« 聴いてない 第1回 ボブ・ディラン | トップページ | 左利きと自動改札 »

聴いてない 第2回 ブライアン・フェリー

さて、今回はブライアン・フェリーである。
聴いてませんね、ほとんど。
ロキシー・ミュージックを含めて、全くと言っていいほど聴いてない。
ジャケットの絵は見覚えがあるアルバムもあるから、リアルタイムでも聴けたはずなんだけど、なぜか聴いてません。

聴いてこなかった理由を分析すると、
・流行っていた当時まだコドモだった(精神的に)
・いわゆる産業ロックの範疇ではないと判断
・1曲エアチェックしたが気に入らなかった
という感じかなあ。

ずいぶん前に、テレビで「Jealous Guy」を歌うブライアンを見たけど、あまり感動もなくそのままぼーっと見ていた。
ただ白いシャツにノーネクタイで歌っていた姿は、印象的で記憶には残っている。

雑誌なんかで見る限り、ブライアン・フェリーって笑顔がほとんどない気がする。
ホントに笑わない人かどうか知らないけど、マスコミの側もそうしたイメージの人!ってのを固定して報道してんじゃないかね。
この人を紹介する時に必ずつきまとう「ダンディ」という形容。
長髪・タバコ・ストライプのシャツ・ゆるめたネクタイなんて小道具が似合いそうな、胃とか肝臓とか悪そうな、そういうイメージの写真ばっかりではないでしょうか。ホントかどうか知らないけど。

バンドとしてのロキシー・ミュージックとはどう違うんだろう?
少し調べてみたら、ブライアン・イーノといっしょにやってたんですね。
関係ないけど、Windowsの起動時の「ちゃん・・・ちゃん・・」ってWAVEファイルは、イーノの作品だそうだが。

結局このダンディなイメージあたりが、なんか自分の好みとは違う、別の世界だと思っていたんだろう。
「The Chosen One」という曲だけ聴いたことがあるが、写真のイメージそのままの曲だった。
今でもそうだが、ブライアン・フェリーを楽しめるほど、自分はオトナじゃないってことだと思う。

さて、ブライアン・フェリーを勉強するにあたっては、どのあたりがよいのだろうか。
オトナのみなさん、ご指導よろしくお願いします。


このエントリで楽しんでいただけた方はクリック願います・・→ banner_03.gif

|

« 聴いてない 第1回 ボブ・ディラン | トップページ | 左利きと自動改札 »

コメント

ブライアン・フェリーを聞くのであれば、ソロになってからのものを聞くより、とりあえずロキシー・ミュージックのアルバム「Avalon」を聞いた方が良いと思います。

ヒットした「More Than This」は、SYUNJIさんが書いているように(セクシーな)大人の音楽であり、後の彼のソロアルバムの方向性が見えます。

またラストの「Tara」は、インストの環境音楽のような曲で、このアルバムの中では異色ですが、非常に良くできた曲だと思います。この曲を聴くためだけでも、買う価値はあると思います。

確かTara」は、随分前に三菱電機のCFで使われていました。

投稿: getsmart0086 | 2004.03.07 23:11

getsmart0086様、毎度です。

若い頃はジャケットにぐらぐらしたこともありましたが、オススメの「Avalon」は普通のジャケットですよね。
(それがどうしたって)
ベスト盤みたいなアルバムはないのでしょうか?

最近は自分もすっかり歳をとったんで、ブライアン・フェリーの似合うオヤジになってもいいかなと思います。

投稿: SYUNJI | 2004.03.13 18:46

ベスト版ということでは、「The Best of Roxy Music」はどうでしょうか。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005CDUE/qid=1079186051/sr=1-5/ref=sr_1_10_5/249-9473291-2843502

残念なのは、イントロの部分で日本と中国を混同してしまっている「Tokyo Joe」が入っていないことかな。

ジャケットはSYUNJIさんの御眼鏡にかなうかどうか。。。

投稿: getsmart0086 | 2004.03.13 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9509/128632

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてない 第2回 ブライアン・フェリー:

« 聴いてない 第1回 ボブ・ディラン | トップページ | 左利きと自動改札 »