« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

聴いてない 第41回 ナック

前回のスーパートランプの巻でふと思い出したナック。
今、なぜナックなのか?
世間では一発屋のリーダー的存在として君臨する彼らですが、なぜだろうか?
一発屋と呼ばれるからには、一発は当たったわけで、聴いていた人々が確実にいたわけですよね。
実際のところみなさまの鑑賞履歴は正直どうなんだろう?という疑問がわいたので、とりあげてみました。
なので今回は本文よりもみなさまのコメントに注目する、という実験的エントリとしたいと思います。

それにしてもナック。
自分の聴いてない度は3なのですが、「マイ・シャローナ」以外に知ってる曲が2曲もあるのが、今にしてみれば少し自慢。
「Get The Knack」からのシングル「Good Girls Don't」、セカンドアルバムからの「Price On Love」である。
アルバムはもちろん聴いてない。

「マイ・シャローナ」のヒットはリアルタイムにわずかにかする程度だったが、ヒットしてた時も「ビートルズの再来」「でも古いサウンド」などと評価は二分してたような気がします。
我が家では姉が友人から「Get The Knack」を借りて聴いており、初めは気に入ったような感想をもらしてましたが、その後のあまりの盛り下がりように、いつの間にか「気に入った」発言もカセットテープも封印してしまったようだ。
自分は当時洋楽ビギナーでナックのヒットにもいまいち乗り切れず、上記の3曲を適当にエアチェックする程度だった。
80年代に入ると「オレ、ナックのアルバム持ってるぜ」というカミングアウトがギャグになる、という恐ろしい事態になっていった。
なぜ失速したのか理由も良くわからないが、この落差は今考えてもスゴイ。

「マイ・シャローナ」は実はそれほど嫌いではない。
歌詞ははっきり言ってしょーもない内容らしいが、イントロのベッタベタなドラムや、途中の冗長なギターなんかも、今聴いても悪くはないですよ。
自分はカラオケはやりませんが、もし同世代の連中とカラオケに行って誰かが歌い出したら、不必要に盛り上がってしまう恐れはあると思われる。

「マイ・シャローナ」は数年前に確かクルマのCMでも使われてましたが、「世代を狙ってるなぁ・・」と感じましたね。
最近のクルマのCMには80年代サウンドがよく使われてるけど、やはり購買層を意識しとるんだろうね。
ただ「ナックを聴いてクルマ買いたくなったヒト」ってのはホントにいるんだろうか?

シャローナという女性は実在していて、ボーカルのダグの恋人の名前である、という記事を当時の雑誌で見たことがある。
シャローナの写真も出ていて、手には「Get The Knack」を持っていました。
まあこんなのは事務所かレコード会社の演出かもしれませんが。

そんなナックでもちゃんとCDは出ていて、「結成25周年記念CD」なんてのもあるようだ。
でも25年のうち売れてたのはせいぜい2年くらいでしょ。ムリがあるよなあ。
これ見て清水健太郎を思い出したのはあたしだけでしょうか。
シミケン(死語)の「芸能生活30周年ライブ」のニュースをワイドショーかなにかで見たが、30年ずっとシャバでみっちり活動してたわけじゃないじゃん・・と各方面からつっこまれてたことを思い出しました。

それにしてもナック。
・あなたはナックを聴いてましたか?
・アルバムを持ってましたか?今でも持ってますか?
コメントお待ち申し上げます。

・・・・こんなお題にホントにコメント来るのか?


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (12) | トラックバック (3)

聴いてない 第40回 スーパートランプ

自分にとってここで紹介する「聴いてないアーチスト」の最低条件として、当然ですがアーチストそのものについてある程度の文章を起こせるかどうか、というものがあります。
全然聴いてないし何も語れないアーチストは山ほどいる。
思いつくままにあげてみても、ピーター・フランプトン、キャロル・キング、ジョニ・ミッチェル、カーリー・サイモン、ライ・クーダー、ルー・リード・・・などといったアーチストは、全く聴いてないし名前しか知らないので何も書けないのである。
いずれこの手のアーチストは一気に特集でも組んでとりあげようかと思っている。(どんな?)

で、とうとう聴いてないシリーズも40回目。
上記のアーチストと何の関係もなく、節目にふさわしいかどうか不明ですが、スーパートランプ。
微妙に聴いてません。
比較的多いパターンですが、「オリジナルアルバムを聴いてない」に該当します。
とりあえずベスト盤だけ持っていますので、聴いてない度は3.8あたりでしょうか。

ベスト盤ですませてるアーチストは、パープルやサイモン&ガーファンクル、Jガイルズ・バンドなど過去に何度かとりあげてきた。
スーパートランプも聴いてない度は同じなのだが、多少引け目を感じるのは、大ヒットアルバム(のはず)の「Breakfast In America」を聴いてないことだ。
「自由の女神がオレンジジュースを持った給仕のおばさん」という、これも有名なジャケットなのだが、このアルバムを聴いてないのである。
(ちなみにこの給仕のおばさん、リビーという女優で、79年に来日もしてるそうです)
スーパートランプって、もしかすると世間での評価は一発屋扱いかと少し心配なのですが、ベスト盤があるくらいだから一発屋じゃないよな。
ところで「ナック・グレイテストヒッツ」なんてのはあるんだろうか。

アルバム「Breakfast In America」を聴いてない理由は、「わずかに出遅れた」からだ。
自分が洋楽を聴き始めた時、実はシングルの「Breakfast In America」はすでにヒットが一段落してしまった後だった。
同じアルバムから「Goodby Stranger」が続いてカットされたのだが、こっちはそれほどのヒットにはならなかったと思う。
「Logical Song」という曲もあるが、この曲は残念ながらエアチェックする機会に恵まれなかった。
シングル指向の強い自分にとっては、「アルバムに知ってる曲が3曲以上入っていないとお得と感じない」のである。
まるで福袋を勝手に開けて選ぶおばさんのようですが、だからこそベスト盤に手を出してしまうんですね。
このアルバムもヒットしていたことは知っていたが、なにより当時は洋楽ビギナーであり、クイーンやポリスの学習に忙しく、結局聴かなかったのである。

今回調べてみて初めて知ったのだが、スーパートランプは70年にデビューしてるそうだ。
Jガイルズ・バンドもそうだが、大ヒットまでに10年近いキャリアがあったんですね。
分類としては「かなりポップなプログレ」に該当するらしいが、80年代を語るサイトではジャーニーやスティクスもプログレになってることもよくあったりするので、このあたりは正直よくわかりませんが。
アルバムの邦題が「消えない封印」「危機への招待」「蒼い序曲」などといった小難しい感じになっているのは、やはりプログレだからでしょうか?

肝心のサウンドだが、決して嫌いではなくむしろ好きなほうである。
このバンドにはリック・デイヴィスとロジャー・ホジソンという二人の中心人物がいるが、どちらがボーカルをとるかで曲の雰囲気はかなり違う。
レノン=マッカートニーや、ドン・ヘンリー&グレン・フライのような間柄なのだろうか。
どちらのボーカルにもいい曲があり、リックなら「Goodby Stranger」、ロジャーなら「Logical Song」「It's Rainning Again」が好きである。
77年のアルバムに入っている「Give A Little Bit」という曲は、数年前にCMで使われていた。(確かGAPだったと思う)
彼らのオリジナルかどうかわからないが、ほぼギターとボーカルのみの構成で、フォークソングのようにも聞こえる。
そういや「Breakfast In America」もヒットしてた頃日立のCMに使われてましたな。これは覚えています。

ベスト盤はすでに聴いていて、気に入っている曲も多いので、どのアルバムから手をつけても問題はなさそうだ。
アルバム「Breakfast In America」からは4曲もベスト盤に収録されているので、むしろそれ以前のアルバムから聴いてみたいような気もする。


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (5) | トラックバック (1)

聴いてない 第39回 ホワイトスネイク

先週また書店で、滅多に買わない雑誌「BURRN!」の表紙が目にとまった。
「WHITESNAKE」の文字にデビッド・カバーデイルの写真である。

表紙をめくると巻頭にカバのインタビュー記事もあった。
カバは「BURRN!創刊20周年おめでとう」と日本語で書かれた紙を手にしている。
きっと編集の人が書いたんだかカバに書かせたんだかどっちかだと思うけど、「おめでとう」のわりにカバの表情はいまいち楽しそうじゃないんですけど。

・・・で、記事をながめていて思い出したのですが、ホワイトスネイク、実は聴いてません。
パープルの巻でも白状しましたが、聴いたのはヒットした4曲くらいで、アルバムなんか1枚も聴いてない。
聴いてない度は3です。
「Bloody Luxury」「Here I Go Again」「Is This Love」「The Deeper The Love」が、おそらく聴いた全曲のはずである。

ホワイトスネイク、ネットで少し調べてみましたが、やっぱもうホントにメンバーチェンジが複雑。
アルバムごとに全部メンバー違うんじゃないの?
こんな状態だから聴かないんだよなあ。
あ、いやいや、メンバーがころころ変わるのがイヤなのではなく、それがおもしろいので興味がそっちにしか向かないのである。
パープル・ファミリーは音よりも人。
しかもまたメンバーがこらえ性のないような方々ばかりで、それぞれがものすごく様々な経歴を持っている。
おもしろすぎる・・・

出入りが激しいのはパープル・ファミリーの特徴だが、ホワイトスネイクの場合さらに流動的で、カバが「その時盛り上がったのでいっしょにやってみました」という感じで曲を作ったり録音したりしていたらしい。
自由・おおらかと言えば聞こえはいいけど、きっと支払いの時はもめたんだろうね。

パープルが最初に解散した時、カバは自分のバンドとしてホワイトスネイクを結成するのだが、後からそこにジョン・ロードとイアン・ペイスが加入する、というくだりはとてもおもしろい。(ワタシ変ですか?)
そもそもジョンはパープルのリーダーで、カバはオーディションで加入した後輩なのだ。
その後輩が自前で立ち上げたバンドに、先輩二人が後から入るという図式は、小学生がドッジボール持って「ボクたちも入れてくれる?」とお願いしてるような、そんな場面を想像してしまうのである。
実際にはそんなカワイイやりとりがあったはずがないのですが。

さらにパープルは第2期メンバーで80年代半ばに復活するのだが、そん時メンバーそれぞれがバンドをちゃんと運営していた、というのも、スゴイというかヒドイというか、いい話だ。(やっぱワタシ変ですか?)
レインボーなんてセールス的には相当成功していたはずなのだが、リッチーのパープルへの復帰により、解散してしまった。
カバにとっても自分のバンドのホワイトスネイクに、ドッジボール持って(持ってねえって)入ってきたジョンが、「じゃ、パープルに戻るんで・・」といって去っていった、ってことでしょ?ハラ立ったんじゃないかなぁ。
逆にカバがジョンも含めて全員クビにした、という話もあるみたいですけど。

自分はとにかくこうしたバンドの経緯が大好きで、ファミリー・ツリーなんか追っかけるのが楽しくてしょうがない。
以前タワーレコードにそういったバンドの系譜を集めた分厚い本(洋書)が置いてあって、日本円で1万円以上してたと思うのだが、買うかどうかかなり迷ったことがある。(結局買いませんでしたが。)

ホワイトスネイクは、そのパープルが復活してジョン・ロードがいなくなった後で、「白蛇の紋章」で大成功している。
ここがカバのいいところだ。
ディープ・パープルというスーパーグループ出身でありながら、その後パープルの名を引きずることなく、自分のバンドを成功させている。
誉めてるわりに聴いてないんですけど。

カバと言えばはずせない問題作、「Coverdale Page」。
実はこのアルバムは聴いており、結構気に入っています。
世間での評価は必ずしも高くなかったようで、最近中古CD店では数百円で売られている。
年齢のせいもあるが、パープル時代・白蛇時代とはかなりカバの声が変わってしまった気がする。

カバペーの後ペイジはペイジ&プラントのユニットを成功(?)させるのですが、このカバーデイル・ペイジ、どうやらペイジ&プラントのためのスパーリング用ユニットだった、という見方があるようだ。
FROCKLでも「カバはペイジの実験台にされた」なんていう意見が出ていた。
実際当時の雑誌でカバは「ロバート・プラントのバカ野郎から横やりが入った」というようなことを言っていたので、カバペーやる前からペープラは予定されていたのかもしれない。
カバペー特集のテレビ番組を見たが、カバはペイジと競演できることがうれしくてしかたがない様子だった。

話は今のカバに戻るが、BURRN!には「今のリッチーもジョンもいないメンバーでディープ・パープルを名乗るのもどうかと思う」ようなことも書いてあった。
パープル以降様々な人達と活動してきたカバだが、やはり愛着はあるのだろう。
ジョンやリッチーのことを決して悪く言っているわけではないようだし、今のリッチーのクラシック回帰にも肯定的だ。

これからカバがホワイトスネイクで何をするつもりなのかよくわからないが、聴くとしたらやはり「白蛇の紋章」をまず選ぶと思う。
それぞれのアルバムで誰が参加しているのかを確認しながら聴く、というのがパープル・ファミリーとしての正しい鑑賞でしょうか。
結局どの時代にもパープル出身者が在籍してるので、どうしても紫色のフィルムを通して見てしまうのだろう。
純粋に白いホワイトスネイクや原色のレインボーを鑑賞する、というのは自分にとっては案外難しいかもしれない。


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (12) | トラックバック (3)

聴いてみた 第1回 キング・クリムゾン

この聴いてないシリーズを始めた目的として、聴いてる方からのアドバイスを参考に「聴いてないものを聴いてみる」というのが本当はあったのですが、「聴いてない自慢」ばっかで結局全然勉強も進んでないので、今回心を入れ替えて聴く決心をしてみました。

対象はキング・クリムゾン
1曲も聴いてない(聴いてない度1)という、トライするにふさわしいアーチストである。

キング・クリムゾンについては、皆様から様々なご指導をいただきました。
評価としては、
・ハードロックの高性能な代替品としても機能(モンスリーさん)
・ジャズなロック(hello nicoさん)
・ある意味ヘビメタよりもヘビー(getsmart0086さん)
など。

で、今回はモンスリー氏のご推薦により、「太陽と戦慄」を聴くことにしました。

・・・聴いてみた。

ハードロックな部分は確かにあるが、インストもあり、やはりボーカルよりも楽器を前に出している感じだ。
うまく表現できないが、感情あらわに声を張り上げて観客を圧倒するのではなく、高い演奏技術の相互発表に重きを置いているような、どこか理数系のニオイのする音楽である・・・・と感じる。
プログレというものが本来そうなのかもしれないが、各メンバーが「いいから黙ってオレのプレイを聴けよ」と互いに主張している、そんなイメージなのだ。

思い描いていたのと、ほぼ変わらない音である。
「暗く難解な音が延々と続く」というのが、プログレに関する勝手な印象だったのだが、全般的におおむねその通りだと思う。
長い演奏はジャズのようでもある。(ってジャズも聴いてないのでよくわかりませんが)

この感覚はピンク・フロイドにも通じるものがあるが、ELPの時にはなかった。
ELPの場合、ベスト盤だったこともあるかもしれないが、緊張して「いよいよワタシもプログレを」という構えに対し、聴いた音自体は「普通のロックと変わんない」と思ったのだ。

率直な感想。
・・・やはり80年代産業ロックにまみれた自分には、かなり難解である。
ボーカルがあまり前に来ないのも何となく物足りない。
居心地が良くないというか、すわりが悪いというか、そんな感覚である。
まあなんといっても初めてですし、雪も見たことないのにスキーはいてゲレンデに立ってしまった、飲めないのに生ビールをジョッキで頼んでしまった、そんな感じです。

聴いてから調べて知ったのですが、このアルバムはボーカルがジョン・ウェットンなんですね。
エイジアのジョンしか知らないので、聴いてもわかりませんでした。
ここからUKを経てエイジアへ展開していったということは、ジョン・ウェットンも一般大衆受けする路線を選んだってことなんでしょうか。

キング・クリムゾンと言えば「うわぁぁぁぁ」なジャケットの「「クリムゾン・キングの宮殿」を聴かねば意味がない!」と主張する人は多い(と思う)。
実際「太陽と戦慄」とはメンバーもかなり違うようだし、音もきっと違うのでしょう。
次回はここで「クリムゾン・キングの宮殿」をご紹介できるよう、鍛え直してこようと思います。


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (20) | トラックバック (1)

聴いてない 第38回 ゲイリー・ムーア

孤高のギタリスト、ゲイリー・ムーア。
無論聴いてないのだが、まず知識が圧倒的に欠落しているアーチストである。
ブルース、アイルランド、シン・リジィ、BBMといったかすかな断片情報しか持ち合わせていない。

聴く機会が全くなかったわけではないのだが、自分にとってゲイリー・ムーアの場合どうも不運な状態が多い。
エアチェックしたことのある曲は「Listen To Your Heartbeat」(85年頃)と「Story Of The Blues」(92年頃)の2曲なのだが、2曲とも途中でテープが終わってしまい、全編聴いていないのである。

カセットテープの場合、録音できる残り時間を確認するのは結構難しい。
エアチェックは基本的に出たとこ勝負なので、これから録音する曲がどれくらいの長さなのか、また残りわずかなテープに最後まで録音できるかはわからない。
「では3曲続けてどうぞ!」なんてやられると、テープの残量からみて3曲目を断念するかどうかの判断は相当難しく、結局回転してどんどん薄くなってくるテープの残量を見つめながら「たのむここで終わってくれ」と神に祈るしかないのである。
で、ゲイリー・ムーアの場合やっぱりテープが足りず、尻切れ状態で録音されてしまった。

こういう尻切れ状態を嫌って、「切れてるくらいなら消してしまう」という人もいると思う。
自分は貧乏性なので、テープの最後に数分の空白ができるくらいなら「切れてもいいから入れたれ」という主義だった。
フェードアウトというワザもあるが、当時使っていた「ラテカセ」にはそんな高等な機能はなく、結果ほとんどのテープはA面もB面もぶつ切れ状態となった。
ちなみにシン・リジィも「Chinatown」という曲だけエアチェックしているのだが、これまた尻切れである。
この曲自体にゲイリー・ムーアが参加してるかどうかも知らない。

それでも気に入った曲が尻切れのままだとくやしいので、後日あらためて余裕のあるテープに録音し直すこともあったが、そもそもその曲がいつ再度オンエアされるかわからないので、あまりうまくいったことはない。
ゲイリー・ムーアの2曲はそんな追いかけ根性すらわかず、未だに尻切れのままである。

えーと説明が長くなりましたが、そういうことです。
切れちゃったまま放置してしまって、ファンの方には申し訳ありませんが、聴いた2曲については、特にいいとも悪いとも思わなかった。
ベックやペイジと違って、歌えるギタリストなのだが、声も好みというわけでもない。
これ以外に聴いた曲はなく、もちろんアルバムは1枚も聴いてない。

ネットでゲイリー・ムーアについて少し調べてみたら、けっこういろんな人と活動してるんですね。
グレン・ヒューズ、コージー・パウエルなどパープル・ファミリーとも縁が深いようだ。
本田美奈子ってのもあったが、どういう組み合わせなのだろうか・・

90年代後半だったと思うが、ゲイリーはジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーとユニット「BBM」を組みアルバムを発表した。
クリームのクラプトンがゲイリーに変わった、というグループである。
メンバーの名にひかれてHMVでふらふらと試聴はしてみたのだが、やはり好みの音ではなかった。
(もうどんな音だったか覚えていない・・)
確かBBMはこのアルバム1枚きりで終わってしまったはずである。

ゲイリー・ムーアって、雑誌やWebで見る写真では、笑顔が少なく、ムっとした顔が多いように思う。
まあゲイリーに限らずクラプトンやブライアン・フェリーなんかもそんなイメージですが。
なんとなく女性ファンというのは少なそうな気がするのですが、どうなんでしょう?
どこかのサイトに「チャウチャウを思わせる顔」って書いてあったなあ。
シン・リジィと言えばフィル・リノットもちょっと変わった顔してますけどね。

ゲイリー・ムーアと全然関係ないが、トム・ペティについては「シブイ」「でも女性ファンは少なそう」という勝手なイメージでおったのですが、実は女性が運営するファンサイト(日本語)もちゃんとあって、しかも結構な盛り上がりだったりして、非常に驚いたことがあります。
ロックは奥が深いね。

実際ゲイリー・ムーアというヒトは日本ではどういう評価なのか、全く想像がつかない。
聴いてないからムリもないが、「普通はみんな聴いてるだろ」というもんなのか、「ゲイリー・ムーア聴いてんの?変わってるね」という扱われ方なのか、これまた全然わかりません。

聴いたのがソロ2曲だけなので、なんとなくグループ時代のゲイリーを聴いてみたいと思っている。
シン・リジィやBBM以外にも所属していたグループはあるようですが、みなさまの評価、ぜひお聞かせください。


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »