« 音楽がわかる世界地図 | トップページ | 聴いてない 第81回 ブライアン・セッツァー »

聴いてない 第80回 ライオネル・リッチー

これまで重ねて告白してきたとおり、ブラック系に関しては全滅状態であり、誰を採り上げても全て「聴いてない」ということになる。
そのブラック系の中で最も聴いてきたのはマイケル・ジャクソンだ。
まあそれでもせいぜいアルバム1.5枚程度で、とても「聴いてきた」とは言えないのだが。
さて2番目に聴いてきたブラック系は誰か?と改めて考えてみてわかったのがこの人、ライオネル・リッチーである。

2番目などと言うものの、自主的積極的に聴いたわけではもちろんなく、80年代に飛ばしたヒット曲はなんとなくだいたいエアチェックできていた、という程度で、聴いてない度は3。
アルバムは全く聴いていない。
せっかくなので聴いてる曲を全部あげてみます。
・Truly
・You Are
・All Night Long
・Hello
・Dancing On The Ceiling
・Ballerina Girl
・Say You, Say Me

思ったより聴いてるね。
これで「2番目に聴いてる」んだから、3番目以降はだいたいみんな同じくらい聴いてないです。
たぶん3番目はホイットニー・ヒューストンじゃないかと思いますが。

聴いてはいないのだが、こうしてあげてみるとどの曲も悪くないですね。
マイケル・ジャクソンやプリンスほどのいかがわしさもなく、スティービー・ワンダーほど癒やし系でもないのだが、歌はうまいしダンサボーでバラードもまあいい感じではある。
「All Night Long」はビデオもなんとなく覚えている。
ライオネルをはじめたくさんの人が文字通り夜通し踊っているところに、警官風の男が登場。
いかにも取り締まりに来たという風情なのだが、みんなにはやし立てられて結局踊りに参加してしまい、全員で大合唱・・・といった内容だったと思う。
「田んぼに行って捨ててこいや!イエ~田んぼ田んぼ」と聞こえることでも有名ですね。
この曲が収録されている「Can't Slow Down」というアルバムはとにかくやたら売れてたようで、当時ビルボードやキャッシュボックスのアルバムチャートでずいぶん長い間ランクインしていたのを覚えている。

後はUSA For Africaでの活躍がよく知られたところだろう。
ダリル・ホールはライオネルとマイケルの作った「We Are The World」は「イマイチであまり歌いたくなかった」そうだ。
コモドアーズの曲は「Lady」だけ知っている。
ライオネルがどういう理由でグループを脱退したのかわからないが、脱退したことについては「白人に魂を売った」などという批判もあるらしい。
そういやとんねるずの石橋の扮装キャラにも「ライオネル・リチ男」ってのがあったなぁ。

ネットで調べて初めて知ったのだが、「Dancing On The Ceiling」以降7年ほど活動休止期間があったそうだ。
自分が聴いてないだけで、てっきりずっと売れてるもんだと思っていた。
ラップやヒップホップなど新しいブラック系のジャンルに帯同しなかったことが、長期間の沈黙につながったとのことだが、確かにライオネル・リッチーのラップってのもムリがあるように思える。
あれだけの歌唱力があってラップをやるのももったいないですよね。

ライオネル・リッチーには最初の妻の連れ子(養子)のニコールという娘がいるのだが、これが度を超えた世間知らずのクスリっぽい娘で、金持ちお嬢の彼女が一般家庭でホームスティしたり商店でアルバイトをする「シンプルライフ」というドキュメンタリー番組?が全米では大受けらしい。
ニコールはとにかく金持ちの娘なので、一般家庭や商店での常識を全く理解しておらず、そのズレっぷりバカっぷりが痛快なんだそうだ。
この番組のことは全米のおかしな話を集めた本で読んだので知っていたのだが(番組は見てません)、ニコールがライオネル・リッチーの身内だとは知りませんでした。
こんなの養子にしちゃって、お父さんも大変だろうなあ。
ニコールの写真はあちこちのサイトで見られますが、なんか顔が摩邪に似ているような気がします。

ということでライオネル・リッチー、華やかなりし80年代のスターという部分しか知らなかったのですが、その後けっこう苦労されてるようで、そういうところになんとなく興味がわいたりしています。
採り上げていながら聴く意欲はあまりありませんが、ベスト盤くらいなら聴いてみてもいいのかなと思います。

このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

|

« 音楽がわかる世界地図 | トップページ | 聴いてない 第81回 ブライアン・セッツァー »

コメント

ライオネルリッチーねえ!この人80年代に名前を知った時に誰かと思いましたね!しかしあの見覚えのある顔。はい、70年代ディスコファンクブームの時にコモドアーズでムーグを弾いていた人ですね!実質彼のワンマンバンドだったようですが、?マシンガンはFENでめちゃめちゃかかっていました。まあ、コモドアーズってファンクだけとおもっていたらバラードも得意だったみたいで、となると80年代のリッチーも納得できるわけで、でもあの顔でうたわれてもというのが自分の意見です。なので、曲はしっていますが全く聴いていません。

投稿: マルチオーディオ | 2006.01.14 13:03

SYUNJIさん、こんにちは。有名ブロガーPです。

ライオネル・リッチー。どうもあの無理やり頭の上にのせたような髪の毛・・・似合っていないなあ、不思議だなあというのが私の主たる意見のアーチストです。

>みんなにはやし立てられて結局踊りに参加してしまい、全員で大合唱・・・といった内容だったと思う。

このノリ・・・よくありますが私も大好きです。ユーミンもぱくっていました。

>「田んぼに行って捨ててこいや!イエ~田んぼ田んぼ」と聞こえることでも有名ですね。

鶴光のオールナイトニッポンではもっとえげつなく聞こえていると投稿がありました・・・

で、ライオネル・リッチーですが、SYUNJIさんのあげた数曲だけで十分じゃないでしょうか?私はこれ以上聞きたいとは思いません。この音楽体験は・・・(あわててJunkに取り押さえられる・・・・)

投稿: ぷくちゃん | 2006.01.14 14:21

SYUNJIさん、こんばんは。

私もブラック系はあまり(ほとんど?)聴かない方で、ライオネル・リッチーは名前を知っている中でも、特に苦手なミュージシャンです。どうも私と相性が悪いというか・・・どうにもダメなんですよね。
聴かず嫌いな面もあるかもしれないけど、聴かなくてもいいかな、って感じの存在です。

昔書いた記事をTBさせてもらいました。

投稿: Junk | 2006.01.14 18:51

キター!ライオネル・リッチー!近いうちにくるんじゃないかな、なんて読んでました。ふふふ。私もライオネル・リッチーはSYUNJI兄さんが書いてるその辺しか知らないんですよね。なにしろ私も彼に関しては貸レコ屋でも借りた試しがないんですよ。ロバート・パーマーは何枚も借りたのに。なのでエアチェックオンリーアーティストです。リッチーってば歌うまいなーとか思いつつ、「Say You, Say Me」はじめバラードの印象ばかりが強くて、だけど「All Night Long」は好きでしたね。リッチーやるじゃん!とかね。後にコモドアーズの人だったんだと知り汗汗。
やっぱ私はプリンスラブだったなあ(笑)。恥ずかしながらこの歳になってまた再熱してますが(笑)。
とんねるずの石橋のリチ男は似すぎてて出る度に大爆笑でしたね。木梨のマイケルも好きでした。

投稿: | 2006.01.14 19:25

みなさんコメント感謝です。
あんまし聴かれてないですね、ライオネル・リッチー。

マルチオーディオさん:
>コモドアーズでムーグを弾いていた人ですね!実質彼のワンマンバンドだったようですが

そのようですね。
自分はバンド時代は全く知らないのですが、コモドアーズはライオネルが脱退してあっという間に弱体化してしまったそうですが。

>でもあの顔でうたわれてもというのが自分の意見です。

はぁ・・確かに顔デカイなあといつも思います・・デカイのはアタマ?

ぷっちー:
>どうもあの無理やり頭の上にのせたような髪の毛・・・似合っていないなあ、不思議だなあ

これまた辛辣なご意見・・
なぜみんな顔やアタマばかりに注目?
彼、シンガーなのに・・(しかし激しく同感はする)
80年代は少し日の経った松茸みたいなアタマしてたもんなぁ。

Junkさん:
また来た、聴いてない人が・・
自分は相性が悪いというほどの感覚はないんですけど、あまり鑑賞意欲はないですねぇ。
誰かビッグネームと異色のデュエットするとか、エポックな話でもないかなと思ったりしますが。
自分の場合、相性が悪かったのはやっぱニール・ヤングです。

祥お嬢:
え、お嬢も聴いてないの?
4人もコメンテーターが来ているのに、誰も聴いてない!

>だけど「All Night Long」は好きでしたね。

あたしも嫌いじゃないんですよ。
ビデオも覚えてるくらいだし。
お嬢には悪いけど、プリンスよりは好きですわ。
でもこの曲の入ってるアルバム、アメリカでのめちゃくちゃ長期間チャートイン実績のわりに、日本じゃそれほどでもなかったみたいで・・・
やっぱ顔やアタマがいけなかったの?
あと、お嬢「リッチー」って呼ぶけど、あたしにとってはリッチーと言えばやはりブラックモアですね。(どうしてもそこに行く)

とんねるず石橋キャラの中ではホモ尾田ホモ男が好きでした。(ぷっきー、必要以上にうなずかないように。)
あとプリンスも1回だけやったなぁ。
黒板に「苗場」って書いて振り向きざま「プリンスです」。大爆笑。

投稿: SYUNJI | 2006.01.14 23:33

ライオネルリッチーって、歌はうまかったですよね。
そして馬みたいですね…
私としてはライオネル・リチ男の方が断然好きです。
でも保毛尾田保毛男の方が好きかな。
あと歌がうまいのに、イマイチだった岩崎良美は、
女優さんになっちゃいましたね。(意味不明)

投稿: モリ男 | 2006.01.15 15:26

SYUNJIさんのとんねるずの記載に、自分に2歳違いの弟がいたら、お笑い体験は同一性を持っていたんだろうなと感じたぷくちゃんと言います。

多分、とんねるず世代は、笑いながらもダウンタウンには少し違和感を感じていた事でしょう。

ぷっちー・・・一体誰の事でしょう?おまけに呼び捨て・・・さらに他の人たちより返事がおざなり・・・・お兄ちゃんは許しませんよ。

投稿: ぷくちゃん | 2006.01.15 19:38

SYUNJIさん、こんばんは。
全く聴いていません。ライオネル・リッチー・ブラックモア。
話がいきなりそれますが、洋楽ミュージシャンの名前をどれだけ
連結できるか、ちょうど「Hello」が流行っていた頃にやって遊び
ました。
デビッド・ボーイ・ジョージ・マイケル・ジャクソン・ブラウン
昔はもう少し長く連結できましたが・・・・

すみません、おちゃらけが過ぎました。
リッチーですが、SYUNJIさんがあげられた曲の中では、
・Hello
・Say You, Say Me
多分、この2曲くらいしか聴いていません。といいますか、
両曲ともにMTVで見ました。それまでブリティッシュイケメンバンド
系の明るいプロモビデオしか見ていませんでしたので、「Hello」の
重い内容にはショックを受けました。また「Say You」も個人的に
好きな曲ではなく、これで打ち止めです。

>>ライオネルとマイケルの作った「We Are The World」

その割には、ビデオではマイケルばかりが目立っていますね。
以前は「そんなに目立ちたいのか」と思っていましたが、今冷静に
考えますと、人気のマイケルを露出させることにより、より売り上げを
のばそうという戦略だったのかもしれませんね。

投稿: モンスリー | 2006.01.15 21:37

みなさんコメント感謝です。
が・・それにしてもどなたもまともにライオネル・リッチーを聴いてないとは・・
今更ですがウチのBLOG、ホントにファンの方に申し訳ない内容が加速してて・・
「顔デカイ」「アタマがヘン」「馬みたい」「保毛尾田」「松茸」ってあなた・・(全部オメーが言ってんじゃねえかよ!byぷく)

モリ男さん:
>私としてはライオネル・リチ男の方が断然好きです。

だからその比較はファンのみなさんに申し訳ないって・・(偽善)
保毛尾田保毛男、叔母役で岸田今日子が出てたんですけど、あれがまた妙にリアルで秀逸な演出でよかったですよね。(結局そっちかよ)

ぷっぴー先輩:
あたしゃやっぱり関東の人間なんで、今でもダウンタウンや吉本系よりはとんねるずのほうが好きですね。
先輩もやっぱ保毛尾田保毛男がお好みですか・・(断定)

>さらに他の人たちより返事がおざなり・・・・お兄ちゃんは許しませんよ。

かなわんなぁ、兄ちゃんには。
そっちのBLOGではオレだって渾身のコメントを書いているのに、兄ちゃん他の人にばっかやさしいじゃん・・(甘える弟攻撃)

モンスリーさん:
やはり聴いてませんでしたか、そんな気もしてたんですけど。

>人気のマイケルを露出させることにより、より売り上げをのばそうという戦略だったのかもしれませんね。

これはおそらくそのとおりでしょう。
戦略を考えたのはクインシー・ジョーンズかもしれませんが。
本国アメリカでもライオネル・リッチーはやっぱアイドルキャラじゃないんでしょうし。
それにしてもライオネルさんご本人は、日本でコメディアンがものまねしてることはご存じだったのだろうか・・・(どうでもいい話ですけど)

投稿: SYUNJI | 2006.01.15 22:20

もぉ、みんなライオネル聴いてないんですか?
後にヒールに転向した…
それはライオネル飛鳥。。。
HAGEの愛称ぢゃかわいそうなので、Cをつけた人の相方…
それはCHAGE&飛鳥。。。

MTVで流れていた曲以外は知らないV.J.です。
こんにちは。

僕は彼をみていると、アフロよりもデカイ鼻が気になって仕方ありません。
彼とばんばひろふみでデュエットをお願いしたいです。
性you 性me
なんか強そうでして、うらやましいです…

ごめんなさい全く聴いていません。
今後も聴く機会無いと思います。
コメ汚し。失礼致しました。

投稿: V.J. | 2006.01.16 17:54

SYUNJIさん、こんばんは。
>>戦略を考えたのはクインシー・ジョーンズかもしれませんが

これは鋭いですね。敏腕プロデューサーですし。まあマイケルも
まんざらではなかったでしょうが。
ふと思ったのですが、「Do They Know It's Christmas」のプロモ
ビデオでは、ボーイ・ジョージが一番目立っている感じがします。

>>保毛尾田保毛男

??? こんなテレビ番組、関東ローカルであるのだろうかと
思ったら、人気番組の1コーナーのようですね。(検索して
初めて知りました)

投稿: モンスリー | 2006.01.16 23:01

V.J.さん、コメント感謝です。
多少予感はありましたけど、ここまで聴いてないコメントばっか集まるとは・・・
すっかりぷく組の汚れた血が全身に回ってますね・・
お互いの将来のためにも、あそこもう出入りすんのやめようか・・?

>アフロよりもデカイ鼻が気になって仕方ありません。

あのさぁ・・だから容姿を言うのはやめようよ。(←学級委員かよ)

モンスリーさん、コメント感謝です。
マイケルを押し出したことで、戦略的には半分は成功した感じですね。
まあクインシー先生の思惑どおりに歌ったとは思えないブルース・スプリングスティーンやボブ・ディランなんかもしましたけど・・

バンド・エイドでボーイ・ジョージが目立っていたのは事実でしょうね。
仕切ってたのはミッジ・ユーロだったと思いますが、ボーイがお気に入りだったんでしょうか。

ところで、保毛尾田保毛男をご存じない?
意外ですね。(何が?)
今は食わず嫌い選手権ばっかの番組ですが、当時も関西では放映してなかったわけじゃないですよね?

投稿: SYUNJI | 2006.01.17 23:28

正統的な論調で同じ主張を繰り返す学級委員を校庭に呼び出し、「おい!いいかげんに音楽ブログの看板降ろせや!」とすごんでいるPと言います。

>すっかりぷく組の汚れた血が全身に回ってますね・・

現在血液量通常人の2分の1ですから、他の人に回す余裕は・・・・

>お互いの将来のためにも、あそこもう出入りすんのやめようか・・?

以前そのような発言をされた方のブログに、エロトラバ100本ほど毎日来ているという噂を、「ビッグトゥモロウ」という雑誌で読んだ事があります。

でもモンスリーさんのご家庭、もしくは学生時代ってすごく真面目だったのでは?私の友人でも「ドリフ禁止」という家庭が一軒ありました。

投稿: ぷくちゃん | 2006.01.18 05:36

SYUNJIさん、こんばんは。
>>ところで、保毛尾田保毛男をご存じない?

多分、その食わず嫌いの番組だと思いますが、放送していました。
が、とんねるずが苦手で一度も見たことがありません。
おかげで、テレビ版「電車男」の主人公は全く知らず、「あれはチビノリダーだ」
と言われてもさっぱりで・・・・。
そうそう、ELOがリバイバルヒット→紙ジャケ化、急遽来日を思い描いて
いたのですが、無理でしたね。ソニー社もがっかりしたことでしょう。

ぷくちゃんさん、
>>「ドリフ禁止」
鋭い! 厳格な家にはほど遠いですが、「ドリフ」はもちろんのこと、
「ひょうきん族」「川口浩探検隊」「矢追純一UFO特集」
など、ことごとくダメでした(笑)。

投稿: モンスリー | 2006.01.18 23:25

ぷく先輩、コメント感謝です。
>「おい!いいかげんに音楽ブログの看板降ろせや!」とすごんでいるPと言います。

さすが、昔取ったきねづか。(←死語)
こういうセリフも使い慣れておられるようで・・
しかも「ビッグ・トゥモロウ」もご愛読?
「LEON」だけじゃなかったのね。
先輩んちは禁止番組はなかったんスか?

ところでモンスリーさん、とんねるず苦手ですか。
あのコンビって、お笑いの組み合わせとしては少し変わってると思います。
特にボケ・ツッコミの役割は決まってないし、悪く言えばどっちも中途半端ですけど、二人とも東京出身のせいか都会的なセンスがありますよね。
「ねるとん」なんて番組はたぶんダウンタウンではできないでしょうし。

我が家は特に禁止番組はなかったですが、「川口浩探検隊」「矢追純一UFO特集」は見てませんでしたね。
ヤオイの胡散臭さがいまひとつ気に入らず・・

投稿: SYUNJI | 2006.01.20 22:21

SYUNJI兄さん、こんばんは。トラバ、大感謝です!!
いや~、とうとう買ってしまいました。ライオネル・リッチー!
このコメントを書いた時、確かに1枚も借りた記憶がなかった
んだけど、後でテープの整理してたら…1枚だけ借りてた!
それが今回買った『Dancing On The Ceiling』だったんですよねー。
なんだ、聴いてたじゃん(笑)。
けど1枚だけってとこがまた微妙~なカンジでいいでしょ?

トラバしてみたんだけど、どうやら失敗したみたい。
すみませんですぅ。
でもね、このアルバム改めて聴いたけど良かったですよ。
500円じゃ高い!と言って(リッチーに失礼だろ!)なかなか
買わなかったけど、もう何枚か聴いてみたい気持ちになりました。
SYUNJI兄さんの記事、いいなぁ。いつもいつも勉強になります。
よっ!さすがロック検定合格者!v( ̄∀ ̄)v

投稿: | 2007.08.05 00:03

祥お嬢、コメント感謝です。
いやあしかしこのエントリ、記事内容もスカですが、みなさんのコメントがヤバすぎ。発禁モノです。
よく今までライオネル・リッチーのファンから苦情が来なかったと思います・・
「Dancing On The Ceiling」は楽しそうな感じでいいですよね。(フォローになってない)
このアルバムでは3曲知ってますが、いずれも音がきれいですね。(フォローになってない)

>SYUNJI兄さんの記事、いいなぁ。いつもいつも勉強になります。

聴いてないのでムリヤリとんねるずとかニコールとか、周辺の話題をくっつけた苦労がよみがえりました・・
でもよく考えたら聴いてないシリーズってずうっとこの調子です・・

投稿: SYUNJI | 2007.08.05 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/8151570

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてない 第80回 ライオネル・リッチー:

» う~ん・・ライオネル・リッチー [バックシートに座って]
カセットテープの中に“ビルボードナンバー1ヒット曲集”なるものがありました。(ま [続きを読む]

受信: 2006.01.14 18:38

« 音楽がわかる世界地図 | トップページ | 聴いてない 第81回 ブライアン・セッツァー »