« 1万円からお預かりします | トップページ | 聴いてない 第7回 ジャパン »

聴いてない 第6回 ジミ・ヘンドリックス

伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックス。
あのエリック・クラプトンも絶賛し、ピート・タウンゼントはジミヘンのあまりの才能に、職を失うことまで心配したと言われる。
・・・などとすらすら書いてますが、全く聴いてません。1曲も知らない。
この連載を続けてると、つくづく自分はいわゆる名作名盤を聴いてないことがよくわかるのですが、ジミヘンまで全然聴いてないって、こんなのバラしちゃって大丈夫なんだろうか。
学歴詐称って、こんな感覚かしら。(違うって)

まあ嘘を言っても始まらん。
聴いてない理由も少しはあるのだ。

・時代が少し前のヒトである
これは後から付けた理由ですが、ジミヘンって70年にはもう死んでるんですね。
もっと後の話かと思ってたのだが、活躍した期間も人生そのものも非常に短かったんだねえ。
自分にとっては、やはり昔の人になってしまうのでした。

・ジミヘンの映像に感動しなかった
80年代半ばだったと思うが、テレビでジミヘンのステージの模様を見たことがある。
深夜だったから「ベストヒットUSA」だったと思う。
曲は忘れたが、ジミヘンは演奏の後ひざまずいてギターに火を着けた。
(これってたぶん有名な映像なんでしょ?)

その時の自分の感想は「もったいない・・・」だった。
当時ハタチくらいだったのだが、そんなバアさんのような感想しか出てこなかったのだ。
だってさあ、ギターだって買えば何十万とかするでしょ?
学食の300円にも躊躇するくらい貧しかったから、高価なギターに火を着けるなんて、「バチあたりな人だ・・」と本気で思いましたね。
もう全然ロックを楽しむ資格ゼロである。

ジミヘンがアクロバットな持ち方でギター弾いたり、歯で弾いたりしてる写真は雑誌でも見たが、「すげえ・・かっこいい」とは思わなかった。
この時音を聴いていれば少しは違ったかもしれない。

根が貧乏で小心者がゆえ、こうした破壊的なアーチストにはいささか臆するところがあるのも事実だとは思う。
パープルのコンサートで、リッチーがテレビカメラに向かってギターネックをずぼずぼと突き刺すシーンも見たことがあるけど、この時も感想は「あーあーあーギターもカメラも壊しちゃって・・」でした。
まあパープルやレインボーは一応聴いてますけどね。

ギタリストがギター壊すパフォーマンスは、もはや珍しくもなんともないが(最近はむしろ珍しいか?)、少なくともブライアン・メイは絶対やらないだろうなあ。
やっぱモノは大切にしなきゃ。

80年代のゆるい音に慣れきってる自分にとって、ジミヘンを学ぶことはかなりハードなことと想像するのだが、どうだろうか?
とにかく聴いてないわけだから、聴いてみればジミヘンがなぜ火を着けたのか、わかるかもしれないし。
(わかんねぇって)
「しまった・・もっと早く聴いていれば」となることを多少期待して、いつの日かジミヘンに臨むことにします。


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

|

« 1万円からお預かりします | トップページ | 聴いてない 第7回 ジャパン »

コメント

SYUNJIさん、こんばんは。モンスリーです。
私もジミ・ヘン聞いておりません(^^;;;)。私も、私が生まれる前の年の
ミュージシャンやアルバムをほとんど聴かなかった時が長く、ジミ・
ヘンもその一人でした。しかも、結構ややこしそうな印象を持って
おりました。後追いの者となりますと、ギターを燃やしたなどの
奇行が先に耳に入ってしまうのです。

>>ジミヘンを学ぶことはかなりハードなことと想像するのだが、
>>どうだろうか?

これも同感です。マンガ「20世紀少年」に頻繁に登場しますので、
勇気を出して聞いてみました。やはり難しいですが、思ったほどでは
なく、ポップな一面もありますし、ギターの開拓者たる音にも
興奮する場面も多々ありました。その他ファンクな面も。
というわけで、難しいというより、「奥が深すぎ」という印象です。
私も2枚聞いただけなのですが、その中でのおすすめは、
「Axis - Bold As Love」というスタジオ盤です。ライブ盤は
出過ぎで、どれを聞いたらよいのか全くわかりません。ちなみに
ライブ盤のCDの帯にはほぼ全部に「歴史的録音(大意)」と書いて
ありますので、余計に混乱しました(^^;;)。

##リンクありがとうございます! 当方も貼らせていただきました。

投稿: モンスリー | 2004.02.25 23:13

モンスリー様、コメントありがとうございます。
ジミヘン、「勇気を出して聞いてみました。」ってのがいいですね。すごくわかります。
こういうサポート?があってこそ、ワタシも「勉強し直す」勇気もわいてくるってもんです。
おすすめを参考に、聴いてみることにします。
こちらも「ヨタ話」、更新を楽しみにしております。
またよろしくお願いします。

投稿: SYUNJI | 2004.02.26 00:25

はじめまして

こんな古い投稿に今更コメントするのも何なのですが、ジミヘンをちゃんと聴いていないのは非常に不幸です。ロック好きにとっては人生の損失といっても良いでしょう。

ということで、ジミヘンのおすすめなのですが、ジミヘン聴くなら何と言ってもライブ盤です。

その中でもおすすめなのが、「モンタレー・ポップ・フェスティバル」のライブと「ウッドストック」のライブです。

それから「Blues」というジミヘンのBluesばっかりを集めたコンピ盤が地味ながらおすすめです。

「勉強し直す」気があったら、是非聴いてみてください。

投稿: mach55 | 2005.03.16 01:28

mach55さん、コメントありがとうございます。

すでにご覧になられたかもしれませんが、このエントリから半年以上後になって、初めてジミヘンを聴いてみました。

http://kotodama.air-nifty.com/essay/2004/11/post.html

少し変なCDを聴いてしまったので、聴いたことにしてよかったのかいまだに不安ですが・・
ただやはり自分には少しハードルが高いかな?というのが正直な感想でした。

他にも聴いてないアーチストが山ほどありますので、どれでもお好きなところからご指導いただければと思います。

投稿: SYUNJI | 2005.03.17 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/210726

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてない 第6回 ジミ・ヘンドリックス:

« 1万円からお預かりします | トップページ | 聴いてない 第7回 ジャパン »