。
意外と大人でも場数を踏んでいないんだな、、と子供心に思いました。

だから、、ドラマというかテレビでは、、「Gメン75」とか「太陽にほえろ」が好きな私。「西部警察」も大好きでした。それを見ながら、、「あのスカイライン、運転してー」とか。
でもって、プロレス。非日常を求めるというか、、。

リアリティーが無いのが嫌いで、小学生の頃からNHK特集とか、報道特集とか見ている子供でしたね。

投稿: だいまつ | 2006.03.12 19:37

ぷく先輩、コメント感謝です。
金八先生は熱中時代の翌年開始なので、確かに始まった頃は新聞でもパクリと指摘されてましたね。

>学級委員多くやっていた私。先生とも近い存在で、先生と凄く仲が良かったです。

すりより?
茶坊主?

>スラム?

ええ、友人はラジカセを肩にのせて校内を歩き回り、夏には消火栓をこじあけて水をぶちまけて・・・ってそんなわけないやんけ!
まあ600人超は事実です。
学年14クラスもあり、あたしぁ3年13組でした。この数字だけ見てもバカな話ですけど。
ホテルじゃないから13という数字もはずさずに平気で使われましたし。(当然か)
卒業証書もバカ正直に一人ずつ渡すもんだから、600人全員に渡すのに1時間以上かかり、最後のほうはすっかりダレてしまい、卒業式の威厳もなにもありませんでした。

getsmart0086さん、ごぶさたです。
金八先生も思ったよりコメンテーター視聴率はまだ低いですね。

>僕の中学は1年から3年までクラス替えがない学校で

こういう学校があることは知っていましたが、実体験がないのでピンと来ないですね。
ヤなクラスだと3年間はつらいだろうなぁ。

>成績も素行もそれなりに良かったので、先生も僕に立ち入る必要がなかったためだと思います。

はぁ・・・あたしぁ成績も素行も中途半端でしたね。
たぶん先生も期待してませんでしたし。
まあ不良のみなさんのほうが先生にとってもかわいいし印象深いのは当然ですね。
実際、自分て不良がつとまるほどピュアじゃなかったんですよ。
金八先生に感じた違和感は、getsmart0086さんと同じものだと思います。

モリ男さん、コメント感謝です。
みなさんコメントが深いですね。

>自分のうざさを認識した上で子どもの柵を乗り越えてくる人は、実は貴重なのではないか…とは思いますね。

さすがモリ男さんならではのコメント。
これは自分には言えないコメントですね。
この点がわからない自分は、精神的にはまだ中学生から進歩していないのかもしれません。

だいまつ親分、コメント感謝です。

>意外と大人でも場数を踏んでいないんだな、、と子供心に思いました。

今回みなさんのコメントがホント深いんで、軽薄な自分のエントリに恥じ入るばかり。
まあ現実にはそんなフトコロの深い先生なんてそんなに多くはないんでしょうね。

だいまつさんのコメント読んであらためて思うんですが、やっぱ不良やってた人ってそれだけ自分に正直で、しかも不良やれるだけシアワセなんじゃないかと思うんですよ。
不良になることすらかなわない生徒さんて、昔も今もきっとたくさんいて、それに先生が気づかない、という図式がきっとあるんじゃないかと思います。

「西部警察」、我が家は姉が意外と好きでした。
渡哲也のファンだったようです・・

投稿: SYUNJI | 2006.03.12 23:19

またしても役に立たないコメントで恐縮なんですが、私も見てません、金八!SYUNJIさんと同じで「太陽にほえろ!」派だったので…。ドック刑事の大ファンだったんですよ~♪(←誰もそんなこと質問していない。)私はSYUNJIさんよりちょっぴり年下ですが、荒れた中学だったので(トイレのドアぶっ壊したり、ガラス割ったり、授業中に消火器まいたり、先生と殴り合ったり、卒業生がバイクで校庭を走りに来たり…)、生徒はどこかリアリティを持ってあの番組見てたみたいですね。グレてたAくんがしみじみ『あー金八みたいな先生が本当にいたらいいのになあ…』と言ってるの聞いたことあります。でも、卒業して10年後ぐらいのクラス会でいちばん先生と和気あいあいと語らってるのは彼らなんですけどね!むしろ、私やSYUNJIさんやこちらにコメントされてる方々のような、ああいう「熱い交流」に入りきれないタイプの方が、内面的なグレが大人になっても尾を引く感じしますね…(笑)。

投稿: moonlightdrive | 2006.03.13 09:50

SYUNJIさん、こんばんは。
金八第1弾が小6、第2弾は中2くらいだったと思います。
本放送は見ず、夕方の再放送でチラチラ見ましたが、実に
イヤなドラマでした。
といいますのも、私の中学校もかなりひどかったのです。
警察や消防がやってきたことも何度もありますし、学校中の
窓ガラスが全部割れたり、男子トイレの便器が廊下に転がって
いたり、授業中に廊下をバイクが走ったり、教師や生徒が途中で
転校していったり、新聞に載る、NHKのニュースに出る、トイレは
「危険区域」・・・・と書き出せばきりがありません。

そんな中で、熱血教師が学校の危機を救うなど、悪い冗談に
見えました。今でもそうです。
特に不良にスポットがあたり、英雄視されたり、「救わなければ
ならないのは彼らだ」という論調には、子供ながらも一つも
納得できませんでした。まあ、ミュージシャンも不良だったり
犯罪者の集団で、かつ英雄視されておりますが(笑)。

暗い話になってしまい申し訳ありません。ただし、当時、周りでは
とても人気の高いドラマでもありました。
私としては断然「太陽にほえろ」ですが、親とのチャンネル争いで
見せてくれませんでした(笑)。これも親の目を盗んでみたり、
再放送でみましたが、ボン刑事の最後の方~スニーカー刑事あたり
までがリアルタイムです。殿下、ゴリさん、山さんの殉職の回は
わざわざ見ました。一番好きだったのはスコッチ刑事です。

投稿: モンスリー | 2006.03.13 22:53

こんばんは。腐ったミカンです。

みなさんが、あまりにも荒廃した学園生活を送っていた事に改めて驚きを禁じ得ません。
ガラスが割られたり、廊下をバイクが走ったり…スクール・ウォーズの冒頭でしか見た事がありません。

僕は68年(昭和43年)生まれですから、中学の時は、81年とかそんな事になりますが、田舎の中学だったこともあり、不良といえば、今や原宿とかにしか生息しない、ロックン・ローラーみたいな格好をして、「クリームソーダ」の財布をケツからはみださせているヤツら位しかいませんでした。

なので、「きんぱっつぁん」…これって、第一段は全くと言って良い位覚えていません。覚えている第二段の方は、完璧に現実味の無い「ドラマ」としてしかの記憶が無いのです。

中島みゆきの「世情」が流れる中、スローモーションで、沖田のヒロ君とかが、手錠をはめられるシーンを見て、「うぁ、すげーなぁ」、「あの、おっかない歌は何だ?」なーんて感想しか無いのですよ。。。

僕の中では、スクールウォーズと同じイメージしかありません。熱血先生と荒れている学生が更正する物語。ごくせんも一緒っちゃ、一緒。

あまり、自身を重ねて共感したり不快になったりする事は今まで全く無いです。
『説教クサイ』事自体がドラマですから。

その位、醒めていたのかもしれませんね。

中学時代のテレビの思い出は、上でどなたかがコメントしてましたが、ガンダムを見たくて、部活が終わった後(剣道部!)ダッシュで家に帰って見た位しか…

すみません。
深みも何もあったもんぢゃないコメントで。

投稿: V.J. | 2006.03.13 23:18

moonlightdriveさん、コメント感謝です。
いまいちテンションの低い中学高校に、姉の後を追って入学したSYUNJIです。
今回みなさんのコメントがどんどん深くなる・・

>トイレのドアぶっ壊したり、ガラス割ったり、授業中に消火器まいたり、先生と殴り合ったり、卒業生がバイクで校庭を走りに来たり…

わかりやすい荒れ方ですなぁ・・
まあ自分の中学校も同じようなことは時々ありましたけど、先生と殴り合うほど純な生徒ははっきり言ってほとんどいませんでした。
面が割れる悪さをしないずるいタイプの生徒が多かったですね。(あたしも?)

>「熱い交流」に入りきれないタイプの方が、内面的なグレが大人になっても尾を引く感じしますね…(笑)。

これは真理かもしれないですね。
中学生当時は「不良やるとソンだ」と達観?してたもんですが、今思うと不良やっといたほうが得だったのかも。

モンスリーさん、コメント感謝です。
学校のトイレが危険なのはどこも同じですね。

>特に不良にスポットがあたり、英雄視されたり、「救わなければならないのは彼らだ」という論調には、子供ながらも一つも納得できませんでした。

すごい感想だなぁ・・
確かに不良のみなさん、先生の持ち時間をかなり拘束しますからね。
更正すると「先生には迷惑かけた」なんて気づくんでしょうけど、「まわりの生徒にも迷惑かけた」とはあまり思わないのかもしれませんね。

「太陽にほえろ!」ですが、自分はジーパンの頃からすでにかなり見ていました。

>一番好きだったのはスコッチ刑事です。

ぷっきーが泣いて喜びそうな・・

V.J.若、コメント感謝です。
V.J.が意外に一番まじめな学生さんだった?

>中島みゆきの「世情」が流れる中、スローモーションで、沖田のヒロ君とかが、手錠をはめられるシーンを見て

あーあたしも同じような感覚で画面見てましたね。
「大げさだなぁ」とも思ってましたが。

>僕の中では、スクールウォーズと同じイメージしかありません。熱血先生と荒れている学生が更正する物語。ごくせんも一緒っちゃ、一緒。

自分はどれも見てませんが、イメージはやっぱ一緒ですね。
うーん、やっぱり不良やっといたほうが先生にかまってもらえてお得ってこと?

投稿: SYUNJI | 2006.03.15 00:05

意図的ではありませんが(←あやしい)、自分の記事とこちらへのコメントで不良なるモノへのレポートが一本書けそうで、家田○子に依頼しようと考えている、スコッチ、、、いやぷくちゃんといいます。

いやあ、本当に荒れていた学校ってあったんですね。私の時代、私の地方では考えられません。教師に手を出すなんて・・・

一度、気の弱い教師が、生徒に軽い冗談(ちょっとお下品なエロネタ)を言われて、ショックで休んだ時には全校集会、親も必ず参加版、というのが開かれた、、、というのを覚えている程度かな。。。。

ガラスが割られた学校。どうやってガラス割るのかな。わくわく。(←馬鹿)

大学に入ってからこのような惨状が伝えられていました。教師には絶対なるものか・・・と思ってしまいました。

投稿: ぷくちゃん | 2006.03.15 06:06

ぷく先輩、コメント感謝です。

>私の時代、私の地方では考えられません。教師に手を出すなんて・・・

先輩の学校、良家のご子息ご令嬢が通うセレブスクールとお見受けします。
きっと先輩も徒歩で登校するなどもっての他だったのでは・・
先生に冗談を言っただけで全校集会・・
なんかそういう学校のほうが自分には驚きですが。

あたしの中学校は警察沙汰はあまりなかったですが、古い校舎の上に生徒数が多くて修繕も追いつかず、どうやって開けたのかわからないような大穴が壁にあったり、どういう業者から仕入れるとこうなるのかと思わせるほど窓とサイズの合わないカーテンが下がっていたり、全体的に貧乏臭い学校でしたね。
トイレの後はみんなカーテンで手を拭く習慣が身についており、高校に入ってもそのノリでやってたら他中出身の連中が引いてしまいました・・

みなさんこれだけ多様な中学校生活であれば、金八先生の見方もそれぞれなんでしょうな。

投稿: SYUNJI | 2006.03.16 23:12

オジキ
改めて皆様のコメントを拝見し、なんだかんだ言って、距離感云々含めて、教師との関わりに言及していますよねぇ。(金パチネタだから当然ですが)

僕にとっては、全て違和感があるんですよ。
なぜかなぁ~と、その辺を改めて考え直してみると…

実は、あっしは「教師の息子」です(笑)

で、田舎なもんで、うちの市を中心に近辺の村部を含めた狭いエリアを、教師達もぐるぐる回っているんですよね。。。

つーことは、うちのオヤジは、うちの中学の教師とほぼ同僚(荒廃ぢゃなくて後輩)ばっかなんですよね。

みーんなオヤジの知り合い。
これ結構悲惨で、家庭訪問なんて、一番遅くに来て、僕の話は1ミクロンもせずに、オヤジと酒飲んでおしまい。

そんなヤツラばっかりだったんで、反感とも共感とも無神経ともちがう、「ちょっと遠いおじさん。おばさん。」みてぇな感じって言ったらいいのかなぁ…うぜーな。って思っても、それを態度にも出さず、かといって、お年玉くれる訳じゃないから、好きって訳でもない。。。

偉そうな事言ったって、オヤジが「あいつはどうのこーの」なんて話聴くと…

中学時代ですから、そんなにオヤジと話をした訳でもないですが、なんか、遠い親戚だか、身内の知り合いが担任だった。って点が、圧倒的にみなさまとの距離感含め感じ方の違和感を感じる部分なんだなぁ。
と、今更発見。

そんなこんなもあり、全く1人も知らない高校時代は反動ですき放題・・・
そんなかんじですね。

(すみません。長い割には意味無しコメで)

投稿: V.J. | 2006.03.16 23:52

舎弟の家庭の秘密を見てしまったような親分と言います。毎朝早起きです・・・

いやあ、親が先生。凄いですよね。うちなんか商売屋でしたので、品のなさは天下一品!それで今の俺があるのさ!ってな感じでしょうか。

SYUNJIさん、

>先生に冗談を言っただけで全校集会・・

いやあ、セレブでもなんでもないです。

詳しくは書きませんでしたが、実は体育の水泳の着替えの時間、生徒の一人がその先生の局部を目撃。その特徴(まあとても可愛かったということですが)を言いふらしてその先生ノイローゼ・・・休職・・・(ちょっと躁鬱の気もあったらしい。)

大問題になってしまいました。でも本当は集会を開くたびに校長が「○○先生の××を△△と言った生徒がいて・・・」と連発していたから、そちらのダメージが大きかったのではないでしょうか?

冷静に考えてみれば、大人だ大人だと思っていた彼らも20代そこそこだったわけで、自分の20代を考えてみても、未熟者(本当は今でも未熟)だったから、仕方がないのかな、なーんてね。

ちなみに今日の新聞見たら。4月の異動で校長になるそうな。ゆすってやろうかな。ぐふふ・・・

投稿: ぷくちゃん | 2006.03.17 05:52

V.J.若、コメント感謝です。
教師の息子ですか・・・道理で発言に知性が満ちあふれていると常々感じていました。(←権威至上主義)
お父様の学校では警察が来たりしたことはないんでしょうか。

>家庭訪問なんて、一番遅くに来て、僕の話は1ミクロンもせずに、オヤジと酒飲んでおしまい。

なんだか微笑ましい光景だなぁ。
家庭訪問て今でもやっとるんでしょうか?
そのうち「個人情報うんぬん」でなくなっていくかもしれませんね。
最近じゃ連絡網とか卒業アルバムの住所録もやめてる学校増えてるそうですし。

ぷく先輩、コメント感謝です。
>実は体育の水泳の着替えの時間、生徒の一人がその先生の局部を目撃。

・・・全く同じ状況の事件、ウチの中学でも起こりました。
ただしウチの学校の場合、先生がそういうことに頓着しない人だったんで、単なる生徒間のウワサネタとして流布していっただけでしたが。

>校長が「○○先生の××を△△と言った生徒がいて・・・」と連発していたから

素敵な展開です。
それで今の先輩のご趣味がそうなってるんですね。(意味不明)
琴欧州、今場所も元気でなによりです。(もっと意味不明)
あ、また金八先生が置き去り・・

投稿: SYUNJI | 2006.03.18 10:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/9044424

この記事へのトラックバック一覧です: 見ていない 第2回 3年B組金八先生:

« 聴いてない 第84回 メタリカ | トップページ | 聴いてみた 第26回 ザ・フー »