« 聴いてない 第46回 ジョン・レノン | トップページ | 聴いてない 第48回 ボズ・スキャッグス »

聴いてない 第47回 ペット・ショップ・ボーイズ

このシリーズも40回をとうに越え、回を重ねる都度、よくもまあこれだけ聴いてないアーチストがいるもんだと自分に感心するのですが、「なんだコレも聴いてねえのかよ」的アーチストの予感がする、ペット・ショップ・ボーイズ。
前置き長いですが、聴いてません。

聴いてる曲は「West End Girls」「Opportunities」「Always On My Mind」「Go West」だけだと思う。
もちろんアルバムは全く聴いていない。
聴いてない度は3です。
「Opportunities」はエアチェックしたけどテープが足りず尻切れ、「Go West」はエアチェックもしてないけどFMでしょっちゅうかかってたんで知っている、という有様です。

イギリスのオトコ二人組という以外これといった情報も持ち合わせていない。
一応デビュー当時から知っていることになるのだが、「West End Girls」が大ヒットしたんで聴いてただけで、積極的にアプローチしたことは全くない。
聴いてる曲はどれも悪くないですけどね。
「Always On My Mind」はプレスリー、「Go West」はビレッジ・ピープルのカバーだそうだ。
これも今回ネットで調べてはじめて知りましたよ。
そうだったのか・・

それよりも、調べてさらに驚いたのだが、現在も活動はしてるんですね。
来年で結成20周年。
ダンスやラテン、クラブ・ミュージックに多少路線は変更しつつも、90年代にもヒットは出していたのですね。
他にもダスティ・スプリングフィールドとデュエットしたり、ボーイズ・タウン・ギャングの「「君の瞳に恋してる」とU2の「約束の地」をメドレーにした曲をリリースするなど、なんだかとても多彩な彼ら。
こんなことも全然知りませんでした。
今年9月のビッグイシューにも、彼らのインタビュー記事が載っているらしい。
最近ビッグイシューもあまり買っておらず、9月の号も読んでいないのですが。

また彼らについてGoogleで検索してたら、どうも「欽ちゃん」「仮装大賞」がやけにくっついてくるので、なんじゃこれは?と思ったら、「プロモ・ビデオの映像に欽ちゃんの仮装大賞の映像を使っている」ということでした。
・・・ペット・ショップ・ボーイズと欽ちゃん。
テレビの裏番組での組み合わせですらあり得ないんじゃねえかと思われるコラボ。
知らない間にこんなことまでやってたんですか・・

90年以降の活動について全く追ってこなかったので、とうの昔にどこかへ行ってしまった「懐かしい人々」の部類に入るのかと適当に考えていたのですが、不勉強もいいところ。
「オメーが勝手に懐かしがってるだけだろ」とファンのみなさまのお叱りの声が聞こえてきそうです。
自分、聴いてないアーチストが多いことは事実ですし、それをむしろこんなBLOGで半分自慢げに語ったりしてますが、半面心のどこかで「80年代アーチストについての情報ならそこそこいけてる」などとうぬぼれていたことも確かでした。
どこがいけてんねん。
日々是精進ですねぇ。反省。

その名も「DISCOGRAPHY」というナイス(死語)なベスト盤が出ているようなので、これを聴けば今までの遅れを多少挽回できるのではないかと思います。
・・・って毎回ベスト盤に逃げる姿勢そのものが問題なんですけど。

聴いてないシリーズへのみなさまからのコメントは、「これがお勧め」コーチ型と「私も聴いてません」カミングアウト型の二通りあるのですが、アーチストによってはどちらか一方の系統に偏ることもありました。
例えばキング・クリムゾンやイエスといったアーチストについては、カミングアウト系コメントがほとんどありませんでした。
逆にライオットやデフ・レパードは今のところコーチ型のコメントはありません。

果たして、ペット・ショップ・ボーイズに関してはいかがでしょうか?


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

|

« 聴いてない 第46回 ジョン・レノン | トップページ | 聴いてない 第48回 ボズ・スキャッグス »

コメント

僕も、彼らはあまり聴いてないのでカミングアウト派の1人です。エントリーの中にあるカバーのオリジナルは知っていますし、SYUNJIさんが聴いていない「君の瞳に恋してる」の件は聴いたことがあるので、そういう意味ではSYUNJIよりは3mmくらいは聴いている指数が高いかもしれません。ちなみに、「君の瞳に恋してる」はボーイズ・タウン・ギャングがオリジナルではなく、フランキー・ヴァリがオリジナルです。
ペット・ショップ・ボーイズやディペッシュ・モードなどのエレクトロポップって、あまり得意な分野ではないのでほとんどCDを持ってません。ニュー・オーダーに至ってはほとんど聴いたこと無い状態です。「80年代にお前は何を聴いていたんだ?」と言われそうですね。

投稿: getsmart0086 | 2004.12.18 09:40

getsmart0086さん、コメントありがとうございます。

「君の瞳に恋してる」はボーイズ・タウン・ギャングのオリジナルでないことはなんとなく知っていましたが、誰が本家なのかは知りませんでした。

自分もエレクトロポップは得意ではありません。
というかどんなアーチストが該当すんのかもよくわかってませんが。
デペッシュ・モードやニュー・オーダーは全く聴いてません。
自分も「オメーは何聴いてたんだよ?」とすごまれたら、小声で「・・・いや、あの、エア・サプライとか・・」と白状せざるを得ませんなぁ・・

投稿: SYUNJI | 2004.12.18 14:19

初めまして。ファンです(笑)
さすがに活動長いだけあって、ベスト盤わりと出ているので、そこらへんで手を打つのが手っ取り早いのではないかと。
私も「ちょっと好き」でも「活動長すぎで発売CD枚数で目眩」というアーティストはベスト盤に逃げます。

投稿: ゆず | 2004.12.18 18:30

ゆずさん、初めまして。
コメントありがとうございます。
ゆずさんのBLOG拝見しました。
ペット・ショップ・ボーイズの話題がたくさんありますね。
でも「ベスト盤で手を打つのが手っ取り早い」のアドバイスに安心しました。
まずはベスト盤から勉強しようと思います。

ちなみに自分も開局当時はFM横浜よく聴いてました。
土曜の「アメリカン・ポップス・クラブ」や「カマサミ・コングのI LOVE YOKOHAMA」など。
知らない間に「ハマラジ」になって、また知らない間に戻ってました。

投稿: SYUNJI | 2004.12.19 00:01

結構過去の記事まで読んでくださったんですね。
ありがとうございます(^_^)

ベスト盤は、SYUNJIさんも書かれているディスコグラフィーがちょっと古いけれどイイと思います。だって1枚だし安いし(笑)
最新ベストアルバムは2枚組で当然お値段もするんですよ。

転職前は車通勤だったので車中ラジオを聴いていましたが、今は聴けないんですよね…。
でも今のFM横浜は聴く気になれませんが(笑)

よかったらまた遊びに来てください。

投稿: ゆず | 2004.12.19 09:16

SYUNJIさん、こんばんは。
PSP、1曲も聴いたことがありません。「Go West」って
あの曲だろうか、と思うくらいです。
それで私のコメントもこちら方面へ逃げてしまうわけですが、

>>80年代アーチストについての情報ならそこそこいけてる

私自身もそのようにうぬぼれていましたが、先日「Live Aid」の
DVDを見ていてうんざりしました。
スパンダー・バレエやデュラン・デュランなど、当時の大ヒット曲を
曲名だけ知っているのですが、肝心の中身を全くしらなかった
のです。「ユニオン・オブ・ザ・スネイク」も「トゥルー」も
始めて聞きました。好きだと思っていたポール・ヤングやハワード・
ジョーンズの曲も同じでした。

>>「君の瞳に恋してる」
ユーロビートは苦手ですが、この曲だけは好きです(^^;)。
getsmart0086さんがおっしゃっている通り、フランキー・バリ
が原曲ですが、原曲よりボーイズ・タウン・ギャングのカバー
の方が個人的にはよかったです。
ちなみに、少女隊がカバーしているのをテレビで見たことが
あります。また、プリンセス・プリンセスの「世界で一番熱い
夏」のサビがこの曲に似ていると聞き、聞いてみたところ、
確かにサビが似ていました。

投稿: モンスリー | 2004.12.20 22:08

ペットショップボーイズ、そうでなくても苦手な80年代、この曲ってリレハンメルかななかのオリンピックのテーマ曲だよね?耳にしたのはその程度!しかし、ジャニーズJrがよく歌っていて、デビュー前のキンキキッズがうたっているのとかに記憶がある。しかし、実はCDを1枚もっている。なんでか考えたら、仕事がらみで購入した1枚。それ以降聞いたことはありません。君の瞳に恋してるが話題になっていますが、昨年の夏、友人からオーダーがあったので作った、君の瞳に恋してるベスト盤、アーティストリストを下記にあげておきます。
Morten Harket,Andy Williams ,Boys TownGang
Brook Benton,dance dance revolution 3rd mix
Diana Ross & The Supremes,Electro Team
engelbert humperdinck,Four Seasons
Frankie Vallie,Gloria Gaynor,Heath Ledger ,Jimmy Somerville ,Lauryn Hill
Save Ferris,Sheena Easton ,TUBE,Vicki Carr,Zard,トミーフェブラリー,椎名林檎
以上21組?サイトで収集したんで、知らない人もいます。楽しいアルバムになりました。今でもたまに聞きます。最低はkobaアレンジのZard、最高は2点、ひとつは映画、陰謀のセオリーのエンディングにつかわれ、評判になって発売された、Lauryn Hill、もうひとつは椎名林檎です。他にもありましたが、なかなかDLできなかったんでやめました。

投稿: マルチオーディオ | 2004.12.21 15:25

SYUNJIさん、こんにちは。

「ウェスト・エンド・ミュージカルが大好き」な私ですが、「ウェスト・エンド」という言葉はその昔、ペット・ショップ・ボーイズの歌で初めて知りました(笑)。

そして、ミュージカル以上にオリンピックが大好きでリレハンメルは現地に見に行っちゃった程なので、思わずマルチオーディオさんの書き込みに反応してしまいました。
リレハンメル五輪の公式テーマ曲はシセル・シルシェブーなので、ペット・ショップ・ボーイズは関係ないと思うのですが、他のオリンピックでしょうか? あぁ、気になるぅ。

ペット・ショップ・ボーイズは好きでもキライでもありません。
「どうしても好きかキライかのどちらか選べ」と言われたら「好き」という感じ。
しかし、オリンピックよりも更に好きなデヴィッド・ボウイの"Hallo Spaceboy"のリミックスをやってくれてから好感度無茶苦茶上がりました(笑)。
すっかりペット・ショップ・ボーイズ色に染められた仕上がりでしたが、悪くなかったです♪
彼らがカバーする曲大抵好きだし、「音楽の趣味が私と似てるのかなぁ」と思ったりしてます。(ミュージカル曲="SOMESHERE"のカバーもやってましたね)

今じゃ、PSPといえば、プレイステーション・ポータブルを連想する人が圧倒的でしょうか。

投稿: YAGI節 | 2004.12.21 17:47

なぜか妙に盛り上がって参りましたペット・ショップ・ボーイズ。
いやーこんなに多くの方からコメントいただけるとは思いませんでした。
みなさまありがとうございます。

「君の瞳に恋してる」はこんなにいろんな人がカバーしてたんですか・・シーナ・イーストンやローリン・ヒルまで。そういう意味では名曲なんですね。

で、疑惑のオリンピックですが、調べてみたら「Go West」がオリンピックではなくスキーのワールドカップのテーマソングになってたようです。

投稿: SYUNJI | 2004.12.21 23:19

SYUNJIさんありがとうございます。スキーのワールドカップかあ!オリンピックとは関係なかったですね!すいません。君の瞳に恋してるは自分のもっとも好きな曲です。もし、無人島にという話がありますが、迷わずこの曲だけはもっていきます。2次会のカラオケでは必ず言っていいほど自分のまわりでは歌いますね!ブラスのリフからサビにかけては大合唱ですね!

投稿: マルチオーディオ | 2004.12.22 12:27

おお、スキーのワールドカップでしたか。謎解きありがとうございます。スッキリしました。
♪ごーうぇ~すと!! な気分です(意味不明でしょうか。あのメロディーの爽やか&クリアな感じを表現したい)

あと、すみません、前回の書き込みで、綴り間違えました。
誤:"SOMESHERE"→正:"SOMEWHERE"
「s」と「w」ってキーボードでは隣同士なもので、失礼しました。

投稿: YAGI節 | 2004.12.22 14:47

調べてたらこんな曲もあるようです。

・SE A VIDA E(THAT'S THE WAY LIFE IS)
 
邦題は「幸せの合い言葉」ですが、この曲もFIS ワールド・カップ・スキー96/97のテーマ・ソングだそうです。
もしかするとどこかで聴いてるかもしれませんね。

全然関係ありませんが、今日妻が「スキージャンプ・ペア2」のDVDを買いました・・
http://www.jump-pair.com/

これ、きっと大勢で見たほうがおもしろいです。

投稿: SYUNJI | 2004.12.23 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/2301441

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてない 第47回 ペット・ショップ・ボーイズ:

« 聴いてない 第46回 ジョン・レノン | トップページ | 聴いてない 第48回 ボズ・スキャッグス »