« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

聴いてみた 第4回 キング・クリムゾンその2

「オマエ、宮殿聴いた?」
とうとうこの問いに胸を張って答えられる日がやってきました。
ロック史上に残る不滅の金字塔、キング・オブ・プログレッシブ、プログレ名勝負数え歌、「うわぁぁぁぁ」なジャケットの「クリムゾン・キングの宮殿」です。

前回「太陽と戦慄」ではボーカルがあまり前に来ないのが何となく物足りないという感想でしたが、宮殿は全曲ボーカル入りとのこと。
メンバーはロバート・フリップの他グレッグ・レイクやイアン・マクドナルドが名を連ねている。
この2人はエイジアやフォリナーを聴いてたので名前は知っているのだ。
今回は2枚目なので精神的にも多少余裕がある。
そもそも「プログレだから」っていちいち緊張してたら楽しくないんですけどね。
でも相変わらずジャケットは怖い。

・・・・聴いてみた。

まずはこの盤を代表する「21st Century Schizoid Man」。
思ったよりスピーディーでハードなナンバーである。
ドラム・サックス・ギター・ベース・ボーカルの構成だと思うが、どのパートも主張する水準が同じようだ。
前回の「太陽と戦慄」を聴いてまず思ったのは、高度な演奏技術の相互発表という印象だったのだが、この曲はそれ以上だ。
「いいから黙ってオレのプレイを聴けよ」という感じは変わらない。
むしろこの曲の方が「オラオラ」「コノヤロ」状態である。
それでいて不思議に一体感がある。
ボーカルもかなりヤケクソでいい感じだ。
この声はジョン・レノンのシャウトにも似ている。

2曲目は一転スローでメロディラインが美しい「I Talk To The Wind」。
このあたりの落差にややとまどうが、曲は聴きやすくてよろしい。
キング・クリムゾンなのにこんな癒やし系で大丈夫なのか?

3曲目以降はいっそうサウンドが叙情的になる。
荘厳でやや悲しげな、映画のテーマソングのようなサウンドの「Epitaph」。
さらにもの悲しい「Moonchild」。
タイトルは聞いたことがあったが、こんな曲だったんですねえ。
「いつ突然転調して恐ろしいサウンドに変わるんだろう?」とビビリながら聴いていたのですが・・・
この流れのまま「The Court Of The Crimson King」でアルバムは終わる。

聴いてみた感想。
1曲目が多少ヤケクソでオラオラなだけで、基本的にはメロディアスで美しいサウンドだ。
もちろんオラオラも全然悪くないし、トータルで非常に聴きやすいアルバムではないでしょうかね?
ところどころバニラ・ファッジやピンク・フロイドを思わせる音なんかもあって、この辺も親しみを覚えます。
ジミ・ヘンドリックスを聴いてみた時も思ったことだが、60年代末期という時代にこういう音が出せる人たちがいた、というのがスゴイですよね。

理数系のニオイは変わらないけど、難解度は「太陽と戦慄」よりずっと低く、はるかに受け入れやすい。
もっとおどろおどろしい、暗ーい演奏が果てしなく続くようなものを想像していたのですが、そんなことはありませんでした。
ジャケットとタイトルがコワイだけだったんですねえ。
なんだか「見た目ゴッツイおっさんだけど、会って話してみたらいいヒトだった」という感じでしょうか。

「聴いてみた」シリーズはこれで4回目なのですが、ようやく「あっオレにも聴ける!」と思える名盤に出会った気がします。
この企画で誰からもコメント・アドバイスをいただけなければ、おそらく一生聴くこともなく終わっていただろうキング・クリムゾン。
まだその良さをわかるまでには至りませんが、他のアルバムも勉強していきたいと思っています。

・・・ということで、本年のエントリもこれで終了。
コメントを寄せていただいた方々、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (13) | トラックバック (2)

聴いてない 第48回 ボズ・スキャッグス

BLOGを始めて1年が経ちましたが、今回のエントリでちょうど100回目となります。
聴いてないシリーズもこんなに長続きするとは思ってませんでした。
ネタが尽きないのはそれだけ聴いてないアーチストが多いという、情けない事態の現れでもあるのですが、みなさまの親切なコメントに支えられて、ここまで来ることができました。
今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。

今回はAORの第一人者、ロック界の杉サマことボズ・スキャッグス。
適当に言葉並べてますけど、今回も相当自信がありません。
「ぼず・すきゃっぐす」で合ってんのかも未だによくわかりませんが。
どの字に濁点がつくんだこのヒトは?

AORという言い方も、日本でしか通じない業界用語だそうだ。
本来AORとは「Album Oriented Rock」の略で、シングルよりもアルバム全体を重視した作りの音楽を指すらしい。
ツェッペリンなんかは正しい意味でAORと言えると思うが、日本では誰もそんなことは言ってません。
ボズやボビー・コールドウェルなんかに代表される、本当はAC(アダルト・コンテンポラリー)と呼ばれるアダルトな香りを漂わせたスカシ系ロック、が日本で言うところのAORである、という定義付けで、このBLOGも進めたいと思います。
ちなみに自分は高校生のころ「アダルト・オリエンタル・ロック」と覚えてしまっていました。
成人東洋的ロック。意味不明。

ボズ・スキャッグスですが、聴いてない度は3くらいで、ベスト盤も含めアルバムは1枚も聴いていません。
聴いてる曲は「We're All Alone」「Jojo」「Look What You've Done To Me」くらいである。
実はもう1曲エアチェックしているのだが、未だにタイトルが不明。
ボズの曲だということは確実なのだが、タイトルが聞き取れずそのまま20年放置。
もう調べる気もあまりないんですけど。

久しぶりに聴いてない理由を整理してみる。

理由その1。
・コドモだった
ボズと言えば我々80年代を生きてきた世代にとっては、なんと言っても「Middle Man」である。
全国の青少年のリビドーを刺激するようなジャケット。
中身は聴いてなくてもジャケットは知ってる元青少年のみなさんも多いと思う。
ジャケットの絵柄に騒いでいただけで、曲をたしなむにはちと人生経験が足りず、リアルタイムではあったけど「ぼくたちのレベルに降りてきてはいなかったアーチスト」という印象である。
早い話がボズ聴くにはまだ子供だったわけです。
名曲「We're All Alone」を聴いたのは「Middle Man」の頃よりもずっと後である。

なおウチの学校は自由な校風と言えば聞こえはいいが、いまひとつアタマの良い学生さんが少なかったせいか、「Middle Man」のジャケットそのものが生徒会室の壁に掛かっていたりしました。(バカだ・・)
そういうあたしも教室のドアにマイケル・シェンカーのポスターなんか貼ったりしましたけど。

理由その2。
・思ったより軽い声
「ダンディー」という形容詞が付くことも多いボズですが、そのわりになんというか少し声が軽い。
もっとハスキーで低い声の持ち主かと、ジャケットを見ながら勝手に想像してましたが・・・
ピーター・セテラのようなハイトーンというわけでもなく、いまひとつ好みでない。
うっかり振り込んじゃった時この声で「ローン!」とか言われるとハラ立つだろうなぁ。

理由その3。
・雑誌にダメ出し投稿があった
その昔ミュージック・ライフに、ボズのコンサートを見に行った人の投稿があったのだが、「なんかおっさんが歌ってるなという感じでぜんぜん良くなかった」などというものすごいダメ出しで、それ読んで「あーそういう音楽なんだ・・」と聴いてみる意欲が失われていくのを感じた。
元々大した意欲もなかったけど、こんなことでくじけてる自分も情けないですが。
今思うとそもそもミュージック・ライフに投稿するようなヤツが、AORを好意的にとらえるはずもないですね。
いずれにせよこの頃からボズ・スキャッグスは縁遠い音楽という位置に置かれたままである。

他にボズまわりで知っていることと言えば、ジェフ・ポーカロやデビッド・ペイチなど、ボズのアルバム制作に参加したミュージシャンが後にTOTOを結成した、ということくらいだ。
自分にとっては知ったのも聴いたのもTOTOのほうが先ですけどね。

ネットでボズの経歴を調べると、昔はスティーブ・ミラーやデュアン・オールマンらとブルースバンドのボーカリストとして活動していた、なんてことがわかった。
西海岸の都会的なニオイが先行するイメージがあるが、ボズ本人はオハイオ出身・テキサス育ちでどっぷり南部のR&Bが根底にあるようだ。
スティーブ・ミラーは「アブラカダブラ」しか聴いてないので、ボズが活動をともにしていた、というのが自分の中でどうも結びつかない。(どっちも聴いてないんだから結びつかなくて当然ですけど)
ちなみにスティーブ・ミラーは日本人が好きではなく、日本のメディアの取材にはあまり丁寧な対応をしてくれない、といったような話をなにかの雑誌で読んだ記憶がある。
ボズとは何の関係もありませんが。

とりあえず名曲「We're All Alone」と「Middle Man」のジャケット、という貧弱なイメージしかないボズ・スキャッグス。
90年代以降はほとんど引退同然で目立った活動もしていないようですが、日本での彼の評価はどんな感じなのでしょうか?


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (12) | トラックバック (0)

聴いてない 第47回 ペット・ショップ・ボーイズ

このシリーズも40回をとうに越え、回を重ねる都度、よくもまあこれだけ聴いてないアーチストがいるもんだと自分に感心するのですが、「なんだコレも聴いてねえのかよ」的アーチストの予感がする、ペット・ショップ・ボーイズ。
前置き長いですが、聴いてません。

聴いてる曲は「West End Girls」「Opportunities」「Always On My Mind」「Go West」だけだと思う。
もちろんアルバムは全く聴いていない。
聴いてない度は3です。
「Opportunities」はエアチェックしたけどテープが足りず尻切れ、「Go West」はエアチェックもしてないけどFMでしょっちゅうかかってたんで知っている、という有様です。

イギリスのオトコ二人組という以外これといった情報も持ち合わせていない。
一応デビュー当時から知っていることになるのだが、「West End Girls」が大ヒットしたんで聴いてただけで、積極的にアプローチしたことは全くない。
聴いてる曲はどれも悪くないですけどね。
「Always On My Mind」はプレスリー、「Go West」はビレッジ・ピープルのカバーだそうだ。
これも今回ネットで調べてはじめて知りましたよ。
そうだったのか・・

それよりも、調べてさらに驚いたのだが、現在も活動はしてるんですね。
来年で結成20周年。
ダンスやラテン、クラブ・ミュージックに多少路線は変更しつつも、90年代にもヒットは出していたのですね。
他にもダスティ・スプリングフィールドとデュエットしたり、ボーイズ・タウン・ギャングの「「君の瞳に恋してる」とU2の「約束の地」をメドレーにした曲をリリースするなど、なんだかとても多彩な彼ら。
こんなことも全然知りませんでした。
今年9月のビッグイシューにも、彼らのインタビュー記事が載っているらしい。
最近ビッグイシューもあまり買っておらず、9月の号も読んでいないのですが。

また彼らについてGoogleで検索してたら、どうも「欽ちゃん」「仮装大賞」がやけにくっついてくるので、なんじゃこれは?と思ったら、「プロモ・ビデオの映像に欽ちゃんの仮装大賞の映像を使っている」ということでした。
・・・ペット・ショップ・ボーイズと欽ちゃん。
テレビの裏番組での組み合わせですらあり得ないんじゃねえかと思われるコラボ。
知らない間にこんなことまでやってたんですか・・

90年以降の活動について全く追ってこなかったので、とうの昔にどこかへ行ってしまった「懐かしい人々」の部類に入るのかと適当に考えていたのですが、不勉強もいいところ。
「オメーが勝手に懐かしがってるだけだろ」とファンのみなさまのお叱りの声が聞こえてきそうです。
自分、聴いてないアーチストが多いことは事実ですし、それをむしろこんなBLOGで半分自慢げに語ったりしてますが、半面心のどこかで「80年代アーチストについての情報ならそこそこいけてる」などとうぬぼれていたことも確かでした。
どこがいけてんねん。
日々是精進ですねぇ。反省。

その名も「DISCOGRAPHY」というナイス(死語)なベスト盤が出ているようなので、これを聴けば今までの遅れを多少挽回できるのではないかと思います。
・・・って毎回ベスト盤に逃げる姿勢そのものが問題なんですけど。

聴いてないシリーズへのみなさまからのコメントは、「これがお勧め」コーチ型と「私も聴いてません」カミングアウト型の二通りあるのですが、アーチストによってはどちらか一方の系統に偏ることもありました。
例えばキング・クリムゾンやイエスといったアーチストについては、カミングアウト系コメントがほとんどありませんでした。
逆にライオットやデフ・レパードは今のところコーチ型のコメントはありません。

果たして、ペット・ショップ・ボーイズに関してはいかがでしょうか?


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (12) | トラックバック (0)

聴いてない 第46回 ジョン・レノン

1980年12月8日は、世界中のロックファンにとって忘れられない日である。
あれから24年。
多くのBLOGでジョンのことが綴られていますが、今回こちらもジョン・レノンについて書いてみます。

・・・・命日をむかえて「聴いてない」などと書くこと自体果てしなく失礼ですけど、聴いてないことは事実。
しかも12月8日が命日であることをすっかり忘れており、何気なくネットサーフィン(死語)してて気がついた、という体たらくである。
でもって実は第46回用に違うアーチストの話をすでに12月7日には書き上げてしまっていました。
命日と知ってあわてて差し替え。
聴いてない以前に聴く資格もなさそうですが。
なんだか出だしからとても心配。

一応ベスト盤CDを持ってはいますが、オリジナルアルバムは1枚も聴いてません。
聴いてない度は4になりますが、さすがにジョン・レノンなので聴いてる曲はいちおう二桁にはなります。
自分はビートルズから洋楽に入門しているので、当然ビートルズでの各メンバーの活動に対する感想が、そのままソロへの興味に直結している。
で、結論から言うとポールだけ聴いてきた、ということになる。

ビートルズ入門は中学生の頃だった。
すでにビートルズを聴いてる友人が同じクラスにいて、そいつもたくさんの曲をテープにためていた。
自分もコレクションしたくて必死にエアチェックしたが、そう簡単には集まらない。
そこでそいつのテープから自分のテープに好きな曲をダビングする、というチカラ技を実行した。

もちろんダブルデッキなんてものは高級オーディオでしかなかった時代である。
父親に買ってもらったラテカセ(若いヒト向け註:ラジオとテレビとカセットテープレコーダーが一体化した機械です)を肩に抱え、友人宅まで徒歩15分。
ほしい曲を頭出ししておいて、彼のラジカセと自分のラテカセをミニプラグ×2のコードでつなぎ、ヤツはPLAYボタン、自分はRECボタンを呼吸を合わせて同時にON。
同世代で同じような経験をお持ちの方もおられるのではないでしょうか。
でもこの方法も案外機械同士の相性があって、結構雑音が入ったりした。
自分、カネないんで用意したテープは今は亡き忠実屋ブランドの商品だったりして、これがまたノイズだらけ。
それでもビートルズの曲が自分のテープにたまっていくのは楽しかった。

この時同時にポールのソロも聴いたりしており、自分にとってはポール・マッカートニーを中心とした勉強が続いたのだ。
当時ジョンのソロは全く聴いておらず、「Imagine」「Jealous Guy」「Mother」「Love」などの名曲は、いずれもジョンの死後に初めて聴いた。
結局この時の姿勢が今でも続いていることになる。

ビートルズのアルバムの中で好みの順位を決めるのは難しいが、「Sgt. Pepper's」「Let It Be」「Abbey Road」の3枚は必ず上位に入れてしまうだろう。
まあいずれもポール色の強いアルバムだ。
で、今回命日をむかえ(忘れてましたけど)、あらためてジョンがしっかりしていた頃のビートルズを聴くことにした。

最もジョン色が強いのは、「A Hard Day's Night」だとは思うが、ここは「Beatles for Sale」を選んでみました。
当然もう何度聴いたかわからないくらいのアルバムである。

・・・・聴いてみた。

今さらですけど、やはりジョンの才能が全開である。
このアルバムあたりからポールの才能が徐々にジョンと拮抗してくる時期になるのだが、やはりジョンの曲にポールやジョージがコーラスをつける構成のほうが、バンドとしての一体感をつぶさに感じますね。
この時期ジョンが音楽面でも運営面でもリーダーだったことは間違いない。

特に「No Reply」「I'm A Loser」「Baby's In Black」「Every Little Thing」など、ジョンのメインにポールが高音のコーラスをつける曲が非常にいい。
ジョン主導の曲だが、ポールも自分の役割をわかっていて、出過ぎず引っ込み過ぎず、もっともいい位置に下がってジョンを支えているのだ。

ポール主導のアルバムが好きだとは言ったが、バンドとしての魅力は、この頃の方が上だろう。
ジョンが中央に立ってボーカルやMCをやり、ポールとジョージが左右にギターを抱えてコーラス、リンゴが後ろでリズムを刻む。
「安い席以外の人は宝石を鳴らして下さい」「わははは」
これがビートルズの本来の姿なのだろう。

初めて聴いてから25年以上経っているが、あらためてこのアルバムもすごいと感じた。
仮定は無意味であることは承知だが、この路線のままジョンがソロをやっていたら、自分もきっと聴いていたのではないだろうか。
スタジオに引きこもった後のジョンの音楽には、ビートルズでもソロでも、残念ながらやはりあまり魅力を感じないのだ。
そう、ポールとジョージのコーラスのないジョンの歌はもの足りないのです。

ジョンのソロについては、ベスト盤を持っていることで、自分の中では「最低限の勉強は終えている」つもりになっている。
ファンの方からすれば「けっシロウトが何を・・」と思われるでしょうが。

ジョンのアルバムは全てが大衆芸能ではない。
さすがに相当コアなファンでもなければ、「Two Virgins」や「未完成:作品第2番」を「素晴らしい」とは言わないでしょ。
前衛芸術家ヨーコと組んでやっていたことなど、凡人の我々には半分もわからないはずである。
ジョン・レノンてのは自分にとってプログレ以上に「難しいアーチスト」なのだ。

月並みな締めだが、もし1980年12月7日に戻れるとしたら、ジョンに「これからどんな音楽をやっていくつもりなのですか?」と聞いてみたいと、あらためて思う。

なおジョンが亡くなった頃のことについて、数年前に書いた文章がありますので、よろしければご覧下さいませ。


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (12) | トラックバック (4)

聴いてない 第45回 デフ・レパード

いつか書きますと約束したデフ・レパード。
そんな約束誰も覚えてないと思いますが、律儀に綴ってみましょう。

初めて彼らの曲にふれたのは87年頃、MTVから「Love Bites」をカセットテープに録音。
その数年後にアルバム「ヒステリア」を知人に借りて録音。
気に入った「Rocket」「Animal」などを適当にダビングし、アルバム全体を録音したテープは消去。
その後もプロモ・ビデオより1~2曲拾った程度。
なぜかFMからはエアチェックしたことがない。
他のアルバムは全く聴いていないので、聴いてない度は実質3ですね。

テープは消去はしたが、サウンド自体は拒絶したわけではなかった。
むしろ聴いている(テープに残した)曲はどれもいいと思ってはいる。
デフ・レパードの特徴はサビを強力なコーラスで歌うところにある。って言い切っておいて大して聴いてませんが。
この点はクイーンの曲にも通じるものがある。
「愛にすべてを」「It's Late」「フラッシュ・ゴードン」なんかはそうですね。
ただしデフ・レパードはボーカルが少し細いので、それを補うためのコーラスなのかもしれない。

人により見方はいろいろあると思いますが、自分の印象としてはヨーロッパやボン・ジョビ、ナイト・レンジャーと同系列という位置づけです。ヨーロッパはほとんど聴いてませんけど。
アイアン・メイデンやサクソンと同系列で語られることもあるようだが、どっちも聴いてないんで、これはよくわかりません。
ハード・ロックではあるが、ポップで大衆受けしそうなあたりをうまくねらって来ている、そんなイメージだ。
キッスのように火を噴いたりガンズのように記者を殴ったりといった話題はなく、ステージでは長髪を振り乱してロックを奏でるが、私生活は至極常識的でおうちの中も案外きれい、なんていう感じでしょうか。
ホントのところはどうなのか知りませんが。

この手のバンドに対してはめずらしく、きちんとメンバーを覚えてこなかった。
聴いてないのにメンバーを言えるバンドって結構あるのだが、デフ・レパードで知っているのはリック・アレンとフィル・コリンの2人だけだ。
フィル・コリンは「名前がフィル・コリンズに似ている」というお約束な理由で覚えてるだけですけど。
ボーカルはジョー・エリオットという人だが、今日調べてみて「そんなような名前だったっけ」程度にしか覚えていなかった。顔も知らないし。

リック・アレンは交通事故で片腕を失うのだが、他のメンバーはそれでもリックとやっていくことを選び、特殊なドラムキットを使ってドラマーとして再出発するのである。
この話は音楽雑誌以外でもとりあげられたことがあるので、ご存じの方も多いと思います。

今回ネットでデフ・レパードを調べて非常に驚いたのだが、結成25周年だそうだ。
えっそんなに長いの??
自分にとっては80年代後半からがリアルタイムなので「わりと最近のヒトたち」という印象なのだが、実は70年代末にはすでにデビューしてるんですね。
今日まで知りませんでした。

・・・「あのなあ、80年代後半のいったいどこが最近なんだよ」と思われた方も多いと思いますが、ロックを聴く人はわりと同じアーチストを長いこと聴き続けることが多いので、20年単位を平気で「最近」「こないだ」などと言ってしまう、という話をどこかで読んだことがある。

これを読んで思い出したのは、別の雑誌に載っていた話だが・・
ある音楽評論家がペイジ&プラントを取材して、プラントの人柄が昔と変わってなかったことを実感し、周囲に「プラントってのはああいうヤツなんだ。だからこないだもボンゾに殴られたんだ」などと話したのだが、実際ボンゾがプラントを殴ったのは実は20年以上も昔のことだった、という話。
やはり「20年前のどこがこないだなんだよ」とつっこみたくなるけど、わかる気もするよなぁ。

レコードやCDの音楽は不変なので、アーチストも自分自身も歳をとってるという事実認識がチカラいっぱい欠落しているからそうなるんでしょうね。
これが映画俳優やテレビタレントだと、姿を映像で目にすることも多いので、「ああ歳とったなあ」と理解させられる場面も多いのですが。
たまに雑誌なんかでロック・ミュージシャンの現在のお姿を拝見したりすると、一瞬だれだかわからないことすらあります。
以前ペイジ&プラントが雑誌の表紙に登場した時も、プラントはすぐわかったのだがペイジは気づくのに3分くらいかかった。(プラントと編集のヒトだと思ってしまいました)

で、デフ・レパード。
ほめてるわりに聴いてないのは、「ヒステリア」を聴いた時、多少飽きが来たから、というのが正直なところだ。
いい曲もあったしコーラスサビも美しいのだが、クイーンのようなバリエーションにはやや欠けるかな?と思った。
他のアルバムを聴いてみれば、この考えは変わるかもしれない。
25周年記念でベスト盤も出てるそうなので、聴いてみるとしたらそこからになりそうだ。
ただし今からデフ・レパードを聴くには、自分少々歳をとってしまったかな?と、やや躊躇しておりますが・・。


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »