« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

聴いてみた 第21回 ガンズ・アンド・ローゼズ

生返事の得意なSYUNJIです。
「聴いてない」に比べて「聴いてみた」はなかなか回数が増えません。
そんなある日、さる高名なBLOG評論家から、「貴様は他人から情報やアドバイスを多々受けておきながら、実際全然聴いておらず生返事ばかりではないか。この非国民めが!めが!めが!・・(←エコー)・・プフォオー(←ほら貝)」といった痛烈辛辣先鋭罵倒な指摘を受けました。(大誇張)
そんなわけで、今回はその圧力に屈してガンズ・アンド・ローゼズを聴いてみました。

聴いたのは「Appetite for Destruction」。

GUNS

彼らのデビューアルバムである。
「ああー全くよぅ、聴かねーとまた投げっぱなしトラックバックしてきたり妙な選手権始めたり毒きのこ送ってきたりでいろいろうるせえしなぁ・・しょーがねえ聴いてやるか」といった思いで、図書館からイヤイヤ借りてきました。(全部ウソ)

だいまつ師匠はそのあまりの良さに感動しすぎて妹にも強要したという非情のアルバム。
果たして自分にはどう聞こえるのでしょうか。

・・・・聴いてみた。

1. Welcome To The Jungle
FMで流れているのを聴いたことはあったが、イントロからきちんと聴くのは初めてである。
大きな感動といったものはないが、ガンズのイメージを決定づけるにふさわしいバイオレンス路線だ。

2. It's So Easy
アクセルのキーが低く、別人の声のようだ。
曲そのものはそれほど好みの音ではないのだが、むしろアクセルの多様な声に驚く一曲である。

3. Nightrain
最もガンズらしいのはこういうスピード感にあふれた曲だと思う。
後に発表される「You Could Be Mine」なんかもこの路線だ。
スラッシュのギターはやはり不世出のものだとあらためて思う。
エンディングがフェードアウトなのがちょいと物足りないね。
バシッと決めて終わったほうがいいと感じた。

4. Out Ta Get Me
この曲も調子は同じ。
アクセルは初めから終わりまでほぼシャウトしっぱなしなのだが、好みかどうかは別として、この声はやはりすごい。

5. Mr. Brownstone
またアクセルの別人のような低い声。
アクセルに関しては、自分はどうも高い声のほうが好みなようだ。
ギターは他の曲と変わらない音だが、ラテンのようなリズムが織り込まれていて、結構複雑な曲になっている。

6. Paradise City
少し不思議な曲だ。
全体の進行はなんとなくブルースのニオイ(香りではない)のするサウンドとリズムなのだが、サビの部分が意外とポップで明るい調子だったり、後半スピードチェンジがあって一気にアップテンポになったり。

7. My Michelle
可憐なタイトルと裏腹に、やはりヘヴィな曲である。
この曲はギターよりも、シンバルも含めたドラムの音のほうが目立つ気がする。

8. Think About You
これもスピードの早い曲だが、途中やエンディングに聞こえるアコースティックな音がかなりイイ。
どんな楽器の音かよくわからないが、ハープシコードのような音である。

9. Sweet Child O' Mine
この曲はこれまでずっとMTVから音声をテープに録音したものを聴いていた。
オリジナルを聴くのは初めてだが、ところどころMTVの音とは違う部分がある。
違いを聞き分けるために注意深く聴いてみたが、スラッシュのギター、アクセルのボーカル、聴きどころが一番多い。
これはやっぱ売れて当然という気はする。

10. You're Crazy
あんまりなタイトルだが、スピードもキーも一番トップな曲。
ただそれほどの細工やアレンジはなく、正統派のロックナンバーだ。
この音がダメな場合はガンズを聴いていくのは難しいんだろうね。

11. Anything Goes
「何でもあり」という意味の曲らしいが、他の曲に比べて楽しそうに演奏しているように聞こえる。
ギターソロの部分で少し音を歪ませたアレンジがあるが、その後のガンズの曲でも同じような音が聞こえるので、彼らはこのサウンドが好きなのだろう。

12. Rocket Queen
サウンドとしてはそれほど鋭いものはないが、ギターソロの合間にお姉ちゃんの艶めかしい声があったりする、青少年向けサービスソングである。
ガンズの曲に時々あるようだが、途中で曲の雰囲気が少し変わる。

感想。
それほど「気に入った」という感覚はないのだが、聴いてみて退屈だと思わなかったのは、自分でも意外だった。
アクセルのボーカルは今更説明の必要もないだろうが、あらためて聴いてみるとものすごい才能である。
陳腐な表現になるが、ロバート・プラントとデビカバとスティーブン・タイラーのいいところだけを持っていった感じである。
しかも他の誰にもまねできない表現力だ。
スラッシュのギターもやはりレベルが少し違うようだ。
奏でる音自体はどの曲でもそう大きく違わず、アレンジもそんなにバラエティに富んだものではないと思うが、むしろブレない力強さを感じる。

粗暴なイメージをウリにしてきたバンドで、歌う内容も暴力・ドラッグ・オカネ・お姉ちゃんといった猥雑なものばかり、実際暴力沙汰で騒がれたりもしてるが、このアルバムに関して言えば、かなり緻密に音を作ってきていると思う。
アクセル・ローズ、声や歌い方が特殊なせいで、「歌うまいね」という評価はあんまし来ないのかもしれないけど、個人的にはこの人歌うまいと思う。
これまで歌がうまいと思ったことなんかなかったんだけど、音楽の基礎はわかってやってると思いますね。
記者を殴ったり観客にマイクぶつけたりといったキャラクター面や、内紛とか仲違いとか内輪もめとか仲間割れなどの人間関係面ばっか注目していたのですが、本来の楽曲・演奏・歌唱といった音楽面で、これだけ高い水準を持っているとは思ってませんでした。

ひとつだけ注文をつけるとしたら、自分は「Patience」という曲が一番好きなのだが、このアルバムにも「Patience」調のバラードが1曲あったらもっと良かったのではないかと思う。

ということでガンズ、今回自分なりの評価はけっこう高いです。
他のアルバムにもそれぞれ知っている曲があるので、案外どれも問題なく聴けそうな気がします。

このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif


| | コメント (10) | トラックバック (2)

聴いてない 第77回 イングウェイ・マルムスティーン

ロック・ミュージシャンの「人間関係」のファンのSYUNJIです。
しかし、その人間関係についても全く不勉強だということが最近露わになってしまいました。
人間関係の象徴ともいうべきバンドのサバスを実はよく知りませんでしたし、アルカトラスにいたのは誰か?という設問にもグラハムとしか答えられないことも発覚しました。

さてそこでイングウェイ・マルムスティーン。
表記としてはイングヴェイが正しいようだが、先日のピート・タウンゼンド事件以来なんとなくどうでもいいような気もしてきましたんで、イングウェイ、略してインギーと呼ばせていただきます。
本人はインギーと呼ばれるのは好きじゃないそうですけど。

あらためてインギー、全く聴いてません。
ソロも参加バンドも含めて、インギーのプレイを聴いたことがない(と思う)。
聴いてないのは当然としても、顔も名前もけっこう前から知ってはいたのに、履歴や人間関係については残念ながらさっきまでほとんど知らなかった。

インギーをまず有名にしたのはグラハム・ボネットのバンド、アルカトラス。
などとスルっと書いてますが、アルカトラスは知っていてもそこにインギーがいたとは知らなかった。
かなり痛恨。基本だろうなコレ・・
「越中が最初にいたのは全日本」と同じくらい基本だろう、きっと。

アルカトラスは、お友達のコージー・パウエルにMSGを先にやめられちゃってぐったりしたグラハムが、もう少しアメリカ市場に目をむけるべく結成したバンドである。(ココまでは知ってました)
で、オーディションでプレイを聴いてグラハムが即決したのが、リッチー・ブラックモアとバロック音楽のファンで、ギターテクニックだけでなく作曲の才能もあるインギーだったとのこと。
アルカトラスにはインギーの後スティーヴ・ヴァイも参加してたそうですね。
これも知らなかった・・・

アルカトラス後のインギーは、ソロでもバンドでもけっこうアルバム作ってるんですね。
これも調べてみて少し驚いてしまった。
しかもボーカルがジョー・リン・ターナーだったり、別のアルバムではドラムがコージー・パウエルだったり。
インギーはこのあたりの有名人よりもずっと歳が若いはずだが、そんなことは関係なくビッグネームと共演できる実力を持っていたということでしょうね。

以前雑誌でインギーが「世界中で最も過大評価されているギタリスト」としてジミー・ペイジをあげていた。
さすがリッチー派のインギー、ペイジを敵に回すことも厭わない痛烈な発言である。
年代的にはインギーが頭角を現す80年代にはペイジがもっともぷよぷよでぼよよんな状態だったはずなので、インギーとしてはよけいにそう思えたのかもしれない。
で、それとは関係ないが、その昔別の雑誌でリッチーがペイジのことを「ライバルと思ったことはない」と言っている記事を見たことがある。
リッチー御大の発言は猪木に対する馬場の発言そのものである。
なんとなく語るに落ちた感じがする御大の微妙な発言だが、「ライバルと思ってない」のはむしろペイジのほうで、ペイジの視野にはベックやクラプトンは入っていてもリッチーは全然入ってないような気もするのですが。
でもこういうことを気にしてるのって日本のファンだけなんじゃないか?とも思うのだが、どうなんだろう?

さて、肝心のサウンド。
ギターの音は楽器の中でも一番好きなので、インギーがどんな音を出すのか、やはり確認せねば話になりませんね。
ちなみにギタリストで言うと、自分はエドワード・ヴァン・ヘイレンだけは別格だと思っている。
これは「好きなギタリスト」「好きなギターサウンド」という意味でのランク付けとは少しニュアンスが違うのだが、エドワードの出す音は他の誰とも違うように聞こえるのだ。
もちろん他にもブライアン・メイやクラプトンやリッチーやスラッシュなど好きなギターサウンドはたくさんあるが、エドワードだけは次元が違うというか、別な楽器を使っているような、そんな感じ。
「早弾き」「超絶テク」と表現されるインギーのギターワーク、エドワードと比較してみたい気もします。

えーと結局ロックは音よりも人から入ってしまう自分ですが、インギーを聴くのであれば、やはりアルカトラスのアルバムやジョー・リン・ターナーのボーカルとのセットから始めたいと思っている。
が、もっとインギーなサウンド炸裂アルバム(表現が古くさい・・)があれば、教えてほしいと思っております。

このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (15) | トラックバック (3)

聴いてない 第76回 ブラック・サバス

元祖デスメタル、暗黒の呪術集団、ブラック・サバス。
全く聴いてません。
1曲も知らない。
ちなみにサバス、発音は原則ケツ上げでお願いします。「中野」と同じように。

採り上げておきながら、正直聴いてみたいとは全然思っていません。
話によると「遅い・暗い・重い」「恐ろしい気持ちにさせる」サウンドだそうなので、そんな気持ちになりたかない。
が、実は今猛烈にサバスに興味がわいているのである。

サバスについては「トニー・アイオミとオジー・オズボーンがやってたバンド」程度の知識しかなかったのだが、ネットで少し調べたらこれがまたしつこいほど離合集散の繰り返し。
これで急激に興味がわいてきました。
パープル・ファミリーとも縁が深いようで、おなじみの名前がばんばん登場。
そもそもはトニーとオジーが中心になって結成されたそうだが、その後の参加メンバーがまたすごいことになっている。

・ロニー・ジェイムス・ディオ
・イアン・ギラン
・グレン・ヒューズ
・コージー・パウエル
・ニール・マーレイ
・ドン・エイリー

もちろんこの人たち全員が同時に参加したわけではなく、入れ替わり立ち替わり出入りしていたとのこと。
オジーやロニーは何度か出入りしており、他にもあちこちのバンドから様々なメンバーがやってきては演奏し歌い、参加延べ人数はパープルよりも多いらしい。
真相はよくわからんが、彼らの活動はとにかく「脱退」「解雇」「再結成」「呼び戻し」「再雇用」の言葉が飛び交う、U系団体のような歴史をたどっているようだ。
ゲストで関わった人にはリック・ウェイクマン、ロブ・ハルフォード、ブライアン・メイなんかもいるそうで、こんだけいろんな人が入り乱れてくると、どうしても経理面が気になってしかたがないですな。
印税とかギャラとかスタジオ賃貸料とかホテルのルームサービスとかロケ弁当代とか、まあきっとすごいことになってるんだろう。

ロニー・ジェイムス・ディオは「コージー嫌い・オジーもっと嫌い」らしく、このへんの愛憎劇は話として実に楽しそうだ。
テレビ雑誌でよくドラマが始まる前に登場人物の相関図なんか載せてますよね。
主人公とヒロインが真ん中にいて、まわりのワキ役との間に矢印で「片思い」「気になる存在」なんて書いてあるヤツ。
あれのサバス版とかパープル版なんてのがあったら、あたしゃ一日中見ても飽きませんよ。
こういうのどっかのサイトにないかなぁ。

トニー・アイオミという人がどういう人物なのかわかりませんが、これだけいろいろなミュージシャンと活動できるってことは、問題は山ほどあるんだろうけど、それなりに人望があるんでしょうね。
単なるこらえ性のないおっさんだったら、次から次へとメンバーが集まらないだろうし。
いったんクビにしたメンバーを、自分の都合でまた呼び戻すなんて芸当はなかなかできないと思うんですけど。
(呼ばれて戻る人もどうかとは思うが。)

いやー楽しそうだ、サバス。
おもしろい!
おもしろすぎる!
サバス最高!ステキだ・・
そんな感じ。(どんな?)

ライブドアとフジテレビの攻防のさなか、村上さんや北尾さんといった濃いキャラクターが続々とテレビに登場し、爆笑問題の太田は「まるで少年ジャンプを読んでるみたいだ」と表現していたが、サバスの歴史もまさに少年ジャンプのような戦国絵巻様相だ。
やってることはホント日本のプロレス団体と同じだよなぁ。

ファンの方には大変申し訳ないのですが、正直サウンドなんかどうでもいいので、アルバムを聴くよりも歴史をとことん学びたいですね。
もっと若いうちから勉強しておけば良かった・・と後悔している。
(そういうことはふつう仕事とか学問に対して思うものだが。)
聴いてないシリーズでこういう問いかけは初めてですが、サバスに関するお勧めの書籍(もちろん日本語)があれば、ご紹介いただきたいと思います・・・って、そんなのあるのかなぁ。

このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (12) | トラックバック (4)

聴いてない 第75回 ティアーズ・フォー・フィアーズ

80年代を代表するブリットポップ・デュオ、ティアーズ・フォー・フィアーズ。
結構前から書こうと思ってはいたのですが、75番目の登場となりました。
名前が長いので以後TFFと略させていただきます。
それにしても変な名前。
80年代ってこういう長い名前のバンドが多かったよなぁ。
フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドとかリサ・リサ&カルト・ジャムwithフルフォースとかスキャンダル・フィーチャリング・パティ・スマイスとかジョン・キャファティ&ザ・ビーバーブラウン・バンドとかボブ・シーガー&シルバーバレット・バンドとか・・・
ちなみに今あげたバンド、全部聴いてません。
こんなの書いてるとどっかのBLOGで「長い名前のバンド選手権!ブフォオー(←ほら貝)」などといった企画が始まりそうな気がしてならない。

TFF、聴いてない度は3。
「Shout」「Everybody Wants To Rule The World」「Mothers Talk」「Sowing The Seeds Of Love」が知っている全曲である。
ベスト盤を借りたことはあったはずなんだが、テープは残っていないので、上記以外の曲は全く覚えていない。
当時流行っていたから聴いただけで、それ以上のことは何もしていません。
「Mothers Talk」は彼らのアルバムではなく、バンド・エイドのアルバムで聴いた。
ボン・ジョビの巻でも書いたが、バンド・エイドスペシャルという企画系?アルバムが貸しレコード屋にあり、バンド・エイドの他にブームタウン・ラッツやジェネシス、ボン・ジョビの曲も納められていた。
この中に「Mothers Talk」が入っていたのだ。

聴いてない理由、というより、上記の数曲を聴いた理由は、単純に流行っていたからである。
スパンダー・バレエとかABCとかヒューマン・リーグと同様、シングルとしてFMでかかっていた曲はエアチェックしたが、アルバムまで聴くことはしなかった。
90年代も活動はしていたらしいが、全く売れてなかったはずだ。
おそらくそれほどアルバム枚数は多くないだろうし、全アルバムを聴いている人も少ないと思う。
今日本で彼らのCDって全部入手可能なんだろうか?
あくまでイメージですが、トーキング・ヘッズやXTCほどのマニア度はないように感じています。
(どれも聴いてませんが)

中心となるメンバーはローランド・オザーバルとカート・スミスの二人だが、どちらも顔と名前が一致しない。
ネットでの表記も「オザーバル」「オーザバル」「オザバル」とバラバラ。
デュオとして有名ということになっているが、この2人以外にもクレジットされたメンバーがいるらしい。
また一時期ローランドがひとりでTFFを名乗っていたこともあるようだ。

聴いた中では「Everybody Wants To Rule The World」「Sowing The Seeds Of Love」はいいと思う。
音に広がりがあり、きらびやかでゴージャスな感じだ。
「Sowing The Seeds Of Love」はプロモ・ビデオもなんとなく覚えている。
アニメと実写が混じった映像を背景に、彼ら二人が歩きながら歌い、本を投げたりする・・・といった、文字で書くと全然説明になってませんけど、そんなビデオだったと思う。
この曲は多くの方が気づいているとおり、ビートルズの「I Am The Walras」と歌い方がそっくりである。
あちこちにビートルズの影響と思われる音がちりばめられており、まるで奥田民生のようだ。
「オマージュ」なんて言うと聞こえはいいが、まあかなり露骨な模倣部分はあるし、それはローランドも認めているようだ。
「Shout」「Mothers Talk」は少し重く乾いた感じの曲で、印象には残るがそれほどの感動はない。

今回TFFに注目したのは、2003年に復活しアルバムを発表したことを知ったためだ。
10年以上のブランクを経ての復活であり、メンバーもローランドとカートの2人。
しかもこのアルバム「Everybody Loves A Happy Ending」の評価はかなり高いようである。
もうひとつ、ネットでTFFについて検索していたら、興味深いサイトに行き当たった。
あのフレディ・マーキュリーが20年前の週刊FMのインタビューで、「プライベートでどんな音楽を聴いているか?」という質問に対し、「ティアーズ・フォー・フィアーズも好き」と答えていたのである。
(参考サイトはこちら
1985年のインタビューなので、フレディの言うTFFは「Shout」「Everybody Wants To Rule The World」の頃と思われる。
流行っていたとはいえ、フレディが評価してたとは意外ですね。
これで少ーしだけ興味がわいたのです。

そういうわけで、聴くとしたら代表的なアルバム「Songs From The Big Chair」「The Seeds Of Love」と、2003年の「Everybody Loves A Happy Ending」になるのだろうが、これらも含めてTFFの評価や感想など教えていただければと思います。

このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif


| | コメント (26) | トラックバック (3)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »