« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

聴いてない 第72回 トーキング・ヘッズ

72回も聴いてない自慢をしておいてナンですが、やはり「聴いてない」ことを白状するのは、どのアーチストも結構後ろめたいものです。
今回採り上げるトーキング・ヘッズも、実はできればあまりふれずに通り過ぎたいアーチストである。
ロックが好きな人たちと楽しく談笑してて、トーキング・ヘッズの話題になったら、一応聴いてるフリして適当に相づちは打つが本音は「あー早く他の話題に移りたい・・」と感じてしまう、そんな位置づけだろうか。

トーキング・ヘッズの名前は80年代から一応知ってはいた。
ただFMで彼らの曲をエアチェックしたことは一度もない。
「Road To Nowhere」1曲しか聴いてないので、聴いてない度は2。
しかもこの曲、発売は85年だそうだが、聴いたのは93年になってからである。
どことなくエスニックな雰囲気の、行進曲調のサウンドだ。
自分は昔録音したテープをMDに複製したものを毎日の通勤時に聴くのだが、今日選んだMDに偶然この曲が入っていた。
93年当時にMTVから音声だけテープに落としたものだ。
悪くはないがそれほどの感動もない。

バンドから派生したトムトム・クラブのアルバム「おしゃべり魔女」は、その昔姉が貸しレコード屋で借りてきたが、音もヘタウマ調(死語)のジャケットもちっともいいと思えなかったので、テープにも録らなかった。
姉も特に入れ込んだ様子もなく、その後もトーキング・ヘッズが我が家に流れる機会は全くなかった。
もちろん当時のFMでも流れてはいただろうし、おそらく貸しレコード屋にも在庫はあったはずだ。
自分の聴く分野とは違うと早くから決めつけてしまっていたのかもしれない。

自分はとにかくチャート指向だったので、トーキング・ヘッズのような「そんなにばんばんチャートには登場してこないアーチスト」に弱い。
聴いてないから勝手なイメージでしかないが、「聴いてるとステージのあがりそうなアーチスト」という感じだ。
コステロとかスティーリー・ダン、アラン・パーソンズ・プロジェクトやロキシー・ミュージックなんかもそんなイメージ。
知的でアーティスティックな雰囲気を持った偏差値の高そうな人たち、というところでしょうか。
たぶんそれぞれの音楽性は全然違うんでしょうけど。

「どんなの聴いてました?」と聞かれて、
「トーキング・ヘッズなんか好きでしたねぇ」
という答えと、
「エア・サプライとか・・」
という答えでは、やはり受け取られ方・見られ方が違ってくるんじゃないでしょうかね?
いいんだけどさ、あたしゃエア・サプライでも。

聴いてなくてもメンバーの情報を多少でも知っていればいいのだが、残念ながら全くわからない。
しかたがないのでネットで調べてみました。
トーキング・ヘッズ、「ニューヨークのインテリパンクバンド」などという説明があちこちのサイトにあります。
アートデザインスクール出身のデビッド・バーンが中心となって70年代後半に結成。
・・・はぁ。デビッド・バーンの名前は聞いたことがあるようなないような・・
パンクと言ってもロンドン・パンクとはだいぶ趣が違うようだが、どっちもあまりよくわからない。
ラモーンズやイギー・ポップといったバンドも同じようなポジションに扱われるらしい。
エイドリアン・ブリュー、ジョージ・クリントン、ブライアン・イーノなどのアーチストとも親交があるそうだ。
・・・ますます困ったことにこれらの名前も「聞いたことはある」程度の知識しかない。
ラモーンズもイギー・ポップも全く聴いてないし。
ブライアン・イーノの名前はあちこちで聞くけど、自分の中では「Windowsの起動音を作ったヒト」くらいの低レベルな教養しか持ち合わせていないのである。

「ロックは人から」を自認するワタクシですが、その「ヒト情報」すら貧弱だとどうしようもないですね。
トーキング・ヘッズの話題で盛り上がることを恐れるのは、こんな状態だからだ。
このテのアーチストって、好きな人はいったん話始めると長そうだし。(←偏見)

さらに驚いたことに、トーキング・ヘッズは2001年にはロックの殿堂入りも果たしている。
そういえばこないだ乗った飛行機の機内音楽プログラムで、殿堂入りしたアーチスト特集をやっていた。
プレスリーやエディ・コクラン、ツェッペリン、プリンスやプリテンダーズなどの曲を流してたけど、トーキング・ヘッズもあったはずだ。(覚えてないからたぶん寝てたんだろう)
25年以上のキャリアが殿堂入りの条件だそうだが、それだけ音楽界に貢献してきたってことですよね。
聴いてる方々にとっては「んなのあたり前だろうが」だとは思いますが。
あーなんか書いててどんどん居心地が悪くなってきたぞ。
殿堂入りまでしているのに聴いてないのはやっぱマズイかなぁ?
プリンスは聴いてなくてもあんましマズイとは思ってないんだけど。

そんなわけで、実は今でもものすごい切迫感というのはないのだが、まあ適当に相づちが打てる程度にはなっておいたほうがいいのかなぁ・・・などとうっすら感じているので、「最低限これだけは聴けよまったく」というアルバムがあれば、ご指示いただきたいと思います。

このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (31) | トラックバック (5)

聴いてない 第71回 ユーリズミックス

「えっそんなの聴いてるの?」って絶対言われるだろうユーリズミックス。
自分のような安いリスナーがクチにするようなアーチストではないことだけは確かですね。
いや、だから聴いてないんですけどね。

鑑賞履歴、それはそれは乏しいもんです。
聴いてる曲は「Sweet Dreams」「Here Comes The Rain Again」「Right By Your Side」だけだと思う。
まともにエアチェックしたのは「Right By Your Side」だけで、他はFMやテレビで流れているうちに覚えてしまったという程度。
あとザ・ツーリスト時代の「二人だけのデート」、アンのソロ「Why」を聴いているくらい。
アルバムは全く聴いてませんので、聴いてない度は3。

聴いてない理由としては、まあ「趣味でないから」という当然だけどクソ生意気な理由です。
聴いてもいないくせにアニー・レノックスとデイヴ・スチュアートの名前も顔も一応知ってます。
カテゴリーとしてはエレクトロ・ポップに該当するのかな?

初めて聴いたのはツーリストの「二人だけのデート」。
この曲はカバーだと思うが、楽しそうでいい曲である。
あのベイシティ・ローラーズも歌っていたことがあるらしい。
ユーリズミックスが登場した時、「元ツーリストの二人」という情報は一応仕入れてはいた。
二人の姿を雑誌や映像で見たのはユーリズミックスになってからである。
短髪に風俗系?アイマスクでサスペンス調の「Sweet Dreams」を歌うアンの姿に多少とまどい。
このヒトは中性的なイメージが売りで魅力でもあると思うが、やはり自分の趣味とは相当距離がある感じだ。
どこか朝丘雪路や松金よね子を思わせる羊系のご面相も、ちょっと苦手なほうだ。
大きなお世話か。

歌はもちろん顔で聴くものではないのだが、顔を知らずに聴いている間と、顔を知ってからで評価が違ってしまうのは、自分の場合残念ながらよくある話だ。
デビー・ギブソンやティファニー(げげ)などといったアイドルとは違うのだから、ホントは顔の好みを音楽に投影してはいかんのかもしれませんね。
別にデビー・ギブソンもティファニーも好みの顔じゃないんだけど。
でも先日ブロンディのCDジャケット(裏)を手にとってみたら、やはりデボラ・ハリーが断然好みであることを再認識。

ユーリズミックスの話に戻りますが、このエントリを書こうと思いつくまで、彼らについての知識なぞ全く持ち合わせていなかったので、ネットで調べたら結構おもしろい話が見つかった。
デイヴとアンの出会いは、アンがウェイトレスとして働いてるレストランにデイヴが飯を食いに来た、というものらしい。
ウェイトレスと客の出会いってのもいかにも欧米の映画なんかにありそうな話で、かえって「本当か?」とも思うんだが、もっとすごいのはデイヴはアンを一目見るなり、いきなり「結婚しない?」と言ったんだそうだ。
このMr.オクレばりの直球プロポーズで公私ともに活動をいっしょにすることになったとのこと。
外国のヒトはやることがハデというか乱暴というか・・
そんなんで釣られるアンもどうかしてるとも思うけど。
関係ないが、スティービー・ニックスもフリートウッド・マックに入る前は、歌では食えずウェイトレスをしていたらしい。

正直それほど聴きたい気持ちが強いわけではないのだが、果たして日本での評価はどうなんだろうか?
イメージとしてはオシャレで都会的なニオイのする、どちらかと言うと女性に人気があるグループなのかなと勝手に思っているのですが・・・
「二人だけのデート」や「Right By Your Side」系の明るい曲が他にもあれば、聴いてみてもいいかなと思っています。

このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (16) | トラックバック (2)

聴いてみた 第17回 エアロスミス

少しさぼっていたお勉強を再開することにしました。
といっても今回はプログレ教室ではありません。
80年代後半以降、こそこそとエアチェックはしてるものの、アルバムを全く聴いていないエアロスミスが本日のお題目。
ロバート・フリップ先生やジョン・アンダーソン先生のプログレ講義もいまいち気が進まず、受付でうろうろしながらふと掲示板を見たら「スティーブン・タイラー先生の特別授業(保健体育)」と書いてあったので、つい勢いで教室に入ってしまった・・・ような心境。

今回もモンスリー師匠ご推薦の「Toys In The Attic」を聴くことにしました。

AERO

このデビュー3作目はアメリカで大ヒットし、エアロスミスの名を全米に知らしめたと言われるアルバムだそうだ。

・・・聴いてみた。

まずは「Toys In The Attic」からスタート。
疾走感に満ちた軽快なナンバー。
ただ思ったよりスティーブンのボーカルは軽め。

「Uncle Salty」「Adam's Apple」とオーソドックスなロックが続く。
スティーブンのボーカルも徐々にテンションが上がってきているが、意外にコーラスが少ない。
自分が聴いていた90年代以降のエアロは、もう少しボーカルに厚みがあったように思う。

さて目玉の1曲とされる「Walk This Way」、でも自分が聴いたのはRUN DMCが先。
彼らのプロモ・ビデオにスティーブン本人が登場したシーンは覚えている。
原曲って思ったよりシンプルですね。
もっとシャウトしまくりかと思ってましたが。
これ邦題が「お説教」ってホント?

「Sweet Emotion」はシングルとしてヒットしたそうだが、初めて聴いた。
サウンドは極めてストレート。
邦題も極めてストレート。
「やりたい気持ち」って、エアロらしくていいんでしょうけど・・・

「No More No More」はバラードではないが、イントロが美しい曲。
アルバムの中ではこの曲が一番いいね。
「飲もう飲もう」に聞こえるのはお約束な感想?

ラストの「You See Me Crying」は少し感じの違う壮大なバラード。
これは後の彼らの「Angel」「Crying」なんかにも通じるものがありますね。
ただ曲の盛り上げ方やオーケストラの使い方なんかは、この時期のエアロ、やはりまだ少し荒削りだと感じた。

感想。
いろいろな曲があるが、全体としてはサウンドはストレートかつシンプルなロック。
で、もちろん悪くはなかったが、思ったよりインパクトがなかった。
ボーカルにあまりコーラスを当てていないのも、90年代以降のエアロと比較するとやはり少し物足りない。
スティーブン・タイラーってヒトは顔はめったにいないような個性的な面相だけど、ボーカリストとしては声量がいまいち足りないように感じる。
見た目やカッコウや動きが派手なので、パワフルボーカリストとしてのイメージはもちろん強いのだが、キーはかなり高いし、声のとおりもそれほど強くはない。
そこを補う手段として「Love In An Elevator」のようにコーラスやハーモニーでボーカルを固めていく方法があるが、それが彼らのウリでもあると思っていました。
が、このアルバムに関してはそうでもないようだ。
70年代のエアロはかなりシンプルなバンドだったようです。

エアロスミスについてネットでいろいろ見ていると、「復活」という言葉がよく出てくる。
これは一時期メンバーが脱退して、しばらくバンドとしては解散状態にあったが、80年代後半に再結成して見事に「復活」を遂げたことを指すようだ。
しかも復活のきっかけになったのはRUN DMCのカバーした「Walk This Way」が大ヒットしたことだとも言われているらしい。
くどいたとえだが、コロッケが売れて再評価された美川憲一のようだね。
自分がエアロのシングルをエアチェックしたのは、まさにこの復活直後からである。

次に聴くとすれば、もう少しなじみのある復活以降の「Pump」「Gripping Stuff」といったアルバムでしょうかね。
「Amazing」のような壮大な曲はすばらしいと思うんで、この系統の曲の入ったアルバムが他にもあれば、教えていただきたいと思います。

このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (21) | トラックバック (2)

聴いてない 第70回 カーペンターズ

ついに聴いてないシリーズも70回。
あまりにもスタンダードすぎて、聴いてないことなんか意識したこともなかったカーペンターズが本日のお題目。

カーペンターズの曲を全く聴いたことがない、という人もあまりいないだろう。
身の回りに流れていて当たり前だけど、実はきちんと聴いてない、それがカーペンターズである。
自分の場合、ベスト盤しか聴いてないので、聴いてない度は4である。

カーペンターズの魅力はカレンの落ち着いたボーカルと、兄弟の美しいコーラスにある。
こんなのは世界中の「常識」だろうが、自分が聴いても確かにそう思う。
今風に言うと「癒やし系」というのだろうか。
カレンの声は脳内のアルファ波に作用する音質を持っている・・・なんて説も聞いたことがあります。
もともとアルバム単位で楽しむというよりも、曲単位で支持されるアーチストだろう。
聴いてる中ではやはり楽しい美しい曲のほうが好きである。
「トップ・オブ・ザ・ワールド」「ジャンバラヤ」「愛のプレリュード」などがベタでいい感じ。

家にあったベスト盤は父親が買った2枚組である。
確か買ったのは80年頃、白っぽいジャケットだったと思う。
ネットで検索したが該当するアルバムは見あたらなかったので、おそらく公式なベスト盤ではなかったのだろう。
実はこれをあまり聴かずに父親は82年に亡くなったのだが、自分が聴いたのはさらにかなり後、90年代になってからだった。
80年代当時には自分専用のレコードプレイヤーがなかったのと、他に聴きたいアーチストが山ほどいたからである。
その頃自分は何をしていたかというと、サンスイ・ベストリクエストで毎週エアチェックにいそしみ、ベストヒットUSAでチャートを追い、FMステーションとミュージック・ライフで情報を仕入れ、用もないのにクルマにカセットを詰め込んで環八のイエスタディ周辺をさまよい、貸しレコード屋でカルチャー・クラブやらジャーニーやらスティクスやらクイーンやらデュランやらワムやらフリッツ・フォン・エリックやらを借りる生活。(・・すいません、ワムとエリックは借りてませんでした)
そんな中にカーペンターズというスタンダードな人たちは入っていなかったのです。
おそらく父親と趣味を共有するという部分に、どこか抵抗があったのかもしれない。
平たく言うと「おっさんくさい」と思っていたのだろう。

すっかりCDも普及しまくった90年代のある日、プレイヤーもレコードも処分しようと決め、その前に聴いてなかったカーペンターズのレコードだけ聴いてみた。
知っている曲がたくさんあった。結構カバーも多い。
「ヘルプ!」や「涙の乗車券」はさすがにオリジナルが偉大すぎるせいか、あのアレンジはちょっと違うかなと思いました。
結局レコードはその後処分したので手元にはないが、テープとMDは残っていて、時々聴くことがある。

このアルバムとは別に、姉がカーペンターズのテープを持っていた。
「Sing」という曲の日本語バージョンがあったことだけ覚えている。
歌詞は確か以下のようなものだった。

 Sing Sing a song 声を 合わせ
 悲しいこと 忘れるため
 大きな声を出し 恥ずかしがらず
 Just Sing Sing a song

もしかして誰か日本人がカバーしてたのかもしれないが・・

カレンが拒食症で亡くなった時、32歳だったそうだ。
そんなに若かったんですか・・・もう少し歳いってたと思っていました。
今のさとう珠緒と同じくらいですよね。
って全然意味のないたとえですけど。

カレン亡き後、彼らの跡を継ぐようなアーチストが意外に出てきていないように思う。
特に女性ボーカリストでもカレンのようなアルファ波ボイスで歌う人というのはあまりいないのではないだろうか?
兄妹デュオという組み合わせも、カーペンターズ以外に思いつかない。
ロックでもフォークでもカントリーでもない、「カーペンターズ」こそがジャンルの名前である、ということでしょうか。

曲単位で支持されるアーチストだとは思うが、それでもアルバムごとの特徴はあるんでしょうか。
「これぞカーペンターズ」と言えばだいたいベスト盤になってしまうのかもしれませんが、ここはあえてオリジナルアルバムにもアプローチしてみてもいいかなとも思っています。

追伸;
夏休みのため一週間ほど不在となります。
この間みなさまで適当に盛り上げておいていただければと思います。
一応音楽BLOGなので、ウルトラネタや格闘技ネタコメントはお一人様一回ずつでお願いいたします、、、。

このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (19) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »