« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

聴いてない 第44回 ポール・ロジャース

伝統的なブリティッシュロックの第一人者、ポール・ロジャース。
フリー、バッド・カンパニー、ザ・ファームなどビッグなバンド経歴を持つ彼ですが、どれも全然聴いてません。
厳密に言えばそれぞれのバンドはみな違うんでしょうけど、「ポール・ロジャースまわり」というお題目で語ることにします。

聴いてない度は本当に1。
1曲も聴いてない。
知識レベルで言っても、相当崖っぷちである。
曲を聴いてないからどんな声なのかも知らないし、それ以前に顔をよく知らない・・
たぶん写真を見せられても「あ、ポール・ロジャースだ」と即答できないと思う。
比較しても意味はないですけど、ジョニ・ミッチェルやルー・リードだって1曲も聴いてないが、顔くらいは知ってるよ。
書いててかなりヤバイ気がしてきました。

バッド・カンパニーの名前を知ったのは80年頃である。
友人に教えられたのだが、「ギンギンのハードロックグループ」とのことなので、「ああそうスか」という感じで早めに遠ざけてしまった。
当時はまだ洋楽ビギナーであり、ポリスやクイーンの勉強に忙しく・・・・この言い訳も使い回しすぎだっつうの。
なんといってもエア・サプライなんか聴いて喜んでる年頃だったんで、ハードロックなんて不良の聴くものだと思っていました(ウソです)。

93年頃にバッド・カンパニーの「How About That」という曲を、MTVからカセットテープに録音した。
映像は全然記憶にないが、音は思ったよりポップで「これがポール・ロジャースの声かな?」と多少疑問に思いつつ数年放置。
その後FROCKLのHR部屋で質問したところ、この曲はポール・ロジャースのボーカルではないことが判明。
で、当然HR部屋のいろんな方からポール時代のバッド・カンパニーを聴くよう勧められました。
「前向きに検討します」などと政治家の答弁のような返事をしただけでさらに10年近くも放置。
今に至る。(不誠実だ・・・)

ザ・ファームはジミー・ペイジと結成したユニットである。
ファーム結成の頃はまだツェッペリンすら聴いてなかったので、文字通り遠い国のできごとだと思っていました。
それでもこういうビッグな結成解散ネタは好きなので、ペイジのユニットだと知っていたりするのですが。
ザ・ファームはペイジのファンには受けがいまいちらしいですね。
結局ペイジが評価される場って、やっぱどうしてもツェッペリンなんでしょうか。

ポール・ロジャースに関して、どこか自分は勘違いしたままなのかもしれない。
バッド・カンパニーという粗暴な名前や「ギンギン」といった形容を勝手に解釈して、聴く前から「自分の趣味ではない」と線を引いてしまっていたのだろう。
せっかく何度か線の向こうからお誘いを受けたにも関わらず、放置したまま今に至るというわけです。

例えばジューダス・プリーストなんて人たちは、まずカッコウがすでに趣味でない部類に入るので、初めからあんまり聴く気にならず、今もそう思う。(なぜかロブ・ハルフォードの名前は知ってますが)
ポール・ロジャースはそういう系統とも違うのでしょうが、なんとなく遠ざけてしまっているのが正直なところだ。
聴かず嫌いとまではいかないのだが・・・
まあプログレについても同様ですけど。

ネットでポール・ロジャースについて少し調べてみたが、サウンドとしてはブルース基調のシンプルな正統派である、といった評価が多かった。
また日本のドラマの主題歌を歌ったり、奥さん日本人だったり、結構日本に縁のあるヒトのようだ。
果たして自分の趣味に合うのかどうか、聴いてみないことには何もわからないが、それぞれの時代でのお勧めの1曲などご指導いただければ幸いです。
・・・毎回安直な考えではあるが、フリーもバッド・カンパニーもザ・ファームもいっぺんに聴けるようなベスト盤はないのだろうか・・?


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (10) | トラックバック (0)

聴いてない 第43回 シカゴ

巨大なタマネギ、シカゴ。
非常に長い歴史を持っているバンドだが、やはりそれほど聴いてない。
聴いてないという自覚は控えめにはあったのだが、他にももっと聴いてないアーチストがたくさんいて、43番目の登場となりました。

聴いてない度は一応4なのだが、オリジナルアルバムを1枚も聴いてない。
ベスト盤を聴いたのと、シングルをいくつかと日本公演のFM特番をエアチェックしている程度だ。

シカゴは82年の「素直になれなくて」からがリアルタイムである。
この曲で低迷期を脱出したそうだが、確かにこの頃はシカゴについて「復活」という表現がよく使われていた。
初めてエアチェックした曲なのでよく覚えているのだが、もうひとつ思い出がある。
ふつうエアチェックは家でするものだが、この曲については学校でエアチェックしたのだ。

ちょうど文化祭のさなかで、当時自分は映画を作ったりしていたので、音声用スピーカーとして自前のラジカセを学校に持っていった。
デッキとスピーカーが分割できるタイプのもので、当時としてはなかなかゴージャスなラジカセだった。
(日立のパディスコという機種だった)

文化祭は土・日の2日間開催だった。
土曜日の夕方、当日の上映も一通り終了し、明日に備えて再度フィルムや音声のチェックを行っていたら、5時になった。
当時土曜5時と言えば、そう、関東ではFM東京で「サンスイ・ベストリクエスト」が始まる時刻である。
司会は「木ヘンにホワイト」の柏村武昭である。(すべっていた)
自分は長いことエアチェックの音源にこの番組を利用していたのだ。

ラジオをつけてみたら、校舎の中だがなんとかノイズもなく受信できた。
「今週のベスト3」で「素直になれなくて」とゴーゴーズの「Vacation」が続けてオンエアされたので、2曲まとめて録音。
家の外で録音したのは、1000曲以上あるコレクションの中でこの2曲だけだ。

曲そのものは自分の好みである感動巨編系だったので、その後もオンエアされるシングルは、結構まめに拾っていた。
日本公演の特番もしっかりエアチェックした。
この時シカゴは(たぶん)アンコールでビートルズの「Got To Get You Into My Life」を演奏した。
ブラス・ロックを名乗るだけあって、この曲は非常によかったと思った。

しかしながら当時(今でもですけど)のシングル指向が災いし、アルバムに手を出すこともなく、まもなくピーター・セテラが脱退。
新しいボーカリストを迎えて再出発し、バンドは継続していくのだが、自分の興味は急速に薄れていった。

自分のことながらよくわからないのですが、一方で実は脱退した後のピーター・セテラのソロアルバムを2枚も聴いているのである。
それほどピーターに深い思い入れがあったわけでもないのだが、なぜかCDを借りてきてしまい、案外気に入って聴いていたりするのだ。
まあ「Stay With Me」「Next Time」「One Good Woman」なんてのはヒットもしましたしね。
なんとなくAORにかぶれた時期だったのかもしれない。

聴いてない理由には全然該当しないのだが、シカゴのアルバムジャケットはみんな同じようなデザインなんで、あんましおもしろくない。
またアルバムタイトルも「シカゴ**」という数字なので、さらに記憶に残しづらい。
どうでもいい話だけど、こういったところが自分としては物足りないっつうか残念である。
例えば自分はディープ・パープルのアルバムを1枚も聴いてないが、ジャケットの絵を見ればタイトルはほぼ全部答えられる(と思う)。
パープルのジャケットデザインもそれほど秀逸とは思えないけど、ジャケットって見てるだけでも結構楽しいもんだし、アルバムタイトルも印象的なほうが記憶に残るんじゃないかと思う。
「オマエ、宮殿聴いた?」ってのと、「オマエ、17聴いた?」ってのでは、なんか臨場感というか説得力というか、会話にもおのずとチカラの差が出るような感じがします。
「17」って言われても。どれだよ?
このあたりシカゴもトータルでマーケティングを考慮すべきじゃないのか?などと、聴いてもいないくせにゆがんだ考えを思い浮かべたりします。

いずれにせよきちんとは聴いてないし、そのわりにピーター・セテラを聴いてたりして、よくわからない鑑賞をしているシカゴ。
長い歴史の中でどのアルバムが80年代のものかもよくわかってませんが、これぞシカゴというアルバムがあればご指導いただければと思います。


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (11) | トラックバック (2)

聴いてみた 第3回 ピーター・フランプトン

週末にお勉強のため近所の図書館に出かけました。
目当てはクリムゾンの「宮殿」。先週借りたジミヘンも返さねばなりません。
ところが「宮殿」が見あたりません。
イエスの「危機」か「究極」でもいいのだが・・・やっぱりないぞ。
ELPもボブ・ディランもジェフ・ベックもないな。

そこでなんとなく目に止まったのがピーター・フランプトンである。
聴いてないことに変わりはないし、あまり深く考えずに借りてみた。

ピーター・フランプトンについては、全く聴いてないのはもちろんだが、それ以外の情報も全く持ち合わせていない。
顔と名前を知っているだけで、どういうジャンルの人なのか、誰とどういう活動をしていたのか、全然知りません。
まるっきり白紙の状態である。
「聴いてない ピーター・フランプトン」というお題目では文章の書きようがないのだ。
そんなわけで「聴いてない」を飛び越えて「聴いてみた」。

借りたのは「ピーター・フランプトン ストーリー」というベスト盤のようなCDである。
peter008_3.jpg

一部ライブ音源の曲がある。
ストーンズの「Jumping Jack Flash」が収録されている。
ジミヘンもそうだったが、1曲でも知っているのがあったほうが初心者にはありがたい。

・・・・聴いてみた。

聴く前に勝手に想像していたイメージとはだいぶ趣が違う。
ピーター・フランプトンって、ジャケットの雰囲気からもっと線の細い繊細な音を想像していたのですが、実際はかなりロックしている。
ルックスは間違いなくアイドル系なのだが、音そのものは70年代のロックである。
こんな音楽だったんですねえ・・
やはり聴いたことのある曲があまりありません。
「Baby, I love your way」は90年代に誰かがカバーしてた気がしますが。

感想。
正直、あまり心動かされるものがない。
聴いてから少しピーター・フランプトンについてネットで調べたりしたが、大ヒット曲と紹介されている「I'm In You」「Show Me The Way」も、特に良いとも思えなかった。
なんかこう聴いていて思わず曲に引き込まれるようなところがないのである。
「Jumping Jack Flash」はライブだが、原曲があまりにも有名だからだろうか、ミック・ジャガーのほうが断然かっこいいと感じる。
ホントにこの人大ヒットしてたんですかね?
実はあまり歌もうまいとは思えないんですけど・・・
雰囲気や声から、スティクスのトミー・ショウを思い浮かべました。
最大のヒットは「Comes Alive!」というライブ盤だそうだが、これを聴かないとダメなのかな?

ピーター・フランプトンという題材が良くないのか、自分が凝り固まってるのかわかりませんが、聴いた範囲ではどうもあまり楽しくなかった。
この物足りなさはなんだろう?

聴いてみたシリーズはこれで3回目ですが、なかなか難しいですね。
やはり自分の感性が新たな音楽を受け入れる柔軟性を失っているのかもしれない。

・・・ところでこのCD、ネットではまたも見つからない。
ジミヘンといいピーター・フランプトンといい、どうもレアものを揃えたがる職員がいるんじゃないかと思われるんですけど、M市立図書館。


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (20) | トラックバック (0)

聴いてない 第42回 10CC

ドアーズの巻で述べたとおり、以前「ビッグアーチスト鑑賞強化月間」と称して聴いてないアーチストを聴いてみたことがある。
10CCもその際に聴いたのだが、ドアーズ同様聴き続けることはなかった。
聴いてない度は4だが、オリジナルアルバムは1枚も聴いてない。

強化月間で聴いたのはベスト盤である。
10CCの他ゴドリー&クレームも数曲あった気もするが、あまり覚えていない。
テープに録音はしたのだが、その後消してしまった。

10CCと言えば「I'm Not In Love」があまりにも有名である。って勝手に言ってますけど、あたしのような一般人の認識としてはそういうもんです。
実は最初にエアチェックしたのはこの曲ではなく、「Reds In My Bed」という曲である。
この曲自体は特に深入りしたわけではないのだが、エアチェックによる洋楽オムニバステープの1本目に入れた曲なので、それなりに懐かしい感覚はある。
「I'm Not In Love」を聴いたのはそれよりもかなり後だ。

さすがに「I'm Not In Love」は文句なくすばらしいと思う。
逆説的な歌詞には心打たれるものがあるし、サウンドは非常に独特で、うまく表現できないが「炭酸水の入ったコップ越しに風景を見ている」ような、そんなイメージがある。
正直、この曲だけ聴きたくてベスト盤を借りたようなもんです。

ではなぜそんな10CCを聴き続けることができなかったのか?
あくまで自分の感覚だが、「他の曲がよくなかった」のだ。
10CC全般に「I'm Not In Love」のような美しいサウンドを期待したのだが、聴いた範囲ではむしろ逆で、「I'm Not In Love」だけが少し変わった曲だったのである。

「ドナ」「人生は野菜スープ」など、なんつうかコミックバンドのようなノリの曲は、「I'm Not In Love」とあまりにもかけ離れたイメージで、CD聴き終えた後少し考え込んでしまいました。これホントに全部10CCなのか?
「ドナ」はビートルズの「Oh! Darling」のパロディだそうだが、あまりおもしろいとも思えなかった。
ちなみにユーミンの曲に「チャイニーズ・スープ」というのがあるが、ひそかにこの曲は「人生は野菜スープ」に似ていると思う。(あ、もしかして常識ですか?)

ともあれ美しい炭酸水のイメージは他の曲でもろくも崩れ、いまいちなじめないままテープも消去。
「I'm Not In Love」から入ってこう思った人は、自分の他にもいるんじゃないかなぁ。

ゴドリー&クレームという名はプロモ・ビデオ監督として有名である。
確かに80年代のMTV台頭時には、この2人の名をあちこちで見かけたような記憶がある。
一応10CCのメンバーだということはなんとなく知っていたが、その時は10CCには特に興味はわかなかった。
強化月間を組んだのはもう少し後のことである。

調べてみるとポリスの「Wrapped Around Your Finger」のPVはこの2人の監督作品だそうだ。
確か立ち並ぶろうそくの間をスティングがスローで駆け抜けながら歌う、という映像だったと思う。
スロー再生が音に合っていたということは、撮影した時はスティングは相当早いスピードで走って歌っていた、ということですね。
大変だったろうなぁ、スティング。
その他の作品では「Every Breath You Take」やエイジアの「Heat Of The Moment」などがあるらしい。
(どっちも映像は覚えてませんが)

いずれにしてもそれ以降再び掘り起こすこともなく今に至る10CC。
もしかして他にも「I'm Not In Love」調の炭酸系があったりするんでしょうか?
あればぜひ教えていただきたいと思います。


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (19) | トラックバック (5)

聴いてみた 第2回 ジミ・ヘンドリックス

お勉強シリーズの2回目として、ジミ・ヘンドリックスを聴いてみることにしました。
聴いてない度は1、全く聴いていません。
今回聴いたのは「The Crazy World Of Jimi Hendrix」というCDである。
近所の図書館で借りてみました。

JIMI008_2.jpg

リストを見ると、クリームの「Sunshine Of Your Love」やビートルズの「Tomorrow Never Knows」なんかが収録されている。
どうやらスタジオ音源ではなく、セッションライブのようだ。
知ってる曲があったほうが初心者にはありがたい。
いずれにしろその日図書館にはジミヘンのCDはこれしかなかったので、あまり深く考えずに借りてみました。

ところが調べてみると、どうもこのCDはあまりポピュラーではないようである。
ジミヘンのファンサイトはたくさんあるが、アルバムレビューやディスコグラフィーにこのCDが見あたらないのだ。
ブート盤なのか?
JIMCOという会社が出したものだが、この会社は今はないらしい。
ライナーによると93年発売である。
なんだか最初からこんなの聴いちゃっていいんでしょうか。

・・・・聴いてみた。
ある程度想像していた音とそれほど違わない。
どっぷりのブルース、太い声。
「Sunshine Of Your Love」はクラプトンの音をところどころで高い方へはずしたような弾き方で、これは聴き比べてもおもしろかった。
「Tomorrow Never Knows」はもはやジョン・レノンのそれではなく、完全にジミヘンの曲となっている。
どちらもボーカルがなく、またライブなので凝ったアレンジもない。
他に有名(ですよね?)な「Purple Haze」も収録されている。

感想。
そもそもブルースやブラック・ミュージックに疎いので、「こりゃあいいや。これからどんどん聴こう」という気にはあまりならなかった。
思ったよりテンポの早い曲が少なく、少し物足りない。
たとえばクリームで言えば、自分は「Sunshine Of Your Love」よりも「Crossroads」のほうが好きなのだ。

ただ時代を考えれば、60年代末期でこれだけの音をライブで出せる、というのはやはり驚きである。
音響技術も今とは比較にならないような水準だったのだろうが、今聴いてもスゴイ音が出ていると感じる。
スタジオ音源ならもっとすごいのかもしれない。
「Little Wing」という曲はデレク&ドミノスもカバーしているそうだが、この曲はいいと思った。
「Purple Haze」はなんとなく重苦しく、自分の好みではない。

聴く前に少し気になったのが、ジム・モリソンが飛び入りで詩の朗読?に参加してるトラックがある、という点だった。
まあジミヘンもジム・モリソンもどっちも死んじゃってるんで二度とあり得ない組み合わせなのだが、聴いてみるとジムは相当酔っているらしく、朗読っつうより酔っぱらいがわめいてる状態にしか聞こえない。
しかしこんなのまで収録されてるこのCD、気安く図書館で借りたけど、いったいどういうものなんだろうか?
もしかして超レアもの?

というわけで聴いてみたジミ・ヘンドリックス。
きちんとスタジオ音源のオリジナルアルバムを聴いてみないとなんとも言えませんが、キング・クリムゾン同様自分にはややハードルが高いようです。
むしろこのCDの貴重度はどのくらいなのか、そんな余計なコトに興味がわいた次第です。


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »